人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:6年生 ( 2 ) タグの人気記事

「あいたくて」

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

今日は、6年生を送る会。

これから私も参加してきます。

三月は短い。

卒業する息子に、卒園する娘。

「卒業まであと何日」と、一人ずつカウントダウンカレンダーを書いて、壁に貼っているsohtaのクラス。

もう二週間を切った(登校日数ですけどね)

小学校はあと13日。

幼稚園はあと11日。

あっという間です。


こういう時季には、どうして詩がぴったりしっくり来るのかな?


あ・い・た・く・て (小さい詩集)

工藤 直子/大日本図書

undefined


「あいたくて」  工藤直子

だれかに あいたくて 

なにかに あいたくて

生まれてきた―――

そんな気がするのだけれど


それが だれなのか なになのか

あえるのは いつなのか―――


おつかいの とちゅうで 

迷ってしまった子どもみたい

とほうに くれている


それでも 手のなかに

みえないことづけを

にぎりしめているような気がするから

それを手わたさなくちゃ

だから   


あいたくて




この時季に合うのは、こっちの方かな?

「また あいたくて」  工藤直子 

さよなら三角

またきて四角

またあえるね と

うたってた


さよなら春 さよなら夏

さよなら秋 さよなら冬


さよならを くりかえし

さよならを つみかさね


また あいたくて なにかに

きょうも あるいていく



「会う」という事がテーマの、この小さな小さな詩集は、工藤直子さんが私家版の詩集、絶版になった本、雑誌に載せたもの・・・などの中から、書き直したものと、

「あいたくて」という気持ちで、書きおろしたもの。


1、自分にあう

2、人にあう

3、景色にあう

4、猫にあう

と、四つのテーマに分かれて、46の詩が載っている。


「思い出」 工藤直子

ああ こんな夕日を たしか・・・・

そのあとは どうしても思い出せない


いつだったか どこでだったか


心のそこに そのときの記憶が

うっすらと 沈んでいるのだが


この いちめんに にじんだものを 

そっと ひとところに あつめたら


あの日の匂いが たちのぼるだろうか

あの日の風が ふくだろうか



今日の送る会で、息子には、いくつの思い出、いくつのシーンが頭を過ぎるのだろうか。

あの時・・・・そういう風に過去の思い出を振り返るようになるのが、子どもと大人の境のような気がする。

これは、今、この一瞬を生きている幼い子から、ちょっぴり大人の階段を登り始めた、特に女の子にオススメの、LOVEな詩集。


でも、4月になったら、図書室に貼りたい元気な詩「めがさめた」
も載っている。

が、今日の気分では無いので割愛する。

是非、この胸キュンな詩集を読んでみて♪



ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2017-03-03 09:30 | 詩集
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村



小学高学年向け

(あらすじ)

6年3組は、体育館で映画会の準備をしていた。

その中の一人、悟は作業に飽きていた。

その時、シートに挟まった刺抜きを見つけたかおり。

悟はそれを保健室に届けて来ると言って、体育館を抜け出した。

入口で、先生に二分間で戻って来るよう釘を刺されて・・・


体育館から保健室へは運動場を横切った方が早かった。


木立を抜け運動場へ出ようとした時、悟は誰かに呼び止められた。

まさか!?

悟を呼んだのは黒猫だった。


棘を抜いてくれたら願いを叶えてやると言う。

棘?

棘なんて刺さっていないじゃないか!

見えない棘もあるのさ。

抜いたふりだけで良い。

抜いたふりした悟に、黒猫が叶えてくれた事。

悟は『ちょっと考える時間』が欲しいと言っただけだったのに・・・

黒猫はその『時間』をくれた。

それも不思議の世界を冒険する時間。

現実の世界では2分間だけど、

不思議の世界では、悟が年をとっておじいさんになってしまうほどの時間を。


暗さに目が慣れると、悟がいたのは深い森の中。

姿を消した黒猫に呼びかけると、

これはゲーム、かくれんぼだという。

黒猫の名は『ダレカ』で、この『ダレカ』を探して出して「つかまえた」と言ったらゲーム終了。

悟は元の世界に帰れるという。


『ダレカ』は3つのヒントを出した。

1、黒猫の姿をしていない。なにかの姿をしている。

2、悟からは見えない

3、この世界で一番たしかなものの姿をしている。



こうして悟の長い長い、でも二分間の冒険が始まった。


一人心細さでいっぱいの悟が、森の中で出遭ったのは、

火を取り囲んで座っていた悟の学校の6年生達だった。


でも彼らは悟を知らない。

その中の一人かおると、悟は竜の館へ行く事になった。


竜は、知恵と力の戦いの挑み、それに敗れれば、もう元の自分には戻れない。

長い旅を続け、不思議な老人に会い、

選ばれし者だと、竜を倒す剣をもらい、竜の館に着いた。

が、そこに待ち受けていたのは、とんでもない事実。

* * * * *

現実の世界での二分間。

しかしこの二分間で、悟は時計では測りきれないほどの時間を過ごし、そして驚くべきほどの成長をするのです。

人を愛する事や、困難に立ち向かう勇気など、たくさんの事を経験します。


悟が保健室に行って帰った来た時、全くの別人になっているわけですが、

ほんのちょこっとした事で、子どもから大人の入口に立つ多感なこの時期の感じ。

間もなく我が子もこの時期に差し掛かろうとしている事にハッとしたりして・・・(^^;)


児童書って、大人が読んでも面白い。

段々と口数の少なくなってくるお年頃の子の、気持ちや環境を知るのにも役立つますね(^^)


このお話、読んで!読んで!と毎晩30分以上読まされました。

そしてそうたは再び自分で読み返しています。

1年生のたいちは意味が分からない所もあったようで、どういう意味?どういう意味?と聞かれることも多かったのですが、

男の子って、ほんと冒険物語が大好きですね(^^)



ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2014-12-16 10:33 | 童話 高学年向け