人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


にほんブログ村

何か、腕に・・・

あっ、

バチッ!

蚊に刺されたとき、こうやってはいけないのだそうだ。

「指先でそっと弾き飛ばす」・・・これが蚊に刺されたときの正しい対処法

と、今朝の朝日新聞、木曜日担当「福岡伸一の動的平衡」にあった。


そんな余裕も無けりゃ、蚊に憐れみも持たないぜ!

そう思うあなた、

蚊は、私たちの大事な血液を頂いている最中に、凝結阻止物質を含んだ唾液を血液中に送り込み、

これが痒みの原因となっていると言うのだから、

少しは考えちゃうでしょ?


と言いつつも、私の腕に止まる不届きな蚊のヤツは、絶対に一撃でぺしゃんこにしてやる!


さらに蚊の吸血管の内径は、赤血球の直径より一回りほど大きいだけで、

それは、今流行のタピオカとストローの関係に似ているらしい。

蚊は、私たちの血を、まるでタピオカ入りミックスベリージュースをずるずる吸うかのように、味わっているって事。

その前には、口吻の先に付いた刃で皮膚を切開し、超極細(注射器の20分の1程)の吸血管を、どんな熟練の看護師よりも正確に血管に差し込いんでいる。

目にもとまらぬ、ものすごい早さで!

あんな小さな身体で、まあよく出来ている事!

*****

ICUからHCUに移って、

カーテン越しに聞こえてきた同室の患者さんの話。

交通事故で手術した後の彼女は、かなり若くて、すごい怪我の割に元気なのだが、

血管がものすごく細いらしく、看護師さん泣かせ。

動く度点滴の針が動いちゃって痛くって、その度に刺し直しになっていた。


「う~ん、今度は入ったかな?」

「多分大丈夫です。」

「・・・あっ、やっぱり痛いです。」


ごめんね~と、入れ替わり違う看護師さんがやって来てトライ!

最後は、師長さんがさすがの腕を振るい、部下達の絶賛を浴びていた。


聞いているだけで痛いよ。

私は血管が細くなくて良かった(^^;)



ベテランの、安心出来る看護師さんも居れば、何年かはやっていても雑な性格の方も居て・・・・

腰が抜けるかズレるか的痛みを抱えていた、HCU移動したての、

座るという行為がまだ出来なかった頃、

車椅子でトイレに行ってみようかという話になり、その時に担当してくれた看護師さんは、どうすると痛くなくなるかをよ~く分かっていて、

あまり辛いこと無く、車いすに乗ることが出来たり、

気管に詰まった飲み物さえ、痛みで咳を出すことが出来ないときに、痛くない方法で身体起こして、咳をする方法を教えてくれたり、天使かと思った。


しかし、同じ事をするにも、雑な看護師さんの時には、

同じ車いすへの移動で、声にならない叫び声を上げざるを得ないこともあった。

悪い人じゃ無いのだけれど、仕事も出来ない人じゃ無いのだけれど、一つ一つが雑なのだ。


更に、どこの世界にも初心者マークさんは居るもので、それは病院とて変わらない。

しかしかながら、こっちは重傷患者で、身体の余裕も無けりゃ、心の余裕もないわけで・・・

一回目の時に懲りた私は、翌々日、朝の健康観察にやって来た彼女の姿を見て、血の気が引く思いがしたものである(><)

漸く医療用麻薬の点滴が外れる時に、針を抜きに来たのも彼女だった。

その時にはもう、私も歩行器を使いながらも一人で歩けるようにまでなっていたので、心にも余裕があったのだが、


観念してくださいとばかりに、

「良いですか?これから、私が針を抜きますっ!痛かったら言ってください!」

って、滅茶苦茶身体に力入ってるよ、君~(^^;)

サージカルテープを剥がすのにも、すっごく慎重で、時間を掛けるものだから、こっちもじーっと見てしまう。

すると、私の視線に気付いて、

「だっ、大丈夫ですか?」

「はい、大丈夫です(^^;)」

そんな会話を繰り返し、10分位掛けて点滴の針を抜いた彼女は、すっごく大仕事を終えたかのように憔悴仕切っていたが、

満足感もあったようで、

ああ、私が初体験の相手だったみたい(^^;)


一年後、再手術で入院したとき、彼女はどうなっているだろうか?

*****

4,5歳くらいから

かがくのともには、読み聞かせに向きの物も多い。

中には、もう絶品だったり、どうしてこれがハードカバーになっていないのか?と残念に思うものもあり。

↑には、定番のかがくのともから、もう借りることさえ出来ないものまで、懐かしい表紙が並んでいる。

その中でも私が一番好きなのは、


かがくのともは、科学ではありながら、物語としても、子ども達の心にポッとあったかいものを残してくれる。



さて、退院時にもらった痛み止めは1日4錠二週間分。

薬だから、飲まなくて良いに超したことはなく、1日4錠も飲んでいないのでまだあるのだが、

今の調子で1日二錠飲むと、週末には無くなってしまう。

朝一錠飲むと、夜7時~8時頃には辛くなってきて、薬でどうにか誤魔化している。

次に通院する日を考えると、薬が切れるのは怖い。

出来るだけ、痛くなってどうしようも無くなったら飲もうと決め、

今朝は大丈夫そうだったので、飲まずに日課の散歩を。

それでもこの時間まで、どうにか持っている。

あと数時間我慢して、今日は一錠にとどめたい。

ブックオフオンライン
楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

by yomuyomuehon | 2019-06-27 14:02 | 科学絵本
押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


にほんブログ村

半年ぶりの復帰、第一弾は、

小学2、3年生くらいから

はいけいムシムシしんぶんしゃさま

わたしは、カタツムリが大すきな小2の白山まいといいます。

さいきん、わたしがくらす町でカタツムリをさがしていますが、

ぜんぜんみつかりません。

父さんにきくと、むかしはたくさんいたんだけどなーといいました。

どうしてカタツムリはいなくなったのですか?

またどこに行くと、カタツムリを見つけることができますか?

カタツムリをつかまえてかってみようと思っています。

もっとカタツムリについて知りたいです。

よろしくお願いします。

かた山小学校 白山まい


こんな手紙がムシムシ新聞社に届きました。

ムシムシ新聞社とは、その名もずばり虫の新聞社です。

そしてこの手紙の答えを探し、色んな角度からカタツムリを取材して欲しいとデスク(カブトムシ)から依頼されたのは、

ムシムシ新聞社自然科学部記者、入社2年目の七星あまみち。

勘の良いあなたはおわかりですね!

七星あまみち・・・ナナホシテントウムシです。



確かに!

子ども達が小さい時、梅雨時期に散歩していても、カタツムリがいないなあ・・・と思っていました。


この本を読んで、面白い!と思った私は、夕べ練習から帰って来てくたびれた状態で夕飯を食べている息子達に、

「最近カタツムリを見かけないのはなぜだと思う?」と聞いたのです。

「あのさー、疲れてご飯食べてるときに、カタツムリの話はやめてっ!気持ち悪っ!」と次男。

「え、少ないの?少ないって事自体が分からない。小さい時から多かったわけじゃない」と長男。

そりゃそうだ(^^;)

「ママが子どもの頃はいっぱいいたわけよ。でも君たちが小さい頃散歩してる時もなかなか見かけなかったんだよ。それはどうしてだと思う?」

「さあ・・・」

なんて興味ない態度(><)

虫に興味ないから勉強出来んのか。。。。。

「カタツムリってさ、湿った状態が好きでしょ?でも、道路はアスファルトだし、乾いちゃうし、住みにくいからなんだよ。」

「じゃあ、大っきいママ(私の母)ん家なら、いっぱいいるんじゃないの?」

そうなのです。

実家は虫の宝庫。

年末は掃除に行きながら、子ども達は、庭で掃いても掃いても減らない落ち葉で焼き芋を、翌日はポップコーンに焼きマシュマロをして楽しんだのでした。

「掃除してもしきれないから、そのままにしておけばいいの。良い肥やしになるんだし!」と母の言うとおり、葉っぱのお布団に潜り込んでいたたくさんの虫を、無理矢理起こして、う~ん焼き芋のスパイスとしてしまったかもしれません(^^;)

本に戻りましょう。

田舎に取材に飛んだ七星くん。

カタツムリを探すイノシシに遭遇。

冬眠しないほ乳類にとって、落ち葉の下で冬眠するカタツムリは非常食なのだそうです。


ここで脱線!

今読んでいる内の一冊


この中のエッセイの一つ「ホタル」に、「こちらムシムシ新聞社」にも書かれているカタツムリとホタルの関係性が書かれていました。

この本は、初詣帰りに新宿小田急10階の有隣堂で出会ったもの。


車を運転しているとき、ふと時計を見ると、”4:17”と、誕生月日にピッタンコ♪

数年前当初はなんだか良いことあるかも~!な~んて思っていたのですが、何にも起こらず、そして頻繁に訪れるピッタンコ。

これは普通にあることなのかも。。。。

もう ”まあ偶然!?” なんて驚きもせず、一瞥で終わるピッタンコですが、こうして思いがけず出会う本の偶然には、なんだか運命を感じずにはいられません。

そしてよく起こるのです。

ネットでキーワード検索しているわけではないので、奇遇?それとも宿命!?

ほほう、読め!ってこと?神の思し召し?今後もこの巡り合わせを大事にしていきたいものです。


絵本に戻ります。

カタツムリはこんなにも食べられちゃって良いものなのか?って心配するくらい、色んな動物や虫の餌食になっているようです。

それらの命を支えているということは、やっぱり数が相当数いるわけですね。

この本には、多くの生きものに食べられても子孫を残せるぐらいたくさん産む、その数は、産卵が年に2~5回、一回に30~100個だそうです。

何年か前、子どもの自由研究に、「世の中の右巻き・左巻きはどちらが多い?」っていうのはどう?と提案しましたが、却下されました。

カタツムリの殻にも右巻き・左巻きがありますが、その件についても興味深い記述がありました。

科学系絵本が好きな方は、是非読んでみてくださいね。


その他のオススメ科学系絵本


↑が面白かったのでこちら↓も購入



絵とき ゾウの時間とネズミの時間 (たくさんのふしぎ傑作集)

本川 達雄/福音館書店

undefined



↑が面白かったのでこちら↓も購入


ちなみに、「春の数えかた」の作者 日高敏隆さんは日本を代表する動物学者で、京都大学名誉教授。

って事は、この本は難解かとお思いですね?

いえいえ、私のような凡人にも、興味深く読める内容です。

ちなみにこの本は、日本エッセイスト・クラブ賞受賞作品です。

タイトルに誘われて手に取ったのですが・・・う~ん最近とても寒い(><)

早く春が来ないかなあ。


ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

by yomuyomuehon | 2019-01-10 19:43 | 虫の本
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

ダーウィンと出会った夏

ジャクリーン ケリー/ほるぷ出版

undefined


小学6年生以上向け


(以下、あらすじです)

作品の舞台は1899年のアメリカ南部テキサス州、暑い夏から新年を迎えるまでの半年が描かれています。

好奇心が強くて元気いっぱいの少女キャルパーニア11歳は、七人兄弟の真ん中で唯一の女の子。

料理人やメイドのいる裕福な家庭に育っています。

1855年に刊行された「種の起源」

種の起原〈上〉 (岩波文庫)

チャールズ ダーウィン/岩波書店

undefined


キャルパーニアのおじいちゃんは気難しくて近寄りがたい存在でした。

しかし、観察熱心なキャルパーニアは、やがておじいちゃんの助手として、博物学へ導かれていくのでした。

おじいちゃんは、熱心なキリスト教徒には当時まだ根強かった「すべての生物は神がここに創った普遍のものだ」という創造説を信じることなく、ダーウィンの「種の起源」の「進化論」を学び、自らも研究調査をする、周囲から見れば変わり者だったのです。

女性は良き妻、良き母となる事を求められる時代。

おじいちゃんと動物学の研究をしたり、事件をしたりする方がはるかに楽しく、自分らしい生き方だと感じるキャルパーニアもまた、周囲からは理解されず、特にそうして生きてきた母親からは特に反対されました。

しかし、ある時おじいちゃんとキャルパーニアが発見した植物がスミソニアン博物館において新種であると認められ、その植物に家族の名前が付けられて新種登録されるのです。

その時の家族の誇らしい様子には、涙が出てきちゃって・・・・(><)

*****

大分長いお話ですが、途中兄弟の恋の話なども盛り込まれ、そしてこの時代と言うものも丁寧に描かれていて、かなり楽しめました。

図書館が『種の起源』をキャルパーニアに貸してくれなかったり・・・

子ども達が南北戦争ごっこで南軍の役をやりたがったり・・・

電話や自動車といった新しい文明の器が生活に入ってきた時の、人びとの興奮だったり・・・


たった100年くらい前のお話ですが、女性がまだ職業選択の自由が無かった時代、自分のやりたい事を敢行するというのは大変だっただろうし、難しかったようです。

だからこそ、キャルパーニアがどういう行動をするのか、どう反応するのか、応援しながら期待しながら読み進めました。

この百年の間に、科学においても動植物学においても色んな事が明かされ、子どもが純粋に疑問を感じ、研究実験をすることをせずとも、読めば、調べれば済んでしまうことは、ありがたい様でもあり、残念な事のような気がしますね。

続編を早く読まなくちゃ!(^^)

いずれhaneちゃんには絶対手渡したい本です。

ダーウィンと旅して

ジャクリーン・ケリー/ほるぷ出版

undefined




ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2017-01-16 16:42 | YA
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

sohtaが毎朝、朝日小学生新聞を開いて読むところ、

それは「トリプルゼロの算数事件簿」である。

・・・というか、そこしか読んでないんじゃないの?って思わなくもない。

そんなに面白いのか?

「うん、すげー面白い!」

と言うので、

(099-1)トリプル・ゼロの算数事件簿 (ポプラポケット文庫)

向井 湘吾/ポプラ社

undefined


(099-2)トリプル・ゼロの算数事件簿 ファイル2 (ポプラポケット文庫)

向井 湘吾/ポプラ社

undefined


を図書館で借りてきてあげた。

そうしたところが、何度も何度も繰り返し読んでいて、彼らが事件を解決する時に使う「算数」の問題を身に付けるべく挑戦している。

間もなくファイル3が発売となるのだが、図書館に入るのはまだまだ先。

全巻まとめて買って欲しいと言われている。

親は勉強になるし!と思うと甘いものである。


他に、熱心に読んでいるものが

朝日小学生新聞の学習まんが 日本の歴史きのうのあしたは……(7巻セット)

つぼいこう/朝日学生新聞社

undefined


漫画なら読むよね(^^;)と思って中古を手に入れて置いといたら、やっぱり早速読み始めた。

小6で始まる歴史。

社会があった日は、新しく仕入れてきた情報を元に嬉しそうに質問するsohta。

かつて私も歴女だった小6時代。

(小6レベルで歴女もないか(^^;))

歴史は面白かった。

学級新聞で戦国武将の比較特集組んだり、自由研究の題材にもしたなあ。

大したレベルではなかったけれど。。。。

すっかり忘れている事象も多く、また変わった事もあったりする。

そして、ついこの前と思っていた、自分の育ってきた時代が既に歴史である。

子どもと一緒に学び直さなくちゃ、馬鹿にされてしまう(><)


それから一緒に購入した

金の空想科学読本

柳田 理科雄/KADOKAWA/メディアファクトリー

undefined


も、ゲラゲラ笑って熱心に読んでいた。

が、どれどれと手にとってみた私は驚いた。

記事によっては難しい(><)

これを読んで笑えるようになったのか?と子どもの成長を頼もしく感じる今日この頃である。

全239本の原稿から、読者が選んだベスト25本が掲載されている。

一位は「北斗の拳・・・お前はすでに死んでいるって、どんな状態?」


私は、ランク順ではなく、興味のあるところから読んでいるのだが、

「ドラえもんが我が家来たら、家を改築することになる!」の記事に笑ったところ。

まず、塾講師である筆者は、ちょっとでも辛いことがあると「ドラえも~ん」とすぐドラえもんに助けを求めるのび太の姿勢は非常に困ると始まる。

「結果がどうであれ、自ら努力する事が大事だ」とのび太と正反対の姿勢を貫くよう説き続けてきたからだと。

しかし!

科学が進歩すれば自分で努力しなくてもバラ色の人生が開けるようなるのだろうか?

それでいいような、いかんような・・・

この哲学的かつ教育上の問題を解くための第一歩として、ドラえもんが実在した場合、我々の暮らしがどうなるか考えてみよう、というものである。

で、ドラえもんは非常に優秀なロボットなのだが、

問題はその体型!

身長129.3cm、頭がでかい!漫画から測定し計算したところ、直径85cm。

これでは標準的な子ども机の引き出しから出れるはずがない!というのだ。

日本家屋の廊下の幅は通常3尺(91cm)

ドラえもんとはすれ違う事が出来ない!

ドラえもんは階段の昇降も困難!

一段の高さは20cmってところ。

それに対し、ドラえもんの足の長さは18cm。

ドラえもんが二階まで上がるには、54段必要で、奥行き40cmの階段を作るとなると、21.6mも必要となってしまうのだ。

体重も129.3kgで、
白鵬に迫る体重である。

パワーは129・3馬力で、これは人間の20倍以上に相当する。

ドラえもんって、とてつもなく強そうな。。。。

のび太はよくドラえもんと駆け合って抱合ったりしているが、そんなことしたら白鵬に立ち合いを食らうよりも更に激しく弾き飛ばされる、だって(><)

ドラえもんと居れば幸せになれる!

しかし、ドラえもんと暮らすには相当な努力と覚悟が必要みたい(^^;)


他にも興味津々の話題が盛りだくさん。

男の子は必ず嵌る!

ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2016-06-09 15:22
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

ぬすまれた月 (レインボーえほん (3))

和田 誠/岩崎書店

undefined


読んであげるなら 6、7歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

空をみあげよう。

ほら 月がでている。

月には もようがみえるので、

むかしから世界の人は あそこに何かがいると かんがえていた。

世界じゅうの人が 月をみる。

どこの国でも<月>はきれいなことば。

月は たくさんの伝説、たくさんの物語、

たくさんの詩やうたをもっている。

(途中、省略)

ここにもひとり 月が だいすきな男がいた。

やがて 男は決心する。月をとってこようと。

男はつくった。

長い長いはしご。

はしごは ついに 月にとどき 男は 月をもって帰った。

男は月を箱にかくして ときどきとりだしては ながめていた。

月は 毎日すがたをかえる。

男は それをみるのが たのしかった。

ある晩、どろぼうが のぞいていた。なにか だいじなものらしいぞ。

男がねているあいだに どろぼうは しのびこんだ。これだな。


 * * * * *

(以下、あらすじです)

男が盗み出した箱を開けてみると、中は空っぽ。

その日は新月だったから(^^;)


この後、月の満ち欠けの説明が入る。

月食や日食についても。



さて、物語に戻る。

一人の女の人が細い三日月を見つけた。

そうそう!新月から三日月に、月は大きくなっていた。

女の人は月で竪琴をこしらえ、その竪琴をもって演奏旅行をした。

船の人達にも聴かせてあげようと取り出した竪琴は、半月になってしまい、弦は切れていた。

女の人はヒステリーを起こし、竪琴を・・・・

*****

この本は1963年に出版された「ポニー・ブックス」という絵本シリーズの一つで、長いこと絶版となっていたのだが、

1998年のプラネタリウムの番組企画で、天体をテーマにしたこの物語が取り上げられ、そしてレインボー絵本の一つとして2006年に復刻された。

この物語が作られた頃は、アメリカとソ連の冷戦の時代。

宇宙計画も米ソが競い合っていた。

それがこの物語にも反映されている。

和田誠さんは、「本が復活するのは嬉しい事ですが、この物語が古くなっていないとすれば、困ったことでもあるのです。」と述べている。


*****

ファンタジーでありながら、随所に科学的な解説があり、本当に良く出来たお話である。

「ポニー・ブックス」シリーズは絶版となっているので、元の「ぬすまれた月」を読めないのは残念(><)

レインボーブックスの方は、プラネタリウム用に新たに描かれたものなので、バックが黒。

元の「ぬすまれた月」は、バックもカラフルだったようだ。


さて、和田さんが懸念していた、米ソの関係は今どうか?

両国の間に、かの時のようなピリピリした緊張は無いかもしれぬが・・・・

「月」が他の物に変わっただけで、世界のあちこちで戦いは続いている。


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2016-04-05 11:10 | 知る
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村 


よその子の成長って、とても早く感じませんか?

自分の子には、何でまだ・・・、どうしていつまでも・・・と、なかなか成長をかんじる事が出来ないのに・・・

でも、他人(ひと)からは、いつの間にこんなに大きくなっちゃったのーっ!って言われますよね(^^;)

それは、毎日毎日見ていないから・・・ですね。

そう!毎日毎日見ていると、なかなか成長に気付かないものです。

・・・が、毎日見ているは・ず・の、sohtaの身長の伸びには、毎日びっくりする母です。

それもそのはず!

半年で7センチも伸びているんですもの(><)

間もなく抜かされそうです↓

嬉しいような・・・う~ん、複雑。

ちいさなかがくのとも 2005年7月号 『いつのまにかのまほう』

null

undefined

読んであげるなら 5歳くらい~


この本は、10月のこの本だいすきの会の支部例会で、紹介していただき、即買いしたもの。

「ちいさなかがくのとも」シリーズという科学絵本ではすまない、感動的ラストシーン!

これがハードカバーになっていないとは、う~ん残念(><)

ソフトカバーだと、借りれる図書館も数少なくて・・・・


(以下、あらすじです)

朝顔の生長をこの目で見たい!と思っている女の子。

毎日毎日、じーっと見ているのに、大きくならない!?

お母さんが言いました。

「なんにちか みないでいると、おおきくなりますよ」

ほんとかな?

見たいけど・・・我慢して見ないでいよう。



ほんとだ!

ずっと我慢して見ないで居たら、背も伸びて、葉っぱも三枚になった。

こうして、なかなか見ないようにしていると・・・

大きく大きく大きくなった。

「おかあさん、アサガオさんの おおきくなるところを みた?」

「それはね、おかあさんにも だれにも みえないのよ、アサガオさんはね、<い・つ・の・ま・に・か>の まほうを つかって、いつのまにか いつのまにか おおきくなるの。・・・・・




この後に続くお母さんの台詞が良いの(^^)

*****

この絵本は、ある小学校の読み語りサークルで、で代々大切にされていると、この本だいすきの会で紹介されたんです。

アサガオの時季に読むのが良いかとは思うのですが・・・(^^;)


さて、最近漸くsohtaの試合結果に練習の成果が見えてきました。

8日、日曜日にあった大会で、初の2種目優勝☆

特に早い子達が出ていなかった・・・って事もありますが(^^;)

でもまあ、ベスト記録で、優勝出来たので嬉しい限り(^^)

親としても、ベタ負けで終える大会とは違って、かなり疲れますが心地よい疲れ。

明後日の幼稚園のバザー準備も頑張れる母です。


ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す
お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!  

 ↓  ↓  ↓   

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2015-11-13 23:05
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

みんなでつくる1本の辞書 (たくさんのふしぎ傑作集)

飯田 朝子/福音館書店

undefined


小学4年生以上向け

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

わたしは、数え方の研究をしています。

日本語では何かを数えるとき、自動車なら「一台」、だいこんなら「1本」、ネコなら「1匹」のように数えます。

「台」「本」「匹」にあたることばを、「数を助ける詞」という意味で助数詞とよびます。

日本語には約500種類の助数詞があります。

大学生のとき、そのなかでとくに助数詞「本」についてしらべてみようと思いたちました。

そのきかっけになったのは、留学生の友人から「日本語の数え方ってむずかしい。なかでも『本』がわからない。

なぜ電車も、柔道の勝負の『1本』と数えるの?」ときかれたことでした。


 * * * * *

(以下、あらすじです)

有名な国語辞典を見ても

①「棒のような形をした長いものを数えることば」

②「映画やテレビ、お芝居などの作品を数えることば」

③「柔道や剣道などの勝負を数えることば」

としか載っておらず、不十分↓


そこで、

もっと1本のことをしらべて『1本の辞書』をつくろう!そう思いたったのでした。


①の「棒のような形」について、学生にいくつかの質問をしました。

立方体を二個つなげたもの・・・・30人全員が1個

立方体を三個つなげたもの・・・・1本は18人、1個でも1本でもは12人

立方体を4個つなげたもの・・・・・30人全員が1本

横の長さ対縦の長さが3倍になる形が分かれ目?

これはコッペパンやさつまいもでも同じ。

ただし、マカロニは長さに係わらず『1こ』と数えると言う事や、

縦になっているとき、横になっている時では、長さの感じ方が違うという意見も。


そして、

へびは・・・一匹

ヘビと同じ長さのロープは・・・1本

蛇の抜け殻は・・・1枚が12人、1本が18人

どうやら生き物を数えるときには使われないのではないか?


結論!

『細長いもの(縦横比で長いほうが短い方の3倍を越えるもの)を数えるのに使うことが多い。

ただし、長くてもコップやバケツのように大きく口があいていてものを入れることが出来るものは「こ」と数える。』



家具屋さんに聞いた家具の数え方「1本」が意味するものには、愛!があります。


駅員さんに聞いた電車の数え方にはへえ~っ!!!!!

「当駅始発の準急は、このあと各駅停車が2本出た後に発車します」

「無理をせず、1台お待ちください。電車は続いてまいります」

この違い、分かりますか?


そして私が一番ビビッと来たのは、武道家に聞いた「1本」の訳。

「自分は小さい頃から道場で練習していますが、心技体の3つのものが1本化されたときに決まるのが武道の勝敗だと教わりました。」

精神力・技術・そして身体能力の全てがそろうこと、一本化することが大切なのです。


日本語って、奥が深い!

小学一年生の国語に出て来る1~10までの数に「本」をあわせた読み方。

年中のhaneちゃんに言ってみてとふってみたところ、かなり曖昧でした(^^;)

*****

水泳でも、「100m、100本」とか、1回泳ぐのを『1本』と数えます。

5・6年生男子に課されるチョーハードトレーニング。

100mX100本・・・10,000mです(^^;)

これで終わりじゃないです。

練習の一部。

鬼軍曹のクラスに入って間もなく1年経つsohta。

全く付いて行けなった1年前。

夏から始まったこのハードトレーニングで、最後まで残るのは、いつもsohtaとS君の二人と、sohtaの話。

・・・なのに、試合で結果が出なかった。

ああ、予選落ちか・・・とがっくりしていた所、昨夜ギリで決勝に残れた事が分かり、本人のモチベーションがUP(^^)

メドレーリレーで予選通過1位のtaichiと共に、またまた踏ん張る日々が続きます。


「心技体」の「技」はまだまだだけど、日日の「1本」、全力で頑張れ!


ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す
お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2015-10-17 10:47 | 知る
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村



小学4年生くらい~

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

ガリバーが小人国に流れついた。

「すさまじく大きな人間じゃ。

なに、背たけがわしの12倍もあるのか。

さぞかし、たくさんたべるであろう。

12倍たべるのじゃろうか?」


「陛下、それはちがいます。

問題は体重です。・・・」


 * * * * *

(以下、あらすじです)

「いや、お待ちください。食べる量は体重ではなく、表面積だとおなじようにふえるのだと、私は考えるからです。」


体重説なら1728人分。

表面積説なら144人分。

どちらが正しいのだろうか?


正解は185人分。


表面積説の方が近いけれども、少しずれている。

単純に表面積とともに増えるわけではなさそうだ。


小さなネズミから、大きなゾウまで食べる量を調べてみると・・・

体重と食べる量の間には、決まった関係がある!

食べる量は、体重の増え方ほどは多くは増えない。

ゾウはネズミの10万倍重いけれど、食べる量は約3000倍。

ゾウって意外と小食!


小さいものは体の割りに大食いで、食事と食事の間の時間も短い。

しょっちゅう食べている。

ネズミ(200g)はたったの4日で自分の体重と同じ重さのえさを食べる。

ウシ(450キロ)は体重分食べるのに一ヶ月以上掛かる。


小さいものほどせかせかしている。

大きいものはゆったりしている。

体重が増えるにつれて、時間はゆっくりになる。

食べ物を食べてからうんこになって出ていくまでの時間も、

筋肉が1回ピクンとちぢむ時間も、

血液が一巡する時間も、

赤ちゃんがお母さんのお腹にいる時間も、

生まれてから大人になるまでの時間も、

生まれてから死ぬまでの時間も・・・

小さいものは短い一生。

大きいものは長い一生。


でも・・・・


人間の心臓は1分間に60から70回打つ。

ハツカネズミは1分間に600回近く打つ。

ゾウは1分間に30回。

大きいものほどゆっくり心臓は打っている。

息をスーハー出し入れする時間も、

ハツカネズミは1回の出し入れに0.4秒、

ゾウは8秒掛かる。

体重が増えると、心臓の動きも肺の動きもゆっくりになっていく。

呼吸の間隔の時間を心臓のドキドキの時間間隔で割ると・・・4!

体重に関係なく、どの動物も息を1回吸って吐く間に心臓は4回打つ。


寿命を心臓の打つ時間で割ってみると・・・一生の間に心臓は15億回打つ。

ゾウもネズミも同じなのだ。

それぞれの動物の心臓が1回打つ時間を基準にすれば、ゾウもネズミも全く同じだけ生きて死ぬ事になる。


体重あたりの食べる量と時間のゆっくりになるなり方は、なんと同じ。

だからゾウもネズミも、1kgの体重当たりにして比べれば、一生に食べる量は同じ。

一生の間に活動する量も同じ。


小さい動物は短い一生を全速力で駆け抜ける。

大きい動物はゆっくりのんびり生きていく。

それぞれの動物は、ぞれぞれの時間の中で生きている。

*****

この本の説は殆どの動物に当てはまるそうです。

が、例外も!

例えばナマケモノ。

大きくないのに、かな~りゆっくり(^^;)


さて、人間は?

この説からすると、人間の寿命は26.3歳だそうで・・・今は80年くらいですか?大分違いますね(^^;)

でも、縄文人の寿命は31年だったんですって。

安定した食料供給、安全な都市や医療の発達等が飛躍的に人間を長寿化させた要因だと。

動物学的にみれば、子育てを終えた後はおまけの時間。

そうか(^^;)

人間の子育て期は、寿命が長くなった分、伸びているのかもしれませんね。

子どもの自立に時間が掛かっている人は、長生きなのかしら?

でも、それでは困ります(><)


子どもにも、ゆっくり成長するタイプ、早熟なタイプといますが、最終的には時間と速度を掛け合わせると一緒なのかな?

なかなか結果に繋がらない息子達ののスイミング。

中学生・高校生になった時に花開け!と願っているが、

パパ曰く、

小さい時から早くなけりゃ、水泳は無理。

かな~りキツイスイミングの練習。

ある程度大きくなってからでは、キツイ練習にはついていけない。

でも、すぐに結果が出なくても、地道に実直に努力を続ける事、それしかない。

練習を休まない・・・うちの子達、それだけは◎です。

ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2015-06-05 12:46 | 童話 中学年向け
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村



読んであげるなら 4、5歳~

ハサミムシ・・・ご存知ですよね?

今の時期は、石や腐りかけた木なんかを持ち上げると見つける事が出来る、

お尻にはさみを持った、小さな黒っぽい虫です。

冬の終わりに卵を産んで、子育てをします。

その卵を見た事ありますか?

卵を必死に守るお母さんを見た事ありますか?


ハサミムシの子育ての様子を撮ったこの写真絵本は、驚きと感動でいっぱいです。

まさに親の鏡!


お母さんは、たくさんの黄色い卵に空気をあて、黴や最近から守ります。

巣に入ってくる敵からは、体を張って卵を守ります。

こうして守られ、大事に育てられた卵から生まれた赤ちゃん達。

やがて透明だった赤ちゃんの色は黒くなり、どんどん体も丈夫になっていきます。

そして、

子育てのクライマックスは、

なんと!

なんと!!

なんと!!!

お母さんの体は、赤ちゃん達に食べつくされてしまうのです。

次の世代へ命を繋ぐ為だけにある生き物の姿に、感動を覚えざるを得ません(><)


かがく絵本の域を越える、感動写真絵本です。

是非、今の時期に読んで、公園でハサミムシを探してみましょう!



ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2015-01-31 12:21 | 虫の本

しずくのぼうけん



読んであげるなら 4、5歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

ある すいようびの ことだった

むらの おばさんの バケツから

ぴしゃんと みずが ひとしずく

とびだして ながい たびに でた

ひとりぼっちで たびに でた




 * * * * *


(以下、あらすじです)


埃だらけの裏庭で、たちまちしずくはねずみ色

「なんて わたしは きたないの あんなに きらきら してたのに」

クリーニングやさんに綺麗にして貰おうと行ったけど、

「ここはドライクリーニングよ それに あなたの服を 脱がせるのは 無理でしょう?」

そこでお医者さんへ

「不潔は病気の元。今から鍋で煮て、ばい菌を殺しましょう」

慌てて逃げ出したしずくは、水溜りにはまり、


「おぼれて しまうわ! しんで しまうわ!」


ところがお日様ぎらぎら照りつけて、どんどんしずくは昇ってく。
しずくのぼうけん_e0160269_75532.gif

黒雲見る間に広がって、雲にやって来たしずくたち、忽ち地面へ後戻り。

まあ なんてこと!

岩の割れ目に落ちてしまった。

やがて寒い寒い夜が来て、とうとう しずくは 氷のかけら

凍った岩が、ばんと爆ぜた

「わたしは ダイナマイトかも しれないわ 岩を こなごなに したのよ」
しずくのぼうけん_e0160269_76861.gif

氷のかけらは、しずくに戻った。

そしてころころ転げて、小川の中へ。

ゆらゆら流れて楽しい旅。

・・・・

「気をつけろ!水道取り入れ口だ!」


さて、しずくの運命や如何に!


* * * * *


水の性質を物語風に解説した科学絵本ってとこ?

太陽が現れ、温度が上がり、蒸発して、雲となり、雨になり、凍りつき……と、なかなか勉強になりますね(^^)

わかりやすくてお洒落な、ポーランド人作家によるイラストがとっても素敵!

小さなしずくの表情がとてもかわいらしくて、お話を楽しみながら、勉強が出来ちゃう一石二鳥の絵本。

7・5調の、しずくがおしゃべりしているような文体は、とっても読みやすくて、聞いてる息子も気分はすっかりしずくちゃん?

是非、あなたもしずくになったつもりで、冒険の旅に出てみてくださいね。


 * * * * *


27日の土曜日、大学時代のダイビングサークル海洋研究部仲間、Iちゃん夫妻と映画「オーシャンズ」を観て来ました。

独身時代はIちゃんと二人、伊豆やバリ島や与那国島に潜りに行ったり、飲みに行ったり・・・

「ダイビングの切れ目が縁の切れ目」と言われたクラブの慣習を破り、すっかり海から足を洗った今も、家族ぐるみの交際が続いています。

しかし魚博士のIちゃんは、未だに潜り続け、

「あのさかな君と今飲んでるところ~」な~んて写メを送ってきたりもする、おっさんです(ふふっ)

そして、そうたとの共通点は、フィギア好きな所。

水族館に行ったりすると、ガチャガチャの大人買いをしています(^^)


5年前のそうたの出産間近に観た「ディープブルー」はとても素晴らしく、胎教にも良かったので、

主人が出産前に!と、Iちゃんと約束していた今回の「オーシャンズ」


暗い所が怖いそうたは、薄暗い映画館に入るや否や、顔をソファに埋め、気分はブルー・・・

脇に抱えたポップコーンを、目をつぶりながら頬張っておりました。

しかし映画が始まるや否や、「ダーウィンが来た!」大好きなそうたは、映像に釘付け!


水面を飛ぶように泳ぐ、数キロに渡るイルカの群れ。

その先には、小惑星のように球体を維持しながらグルグル廻るイワシの大郡。

それを目指して突っ込んでくる軍艦鳥の群れ。

そしてサメの群れ。

おこぼれにありつこうとする魚・魚・魚・・・

ものすごいスピードで繰り広げられる、食うか食われるかの凄まじい世界!


「ディープブルー」より良かった点は、サンゴ礁の中の魚達の映像かな?

久しぶりに「ああ、潜りたいっ!」って気分になりました。

でも、日本人猟師がフカを捕るシーン・・・ひれを取られ海底に沈んでいくフカの映像はロボットだそうで、その後から冷めてしまって・・・

イヤらしい位、作者の意図を感じる映画でした。

そして同じシーンが何度も流され、一時間を過ぎた辺りから飽きてきました。

ナレーションも不要だし・・・私は「ディープブルー」の方が断然良かったかな。


でも、子供達は最後まで泣かずに興奮状態で観れたので良かった(^^)


私達が使っている水・・・何れ海へ流れます。

そして、ペットボトルやビニルなどの不燃物・・・なぜが漂流しています。

戦後の急激な経済発展により、生活は便利になったけど、自然環境はもっともっと急速に悪化しています。

それにより、人間より早く悪影響を受ける動植物たち。

北極の氷の上で暮らす白くま。

その氷は、急激な速さでその面積を失っています。

普段の生活から見直さないと!と改めて考えさせられました。





最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚はこちら
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2010-03-04 07:10 | 自然の本