絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

今朝の、ご飯を食べながらのaichiとhaneちゃんの会話が素敵だった。

「うっ、うまい!hane、早く食べてみろ!あ~、今日は何だか良いことありそう♪」

そんなに旨いものって?

と思ったら、ただのお味噌汁でした(^^;)

味噌は自家製ですけどね。

でも、今朝はかなり手抜きもの。

中学競泳新人戦で、今朝は早く出掛けたために、残りのシチューでシチューライスだったパパとsota。

ばたばたを慌ただしくお弁当を作り、送り出し・・・

さて次は小学生組だ。

と、おかずを並べていたら、お味噌汁を作っていないことに気が付いたのでした。

そこで、とろろ昆布にネギというシンプル味噌汁を。

これがいつもの野菜たっぷり味噌汁よりも、好評!?

それよりもtaichiの心持ちでしょうか?

今朝は6時前に起きて、自主勉強。

驚き、桃の木、山椒の木。

付箋をたっぷり貼られた漢字ドリルの汚い字を、丁寧に書き直し、気持ちもスッキリ!?


「あ~、今日は何だか良いことありそう♪」


良いことあると良いね!

いやいやきっと良い日になるよ(^^)

良い朝は良い一日を作るでしょう。


息子たちの水泳の大会の度、5歳くらい年を取る気がします。

自覚はありませんが、更年期も始まっているでしょう

子ども達にイライラ・ガミガミが増えました。

生理周期によっては、ガミガミが止まらず。。。。。

それでも、明るく、時に脳天気な子ども達に、救われます。

幸せは、こんな何気ない日常の中にあるのだと感じる朝でした。


午後は中学の役員会でした。

その前に小学校にhaneちゃんを迎えに行って、

車はパパに乗って行かれちゃったので、haneちゃんと自転車で中学校へ。

・・・が、小学校でhaneちゃんの先生に会うや否や、

「taichiくんが、おうちの鍵を忘れてきちゃったって心配してて・・・お母さんの鍵を預かって渡しても良いですか?」と。


今日は何だか良いことありそう♪・・・???

まあ、悪い結果にはならなかったけどね。

まあ、こんなもんね(^^;)


それにしても800人近くいる学校で、運動会前で先生方も忙しいのに・・・うまく伝えてもらえた事(^^)

今日は特に、軽度の熱中症で数人もの児童が救急車搬送されたそうで・・・先生もほんとうに忙しいのに、ありがとうございます。


そして、振るわなかったか?こんなものか?

まあ急にタイムが縮まる訳もないけど、

こちらも「良いことありそう♪」にあやかって、奇跡でも起きないかと、sotaの試合結果連絡をドキドキハラハラしながら待つ私。

良ければすぐにでも連絡来るはず・・・がなかなか来ないので、ああやっぱり。。。。

で、メールしてみると、良くも悪くもなく・・・こんなものか(^^;)

帰って来たsotaは少し熱中症気味?

体温が若干高く、だるそうです。

が、そんなことで練習を休めるわけもなく・・・・

ただ食欲が無いわけではないので、まだ大丈夫か。。。。


JOC2位の結果が新聞に載り、学校がその結果を受けて正門脇に大看板を立ててくださる事になり、

sotaも後に引けない状況。

もう踏ん張るしかない。

何しろ奥ゆかしい性格なもので、小学校からの仲良し2人にしかJOCの結果を話していないsota。

担任の先生にすら伝えていないらしい(^^;)

それがいきなり大看板。

静かに暮らしていたい性格が、果たしてどこまで順応出来るかしら?

ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

by yomuyomuehon | 2017-09-13 19:29 | 育児 | Trackback | Comments(0)

「ねぼすけはとどけい」

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村


読んであげるなら 6,7歳~


中学生になって、自分の部屋を与えてもらったsotaですが、大会前に寝心地が変わるのを避けて、いまだ和室で一緒に寝ています。

しばらく隔週で大会が続くので、このまま和室かしら?

先日taichiに続き、夏のJO(ジュニアオリンピック)派遣突破タイムを切り、JO出場が決まりました。

個人じゃなくて、メドレーリレーですけれど・・・・(^^;)

これを期に、停滞期から脱して欲しいです。

このところ3連敗。

全くタイムが縮まらず(><)

皆さんのお陰です。。。。で終わらないよう、踏ん張りや!


さて、このところ毎晩、一体どんな夢を見ているのか?かなり大声で叫び続けているtaichi。

「あっちいけーっ!」

「じゃまだーっ!どけーっ!」

「うるさいっ!だまれっ!」

と(^^;)

精神状態が心配になります。

あまりにひどいので起こすと、パッと飛び起きて、トイレに駆け込むのです。

寝る前におしっこしてこい。。。。。

また、うなされている声に目を覚ますと、sotaの太く重たい足がtaichiの胸やお腹に乗っかっている事もあります。

今までなかった花粉症がひどく、鼻詰まりで寝にくい事も。。。。。

それでも、昨日のシャトルランは97回。

だいぶ頑張ったようです。

JO決まってから、花粉症は日に日にひどくなっていきますが、気持ちは上げ上げです。


暖かくなって、掛け布団が薄くなると、こども達の寝相は一気に悪くなります。


そして、隣で寝ていたはずのhaneちゃん。

夜中に気づくと、あれ?居ない。

どこ行った?

いつの間にやら私の頭を越えて、二つ隣の布団に寝ています。

動かすのも疲れるので、そのまま放置。

すると、朝は元の位置に戻っていたりします(^^;)


taichiの絶叫は0時から2時。

私が布団に入って1時間から一時間半のこと。

はあ、寝たぁ。。。。。と思って私は眠るのです。


・・・と、

うっ、さぶっ

と夜中に気温が下がって目が覚めます。

丸くなっている子ども達に布団を掛けます。


やがて外が白み始め・・・・

そして、けたたましいsotaの目覚まし時計が鳴るのです。

AM4:50

「おい、おきろよ!いつまでねてんだよ、もうあさだぜ!」とエースが♪「ウィアー」をバックにsotaを起こします。

・・・・が、目を覚ますのは私だけで(^^;)

なかなか目を覚まさないsota。

だいぶ長いこと鳴って、そのかなりうるさい音は、静かな朝を切り裂いていきます。

きっと隣の家まで響いているに違いないのです。

で、やっと音に気づいたsotaは一端目覚ましを止めるのですが、

そのやかましい音は5分後、再び鳴り出します。

これを4~5回繰り返します。

私はとても寝ていられないので、sotaの目覚ましで4:50に起きます。

起きないなら、起きる時間に掛けてくれ-っ!

しかし、何度も鳴らして体を慣らさないと起きられないと言うsotaです。


毎日、ちゃんと寝た気がしない。。。。。


スイスの山奥に小さな村がありました。

そこに、小さな時計屋がありました。

時計屋さんには、たくさんの”はとどけい”が飾ってありました。

いつも時間ぴったりに、どの”はとどけい”も「ぽっぽー」と鳴いて、時間を教えてくれるのですが・・・

1羽だけ少し遅れてなく”はとどけい”があったのです。

村のこども達は、学校の帰りみち、必ずこの時計屋にやって来ました。

時間ぴったりに一斉にはとが鳴くのを楽しみにしていました。

そして少し遅れて鳴く”はとどけい”を見届け、にっこり笑って家に帰ります。

村の人は、はとが一匹遅れることに馴れていましたが、知らない人は、正確でない時計を売る店だと出ていってしまいます。

おじいさんは、そのうち直そうと考えていましたが、ぐずぐずしているうちに、ある日大変なことが起きました。

ガラビア国から王様がやってきて、お土産を探しに、この時計屋に寄ったのです。

3時に一斉に123個の”はとどけい”が鳴り、王様は大喜び。

いやいや123ではなくて、122個。

あの少し遅れて鳴く”はとどけい”が1分後に鳴ったのです。

王様はびっくり。

全部正確か?それともあの時計だけが違っているのか?

どれが正しいのか分からん!

もう買うのはやめだ。

あの一つだけが遅れていると、一生懸命説明をするとけいやのおじさん。

そして王様に約束したのです。

「・・・もし あすの あさ、もういちど おいでいただけますなら、かならず かならずそのときまでには、あのとけいを なおしておきます。ぜんぶ そろって 正しいところを お目にかけます。」

*****

なぜ1分遅れるのでしょう?

ぜんまいがゆるんでる?

ごみが詰まってる?

歯車がすり減った?

どれでもないようです。


でも時計屋のおじさんは、ちゃんと直すことが出来たんですよ。

どうやって?

それは、ひ・み・つ!

だからね、王様にはこの時計だけは譲れなかったんです。

「でも、この ひみつを しっている人は、村のこどもたちと、おじいさんと、そして この本をよんだあなただけです。」

この終わりの一文、素敵でしょ♪

優しい色合いとタッチが、このお話にぴったりで、ほんわかしちゃうお話です。

子ども達が、少し遅れて鳴く鳩時計を見てにこっとするの・・・分かるなあ(^^)

きちっ、きちっとしているよりも、少し抜けているくらいが丁度いいのかもね。


そんな私は一昨日、haneちゃんの水泳から帰って来て、

あれっ?バッグに家の鍵がないなあ、入れたはずなんだけどなあ・・・・と思っていたら、

鍵置き場にありました。

な~んだ、家においていってたのか(^^;)

すると、早く帰って来てたパパが、

「帰って来たら、大変なことが起きてた」というのです。

私の鍵が玄関ドアの鍵穴に差しっぱなしだったと。。。。。。

先日は、鍵を持たずに役員会に出掛けちゃって、家に帰ってきて気付いて、あちゃー鍵が無い!

再び学校へ大急ぎ。

息子から鍵を借りてきて、無事家に入れたのでした。

全く、最近物騒だって言いながら、全く緊張感のない私。

こういう抜け方はよろしくないです(^^;)


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

by yomuyomuehon | 2017-05-24 11:55 | おもしろ絵本 | Trackback | Comments(2)