人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村



読んであげるなら 4歳くらい~

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

おかあさんの おっぱいを のめたのも、さいご。

めが あいたのも、さいご。

ミルクのおさらから、ミルクをのめるようになったのも、さいご。

それに、よるになって、いぬごやへ はいるのも、さいご。

ぼくは、さいごの こいぬ。

あるひ、おかあさんの かいぬしが、かんばんをだした。

『こいぬ うります』


 * * * * *

(以下、あらすじです)

次の日、小さな女の子が僕らの中の一匹を連れて行った。

翌朝、小さない男の子がまた別の一匹を連れて行った。

次の日も、また次の日も・・・

ぼくらの中の一匹ずつが居なくなっていった。

ぼくは、ぼくを選んで!と懸命に吠えたり、飛び掛ったり、鼻を噛んであげたりしたけど・・・

だ~れもぼくを選んではくれなかった。

とうとう最後の一匹になってしまったぼく。

そしてぼくの番がやって来たんだ。


ぼくを抱いて、小さな男の子はぼくに言った。

『ねえ、しってる?きには、ぼくの さいしょのこいぬ だってこと』

*****

haneちゃんお気に入りのこのお話。

裏表紙の男の子とぼく・・・なんとも言えないいい顔しています(^^)

表紙の、泣き顔のぼくとは正反対。


物事の取り様って、角度によって全く違いますよね?

いつも『さいごのこいぬ』だったぼく。

でも、小さな男の子にとってぼくは、『さいしょのこいぬ』


話をして楽しい人は、物事の捉え方が前向きです。

逆に、一緒にいてつまんないなあって思う人は、捉え方が後ろ向きです(^^;)

人間、いつでも前向きで!とはいきませんが、

いつまでもくよくよ、じくじく、ぐずぐず〇×■△?◎・・・考えていると、陰気な空気が流れがち。

空気を澱ませすも、流すも、全て自分の心持ち次第、捉え方次第だと思いませんか?

やっぱり良い空気持っている人に、ついつい引っ張られますもんね(^^)


良い空気持ってるなあ!と昨年の講演会ですっかりファンになった梅崎和子先生に吸い寄せられ、今月から先生の料理教室に通い始めました。


ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2015-05-29 17:33 | 愛のある絵本


読んであげるなら 5、6歳位~

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

ダックスフントという 犬を しっていますか?

ほそ長い どうたいに、ねんどざいくみたいな 足を、ちょいと くっつけたような 小型の 犬です。

みかけは あんまり スマートでは ありませんが、毛は うつくしい 茶いろか 黒、それに あたまも よくて、なかなか やくに たちます。

明くんの かっているのは、そのダックスフントの 茶いろで、なまえは ボッシュです。

それなのに、ちかごろは、だれも ボッシュなんて よんでくれません。

オットー、オットーなんです。

それというのも、明くんが、よくなかったのです。


 * * * * *

(以下、あらすじです)

可愛がりすぎて、ボッシュについついご馳走ばかりやっていた明くん。

当然の事ながら、ボッシュは段々贅沢になり、もっと美味しいもの、もっともっと美味しいものを・・・と、欲しがるようになりました。

そしてとうとうボッシュはとんでもないおでぶちゃんになってしまいました。

もともと足が短い所へ、体がうんと太ったものですから、歩くのもよたよた。

とても犬には見えません。

そしてある日、明くんの友達の良夫くんがボッシュを見て、

―――あれえ、これ、犬かい?ぼく、オットセイかとおもったよ。

と、言ったのです。

皆大笑いして、そのオットセイを縮めてオットーと呼ぶようになったのです。

ボッシュはオットーなんて呼ばれるのは嫌でした。

ですからオットーなんて呼ばれても知らんふり。

すると、膨れると、もっと太って見えるよ、なんてからかうんです。

それだけではなく、ネコのムンクまでが髭を震わせて笑うのでした。

ボッシュは悔しくて、一日中ソファの上で寝そべっている事が多くなり、余計に太ってしまいます。

明くんは心配して、わざと不味そうなものをくれようとしますが、今ではそんなものはボッシュの喉を通りません。

けれど食べさせないわけにはいかないので、お終いにはまた美味しい物を・・・という事になり、ボッシュはちっとも痩せません。

とうとう自分でも、なるほどオットセイに似てるなあ・・・・と思わないではいられなくなりました。

それが悲しくて、ええい、食べないようにしよう、ごちそうよ、さよなら・・・と思うのですが、もうどうにもならないのです。

犬が縄跳びするわけにも行かず・・・

オットーと呼ばれようと、ムンクに笑われようと、じっと我慢しているより他ありません。

ところがある晩の事。

ボッシュがうとうとしていると、コトンと音がして目の前に黒いどた靴がぬっと突き出たかと思うと、

ボッシュの鼻先にペタリと音を立てて、素敵なご馳走が落とされました。

それは、厚さ10センチもありそうな肉!?

*****

今江さんの文章は、ほんとに巧い!

私には面白すぎる!のですが、子供にはなかなか伝わらないような・・・?

一文が長めだから?

言葉は難しくないけれど、表現が大人っぽいのかな?

・・・・・・って事は、子供だけじゃなく大人も楽しめるお話だって事ですね(^^)


美味しいものには目が無い!

ああ、太っちゃったぁ・・・

ええい、ダイエットだ!もう絶対食べないぞ!・・・でも、その決意がなかなか続かない。

ああ、また食べちゃった~↓

この話を面白いと思えるのは、その辺りのボッシュの気持ちがよ~く分かるから(^^;)なのでしょうか?

高畠さんのイラストは簡潔でストレート。

ボッシュの目線で描かれた表情の数々、ボッシュを笑う人達の嫌味な顔ときたらありません。

どた靴の男・・・これは勿論泥棒なのですが、これもまたページを捲った瞬間子供たちが体を後ろに反らすほど、目つきの悪い男。

ちょっと難しげな今江さんの文章に、漫画っぽい高畠さんのイラスト。

ベストマッチです(^^)

こちらも面白い今江さんの作品です。

 「龍」 

 「ちからたろう」  

 「うしはどこでも「モー!」」 

 「すてきな三にんぐみ」 

マイク・セイラー
偕成社
発売日:1980-07

うちの子達も、相当なくいしんぼう。

まぐろのように動き回っていなければ、すぐにおでぶちゃんになってしまうでしょう。

この春休みは、一日何食作ったことか!

「ママーっ、おなかすいたーっ!」

「えーっ、今食べたばかりじゃない!?」


って会話を何度した事か(^^;)

そのお休みも今日でお終い。・・・と幼稚園が始まるまでにはもう一日あった。

一昨日は帰農志塾のお野菜がたっぷりどっさり届きました。

・・・が、そうたはつくしをどっさり摘んできて・・・

その上野蒜(のびる)まで採ろうとするので、

「今日はもう良いです。帰農志のお野菜がいっぱいだから、週後半に野菜が無くなったら、摘んできてちょーだいっ!お願い!!!」

そして、そのつくしは胡麻醤油合えになり、一人でお皿を抱えて食べていたそうたです。

一体どんだけ好きなわけ!?

一緒によもぎも摘んで来たので、昨日のおやつは一年ぶりの草餅でした♪

道端でよもぎを見つける度に摘もうとするので(^^;)、

食べれるものと食べれないものを区別できる能力は認めるが・・・

見つけるたびに摘んでこられても・・・正直困る(^^;)

私が作るあんこは甘くないので、きなこをまぶすと丁度良い感じ。

美味しいものいっぱいの春♪ ★ くいしんぼう_e0160269_7175263.jpg


こんな時期には、こちらも ↓ オススメ



以前紹介した記事は→「よもぎだんご」

以前紹介した記事は→「つくし」

そう言えば、公園のたらの芽は早い者勝ち(^_^)

早速確認しなくては!


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2012-04-08 08:09 | おもしろ絵本

じんぺいの絵日記



読んであげるなら 4、5 歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


まいにち いろんあこと ある。

みんな すぐ わすれるから

おれ かいておこう。


○(蝶マーク)月 ○(じんぺい)マーク日 (照る照る坊主マーク)

さいきん うちの まわり、

おれに にたやつ ふえてきた。

ゆうた よろこんでるが、おれ

にてるって いわれるの 

すきじゃない。




 * * * * *


(以下、あらすじです)



じんぺいと、じんぺいから見た家族の毎日が、楽しく愛情いっぱいに綴られています。


近所に増えた似た犬。

ある日「べんけい!」って人違いならぬ、犬違いされて(^^;)、無視した日の事。


ゆうたが風邪を引いて、なかなか治らないゆうたに・・・

「おまえの いしゃ にんげんしかみない。

おれの いしゃ ねこ とり うし ぶた にわとり いろいろ みる。

ゆうた あした おれの いしゃに みてもらえ。」


なんて、言って(?)みた日。


ゆうこに尻尾を引っ張られて、「ぎゃん!」って言ったら、

ゆうたがゆうこをぶって、ゆうこが泣いて・・・

お母さんに怒られたゆうたが泣いた。

「おれ がまんしないと いつも こうなる」

その夜、またまたゆうこに耳を引っ張られたじんぺいが、

我慢した日の事。


お風呂に入った日の事。

家族写真を撮った日の事。


そして、気になる手紙???の事。


私は「ゆうたくんちのいばりいぬ」シリーズの中で、このお話が1番好きかも!

子どもに読みながら、思わずくっくっくっ(^^)と笑ってしまう、とっても癒されるお話。


* * * * *


さて昨日、練習に練習を重ねた?「森は生きている」の本番が、幼稚園でありました。

朝9時に集合して、舞台作り。

本番前、通し練習は1度しか出来なかったのですが、

皆、本番に強い!?


うちの小猿さん2匹の保育担当をしてくれたパパも観劇。

その感想は・・・

「良かった! 面白かった!」との事。

例年の「森‐生き」は感動で涙・涙・・・なのですが、

今年はちょっと面白い出来?

でも、中には泣いてくれたお母さんもいて・・・

伝説の「森」を作れたんじゃなかろうか!?な~んて自画自賛?


意地悪な継母役の私は、最後は神様たちに犬にされてしまい、

作ってもらった犬の衣装に着替え、

(スーパー歌舞伎も真っ青な早着替えよ!)

意地悪な姉娘と

「ワオーン、ワオーン」と、悲しい遠吠えをして再登場、そして幕が下りたのでした。


これは例年にない演出。

皆、何が起きたの?って、ぽか~んとしてたそうで・・・

確かに笑いに時差があった(^^;)



賢く頼りになる名犬「じんぺい」とは違い、野良犬です(^^;)



私はこの先2人が入園予定なので、やる気になればあと6回。

えーっ、まだやるんですか~っって声も聞こえてきそうですが・・・(^^;)

さて、何やろうかな~(ふふふっ)


反省会兼食事会を終え帰宅すると、どっと疲れが・・・

やり尽くした感もあり、ああ脱力。

暫く何もやりたくない感じです。


しかし、今日から早速、お別れ会の準備が始まりました。

ああ、いそがしや~

ほんと、みんな元気だわ~(^^;)




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2011-02-02 15:44 | おもしろ絵本

ゆうたはともだち



読んであげるなら 2 歳~


(本文、こんな感じ・・・)


おれ いぬ。

おまえ にんげん。


おまえ わらう。

おれ しっぽ ふる。


おまえ てで かく。

おれ あしで かく。


(途中省略)


おれと おまえ

ぜんぜん ちがう。

だけど すき。

だから ともだち。


ゆうたはともだち_e0160269_1610345.jpg



* * * * *


「ゆうたくんちのいばりいぬシリーズ」は、たいちの、最近のお気に入り♪

主人公である「威張り犬のじんぺい」を自分に重ねているのでしょうか(^^)

じんぺい同様、かなりたいちも威張っています。

じんぺいは威張っていると言うより、親分肌なんですが・・・




たいちは図書館で、目に付いたシリーズ本、全てを借りて来るくらい嵌っています。

今返したのに、また?みたいな感じです。


そして、そうたもパパも面白い!面白い!と、気に入ってます。

勿論、私も!

大人は読みながら、思わず吹き出してしまう場面も多くて、

親子での読み語りの一時を、かなり楽しいものにしてくれますよ。


それにしても、ゆうたのお母さんは可愛い、可愛すぎますっ


* * * * *


おれが!おれが! (「お」を強調して読んでね)の、3歳児。

今日も、またまたやらかしてくれました。



月に一度のクラス会の今日。

 (園のクラス毎にお母さんたちが集まって、色々な話し合いや申し送りがあります。) 

車の鍵も、家の鍵も開けたい!閉めたい盛り。

「おれが!おれが!」と車の鍵を開けようと、私が差し込んだ鍵を奪い、

ドアを開けたまでは良かったのですが、

その鍵を持ったまま車に乗り込み、隠したたいち。

窓越しに、隠し場所を確認したのですが、私がランチの話をしてる隙に、

また何処かへやってしまったようで・・・



あったはずの場所に・・・

んっ、無い!鍵が無い!

そして・・・

たいちも居ない!

「たいちーっ」

と呼んで、辺りを見回すと、

公民館併設の公園の、滑り台の上に居るではありませんか!?

「鍵はどこ?」

問い詰めると、

「2かいから、エイッてしたの」

(たいちは、上の事を全て2階と言います)

2階?

滑り台の上?

「滑り台から投げたの?」

「うん!」

「えーっ!!」

周りは10cm程の草っぱら

おい、おい!!! 頼むよ~



まだ残っていたママたちが、一緒に探してくれました。

あちこち探せど、見つからず。

たいちに聞くと、また違う事言うし・・・

何も手に持って無かった気がする・・・というママ友の声に、

車の中を探して、探して、探して、探して・・・

あちこち開けて、バッグも逆さにして・・・

あっ、あったー!!!!

後部座席の後ろの、棚の上(頭の後ろの棚)に有りました。

言葉は大分しっかりしてる気がしてましたが、

そこはまだ3歳児(一昨日なったばかりの初心者マーク)

どこに置いたか、いろいろ言われている内に分からなくなっちゃった?


ああ、皆さん、本当にお騒がせいたしました。

かな~り焦った一時でした。



「じんぺい」だったら・・・ここ掘れわんわん!みたいに、すぐ教えてくれるんだろうけど、

たいちは、まだ「ゆうた」の方だね(^^;)




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2010-10-25 16:20 | おもしろ絵本

はなさかじい



読んであげるなら 4、5歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

むかし、あるところに、じいさまと ばあさまが おった。

としをとっても 子どもが おらんかったので、

あるとき まちへ 子どもを もらいに でかけることになった。

まちへ いく てまえに まつばらが あって、

その まつばらの なかの 一本の ふとい まつの ねかたに、

白い めんこい ちっこい いぬが ちんまりと まるまって、

じいさまと ばあさまを みあげておった。

「じいさま じいさま どこへいく。」

「まちへ 子どもを もらいにいくだ。」

「わしを 子どもに してはくれんか。」

「まちへ いっても 子どもがなけりゃ、そんとき おまえを こどもにしよう。」

はなさかじい_e0160269_16115656.jpg


 * * * * *


(以下、あらすじです)


結局子どもは見つからなくて、この犬を二人の子どもにした。

子犬はどんどん大きくなって(このくだりは、桃太郎などと似てます)、ある日、こう言った。

鞍を付けて背中に乗れと。

じい様は遠慮したが、犬はじい様を無理やり乗せると、山道をちゃんこちゃんこ登っていった。

そして犬がここを掘れと言う所を、じい様まが掘ると、

じいさまには かねぶく かねぶく  ばあさまには かねぶく かねぶく

大判小判やら、何やらかにやら、ぴかぴか光るものが、いっぱい出てきた。
はなさかじい_e0160269_16121060.jpg


それを家に持ち帰ると、隣のじい様とばあ様が聞きつけやって来て、犬を借りて行った。

同じ様に犬に鞍をつけ、山道を登って、じい様がそこら一面掘り出すと、

出てきたのは、

じじいには かたくそ  ばばには びたくそ

という音がして、蛇やらムカデやら、蛙やら蟷螂やら何やらかにやら、ろくでもないものばかり。

怒ったじい様は、鍬で犬を殺してしまった。


犬を貸した方のじい様とばあ様は、死んだ犬を大事に抱えて持ち帰って埋めてやり、一本の松の木を植えた。

水を遣る毎に木は伸びて、大きな太い木になった。

そこへ綺麗な鳥がやって来て、

じいさま じいさま、この木 きって うすにせ

と啼き始めたので、じい様はその通りにした。

その臼で、米を搗き始めると、

つづら ぽんぽん こがね さらさら

つづら ぽんぽん こがね さらさら

ぽんぽん ぽんぽん


そこら一面、光り輝くものでいっぱいになった。


その事を聞いた、隣のじい様とばあ様。

同じ事をしたのだが・・・

じじいの とこへは うしのくそ

ばばあの とこへは うまのくそ

べったりこ べったりこ


そこら一面、牛の糞、馬の糞だらけ

がんがんに怒ったじい様とばあ様は、この臼をめったらめっぽう叩き割って、つん燃やして、灰を厠の隅にぶっちゃってしまった


臼を貸したじい様とばあ様は、この灰を大事に抱えて持ち帰り、畑に蒔いた。

ある日、風が、灰を蒔いているじい様の掌の灰を吹き飛ばし、枯れ木に降りかかった。

すると枯れ木に芽が吹き出し、またの一振りで芽が蕾に、またまたの一振りで、花が咲いた


殿様が通るという日、じい様は灰をたがえ、枯れ木に登って待っていた。

「そこに いるのは どこの じじいだ。」

「にっぽん一の はいまきじじい。」

「はいをば まいて なんとする」

「ひとつ ひとまき めを ふかし、ふたつ ふたまき ふくらむ つぼみ、三つ 三まきで、かれ木に はなを さかそうぞい。」


そして、

「ちんぱらりん ごようのまつ、ひとふり ふれば はな つぼむ、ふたふり ふれば はなが さく。」

と言いながら、枯れ木に灰を振りかけた。

すると、そこら一面降りかかるような花盛り。

これには殿様大喜びで、じい様はどっさり褒美を貰って家へ戻った。


そしてまたまた登場・・・となりのじい様。

結果は?もうお分かりですよね?

・・・って皆知ってるお話ですね~


 * * * * *


「はなさかじい」も、色々な方が書いてます。

私が今回読み比べたのは、このポプラ社の「はなさかじい」吉沢和夫・文 桜井誠・絵と、

フレーベル社の「はなさかじい」松谷みよ子・文 瀬川康男・絵の2冊

松谷 みよ子
フレーベル館
発売日:2002-11





冒頭の、犬に出会うシーンは、大分異なります。

松谷さんの「はなさかじい」では、

川に魚を捕りに行ったじいの、籠の中に入っていたのは木の根っこ。

それを乾かして、薪にしようと割った所、中から子犬が生まれ、「しろ」と名づけます。

それに対し吉沢さんの方は、柳田国男さんの、犬は神の申し子という意見に引かれ、

たった一つしかない福井県坂井郡の民話から取ったとの事。



皆が耳にした事のある、「ここ ほれ ワンワン」台詞。

吉沢さんのは出て来ませんが、松谷さんのには出てきます。



じい様とばあ様を形容する言葉について、

吉沢さんの方は、隣のじい様とばあ様についても、 「となりの・・・」とサラリと流している感じ。

この意図は巻末に、作者の言葉で載っていますので、読んでみてください。

松谷さんの方は、「まめなじいとばあ」に対し、「ぶつくさじい と ひこひこばんば」



私が、読んでいてリズムが気持ち良く、面白いと思ったのは、吉沢さんの文の方。

皆知ってるお話ですが、こんなに長くあらすじを書いたのは、表現の面白さを伝えたかったから!

でも瀬川康男さんの、動きのある、まるで動画を見ているかのような絵は、実に魅力的。

はなさかじい_e0160269_16123064.jpg
はなさかじい_e0160269_1612384.jpg
はなさかじい_e0160269_16124538.jpg
そうたは松谷・瀬川コンビの方が好きだと言ってます(^^)


是非、読み比べてみてくださいね。


* * * * *


♪「うぐいす」

う~めの こえだで うぐいすが~

は~るが きたよと うたいます~

ほっほっ ほけきょ~ ほ~ ほけきょ~





梅が咲き始めたわっ♪と思っていたら・・・立春過ぎからと~っても寒かったですね!

週明けから一転、桜の咲く頃の陽気とか・・・

春はもうすぐですね~(ルルルル ル~)

そろそろ鶯も歌い出すでしょうか?



 * * * * *


瀬川康男さん死去

ブログをアップしたところで、このニュースに気付き、愕然としました。

何と言う偶然!

瀬川康男さんの絵には、癒され、驚かされ・・・たくさんの絵本を読んできました。

とても残念です。

ご冥福をお祈りいたします。

以前紹介した瀬川康男さんの絵本はこちら
 ↓ ↓ ↓
「いないいないばあ」


「ことばあそびうた」



「ばけくらべ」 
松谷 みよ子
福音館書店
発売日:1989-09-25






最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚はこちら
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2010-02-20 16:20 | 昔ばなし