人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:持久走 ( 3 ) タグの人気記事

持久走大会後日談

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

sohtaのクラスに過去5年間、一度も持久走大会に出なかった男の子がいました。

その子がなんと、今回の、小学校最後の持久走大会で走ったのです。

順位は良くないですけれど、

走らせた先生は本当にすごい!

大人しいわけでも活発じゃないわけでもなく、よく発言をする、とても明るい子なんです。

ただ運動は苦手みたいです。

きっと走っている間は苦しかっただろうけれど、出来る!っていう事を心の片隅に刻んで卒業出来ると思うのです。

今の時代、子どもがやりたくない事を無理やりやらせないのが良い、みたいな雰囲気があります。

そりゃあ、子どもが自発的にやるのが一番です。

でも、二の足踏んでしまう子には、ちょっと背中を押してあげることも、または親ならば半ば強制的であっても一緒に踏ん張る事も必要ではないでしょうか?

それはお互いの信頼があるから出来ることでもあるんだと思います。

今回走った男の子と先生の信頼関係が成り立っていたから、出来たのかなと思います。

頑張ったら、結果じゃなく頑張った事を、褒めて認めてくれる人が居るって思えるからこそ、子どもは挑戦できるのではないでしょうか。

持久走大会の結果で、私は色んな方にsohtaの事を褒めていただき、とても嬉しい。

が、結果はあくまで結果であり、それまでの頑張りとか、気持ちの成長とか、既に当日よりも前に結果は出ているんだと思うのです。

ただ、水泳でも結果が全てなので、確かに結果が重要視されるのが、悩ましい所ではあります。

子どもの成績で、色んな結果で、思うようにいかない事の方が多くて、それによって親自身が否定されているような気がして、すっごく落ち込む事があります。

私もまさに水泳では然り(^^;)



sohtaの成績はいたって普通で(アハハ・・)、短距離はあまり得意じゃないし、何しろ見た目を全く気にしない。。。。

でも、一位が一人しかいない持久走大会で連覇し、それから図画工作が好きな事から表彰されたり、貼り出される事や展示される事も多いので、目立つ存在なのかもしれません。

あと、でっかいしね(^^;)

小さい時からものすごーく本を読んであげているにも拘らず、マンガしか読まないし(^^;)、年間10000ページの記録も、読んでないのに家に置いてある本を適当に選んでページ数だけ書いて、適当な感想を一言添えているだけみたいです。

マンガばかり読んでないで本を読め!とは言いますが、適当に記録している様子を咎める事はありません。


持久走は頑張りですが、図画工作は心の充実が表現されるものだと思うのです。

ちなみに幼稚園の最後の絵がこれ↓ですから

持久走大会後日談_e0160269_10171996.jpg

ここから驚くべき発展(^^)


taichiにいたってはもっとすごい。

これ↓がtaichiの年長児の作品ですから(^^;)


持久走大会後日談_e0160269_10192198.jpg

人間は、豆に棒です(^^;)ほんと大丈夫かな?って心配しましたけど、

これ↓は、代表選出された3年生一学期の作品


持久走大会後日談_e0160269_10220722.jpg

心の充実が見て取れるのと、他の子達が原色に近い色をベタッと着けちゃっていたのに対し、色を薄く薄くきれいにつかえる所は、TVやゲームなどの刺激の強過ぎる生活をしていない事の現れだと思います。

そして、左利きのtaichiは兎に角字が汚い(><)

殴り書きに近いです。

上手くはないけどキチッときれいに書くsohtaとの性格の違いもあるでしょうが、字はそもそも左手で上手く書けるように出来ていません。

学校で始めて接した鍵盤ハーモニカは右利き仕様だったので最初は苦労していましたが、弾けるようになりました。

そして3年生で始まった書道は、どう見ても左で書くのはムリだなと思ったので、先生にお願いして右で書くよう指導してもらいました。

初めてやる事は、すべて右手でやらせてくださいと。

そうしたら、今回の競書会では驚きの成長(^^)

持久走大会後日談_e0160269_18341577.jpg
「こ」の入りが良くなかったけど、よく書けた(^^)


話がまとまらなくなってきた(^^;)


このtaichi、今回の持久走大会の結果・・・悔しいものだったらしいです。

昨年同様の5位。

何人からも、「taichi君のお兄ちゃん速いねぇ」と言われたらしいし、心に引っかかるものがあるようです。

仲良しの友達の結果に、

「オレは去年と同じ結果でくやしい。。。Sはくやしくないの?」と聞いたそうです。

持久走大会の感想文が置いてあるのを見つけたsohtaが、その文章が変だったので、私を呼んで、二人でこっそりと読んでいたところ、taichiが気付いて、怒って木刀を振り回したのは金曜日の朝の事でした。

くやしいか・・・そうか、そういう気持ちがあって良かった(^^)

でも、国語力はとっても心配です(><)


ああ、本当に言いたい事がまとまらなくなってきました(^^;)


持久走大会の後、「sohta君はすごいよね。うちの子は・・・・」と嘆いていたお母さん何人かと話をしました。

その子のたちの事をsohtaに聞いてみると、

「〇〇にも良いところあるよ。いっつもニコニコしてさ、幸せそうでさ。オレ、すっげー癒されるもん」

「〇〇にも良いところあるよ。」

と、友達の良いところを次々言い出したsohta。

「それにあいつら、持久走の結果、全然気にしてないよ」ですって。

子どもにとって大事な事はそれぞれで、幸せそうだって友達に伝わる事、友達に癒しをくれる事は、なかなか真似できないし、それこそ子育て成功しているんじゃないかって思ったのです。

そして、友達の良いところをちゃんと認めているsohtaもやっぱりいいヤツです(^^;)


つい、親になると子どもの出来不出来で、結果で、他の子と比べてしまいます。

競泳という競争の中に居て、やっぱりすごく子どもを追いつめて口走る事もあり・・・(^^;)

でも、速けりゃいいわけじゃない。

送り迎えや大会のお弁当・応援など、協力する親に対する態度が悪い子や、自分の荷物も持たなかったり、片付けも出来ない子には、がっかりしますし、たとえ速くてもそういう子に育って欲しくはない、速ければいいわけじゃない、と私は思います。

う~ん、負け惜しみに聞えるか?

まあ、それでもいい。

結果だけ求めている親の態度が、そのまま子どもに反映されているのだと思うのです。

人間的にどうか?大事な事はそこだと思うのです。

いくら何かに秀でていても、大人になった時それだけでは生きていけない。

人に感謝できるとか、人とどう関われるかとか、人に好かれるとか・・・そこが大事だと思うのです。

だから私は自分の子を、

「お前っていいヤツだな」って思えるのが素敵だと思います。


それから、

短距離よりも、持久走はやれば結果が出やすい。

頑張った分の結果が出ると、子どもは自信を付けること出来ます。

4年生位までなら、ある程度走れば上位になれます。

ただ、5年生以上になると、持久系に強い水泳を、それもハードにやっている子が断然有利です。

一緒に頑張れるのは低学年の内だけです。



さて、昨年度の男子の記録を抜けたか否かですが、

う~ん残念!

一秒足りなかった(><)

ああ、ペースメーカーのはずの先生がもっと自転車飛ばしてくれてたらなあ。。。。

「自分のせいだし・・・人のせいにしてもねぇ」とsohta。

せめて担任のI先生が男子の担当もしてくれてたら(^^;)

女子には伴走しながら、「後ろに〇〇ちゃん来てるよ~、スピード上げろー!」って、はっぱかけちゃってたもんね。

どっちも同じクラスだってのに・・・(^^;)


更に、昨年の一位の男子は、市内の6年生陸上大会の持久走でも優勝してたのです。

だったら、sohtaも持久走代表にしてくれれば良かったのに・・・

何故か?全く理解できないが、すっごく遅いのに・・・ハードル選手だったんですもの(^^;)


まあ、思うように行かないことの方が多いのは確かです。

だからこそ、良かったことが生きてくるのかもしれません。



ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2016-12-05 07:34 | 大人向け
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

昨日は、延期の延期で一週間伸びていた、小学校の持久走大会がありました。

sohtaは41.6度の発熱救急車騒ぎがあった先々週、持久走大会が延期となった事は、本当にラッキーでした。

小学校最後の持久走大会であり、連覇がかかる持久走大会であり、昨年度6年男子の記録への挑戦、そして6年間一位を死守するめちゃくちゃ足の速い同じクラスの女の子Yちゃんを抜いて学年トップになれるかと、様々な思いの詰まった持久走大会でした。


昨年のように、朝家の前を3キロ走って、更に学校へ行って始業前に6キロ走る・・・なんて神がかった事は今年はなく・・・でも学校では走っていたようですが。


それよりも水泳のキツイ練習が、持久力を更に上げていたようです。


持久走大会は、1時間目の3、4年生から始まります。

まずはtaichiです。

この日、いつもどんなに目覚まし時計がガンガン鳴り響いていても起きないtaichiなのに!

なんと、5時10分に起きたtaichi。

「まだ暗くて走れない」と朝からマンガを読んでおります。

当日だけ走ったって・・・ムリです(^^;)

この子はまだ持続して踏ん張るという事が出来ないので・・・・

試走では3位だったそうで、気持ちだけは上がっていたようなんですが。

「兄弟そろって優勝は今年が最後のチャンスだよ。sohtaは絶対1位だから、taichiもKの後ろにピッタリ付いていって、最後に抜かせ。絶対一位を取って来い!」

な~んて、ムリを承知ではっぱをかけて出したのですが、本人は意外とその気で出掛けていくから、単純素直な子です(^^;)

そして始まった3年男子。

いきなり想像以上のものすごいスピードで、二人が出て行って(勿論taichiじゃないです)、あのスピードじゃ持たないだろう、チャンスはあるかも!

でもせめて5位内で門を出ないと難しい・・・あまりのハイスピードに少し出遅れの7位スタート。

南門を出て、学校の周りの公道を一周して、更に校舎を一周してゴールとなるのですが、

校舎の端から見えたのは、最初の二人がそのまま譲らず、並んで走っている姿。

で、taichiは5番手で登場。

「taichi―――!抜かせー!前に出ろーっ!!!」と私(^^;)

校庭に入ってきた先頭の二人はゴール直前までお互い譲らず、門を出た時のままの速さで駆け抜けたのです。

ほぼ同着。

速かった。

まったく太刀打ちできず、昨年同様5位に終わったtaichiでした。

帰って来てから、遊びに行くというtaichiは、

「今日は走ってYの家にいく」と言い出し(^^;)

その気持ちが持続すれば、来年は順位を上げれるかもね。

結局、「練習に間に合わなくなるから、自転車にしろ」とパパに言われ、すぐに発言を取り下げたtaichiでした。

10位内の子達の中で、一人体格の良過ぎるtaichi。

とても長距離向きじゃない、筋肉隆々系。

あの体の重さの割りには頑張った。


さて、二時間目の1,2年生の後、3時間目は5,6年生が登場。

うちも大きいが、いやあ、皆でっかくなった事(^^)

6年女子はやっぱり断トツの速さでYちゃんが6連覇。

いよいよオオトリ、6年男子の番です。

一番初めにスタート位置に着いたsohtaは、最前列の真ん中よりやや右にスタンバイ。

そして、靴の紐を締めなおし、準備OK、何だか余裕があるような感じ。

いやいや、ああやって気持ちを落ち着かせているのかも。

校庭を一周して、公道に出て、学校周辺を一周して、また校庭を一周の1200m。

平日の朝は、全く家の周辺を走っていませんでしたが、土日だけは走ることもあり・・・

先の日曜日は、2.5キロ走ったタイムに納得いかないと、直後にスピード上げて1200走ってタイムに納得して引き上げてきました。

我が子ながら、育ったものだと感心します。

だから、優勝は転んだりでもしない限り確実のはずですが、本番は何が起こるか分からない。。。。。

校庭を2番手で出て行ったsohta。

校舎の端から見えるところに移動して待っていると、隣に自転車を従え、一人戻って来たsohta。

まだ半分の所で、既に独走状態に。

それにしても、自転車の先生、全くペースメーカーになってない(><)

sohtaの後ろ走ってどうする!?

スピード上がんないじゃん。

「今年こそ、静かに黙ってみてて!」と言われていたので、

今年は静かに・・・静かに・・・と心に決めておりましたが、う~、やっぱりムリ。

「sota――――!飛ばせー!上げろー!」と絶叫する・・・私(^^;)

優勝は確実だから、問題はタイム。

学年No1と、歴代No1と。

二位以下に50m以上の差を付けての優勝。

そして、

ヤッター!初の学年No1!

歴代タイムとどうかはまだわかりませんが、いやあ頑張った!

日頃の努力の賜物です。


学校から帰って来たsohtaが出した、一位の順位カード、そしてこのお守り。

最後の持久走大会・・・先生の愛_e0160269_10043670.jpg


「三時間目だとさ、ドキドキしちゃって、授業にならないよね?校庭からは色々聞えるし、窓からは見えるし・・・なにやってたの?」

「I先生がさあ、赤白帽子のゴムの最終チェックするから、帽子を出してっていうんだよ。」

「えー、ゴムゆるかったら先生付け替えくれるの?」

「いや、結べってさ」

「ふ~ん」

「でね、一人ずつチェックして行って、先生から渡された帽子の中にこれが入ってたの。お守りだって」

「えーっ、先生格好いーっ。さすが体育会系、T高校ソフトボール部。にくい事するねぇ」


ちょっと感動しちゃうでしょ?

I先生が好きなのは「絆」(^^)

sohtaのクラスはかな~りゆるい感じの雰囲気のいいクラスで、それもこのI先生による所なのかな?と、改めて見直しちゃった。

これ↑、印刷かと思いきや、全て手描き。

所々マジックが消えてます。

一人一人にこれを書いてくれたのかと思うと、ううっ(><)先生の愛を感じます。

で、女子が元気なクラスなもので、なんと女子の1~4位まではsohtaのクラスの子たち。

そして、男女ともに一位。



夜、水泳の練習から帰って来て、夕飯を食べながらsohtaが言った一言。

「一位は、見える景色が違う」

勝つことの歓びを知ること、アスリートには絶対条件です。



そして昨日は学生服の申込書を持って帰りました。

ああ、もうすぐ中学生。

素敵な思い出が一つずつ積みあがっていきます。


先週、私が発熱で、6年生への読み聞かせに参加出来なかった日、

この本を読む予定でした。


からすたろう

八島 太郎/偕成社

undefined






雨ニモマケズ (画本宮澤賢治)

宮澤 賢治/好学社

undefined



宿題は朝早く起きてやる子なのですが、昨日の持久走大会の感想文に、思いがあふれ過ぎて、かなり時間が掛かってしまい、他の宿題もあったので、集合時間ギリギリまで取り組んでおりました。

食べる時間がないから、全てお握りに入れて爆弾にしてーっ!と、おにぎりを頬張りつつ、必死に宿題に取り組んで、


そしてやっぱり、いつものように、えーっ?それで行くのーっ?と呆れる、寝癖でボサボサの頭のまま、慌てて登校していったsohtaです。

ああ、今日は授業参観。

君はでかいから、ただでさえ目立つっていうのに・・・・

そろそろ見た目ってモノを気にして欲しい(><)

ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2016-12-01 10:41 | 愛のある絵本

フィートははしる

小春日和の昨日の午前中、小学校の持久走大会が開かれました。

2年生女子、1年生女子、2年生男子に続いて、そうた達1年生男子です。

「朝からドキドキしちゃって、何も手につかなかったの~」と、息子より心臓ばくばくしていそうなYちゃん。

子どもに悟られまいと必死だったんだとか・・・

そんな事を聞いていたら、私までドキドキしてきました。

2年生の男女の部には、そうたの幼稚園の先輩が出場。

どちらも早くて有名です。そして女子の部のNは最初から一位を独走。

短距離ですか!?と言わんばかりのスタートダッシュに、驚いたのなんの!

そして後ろをかなり引き離し、そのままゴール!

さすがです(^^)

幼稚園の山の斜面で、先生の歌にあわせて片手側転をしながら踊っていたつわものです。

そして今日のMVPの登場です。

2年男子の部で、これまた猛烈スタートダッシュしたYは、一位で校庭から沿道に出て行きました。

学校の周りを一周して戻って来た時には、僅差の二位。

そこから50m先がゴールです。

ここからの追い上げがもの凄かった!!!

最後は体を仰け反って、ゴールラインに右足を思いっきり伸ばし、見事優勝♪

この勝利への執着心は、是非ともそうたに見習って欲しいもの。

いやいや良いものを見せてもらいました。

さあ、いよいよ1年男子の部、スタートです。

練習で校庭を走っていた時とは違い、それもお父さん・お母さんが応援する中では、スタートのスピードが違います。

ほんと、徒競走!?ぐらいの速さです。

そしてそうたは4番手で、私達の見守る校庭の出口付近にやって来ました。

その時の顔付きが良かった。歯を食いしばり、目はぎらぎらし・・・

初めて見た息子の必死の形相。

奥手だったそうたが、先頭争いに入り、負けん気丸出しで挑む姿勢に、涙が出そう!

しかし、あんなに飛ばして大丈夫????

沿道に出て行ってしまうと、どういう展開になっているのか分からず、ただ待つ事しか出来ません。

あっ、戻って来た!

校庭のフェンス越しに激を飛ばすパパ。

カーブを曲がり、最後の沿道で見えたそうたは4番手。

一位の子からは10m以上離されています。

でも2位3位はすぐ目の前、2~3mの所。

最後のカーブを曲がり校庭に入ってきました。

「いけーっ!そうたーっ、
はしれーっ!ぬかせーっ!!!」


私の声に一瞬スピードが上がったそうたでしたが・・・

もう無理~、スタミナ切れ~・・・みたいで、追い上げならず、4位でゴール!

いや~、頑張った!!!

スタート猛スピードで皆を引っ張った子は、17位に失速。

そうたの前を走っていた3人の内、一人は優勝。

あとは脱落し、後ろから追い上げてきた2人に抜かされたのだそうです。

この一ヶ月、休む事無く、登校前に本番よりも長い距離を走っていた事が功を奏したのでしょう。

スタミナが切れる事無く、最後まで頑張れたのは、良かった(^^)

ひょっとして優勝できるかも!?なんて位置に居たので、多少の期待もあり、4位という結果だけ見ると、もうちょっとなあ・・・なんて気がしなくもないけれど(^^;)

でも、スタートの形相を見て、必死にやった事が伝わってきて・・・観に行って良かった♪

・・・で、本人はと言うと・・・満足いってない様子(^^;)

せめて2位になりたかったのだそうで・・・

いやあ、心も成長しましたね。

長距離を走ることは、身体的だけでなく、精神的にも負荷が掛かります。

朝のランニングは良い事尽くめでした。

そして今日からは、来年の持久走大会に向けて走るのだそうですが・・・

果たして起きてくるかどうか?

昨日はあんな事言ってましたが、今朝は「もう終わったから、また来年の持久走大会前でいい!」な~んて言うかもしれません(^^;)

もう、布団から出るのも寒くて億劫になってきますものね。


* * * * *

ビビ・デュモン タック
光村教育図書
発売日:2011-03



読んであげるなら 5、6 歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

フィートははしる。

はしるのが だいすき。

あさから ばんまで、はしってる。

よなかも はしる。

しずかに はしるよ。

あしおと たてずに ぐんぐんと。

あめが ふっても、フィートははしる

びしゃびしゃ あたまを ぬらしてね。

ずんずん はしれば、いいきもち。

ところが、きょうは いつもと ちがった。

なにかが じゃまして すすめない。



 * * * * *


(以下、あらすじです)


風が吹いてるせいだった。

吹き飛ばされたカモは波に揺れている。

「やあ フィート おいで、ゆらゆら ゆられよう!」

ゆらゆらなんか嫌だ。フィートは走りたいんだ!

「あきらめて、はいはいしたら!それでも まえに すすめるよ」とナメクジが言う。

はいはいなんか嫌だ。フィートは走りたいんだ!

「トンネル ほって、もぞもぞしたら。つちの なかは しずかだよ」とミミズ。

もぞもぞなんか嫌だ。おまけに地面の下なんて。フィートは走りたいんだ!


フィートは我慢の限界だ。

風に向かって怒鳴ってる。

「おまえなんか まけないぞ!」

けれども風は手を伸ばし、ごうごう ひゅうひゅう。

押したり 引っ張ったり。

あっ、フィートは足を捕まれた!

* * * * *

2011年オランダ「全国読み聞かせの日」推薦図書。

躍動感たっぷりで、本の中から風が吹いてきそうなこの絵本は、色使いがとてもキレイ。

口を突き出して怒ったフィートの表情、それとは逆に風に逆らうなんて!と呆れ面の他の動物たちの表情、どれも面白くてチャーミング。

果たしてフィートは風に勝てたでしょうか?

それは読んで確認してみてね。

面白いオチがついていますよ(^^)


さて、そうたくんですが、起きて来ました。

早速走りに出掛けました。


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2011-11-25 06:20 | おもしろ絵本