人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

鍋、ひとつ!

押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

今月から久々、いんやんくらぶの料理教室に通うことになりました。

今年一年、中級クラスで陰陽重ね煮の極意を学びます。

師範まで道のりは、まだまだ長い(><)


梅崎先生が主宰するいんやんくらぶ。


陰陽調和料理とは「陰」と「陽」という自然のシステムを食卓に盛り込むことで、自然から大きなエネルギーをもらい心身を健康にする料理法。

それを、忙しい主婦の感覚でお鍋一つ行うのが、いんやんくらぶの料理方法です。

中級になると、先生の講義と調理だけではなく、グループ毎に課題を調理します。

それがなかなかうまくいかないのです。

味噌汁一つ取っても、う~ん味のバランスが・・・・

何をどの位(何グラム)入れるか、どの順番で重ねるか、今後も毎日が勉強です。


「陰」と「陽」は常に変化しながらバランスを保ち、自然界の全てを成り立たせています。

人間もまた自然の一部、からだのなかの陰陽のバランスが崩れたとき、何らかの不調となってあらわれます。

現在、生活習慣病になるになる人や、病気とまではいかないけれど不調を訴える人、アレルギーの人が増えているのは、自然の流れを無視した食生活や生活スタイルと無関係ではありません。   「図解 よくわかる陰陽調和料理 梅崎和子」より

図解 よくわかる陰陽調和料理―健康をつくる食べ方入門 (健康双書)

梅崎 和子/農山漁村文化協会

undefined


かつて私がばりばり働いていた頃は、コンビニ生活の日々でした。

やはり体調はすこぶる悪く、若かったのでどうにかなっていましたが、あのままの生活を続けていたら、早くに大病を患うか、死んでいたかもしれません。

子どもがなかなか出来なかったのも、この食生活が原因していたに違いないのです。


理論的には難しいというか、宗教的に聞こえたりするかもしれませんが(^^;)、その調理法は至って簡単!シンプル!

何でもお鍋一つで調理、そして時間短縮。

主婦の味方の調理方法なのです。


そんな中、こちらの絵本↓に出会いまして、読んだところ、おおこれはまさに重ね煮料理の応用ではあるまいか!?



読んであげるなら 6歳くらい~

ワタナベさんは、ずばりお鍋です。

鍋一つ(自分の体で(^^;))、何でも美味しく作ってしまう料理名人。

お鍋料理やさんです。

鍋と言ったら煮込み料理ですね。

しかし!

ある時ワタナベさんはナポリタンの注文を受けてしまったのです。

ナポリタン!?

それって、煮込み料理?

考え抜いたワタナベさんが編み出した、お鍋一つでナポリタンのお味は?


うっ、うま~い!!!

実際に作ってみましたが、感動のお味でした(^^)

大宮の高島屋のお好み食堂のナポリタンって、こんな感じだよね~

子ども達も、「うま~い!今日のナポリタンもちもちしてる~」と大喜びでした。

お試しあれ~♪



ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

by yomuyomuehon | 2018-05-27 19:18 | たべものの絵本
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

300年まえから伝わる とびきりおいしいデザート

エミリー・ジェンキンス/あすなろ書房

undefined


読んであげるなら 6歳くらい~

これは、ブルーベリーフールというデザートの作り方が、この300年の間にどう変化してきたか、そしてまたそれを作る人々が、人間関係がどう変化して来たかがわかる、美味しい絵本です(^^)

ブルーベリーフール・・・「フール」=つぶすで、ブラックベリーをつぶして、砂糖と生クリームを混ぜたものです。

4つの時代の4つの家族の物語が、1710年から現代まで、100年ずつを経て描かれています。


「300年前から伝わるとびきりおいしいデザート」の画像検索結果

↑は裏表紙です。

1710年はイギリスのライム

1810年はアメリカ、サウスカロライナ州、チャールストン。

1910年はアメリカ、マサチューセッツ州ボストン

2010年はアメリカ、カリフォルニア州サンディエゴ


300年くらい前、お母さんと女の子が野原で摘んだブラックベリーと牛の乳からしぼって作ったクリーム。

シャカシャカ、木の枝を束ねたもので泡立てて、ホイップクリームにするのに要した時間は15分。

井戸から汲んできた水で洗ったベリーを、布に包んでつぶし、種を取り除きます。

砂糖とクリームを、木のスプーンで混ぜ合わせ、出来上がったフールは、丘にある穴倉で冷やされます。

穴倉には藁が敷き詰められ、冬に出来た氷で冷やしてあります。

それを晩ご飯のあとのデザートとして、お父さん、お兄さん達に配ります。



200年くらい前、ベリーを作るのは、黒人の女の子とお母さん。

彼女達は奴隷です。

二人が農場の庭で積んだブラックベリー。

ミルクは近くの農場から荷車で運ばれてきたものです。

女の子が泡だて器で生クリームを作ります。所要時間は10分。

ベリーを洗うのは、同じく井戸から汲んできた水。

ブリキの濾し器にベリーを入れてスプーンの裏で押しつぶしながら種を取り除きます。

砂糖とホイップクリームを混ぜて出来上がり。

地下室にある木の箱が冷蔵庫です。

箱の内側には、鉛の板とコルクが貼られていて、氷で冷やしてあります。

そして農場主の晩ご飯のあとのデザートとして、女の子とお母さんはフールを配ります。


100年くらい前、市場で買った小さな木箱に入ったブラックベリー。

家の玄関前に配達された、ガラス瓶に入ったミルク。

お母さんは、作り方を料理本で調べます。

鉄の泡だて器はハンドルを回すと、ビュルーン。

所要時間は5分。

ベリーを洗うのは、台所の水道です。

濾し器にベリーを入れて指で押しつぶします。

砂糖とホイップクリームを混ぜ合わせるのはゴムベラです。

出来上がったものは、木で出来た冷蔵庫に入れます。

冷蔵庫は毎日届く氷で冷やしてあります。

晩ご飯のあと、家族揃ってブルーベリーフールを頂きます。


そして、最後は最近の話・・・

スーパーマーケットで買い物をするのは、男の子とお父さん。

二人は、紙の箱に入ったブラックベリーと低温殺菌された生クリームを買いました。

お父さんはインターネットで作り方を調べます。

男の子は電動泡だて器で生クリームを泡立てます。

ガーッ。

あっという間にホイップクリームの出来上がり。

水切りボウルに入れたベリーを水道で洗い、フープロで潰して、ざるに移し、シリコンのへらで押して種を取り除きます。

全てをヘラで混ぜ合わせて、冷蔵庫へ。

そこで玄関のチャイムが鳴って、友達家族がやって来て、大勢での食事会。

顔の色も家族構成もさまざまです。


同じものを作るのに、それもこんなに簡単なものを作るのに、大分変化しました。

とっても簡単になりました。

材料の仕入れに関しては、他人の手を介するようになりました。

人間関係はかなり変化しました。


これから先100年後、果たしてどんな作り方になっているのでしょう?

そして人間関係は・・・・

なんだかちょっと怖い気がします(^^;)


でも、一つだけ変化して無い事があるんです。

それは、子ども達が、お皿やボールに残ったブラックべりーフールをなめる事(^^)


あっ、もう一つありましたね。

それは300年経っても、この料理が愛されているという事。


それから4回の食事のメニューも書かれているのですが、それも美味しそうです。

これで日本料理版だったら、デザートは一体何になるのかしら?

300年前から食べられてきているデザートって、あるのかな?

私の実家では、食後のデザートは果物だったので、甘いものをいただく事はありませんでした。

でも、主人の実家では必ず甘いお菓子(和モノが多いかな)が・・・・



巻末で、作者は奴隷の親子についてきちんと説明出来なかったことを悔やんでいらっしゃいました。

ただ、この絵本の中では難しい気がします。

この絵本はその史実を踏まえながらも、それを教えるものではなく、楽しい絵本だと思うからです。

いつかそういう事を知った時、あああの絵本でそう言えば・・・なんて思い出す事があれば良いですね。


最近、奴隷に関して読んだ本がありました。

かなりショッキング(><)

真珠のドレスとちいさなココ―Slaaf Kindje Slaaf

ドルフ フェルルーン/主婦の友社

undefined


マリーアが12歳の誕生日にもらった豪華プレゼント。

なかでもいちばん素敵なのは、ちいさな奴隷の少年だった―。

人を人と思わないこと、差別することの醜さと愚かさをうきぼりにする珠玉の本。

2006年ドイツ児童文学賞。2006年グスタフ・ハイネマン児童文学平和賞。


これが児童書なのかぁ。。。。。

白人が冷酷に、当たり前に、人を人として見ておらず、まるでただのモノのように扱う奴隷制度。

読んでいて、本当に気分が悪くなりました。

児童書であるこの本を、果たしていくつから手渡せるのか?

小学生にはちょっとねぇ。。。。。。

中学生以上かな。


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2017-03-04 10:42 | たべものの絵本
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

9月に、幼稚園の保護者会主催で開催した 料理研究家梅崎和子先生 講演会。

講演後、先生とお話する中で、

「色んな幼稚園や保育園で講演して来たけど、こんなに真剣に聞いてくれる園はなかなか無いのよ。

次回は是非調理実習に呼んでね!」

と仰っていただいたので、

その後すぐ連絡をとり、

昨日、調理実習会を行うに至りました。

季節柄、子どもの体調不良などで、残念ながら参加出来なかった人も数人いらっしゃいましたが、

講演後ということもあって、36名が参加。


梅崎先生の明るく気さくなお人柄、

重ね煮料理の簡単さに、

皆、リラックスした中で、楽しく調理実習出来たようです(^^)


しかしながら、先生が作ったものと自分達が作ったものでは、

材料も分量も同じはずなのに、大分違います。


火を入れすぎないこと、煮込み過ぎないことが大切です。


先生が仰っていた、

「食べるのが遅くなるご主人の分は、別の小鍋に用意しておいて、火入れするのは食べる前にしてあげないとね!」

に皆苦笑(^^;)

「クタッとなったものじゃ可哀想よ。やさしくしておかないとね」

(あはは・・・(^^;))


コロッケも重ね煮で♪

昨夜は、先生のレシピ本からのアレンジで、

haneちゃんの大好きなサトイモのコロッケを作りました。

レシピではじゃが芋+玉ねぎ+にんにく+ニンジンの重ね煮ですが、

それを里芋に変えてもめちゃおいしーっ♪

お肉無しコロッケでも十分いけます!

と言うか、こっちの方が断然おいしーっ♪



野菜がめっちゃいっぱいある日のメニューは、決まって八宝菜(^^;)

スイミングの後、かなりお疲れの長男は、

食べるのも疲れるから、ご飯に乗っけて!とどんぶりものを要求するので、

八宝菜丼になります。

油を使わない、重ね煮の八宝菜は、体にやさしい(^^)


そして先生の重ね煮はレシピ本も見やすくて、

うちのパパにも、子どもにも作れる優れものです。












haneちゃんが最近お気に入りのこの本は、

日曜日、お出掛けしたママに代わり、パパとクッキーを作るさっちゃんの話。




これ、しろくまちゃんのホットケーキにそっくりじゃない?って思ったら、作者いっしょだもんね。

おとうさんとバージョンです(^^)



ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2014-11-22 07:49 | 料理の本


読んであげるなら 4歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


トゥルルルル~!トゥルルルル~!

でんわです。

いそがしい ママに かわって エディが でると、

「ハッピバースデーィ おじいちゃ~ん♪」

なんと おじいちゃん ほんにん!

どうやら きょうは

おじいちゃんの おたんじょうびだったみたい・・・・・。

「おめでとう!」エディが いうと

「たんじょうかいは 6じからだったね。じゃあ あとで!」

おじいちゃんは いいました。

「おたんじょうかいですって?すっかり わすれていたわ!」

もう 2じよ、どうしましょう!」ママは  おおあわて。

「ぼくが てつだうから だいじょうぶだよ」エディが いうと、

「わたしも!」ちいさな リリーも いいました。


 * * * * *


(以下、あらすじです)


おじいちゃんの大好きなオレンジケーキ。

「スパゲティが良いな」とリリー。

それから、パンに人参サラダに野菜スティックに焼きリンゴ。

まずはパンから作りましょう!

エディが材料を計ってボウルに入れた時、

トントン!

玄関でノックの音。

ご近所のアンジーが赤ちゃんを連れてやって来ました。

ママは暫く時間が掛かりそう。

でもママが居なくても、エディは次にやる事がちゃんと分かっていましたよ。

キッチンに戻って来たママは、パン生地を滑らかになるまで伸ばして引っ張って、また伸ばして引っ張って・・・

ママが作ったハーブ入りの丸いパン。

エディはひまわりの種を入れた長いパンを。

リリーが作ったにょろにょろ三本を、ママは三編みにしてくれました。

膨らむまで、オーブンの上に置いて暫く待ちましょう。

次はスパゲティのトマトソース作り。

台所に勢いよく飛び込んできたのは、猫のパスキン。

くわえていたネズミを放し、ママはネズミを追い掛け回し・・・・

これでまたママが戻ってくるまで暫く掛かりそう。

でもママが居なくても、エディは次にやる事がちゃんと分かっていましたよ。


こうして、次から次へと忙しいママに代わり、エディがとリリーがちゃーんと準備を進めます。

さて、おじいちゃんがやって来るまでに準備完了!といくかしら?

*****

お子さんと一緒に料理してますか?

どんなに粉まみれになっても、ケチャップ撒き散らしても、

「あらあら こむぎこの ようせいさんが いるみたいね」とか、

「こむぎこの ようせいさんは トマトだらけに なっちゃったわね」とか・・・

子供のやる気の腰を折らないエディのお母さんは素敵です♪

そんな、寛容な母親でいたいものですね(^^)

この本の巻末には『エディがおじいちゃんの誕生日に用意したごちそうの作り方』が載っています。

子供にも作りやすいものばかり!

是非皆さんもお子さんといかがですか?

ところで、エディが作ったものの材料の殆どは庭で採れたもの!

どんなに立派な畑を持っているか、こちらのお話からも分かりますよ ↓



*****

昨日は、幼稚園のお母さん達に、帰農志塾のお野菜を紹介するために企画した料理会でした。

講師は、同じ幼稚園のママで、クシマクロビオティックアドバイザーのviveちゃん。

もうやめてしまった料理ブログですが、以前考案した料理の数々を今も見ることが出来ます。

左側バナーのエキサイトブログ『クラールセゾニエール』からどうぞ!


た~くさんの、新鮮で元気で根性のある野菜を、朝早く那須から届けてくれた塾生たち。

ありがとうございました。

たまにうちの野菜が切れて、農協やスーパーで買うこともあるのですが、その違いにがっくり↓

こんな根性のない野菜を食べても、自分の、家族の体は作れないと思うのです。

きっと参加された方々も、普段食べている野菜との違いに気付いたはず。


30名以上に参加頂き、かなり狭かったので、ご不便をお掛けしました。

でもその美味しさには皆感激して頂いたようで、良かった!良かった!


子連れで参加された方が多かったのですが、保育をかって出てくださったお母さんがたくさんいらして、本当に助かりました。

皆さん、ありがとう!!!


そうたが年中になった4月から取り始めた塾のお野菜。

そうたは年中・年長と一日も休む事無く(正確には、水疱瘡で休園しましたが・・・)登園出来ました。

たいちもhaneちゃんも、たまに風邪をひくことはありますが、恐らく世間一般の子供たちよりはかな~り丈夫!

そして、第一子をなかなか授かる事が出来なかった私が、高齢ながら(^^;)すぐにhaneちゃんを授かる事が出来、妊娠中もその後も健康でいられるのは、塾のお野菜のお陰かな?と思っている次第。

なので皆に是非食べて欲しくて、昨年から言いだしっぺでやっているのですが、それもこれも皆の協力無くして出来ない事です。

いつもさりげなく支えてくれる708さん、保育をしてくださった皆さん、そしてレシピを考え、指導してくださったviveちゃん、本当に感謝です。ありがとうございました。


更に嬉しい事に、いつもこのブログを楽しみにしているよ~!と声を掛けてくれた卒園生のお母さんのIさん。

今回もお手伝いとして参加してくださいました。

ありがとう!!!

楽しみにしてくださる方がいるなら、頑張らなくちゃ!

最近、忙しくて忙しくて(^^;)なかなかパソコンに向かう時間が取れません。

でも、嬉しいお言葉を頂いたので、奮起したいと思います。

ありがとう♪



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2012-06-06 16:32 | ほのぼの絵本

ゼラルダと人喰い鬼



読んであげるなら 5、6歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


昔むかし、あるところに、ひとりぼっちの人喰い鬼がいました。

童話に出てくるような人喰い鬼のように、この鬼も、するどい歯、ごわごわのひげ、

それに、でっかい鼻と、大きなナイフをもっていて、とても残酷で、大ぐらい。

朝ごはんに子どもを食べるのが、なによりも大好き。



 * * * * *


(以下、あらすじです)


人喰い鬼は毎日、子供を攫いに街へやって来ました。

親たちは小さな子供達を地下室へ隠し、町から子供たちはすっかり姿を消しました。


町から遠く離れた谷間の森の開拓地に、一人のお百姓さんとその娘のゼラルダが暮らしていました。

その親子は、人喰い鬼の噂を聞いたことがありませんでした。

ゼラルダはお料理が大好きで、六つになるまでにあらゆる事が出来ました。


一年に一度、お百姓さんは町へ作物を売りに行きます。

しかし今回の市が立つ前日、気分が悪くなり、ゼラルダが代わりに行く事になりました。

翌日、ゼラルダは荷車に荷物を載せ、出掛けました。


その朝、人喰い鬼はいつもよりずっと腹にぺこで、気が狂いそうでした。

朝の風に乗ってきたゼラルダの匂いを嗅ぎつけ、人喰い鬼は岩陰で待ち伏せしました。

あまりにあせった人喰い鬼は、岩から足を滑らせ道の真ん中にどしーん、気絶してしまいました。


可哀想に思ったゼラルダは、人喰い鬼を看病し、お腹を空かせている人喰い鬼に料理を作りました。
ゼラルダと人喰い鬼_e0160269_12113582.jpg

料理を食べて元気になった人喰い鬼は、その美味しさに、あんなに食べたかった子供の事などすっかり忘れ、自分のお城で料理を作ってくれないかとゼラルダを誘ったのです。

その代わりに、たっぷりの黄金をやると約束して・・・


こうしてゼラルダはお父さんも呼んで、人喰い鬼のお城で暮らすことになりました。

ゼラルダは、次から次へと新しい料理法を編み出しては、お料理ノートを何冊も作りました。



お城での、代表的な夜食のメニューはこんな感じ・・・

1、酢キャベツとソーセージ

2、ガチョウのレバーのパテ、パイ皮くるみ

3、キノコのジェリー、仔牛のカツレツのせ

4、ポンパーノ・サラ・ベルンハルト

5、チョコレートソース・ラスプーチン

6、七面鳥の丸焼きシンデレラ風

7、果物の砂糖漬け、レディーフィンガー・ビスケット、アイスクリーム・ケーキ

ゼラルダと人喰い鬼_e0160269_12115176.jpg


近所の人喰い鬼も招待され、その料理の美味しさに、人喰い鬼達はすっかり感激!

その日から、子供達を食べる事なんかすっかり忘れ、町には平和が戻って来ました。



そして・・・・



* * * * *


六歳で何でも作れたというゼラルダ。

本当に偉い!


子供の頃は、流行りだったお菓子作りに嵌った時期もあり、

バレンタインには、手づくりケーキやら何やから作ったこともありましたが、

基本的に結婚するまで、全く料理なんて出来ないし、する気もなかった私。


今でこそお料理大好きな私ですが、食べて喜んでくれる人が居ないと、全く作る気がしないもので・・・


土曜日の夕方から、主人の実家に二泊していた主人と息子達。

作り置きの料理で過ごした、この週末。

人としゃべらず、一日中家で過ごすというのは、結構キツイものですね(^^)


その間、何をしていたかと言うと・・・

そうたのリュック作りです。

大きいリュックを作って~!という息子の要望に応えるべく、苦手な裁縫をしていたのでした。

作り終えて、何だか地味だな~・・・と思い、パッチワークを足し、出来あがったのがこれ!

写真だと黒っぽく見えますが、茶色です。
ゼラルダと人喰い鬼_e0160269_1212619.jpg

(何度の洗濯に耐え切れるのか、いささか疑問ではありますが・・・)

肩紐のところは、翌朝作り変えたので、この写真とは異なります。

肩紐を持ち手の内側にして、荷重を分散するために、ポケットと同じ生地でパイレンテープを補強。

肩紐の取り付け位置を内側にした方が、肩から落ちにくいようです。


そうたは気に入った様子で、早速今日、背負って登園しました。


何にも作る気がしなかった週末ですが、主人と息子達が居ると、急にやる気が出てくるのが不思議です。


 * * * * *


ここ3日程更新してなかったので、

もしかして生まれちゃった~!?な~んて思われていたかもしれませんが・・・

ここ一週間、お腹は頻繁に張りますが、前駆陣痛も無く、何だか生まれてくるような気配は無く・・・

う~ん、予定日まで行っちゃうのかも?

何れにせよ、予定日まであと2週間です。





最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚はこちら
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2010-03-24 12:16 | おもしろ絵本