人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:童話屋 ( 5 ) タグの人気記事

子どもを育てる社会

押してくれると、うれしいな(^^V)

↓  ↓  ↓ 

にほんブログ村

今週に入って三件、学区内における不審者情報が届けられている。

大規模マンション内に入り、鍵を開けた女子中学生の背後から声をかけて中に入ろうとした男。

サングラスにマスクといういかにも怪しい格好で、帰宅途中の男子生徒を追いかけた男。

そして、またもやマンションで起きた事件は、危機一髪だったことに寒気がする。

トイレを貸して欲しいと女子生徒の家に入り込んだ男はカッターナイフを出したが、飼い犬の吠え声に驚き、逃げたという。

マンションで起きた事件は同日人物の可能性がある。

オートロック式の、受付係もいるマンションでの出来事に驚くのだが、大型マンションの怖さと『オートロック』という文字に安心している現代人の危険回避能力の弱さを露呈しているものと思わざるを得ない。


様々な意味で「自分の身を守ること」を、親は子に教えなければならない。

幼き頃より何でもかんでも親が先に手を出し口を出ししていたのでは、危機管理能力は育つまい。

この不届き男を捕まえることはもちろんだが、それによって安心出来るわけではないと思うのだ。

一人捕まったところで、こんなヤツはまた出てくるものだ。


管理会社に任せるだけでなく、住民が団結して子どもを守る仕組みを作る必要があるのではないだろうか?

今、共働きの核家族が増え、子どもが家に一人でいるという状況の家庭は多い。

その子どもを守るれるのは、隣近所という社会だと思う。


小学校には、「下校見守りボランティア」をしてくださっているおじいちゃん達がいる。

全ての地域にいるわけではなく、うちの近所はそもそも古くから住んでいらっしゃる方が多く、地域の活動が盛んな地区だからかもしれないが、数名のおじいちゃん達が毎日一年生を家まで、または近くまで送り届けてくれるのだ。

一年生を持つ親にとって、こんな頼もしいことはない。

ただ、それを当たり前のように受け取っている保護者も少なくない。

区長さんから様々な問題を聞いていた事や、今年度子供会のまとめ役になった事もあって、ボランティアの方々に挨拶に行った年度末。

「10数年見守り隊をしているが、最近の子どもは全く聞かないね。今年は特にひどかった。でも、子どもの問題は親の問題だということを伝えたい。」と仰っていた。

会ったら挨拶、どころか、家まで送り届けても、一言もなく玄関をぴしゃり閉めてしまう親も居るという。

人付き合いが不得手な人も少なくないが、最低限の常識というものを親が持たなければ、子どもはそこまでにも至らない。

安心安全な地域というのは、顔見知りの多い地域ではないだろうか?

多くのいろんな人の手を借りて、子どもは大人になっていくはずである。


かく言う私も、子どもを授かるまでは、地域の活動って面倒くさいなあ・・・と思っていた。

しかし子どもを授かり、見かければ声を掛けてくれる近所のおじいちゃんおばあちゃん・おじさんおばさんが出来て、これはがどもの安全に繋がるのだなと感じる。

地域の夜回りや清掃活動や運動会や獅子舞や夏祭りへの参加やお手伝いも、正直億劫だったりもするが、それも必要な事なのだと、最近つくづく思う。

システムとして、管理会社や子どもの預け先会社を信用するのは必要なことであるのだろうが、もっと根本を考えてみるべきではないだろうか?

私たちが、子ども達が安心して暮らせる地域というのは、風通しの良い社会であり、お互いを顔を見て分かり、会えば挨拶をし、何かの機会には会話をする・・・そんな、本来当たり前だった基本的人間関係がちゃんとある地域だと思う。

それから、道が・公園がきれいでゴミが落ちていないことも大切。

そうそう、また家の前の道の草取りの続きをしなくちゃ!


ほほえみにはほほえみ

川崎 洋/童話屋

undefined


『ちちんぷいぷい』川崎洋

きのう 学校からの 帰りみち

すってんと ころんで

ひざこぞう すりむいた

痛くて痛くて 涙が出た

そのときだ

知らない おじいさんが

ぼくの ひざっこぞうを さすりながら

「ちちんぷいぷい 

ぷよの おんたから

はむくしゃくしゃ

はとは ぽうぽう

きじは けんけん

おしょうは

どうよくだ どうよくだ

ぷい」

と いったんだ

痛いのがとれる おまじないだ と

おじいさんが いった

ほんとに

痛みが 少し とれたんだ

ぼく 母さんに 

その おまじないを 教えてあげた

こんど すりむいたら

母さんに いってもらうんだ


今のご時世、知らない人に声を掛けられたら、子どもは身構える。

大人もむやみに声を掛けることが出来ない。

だからこそ余計に、この詩の背景にある社会が美しく温かく感じられる。


4月の入学式頃、朝日新聞の声の欄に、「大人のほうが気を遣って、子どもに(一年生に・・・だったかな?)声を掛けないで」というのがあって、その時は、ああそういう時代なんだよな・・・って漠然と思ったのだが、

果たしてそれで良いのか?

声を掛けられたら逃げろ!知らない人とは口を聞くな!で育てられた子どもは、人を信用するようになるのだろうか?人を判断する基準を身に付けられるのだろうか?

声を掛けられる事自体ではなく、その後の大人の行動について逃げるか否か判断出来なくてはならないはずだ。


昨日、水泳に間に合わないと、学校からなかなか帰ってこないhaneちゃんを駅まで迎えに行った。

駅で一年生集団に会い、名札の色から、haneちゃんと一緒に帰ってくるはずの○○君と同じクラスかなと思う男の子に声を掛けた。

「一組だよね?○○くんたちはまだ後ろの方?」

そうしたところが、逃げられた(^^;)

えっ、私・・・あやしい?


「ちちんぷいぷい」のような、声を掛けるどころか、身体的接触はかなり難しい時代である。

haneちゃん達を見つけ、一緒に歩いていると、見知らぬおばさん(他の小学校でボランティアをしていたという)が声を掛けてきて、100m程話をしながら歩いた。

おばさんと別れた後、haneちゃんは、

「ママ、しっているひと?」

「知らない人。でも、今知っている人になったね」

「ふ~ん」

このおばさんは(私から見たらおばさんだけど、haneちゃんから見たらおばあちゃん)、もうボランティアはやめているのだけれど、○○小学校の子ども達に会うと、子ども達が声を掛けてくれるので、それが嬉しいのだと言っていた。


子ども達はボランティアの方々に支えられ、ボランティアの方々は子ども達に元気をもらい、私たち親はボランティアの方に安心をもらっている。

お互いに支え合って生きているのだ。

それを、親は態度で子どもに伝えていかなくてはならないと思う。




ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

by yomuyomuehon | 2017-05-20 09:14 | 詩集
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

いそっぷ童話集

いわき たかし/童話屋

undefined


読んであげるなら 6歳くらい~


イソップ物語は、教訓じみていて、物語の中で遊ぶ事を好む私としては、あまり好きな部類ではありません。

子どもの時のお話の記憶で思い出すのは、忙しかった両親の代わりに読んでくれたおばあちゃんの、仏教的な教訓話。

こういうことをすると地獄へ落ちるとかいうもので、イソップのように教訓じみているのですが、もっと恐ろしい話だったので、内容は覚えてないのですが、恐かったということだけは思い出します。

教訓話を好まないのは、それもあってのことでしょうか。。。。

しかし、最近の骨のない甘ったるい絵本が書店に多く並ぶのを見て、または最近の子ども達の様子を見て聞いて、そして節度のない大人(私とてその一人かもしれぬが・・・)に接するにつれ、

こういう教訓話も必要なんだろうなと思うのです。


この本の編者、童話屋の田中さんは巻末でこう述べています。

「デジタル文明の渦中で、たくさんの子どもたちが迷い子になって、人間本来の美しい心の発露が閉ざされつつある。早く大自然の摂理の花園に子どもたちを連れ戻さなくてはいけない。この『いそっぷ童話集』がきっとその道案内人になるだろう」

あなたがイソップ物語と言って思い出すのは、どんなお話ですか?

この童話集には、17の物語が収められています。

ご存知の通り、どれも短いお話です。

余計な描写がないところが、昔話です。

小さな子にも言葉だけで情景が浮かびます。

寝る前に子ども達に、別の本を読んだ後これを手に取り、「では、一つ二つ」と語り始めたところ、「もっと、もっと」とリクエストが。

傍らで聞いていた主人も入り、一つの物語を読み終えるたび「ああだ、こうだ」と子ども達に訓示をたれます。

それがまた教訓話を読んでしまうと、子ども達が面白くなくなる理由の一つだと思うのですが、まあそれも受け入れられるようになった息子達は、主人に対し反撃するので、眠りに就く前の儀式のはずが、目も頭も冴えてしまって・・・・いつの間にか寝ていたhaneちゃんを横に意見を言い合う親子(^^;)

読んだ後、ああだこうだと訓示をたれることなく、子どもが静かに考える時間を持てるようにすることをオススメします。

大人も改めて読んでみると、なるほどねえ!と思うことも少なくはなく、「のはらうた」の

版画 のはらうた

工藤 直子,保手浜 孝/童話屋

undefined


ほてはまたかしがさし絵を担当しているこの本は、大人が手にとっても良いように思えます。


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2016-08-28 10:01 | 昔ばなし
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村



この本の対象は・・・初々しいふたりと 少し疲れたふたり

「祝婚歌」   (吉野弘)

二人が睦まじくいるためには

愚かでいるほうがいい

立派すぎないほうがいい

立派すぎることは

長持ちしないことだと気付いているほうがいい

完璧をめざさないほうがいい

完璧なんて不自然なことだと

うそぶいているほうがいい

二人のうちどちらかが

ふざけているほうがいい

ずっこけているほうがいい

互いに非難することがあっても

非難できる資格が自分にあったかどうか

あとで

疑わしくなるほうがいい

正しいことを言うときは

少しひかえめにするほうがいい

正しいことを言うときは

相手を傷つけやすいものだと

気付いているほうがいい

立派でありたいとか

正しくありたいとかいう

無理な緊張には

色目を使わず

ゆったり ゆたかに

光を浴びているほうがいい

健康で 風に吹かれながら

生きていることのなつかしさに

ふと 胸が熱くなる

そんな日があってもいい

そして

なぜ胸が熱くなるのか

黙っていても

二人にはわかるのであってほしい




「クローズアップ現代」(午後7時半)にて、2015年1月27日(火)放映された吉野弘さんの特集 → 「いまを生きる言葉~詩人 吉野弘の言葉~」 

32編の詩を集めた吉野弘さんのアンソロジーであるこの詩集は、TV放送もあって大ブレイク中。

3月28日重版が決定!

あちこち探しているのですが、全く発見できません(><)

図書館予約も、数人待ちの大人気です。



「この本の対象は、初々しいふたりと 少し疲れたふたり」と言うフレーズは、童話屋さんからお借りしました(^^;)

うちは・・・「少し疲れたふたり」の方かな?


「祝婚歌」・・・結婚式の祝辞で引用される方が多いそうです。

が、初々しい頃より、今の方が響くなあ・・・


「正しいことを言うときは  少しひかえめにするほうがいい」 ・・・その通りですね(^^;)


夫婦から、子どもが出来て、家族が増えた今、

「ふざけているほうがいい

ずっこけているほうがいい

互いに非難することがあっても

非難できる資格が自分にあったかどうか

あとで

疑わしくなるほうがいい」



子どもの対しても、そんな家庭が良いんだよなって思う。

昨日も、息子をとっちめてしまった自分を、深く深~く反省する母です。


外ではしっかり者と見られがちな私も、主人にとってはかなりずっこけているらしい。

子ども達にとっても、少しずっこけた母でいたいものだと思う。


さて、もうすぐバレンタインデー。

毎晩スイミングの練習で疲れているはずなのに、sohtaとtaichiが11時過ぎまでバタバタと二階で音がしていた夜がありました。

朝起きてきたsohtaが、

「昨夜は遅くまでtaichiと語り合っちゃった。好きな子の話をねぇ・・・ムフッ」

「へえ、そうなんだぁ 大分遅くまでドタバタしていると思ったら」

「で、ママ。taichiは好きな子が二人もいるんだってーっ」

(あらっ)

「ちがうもんねーっ!」(taichi)

「ふふっ、チョコレートもらえるといいねぇ」


家族でチョコレートフォンデュ♪のバレンタイン・・・あと何年かな?


最近は草食男子どころか、絶食男子というところまで来てしまったらしいです。

昨日ラジオを聞いていたら、文明の発達によるものだと言っていました。

動物として種を残すという危機がなくなった結果らしく・・・う~ん、納得だけど・・・

これだけ広がったnet社会、リアリティのない社会にも、責任があるんじゃないかという話。

経済至上主義・便利さを求めすぎた故の結果でしょうか?


人間的なしあわせは、むしろこっちにある ↓ 




ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2015-02-10 14:35 | 大人向け
銀座教文館で、俵万智さんと松居直さんの対談が始まる前、

対談会場の階下、ナルニア国で絵本を見ていると、

童話屋の田中さんに遭遇。

私は童話屋さんが大好きです。

だから、その社長で編集長の田中さんも好きです。


何度か目にした田中さんの講演会には都合が付かず、

この日も、家の近くであると聞いていた田中さんの講演会が重なっていたのでした。


・・・なのに、目の前に居るのは田中さん!?

はて!?

12月23日のXマスコンサートに、田中さんの口利きで行かせて頂いたお礼も伝えなきゃ!

と、声を掛けました。

すると、俵さんと松居さんの対談の後、

田中さんと池下さんの対談に向かうのだそうで・・・


童話屋さんから出版される(・・・って、今日30日発売!)、

谷川俊太郎さんの詩集を楽しみしている事を伝えると、

岩波文庫から発売された『自選 谷川俊太郎詩集』の事を教えてくださいました。

生きながら古典に入るというのは凄い事なんだよ!と。





それから、ファンだと言いながら、知らなかった(^^;)

NHKカルチャーラジオで放送した、田中さんの「『ポケット詩集』を読む」の事。


「対談の後、〇時〇〇分の電車に乗れば間に合うから、貴女も是非来て!」

田中さんじきじきにお誘いを頂くなんて、光栄至極。

久し振りに来た銀座を少しぶらぶらしようと思っていたのですが、

対談終了後、電車の中でパンを齧りながら、

購入した「『ポケット詩集』を読む」に目を通しながら、向かったのでした。


・・・とその前に、この対談にいらしていた708さんとbrown bearさんに遭遇!

この日は、素敵な出会いの日だったのです。


駅に着いたのは、対談が始まる15分前。

歩けど歩けど、会場の公民館はなかなか見えても来ず。

あれ~っ、こんなに遠かったっけ?

途中からは、ヒール付きブーツで走り、どうにか始まった二分後に到着。

大寒の、とっても寒い日だというのに、汗だくです。

普段走っていて良かった(^^)


さて、この対談は田中さんと、「母の詩集」の池下和彦さんのもの。

しかし、私は池下さんも「母の詩集」も存じ上げず。


「母の詩集」には、池下さんが市役所にお勤めの頃、

認知症のお母様と暮らした日々が綴られています。

傍から見たら、それは介護・・・なんですが、

池下さんは、「ただ一緒に暮らしていただけ」と仰います。



「店屋さんごっこ」     池下和彦

店先にならべられた家中の靴

母さんはいま靴屋さんである

縁台にならべられた家中の傘

母さんはいま傘屋さんである

靴屋さんの

母さんも

傘屋さんの

母さんもいま店番にいそがしい

母さんに売ってもらった靴をはいて傘をさして

ぼくはいつもの買い物に出掛ける



この対談のタイトルは、「やさしさは限りがない」というもの。

人間はこうも優しくなれるのか!?

お母さんの行為は、子どもの遊びそのものです。

このごっこ遊び、子どもには笑えても、年老いた親には笑えません。

池下さんって、すごい人です。


池下さんも田中さんも、三人兄弟の末っ子。

その息子達から見ると、

長男が一番可愛がられていたような気がする。

真ん中はそうでもなかった気がする。

自分はその中間と仰いました。

それに対し、参加者の一人のおば様が熱く語られました。

母の立場からすると、どの子も可愛い。

子どもの可愛さに順番は無いのです。

きっと、お二人のお母様も同じだったと思います。


私にも三人の子どもが居ますが、同感です。

よく、三人目に出来た女の子は可愛いよね!?

と聞かれますが、そんな事はなくどの子も同じ。

ただ長男については、こちらもあちらも初めて経験する事ばかり。

心配はつきません。

下の子達には、その初めての心配がないだけの事。

でも、子ども達はそう受けとるものなのか?

長女である私は、その辺りに鈍いかもしれません。


「父の詩集」も作っていらっしゃるそうですが、これがなかなか難しいそうで・・・

母と息子の関係、父と息子の関係・・・

まあ、違うのは分かります(^^;)


夕べもhaneちゃんと私の激しいやり取りを見て、

絶対haneちゃんの強情な所は、私にソックリなはずだ。

子どもの頃、あんなだっただろ?とパパ。

う~ん、私の老後は、そうたかたいちに看て貰おうかなぁ(^^;)


その前に母の介護か!

「母の詩集」をいつも携えておかなくては



兎にも角にも、素敵な出会いが詰った一日でした。

それにしても、詩にしろ短歌にしろ、多くを語ってはいないのに、

これらには、心を大きく揺さぶられます。



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2013-01-29 06:57 | 大人向け
漸く冬休みが終わりました。

・・・と言っても、嬉しい!と言うわけではなく、どちらかと言ったらああ、また忙しくなっちゃう!という嘆きの方が強いかも(^^;)

あっちで仲良く遊んでいたかと思うと、こっちで喧嘩。

うるさ~い!!!と何度思ったかしれない長き休みでしたが、それでもいつもよりゆっくり、ゆったり、まったり。

何だかホッとする日々でした。

さて、この休み中の、クリスマスの後に、子ども達に読んだ本は・・・

雪渡り、なめとこ山の熊、注文の多い料理店、セロ弾きのゴーシュ、ハリーのセーター、おばあさんのひこうき、ふわふわふとん、ラプンチェル、ねむりひめ、おぞましいりゅう、てのひらむかしばなしシリーズ、トラのじゅうたんになりたかったトラ、ほしになったりゅうのきば、龍の子太郎、竜のはなし、したきりすずめ、雪女、こぶとり、ルピナスさん、ときそば、まんじゅうこわい、中国のお正月、アンナの赤いオーバー、うきわねこ、もしもまほうがつかえたら、しあわせハンス、一年365日プレゼントをもらったベンジャミンのはなし・・・など等。

最近紹介したものは除きます。

寝る前に、子ども達が出して来た何冊かを読んでから寝室へ行くと、私の為に枕元に置いてあった「宮澤賢治の心を読む(Ⅰ)」を見つけ、「それもよんで!」とリクエストされたので、一日一作品か、二日に渡って読んだりもして、子ども達はすっかり寝るのが遅くなりました。

宮澤賢治の「雪渡り」は、以前、絵本のを読んであげたことがありましたが、今回は私の朗読を聞いているだけ。

「セロ弾きのゴーシュ」だけは二日に渡ってになったのですが、二日目に私がこの辺りだったかしら?と読み始めたところを違うと言い出したそうた。

「狸の子じゃなくて、その後のねずみの親子の話だよ」

「あっ、そうだった?はいはい。『次の晩もゴーシュは夜通しセロを弾いて明け方近く思わずつかれて楽器をもったままうとうと・・・』

「ちがう、そこはきのう読んだ!子ねずみがセロの孔に入ったところまで読んだよ」

「えーっ、よく覚えてるねえ!!!」

これには母さんビックリです。私は、眠くて惰性で読んでいて、狸もねずみも存在を忘れてたくらいです。

前の晩、「もう眠いから続きは明日にして~、おやすみなさ~い」って、寝ちゃったのに・・・

そんなギリギリの所まで記憶があるんだ~!

子どもって凄い!

・・・で、一番面白かったのは、『注文の多い料理店』だそうです。

「すっごくどきどきしちゃった、怖かった~っ」だそうで・・・

どの辺りから気付いたのでしょう?

料理を食べれるお店じゃなくて、料理されちゃうお店だって事に。

草山万兎と言うのは、サル学の世界的権威である河合雅雄さんのペンネーム。

「人間は昔、動植物と同じ地球上の、自然という一つの仲間でした。それが、頭脳が秀でていたために、知恵を駆使し、高度な科学技術文明を作り上げてしまいました。

もっと良い暮らしを!と欲望がそれに拍車をかけ、人間の暮らしは快適なものになりましたが、自然の他の家族の暮らしを汚したり、壊したり・・・

このまま人間の我欲を放置しておくと、やがて人間そのものが危うくなるのではないか、と河合さんは心を痛めました。

そこで、その昔、河合さんよりももっと自然の家族と暮らしていて、イキモノ語に通じていた宮澤賢治さんに話を聞こうと考えました。(河合さんはサル語がわかるそうです)

宮澤賢治さんは、人間が他の家族への思いやりを忘れ、傲慢に振舞っていた事を哀しんだ人でした。

しかし、宮澤賢治のコトバは今ひとつ分かりにくい。

一体何を言いたいのか!?

私たちには難解な賢治の話を、河合さんは分かりやすく解説してくれました。」

と、「」の中は、編者田中和雄さんの言葉から。

河合さんは仰います。

宮澤賢治の童話は、作り事ではなく、直に感じ、想像し、心にうつった自然や事物の有り様を、そのまま言葉にしたもの。

しかし賢治自身も、自然が語りかける事全てを分かるわけではないそうで・・・

ただ賢治にも分からない事が、子どもには分かると仰います。

子どもは大人と違い、何にもとらわれてない素直な心で対応し、新鮮な目で本質を見つめ、豊かな想像力で大人が知らない世界に入り込む事が出来る。

童話に形を変えた、賢治が見聞きした世界。

大人はあれこれと、何を言いたいのだろうかと小難しく考えてしまいます。

賢治の研究をされている個人・団体の、なんと多い事か!

朗読を聴けるようになったそうたの頭の中に、どんな風景が広がったのでしょう?

何度か読んだ後、何れ、見えたものを聞いてみたいものです。

大人向け



賢治の童話に登場する動物は、なんと158種もいるそうです。

動物と人間との関係に於いては、賢治と共通する点が多いと仰る河合さん。

この本では、賢治ワールドにおける動物の有り様について解説されています。

4作品何れも、賢治の童話の後に、それぞれを解説した文が載っています。

今まで見えなかった世界が、私にも少し見えた気がします。



宮澤賢治を読むなら



絵本では、パロル舎の、小林敏也の画本がオススメ。とても美しい☆☆☆大人向け絵本です。

特にこの『やまなし』は素敵


『雪わたり』や『オツベルと象』は、こちらの方が雰囲気に合っていて好き☆☆☆







最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2012-01-10 16:44