人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村



読んであげるなら 2歳くらい~

帯に、


「これは、

よむほんでは ありません。


(まる)で いきているような

(まる)を つかって あそぶ

(まる)っきり あたらしい


あそびの ほんです。」


とあります。



そして 作者のエルヴェさんからのメッセージ・・・

「ぼくは びっくりさせるのが だいすき。

だから この えほんにも たくさんの 『びっくり』を つめこんだよ。

たのしんでもらえると いいな。」




その通り!

全く新しい(・・・と言っても、2010年出版ですが(^^;))絵本!

そしてこの本には、驚きと楽しさが、た~くさん詰まっています♪



えほんのページはタッチパネル。

アプリはきみのゆび きみのこころ、

おとつけるのは きみのくち、

おして こすって かたむけて

きみもまるまる まるになる  谷川俊太郎




スマホ動作もお手の物。

ちょっとした隙に、ママの目を盗んでスマホをいじろうとする子ども達。

・・・って、私はまだガラケーですけれど(^^;)

スマホ風玩具を、いっちょ前に指先で動かすふりをするhaneちゃん。

この絵本も、同じ様に人差し指使って、タッチパネルを動かすかのように楽しんでいます。

絵本だからね、いくらやっても良いんだよ♪


いくらやってもいいのだが・・・

最後のページが問題!

「ばんざい! また はじめから やってみる?」の一行に、

「もう いっかーいっ!!!」となる事、間違いなし(><)

果たしてお宅のお子さんは、何回繰り返す事になるのでしょう(^^;)


この絵本は、

今月のこの本だいすきの会の支部例会で、会員のお母さんが紹介してくれたもの。

図書館で何度も目にしながら、手にすることのなかった本でした。

表紙の3つの青・黄・赤の〇に、

赤ちゃん向けだろうと思い込み、

まさかこんなに面白く、子どもの心を掴んで離さないものだと思わず。


冬休み、幼稚園くらいまでの子どもとなら、きっと楽しい時間を過ごせますよ♪


そしてこちら ↓ は今年2014年に出ました姉妹品


ブックオフオンライン


(いろ)んな 

(いろ)と(いろ)とで

(いろ)がわり

(いろ)(いろ)あって

(いろ)って おもしろい!

さあ、(いろ)の ぼうけんを

はじめよう



絵本をキャンバスに、

そして指を筆にして、

ペタペタ ぐるぐる

自分で描いている気分になっちゃう、


に何となくにているようでもありますが、

いやいや全く別物です。

自分で作っているような、全く新しい形の絵本です。



いろと いろは なかよしだ

いっしょに いろいろ あそんでる

いろが いろに キスすると

あたらしいいろが うまれたりして! 谷川俊太郎


エルヴェ・テュレさんのHPはこちら → 


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2014-12-20 06:52 | おもしろ絵本
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

そうたが、スイミングで上のクラスに上げてもらってから一月半。

それまでのクラスに比べて、

倍の泳ぐ距離×倍の練習時間

相当キツイみたいですが、

「意外と根性あるな」と、コーチからも認められ?

頑張っています。

設定の時間内で、設定の本数を回る、無呼吸のサークルも、

誰かがこなせなければ、全体責任とあって、

プレッシャーも半端無い(><)



ゆっくり成長するタイプのそうたが奮起したきっかけの一つが、

『色』でした。

今、お気に入りの水着とゴーグルが 『赤』

闘争心の湧く色です。

しかし、水着は着用しているわけですから、周りをも奮起させる事にならないか!?

まあ、この 『赤』 だけではなく、まもなく10歳という年とも上手く噛みあったのでしょう。

それでも、速くはないんですけれど・・・(^^;)


最近、のんびりやっていたたいちは、

青いゴーグルを使用していました。

気合の入っていない様子に、見ているこちらはイライラする事も。

しかし、先日急に気持ちがガッと入っている感じで・・・

何故?

と思っていたら、

いつも使っていた青いゴーグルのゴムの調子悪くて、予備の赤に変えたのだとか。

たいちもやはり、

『赤』にしたら、闘争心が湧いたみたいで(^^;)

うちの子達って、なんて単純なのかしら





読んであげるなら 5、6歳~

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

ずっとむかし、いろというものは ありませんでした。

ほとんどが はいいろで、

さもなければ、くろか しろでした。

そのころを はいいろのときと いいました。


まほうつかいが いました。

まほうつかいは まいあさ まどをあけて

そとを みわたしながら、こう いいました。

「よのなか なにか まちがっとる。

これでは あめがやんで ひがてっても、

さっぱり わからんじゃないか。」


 * * * * *

(以下、あらすじです)

代わり映えしない世界を変えようと、魔法の薬を作った魔法使い。

これをちょっぴり、あれをちょっぴり、かき混ぜると、

壷の底に妙なものが出来上がりました。

それを家に塗っていると、

近所の人が来て、分けて欲しいというので、皆に分けたら、

あらら、町中が 『青色』に!

なかなか良い眺めと思っていたのも束の間。

皆、何だか悲しい気持ちになってしまい・・・



そして、次に魔法使いが作った色は・・・


*****

「色」って良く出来てるなって思います。

夏に合うのは 『青』そして『緑』

海の青に、山の緑・・・涼しさを感じます。

色か、海や山なのか、どっちが先だったのか?

う~ん、たまごか鳥か?みたいな話ですが・・・


そして暖かさを感じたい時期になれば、

暖色系の黄色そしてオレンジとなって、

クリスマス時期・年末年始に赤が似合います。


この時期の 『赤』 に闘争心は湧きませんが、

わくわく感はありますね(^^)

色って不思議です。

そして、世界の中でも特に色の多い日本に生まれた事、

とてもうれしく感じます。












ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2014-11-15 09:02 | おもしろ絵本

6つの色

6つの色 (こどもの色彩感覚を育てる絵本シリーズ―色彩えほん (1))
6つの色_e0160269_219622.jpg

とだこうしろう
作品名をクリックして頂けますと、amazonの商品ページに行けます。
作者名をクリックして頂けますと、amazonの、作家の作品一覧に行けます。

あかと あおと きいろです。

あおと きいろを たべました。

おなかのなかで
あおときいろが ぐるぐるあわさって

ポトン
みどりいろが、でてきました。

つぎは、あかと あおを たべたくなりました。


さあ、何色のなるかわかりますか?
食べているのは「へび」です。
3つの色を次々組み合わせて飲み込んで、6つの色が出てきます。

あか・あお・きいろ から
あたらしい いろのおともだちが、
できました。
たかいそらに とんでいこう。
6つのいろは、たのしそうです。

 
皆が飛んでいった後、へびは黒を食べました。
するとおなか痛くなって、重い病気にかかってしまいました。

それを見た6つの色は悲しみの雨を降らせ、その雨はやがて・・・。

   *  *  *  *

タイトルにあるように色彩の絵本です。
この本は、そうたが1歳半の頃買ったもの。
おなかのなかで
あおときいろが ぐるぐるあわさって
ポトン

ってフレーズを気に入ってました。
最近は読まなくなってしまいましたが、そろそろ下の子に読んであげるようになるのかな?

さて先日、沼井公園であそんでいたら、虹がかかっていました。
Mママが携帯で撮ってくれました。
6つの色_e0160269_2553597.jpg

この本の最後にも虹がかかるんですよ。

虹を見るととってもうれしくなりませんか?
何か良い事ありそうな気がします。
この日のあと?・・・う~ん、何もありませんでしたねえ。

昔、マウイ島沖でダイビングをした時の事。
水面に顔を出したら、ハレアカラ山の上に虹がかかっていました。
とっても神秘的な光景でした。

この時期(12月から4月)には、6000頭ものザトウクジラが夏季に餌場として過ごすアラスカから、安全で温かいハワイ諸島の海にやってきます。
そしてハワイにいる間に交尾や出産・子育てをします。

ダイビングには夜も明けきらないうちに出航するので、まだ島の近くにいたクジラの、ブリーチングとよばれる大きなジャンプを、あちこちで見ることが出来ました。



さて、熱海に戸田幸四郎絵本美術館があります。
小さな美術館ですが、海を見渡せる高台にあって、とても素敵ななごみの空間です。
お近くに行かれた際は是非お寄りください。


最近コメントを寄せてくださったお味噌汁のお母さん、ゆずはやさんありがとう!
うれしいです。
そしていつもコメント寄せてくださるviveさん、うさぎちゃんありがとう!!






読んであげるなら 1、2歳~


最後まで読んでくださってありがとうございます。


2つのランキングに参加しています

一つは下のブログ村、もう一つは右メニュー欄上方の人気ブログランキングです。
両方クリックして頂けるとうれしいです!
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
タグ:
by yomuyomuehon | 2009-01-12 03:42 | 赤ちゃんの絵本