人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

「あかちゃんがほしーっ!

なんでうちにはあかちゃんがいないの~っ?

おねえちゃんになりたいのにっ!」

と言うhaneちゃん。


そもそも、haneちゃんすらチョー高齢出産だったわ・た・し(^^:)


「そうかあ、haneちゃんは赤ちゃん欲しいんだあ・・・

う~ん、でもねえ、haneちゃんのママはさあ、もう赤ちゃん産めないのよ。

年とってるからさあ、だからさ、haneちゃんが大きくなったら、自分で産んでよ」


最近お姉ちゃんになりたがっているhaneちゃん。

幼稚園での家族ごっこでは、専らお姉ちゃん役なんだそうです(^^;)


先日、

家で弟に対しては暴君のそうたに向かって、

「ああ、おねえちゃんがほしかったーっ!」と言うたいち。

「おれだって、お兄ちゃんが欲しかったっ!」とそうた。

無いものねだりだ(^^;)


傍でそのやり取りを聞いていたhaneちゃんが一言。

「たいち、もうすこしでhaneちゃんがおねえちゃんになるから、もうちょっとまっててね♪」

「うへえ、やーだよ、べーっ」とたいち。


ほんと、どっちが上だか分からん(^^;)


長女の私も、幼き頃はお姉ちゃんが欲しかった。

年頃になると、お兄ちゃんが欲しかったな。

飲み会で終電が無くなったあとの足として、兄ちゃんは役に立つ!って思ったもの(^^)


*****




読んであげるなら 7歳くらい~、自分で読むなら小学中学年~

ホームセンターの近くの細道に一人紛れ込んでしまった健太、四年生。

引き返そうかを思った時、小さな店らしきものが見えた。

店の入口の上の電光掲示板には『ロボットかします』とあった。

自動ドアが開いて、女の定員さんが出てきた。

「ロボットがほしいんでしょ?レンタルしますよ。どんなロボットにしますか?」

「えーと、弟ロボットも、ありますか?」

「持っているお小遣い全部と引き換えです」

「すぐに取ってきます。だからほかの人にはかさないでください」

「それはできません。弟ロボットをほしい人があなたより先に見えたら、かさないわけにはいかないわ。」


健太は家に急いだ。

今なら、弟ロボットが借りられるかもしれない。


健太は以前、弟がほしいとお母さんに話した事がある。

しかし、10年待ってやっと生まれた健太。

だから、健太が生まれてきてくれただけで、十分幸せだお母さんはと言った。

目に涙をいっぱい溜めて、健太をぎゅっと抱きしめてくれた。

それからは、弟が欲しいなんて言ってはいけない気がした。


「よかったですね。弟ロボット、まだありますよ。」


レンタルは無期限。

好きなだけ持っていて良い。

いらなくなったら、返せばいい。

ロボットだと人に言ってはいけない。

ばれてしまったら返す事。


こうして、小学一年生の弟、ツトムが誕生した。

どこからどう見てもロボットに見えない弟ツトム。

ツトムから発せられる特別な電波により、ツトムに会った人はみな、記憶が書き換えられ、最初から健太には弟ツトムが居た事というになる。


弟を手に入れたんだ、弟!弟!ぼくの弟!

こうして健太は、夢にまで見た弟を持つ事ができたのだが・・・・


*****

とっても複雑な気持ちになる話。

兄妹のいる子が、一人っ子が、そしてそれぞれの親が、

それぞれいろんな感情を持つでしょう。


ラストは、健太に本当に兄妹が出来るのですが、

前に流産をしていたお母さんは、心音がはっきりするまで健太には内緒、

でもツトムとは話していたのです。

自分だけに内緒にしている事があると憤慨した健太は、

嫌がるツトムをお店に返しに行きました。


弟ロボットであるツトムは、お兄ちゃんロボットにはなれなくて

結局返される運命にあったらしいのですが・・・



愛息・愛娘に恵まれ、慌しく過ぎていく日々に、忘れてしまっていた存在。

私のお腹の中で、消えてしまった本当に小さき命。

その子が無くなったのは(亡くなったとまでも育たなかった)、たいちが宿る前、今月の初めでした。

その子が育っていたら、たいちは生まれませんでした。

ふと、その時の、どうしようもなく切なかった記憶が込み上げてきました。



ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2014-11-20 14:59 | 童話 中学年向け
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

7月の初め、家族ぐるみで親しくしていたおじさんが亡くなりました。

もう長くないと聞き、お見舞いに行こうと思っていた矢先の事。


大学時代、ダイビングに明け暮れていた私が、久し振りに家に帰った時、

自宅の、二階へ通じる階段で、

相当酔っていたおじさんに、

「お前は誰だ?」

と言われたのが、おじさんとの初の出会い(^^;)


当時、事業をしていた父は、週末になると30人以上の人を呼んで、

BBQやら何やらと、バブル時期らしい宴会を開いていました。

それから、父が亡くなるまで、父とは兄弟のような関係が続き、

父が亡くなった後は、

本人は父親代わりと思っていたらしく、うるさいおじさんとして(^^)、近くに居てくれたのでした。


毎年、お盆に家に来てくれていたおじさん夫婦。

ここ2年程はおじさんの体調不良で、会っていなかったので、

すっかり変わり果ててしまったおじさんに、二年振りの再会でした。




その週末に、そうたの大会があり、

その大会会場で遭遇したのが、

高校時代に私が失恋した相手・・・私と同じ様に月日を経ているので、すっかりおじさんです。

何と、20年振りの再会。



それから3日後、朝ランニングをしようと公園に向かって歩いていると、

いきなり

「かすみちゃん!」

???

なんと、事業をしていた頃、うちの会社で働いていた同じ年のS君が作業中。

こちらは13年振り。



家に帰って考えたのです。

私・・・もしかして・・・死ぬのかも!?


何で立て続けに、暫く会っていなかった人達に会ったのか?

その日は久し振りに、何にも予定が入って無かった日。


交通事故か!?

今日は車に乗るのを止めておこう。



翌日は台風で大荒れの予報。

幼稚園は休園。

小学校は2時間以上遅れての登校。

台風一過の、滅茶苦茶熱かった日。

色々と用事があったので、車で出掛けてあちこち寄って帰って来て、

駐車場に車を停めた瞬間、

ボンッ!

シュワ~


ボンネットの中で爆発音がして、蒸気が上がったのです。

キャー!!!!!

ラジエーターが故障したみたいです。

何せ古い車なので・・・

相当な距離と時間を走ってくれました。

寿命です。



これだったのか?



それにしても家に帰って駐車した途端とは・・・

パパ曰く、

「何て運の強いヤツ!」



車が無いと、暮らしが成り立たない(><)

幼稚園までが7キロ強。

役員をしている為、用事が多く・・・

自転車で行くには、この厳しい暑さ(><)

もう若くないしなあ。

帰農志の野菜も取りにいけないし・・・



子どもたちの毎晩のプールへの送迎は、市の巡回バスでどうにかなるかな?

バスの時間を考えると、帰りは益々遅くなるけれど・・・


車の無い暮らしも、考えてみたものの・・・

まあ、無理だ(^^;)


新車を購入して、台車が来るまでの一週間。

皆さまのお世話になって(^^)

どうにか過ごしました。

ありがとうございました。


そして代車が届き、今は新車待ち・・・車があると、ほ~んと便利(^^)

なんだけど・・・


当然の様に、何でもかんでも『有る事』に慣れてしまっている私たちの暮らし。

無いなりの暮らし方も考えなきゃね。


折りしも、子ども達に『エコライフ生活』の点数をつける宿題が出ていた時で、

自家用車に乗らず、徒歩・自転車・公共交通機関を利用する・・・その生活をすると相当なエネルギーの節約になる事を、あらためて知らされて・・・反省


この暑さが収まったら、なるべく自転車乗~ろうっと♪


*****



読んであげるなら 6歳くらい~

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

おにいちゃんがジャケットを着こんだ。

友だちのニッセとラッセといっしょに、自転車レースを見にでかけるんだ。

ホットドックをかじりながら歩道に立って、風のように走り抜けて行く選手たちを応援するんだろう。

ぼくも行きたかった。

ぼくはホッケー用のヘルメットをかぶると、おにいちゃんにきいた。

「いっしょに行っちゃ、だめ?」

「だめだ。おまえは小さすぎる」

「つれてってくれたら、ぼくのおこづかいあげるよ」

「うーん。なら、いいか」

おにいちゃんはいった。

そのとき、玄関のベルが鳴った。ニッセとラッセだった。

ラッセは、ぼくのヘルメットをコンコンとたたくと、おにいちゃんにきいた。

「まさか、こないよな?」

「だれが?」

「ウルフだよ」ニッセがいった。

「おれたち、ベビーシッターじゃにんだぜ」

「もちろん、つれてなんかいかないさ」

「えーっ、そんな。おにいちゃん!」

ぼくは、さけんだ・

「わるく思うなよ」

「思うよ。つれてってくれないなら、大声だすよ。パパとママに、おにいちゃんがぶったっていうからね。そしたら、おにいちゃんだって、行かせてもらえなくなる」

ぼくはおにいちゃんにむかって、にかっとほほえんだ・

こんなにいい作戦を思いついたのは、生まれてはじめてだった。

ぼくはまだ6さいだ。

すると、おにいちゃんはパパとママをよんで、「ウルフをたのむよ」といって、でていった。
 

* * * * *

(以下、あらすじです)

いつも迷子になっちゃうウルフ。

「パパとママと一緒に散歩に出かけよう、途中でアイスクリーム買ってあげるよ」

でも、一緒に行く気にならないウルフ。

「じゃあ、すきなようにしなさい。でも、ふらふら歩いて外に行ってはいけないよ。やくそくだ」

一人になったウルフはお兄ちゃんの部屋へ行き、隠してあるマンガを取り出して、表紙をながめた。

スーパーマン、バットマン、ファントム、みんな強そうだ。

誰もがぴったりした服を着てるけれど・・・ぼくだって。

この赤いパジャマ!

ということは、ぼくもこういう風になれるということだ。

時速1万キロで空を飛び、悪者を捕まえ、お兄ちゃんを自由に操り、人の虫歯を治し、自転車レースで必ず優勝するヒーローに!

そうだ!

ぼくはミラクル・ボーイだ!!!


ぼくは数字の『1』を紙に書き、パジャマの胸と背中に貼った。

そしてヘルメットを被ると、お兄ちゃんのお古の茶色い自転車に跨り、外へ・・・


あれっ?外!?

パパとの約束が!

ううん、そうじゃない。

パパとの約束は、「ふらふら歩いて外へ行かない」だ。

だったら、大丈夫。

だって、ぼくは自転車に乗って外へ出てきたんだから。

何もかも上手くいく。

迷子になったりなんかしない。

ぼくはミラクル・ボーイだ!

*****

ウルフ・スタルクのファンになったのは、この本 ↓ から。



これも弟の気持ちをよく表現しているお話でした。


ウルフ・・・あら、作者のファーストネーム!

ウルフ・スタルクも弟!?

『自伝的作品で、子どもを生き生きと描くとウルフ・スタルク』・・・とあります。

この「ミラクル・ボーイ」には、特にたいちが食いついておりました。



ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2014-07-29 06:59 | 幼年童話