人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:森は生きている ( 2 ) タグの人気記事

「どうしてーっ!?(驚き) これはっ 命令よっ!」


「ううう―――っ、(イライライラ・・・・)なんですって―――っ!!!」



またもや今年も出る事になってしまった(^^;)

幼稚園の、「森は生きている」のお母さん劇。







その出来は年々上がってきており、

劇の途中で挿入される歌の数々は、

その道に精通した方も多く、

実にレベルがUPしている(^^)


そして、なーんと今年は、

幼稚園保護者で立ち上げた劇団ポップコーンに所属する、

Uさんのご指導も受ける事になったのであーる。


上の台詞は、

まあ私には似ても似つかない!?

女王様(^^)

だーれ?

女王役ピッタリ!なんて言ってる人は!

この女王様、

なんと年齢が14歳なんだけど(^^;)


で、一回目の練習の時に、「こんなイメージで」、とUさんに言われたのが、

同じ劇団の、強烈キャラのMさん扮する女王様。

やっぱ、そこまで要求されるかぁ(^^;)


インフルで床に付きながら、

ブツブツ台詞を繰り返し、Mさん流の女王さまのイメージを高めていたのだけれど・・・・

二回目の練習では、

細かく指示して頂き、

大分わかってきた感じ(^^)


暫く、あごをちょっと突き出した感じで、子どもにも夫にも接する事になりそう(^^;)

家族以外にもそうなっちゃうかも(^^;)

まあ、女優ってそういうものよね!

だから、

何だか感じわっる~い!って思っても、

今、私には女王様が降りてきているので、

大目に見て頂戴。


それにしても、

Uさんに指導していただくと、

皆ものすごーく上手くなっちゃって(^^)

本番が、と~っても楽しみ♪であーる。


そして、園で、毎年1月終わりに上演するこの「森は生きている」だけど、

今年は園行事により2月末に移動。

3月20日の卒園式後のお別れ会の催しの練習もそろそろ始まる。

そして、このお別れ会係リーダーでもあり・・・

年中さんへの図書貸出トライアルのサポートもあり、

そしてhaneちゃんの入園準備(まあ、何もしないか・・・?)

たいちの入学準備もあり(こっちはやらなきゃ?)

子ども達のスイミングも再開し、

土曜日には環境問題の講義があり、

カレンダーを見ると、

あややっ、空白が無い!?

まあ、いつもの事ではあるけれど・・・(^^;)

改めて体調管理に気をつけなくちゃねっ!



さて、この女王様、

命令は出来るけど、お願いは出来ない。


(上から目線で)

「・・・・してくれたら、お前に金貨や洋服、靴をあげましょう」

「いいえ、金貨はいりません」

「どうしてーっ?・・・金貨をあげるって言ってるのよーっ!!!」

「いいえ・・・」

「なんですってーっ!!!これは命令よっ!!!!!」



それにしても、う~ん、どっかで聞いたなあ

そうか!政府の沖縄への対応と一緒だわ。


結局女王様は改心し、

心からの言葉を持って、

心からのお願いを出来るようになるのだけれど・・・


果たして政府は如何に!?


私たちは傍観者であってはならない。

まずは歴史を学ぼう。

TVのコメンテーター、雑誌の見出しに踊らされない、

賢い大人にならなくては!


朝、ラジオを聴きながら質問が多くなったそうた。

たいちに関しては言葉の意味を聞かれるだけだけど、

そうたは、「なんで?」と聞いてくるので、

答えられる様にしておかなくちゃね(^^;)


1月26日付の朝日新聞に、

「過去を直視すること」として取り上げられたいた本は興味深い。

著者 : 花森安治
河出書房新社
発売日 : 2013-07-26










ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2014-01-28 09:07 | 戦争と平和を考える
1月5日、林光さんがお亡くなりになりました。

享年80歳。

幼稚園で子ども達が歌うたくさんの歌。

子ども達は難無く歌ってしまう、その難解なメロディー。

歌の会というお母さんサークルで、いざ歌おうとすると、全く歌えず。

でもその美しい旋律に、涙が出る事もしばしばです。


昨年、そうたの卒園前に園長先生から教わった、谷川俊太郎さん作詞、林光さん作曲の、

♪「今日が来た」

今日が来た。今日が来た。
とっても大事な今日が来た。

昨日は知らないことだって、
今日はきっとよくわかる。
風の子、竹の子、地球の子。
根をはれ、胸はれ、目をみはれ。

あすよ、来い。あすよ、来い。
誰も知らないあすよ、来い

今日は喧嘩をしてたって
あすはきっとなかなおり
風の子 竹の子 宇宙の子
すくすく まっすぐ のびてゆけ



どんなメロディーだったか・・・う~ん、思いだせません(^^;)

でも、卒園式にぴったり!って思ったのでした。


明日の歌の会から、お母さん有志によるペープサート劇「森は生きてる」の、歌の練習が始まります。

明日の歌は林さんへのレクイエムとなりそうです。

「森は生きてる」は、スラブ地方の昔話を、ロシアのマルシャークが戯曲にしたもので、日本では、1953年岩波少年文庫から出版されました。

サムイル マルシャーク
岩波書店
発売日:2000-11-17



1992年に林光さんがオペラを完成させ、以来こんにゃく座が公演を続けています。

幼稚園では年長さんがクリスマスの頃、電車に乗って(座らずに一時間)、観劇に出掛けています。

昨年、意地悪な継母役をやらせていただいた私。

今年は、歌のお母さんとして頑張りま~す(^^)

お亡くなりになった事を知って、過去三回よりも胸に迫るものがありそう。

* * * * *

こちらは楽譜付きです。そのまま劇に使えます。 

子どもに読むと、一時間近く掛かります(^^;)

内容は、以前紹介したこちらから → 




絵本ならこちら ↓

内容は少し異なります。

摘んでくるよう言われたものが、マツユキソウだったり「12の月たち」、スミレだったり
「12のつきのおくりもの」






謹んでご冥福をお祈りいたします。


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2012-01-12 06:40 | 愛のある絵本