絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:女の子 ( 13 ) タグの人気記事

いつかはきっと

シャーロット・ゾロトフ
ほるぷ出版
発売日:1975-10




読んであげるなら 4 歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

いつかは ね

いつかは きっと そうなるんだわ・・・・


いつかは きっと・・・・



いつかは ね・・・・

あたしが がっこうへいくと みんなが いうの。

「まあ きょうは すごく すてき あたしも こんなかみのけ ほしいわ!」


いつかは ね・・・・





 * * * * *


(以下、あらすじです)


女の子の、「someday いつかはきっと・・・」叶えたい夢。

そんな気持ちが、いっぱい詰まった絵本です。


誰もが羨むような長い髪、一人の女性として扱われる事、バレエが上手になる事、

パパやママに「おりこうさん」って言われる事、

ママにテーブルセッティングを頼まれること、

クリスマスツリーを、誰の手も借りず、一人で飾りつけられる事、等々。



文頭に

「エレンに ―――――いまのうちに およみ」と有ります。

作者のゾロトフが、お嬢さんへ綴ったものでしょうか?

女の子の夢のようでいて、ゾロトフの、娘に対する愛を感じます。


絵は、繊細な鉛筆画。

そこに、多くの色を使わない水彩が加えられ、ゾロトフの、静かだけど確かで広い世界を表現しています。

「someday」という文字は、場面によって、その雰囲気にあった描かれ方がされています。

前向きに夢を見始めた女の子達に、読んであげてほしい絵本です。


最期のページにはクリスマスツリーが登場しますので、これからの季節にピッタリです。


 * * * * *


土曜日、幼稚園の入園説明会がありました。

次男たいちが来年入園する事もあり、説明会に行って来ました。

説明に立つ園長先生と事務長以外にも、先生たちは総出です。

親たちが説明を聞いている間、先生達が子供達と遊んでくれていました。

お休みの日も、大変です。

本当に、ご苦労様です。


* * * * *


息子の通う幼稚園は、一見何のカリキュラムも無く、ただ遊んでいるように見えます。

それも、泥だらけで!

でも、実は全ての事に意味があって、とても細かいカリキュラムがあるのです。

ただ、子供達はひたすら遊んでいます。

そこに意味があるのです。

土曜日も、園長先生は「遊びこむことの大切さ」を訴えていました。

以下は、園で配られる冊子から抜粋したものです。



幼児が大好きな遊びに、水、砂、泥遊び、ルールのある集団遊びなどがあります。

一日の過ごし方で大事なのは、子どもたちの年齢にふさわしく遊びこむことができているかということです。

・・・・・

積極的に遊びを楽しめる子は、さまざまな面において意欲的で、好奇心や探究心が旺盛です。

遊びこむことによりおもしろさが広がり、また仲間と共感できることで満足感を身体ごと感じます。

満足することで心にゆとりができ、些細なことには「まあ いいや」と感じることができるようになります。

遊びこんで育った子どもたちは、いわれないとできない指示待ち人間と違い、

「なんでもやってみたい」 「もう一回やろう」 「どうしてこうなるの?」 など主体的な姿勢を育んでいき、

やがて、それが生活の向上となります。



「いつかはきっと・・・」と夢を持ち続け、叶えられる子。

それには、この幼少期に遊びこむ事だと信じ、3年前息子を入園させることに決めました。

そういう気持ちを持った多くのお母さんお父さんに、是非いっぱい来て欲しいです。


幼稚園は唯一、こちらから選べる教育の場。

いっぱい迷って、子どもにこうなって欲しいなあって思える、素敵な場所を探してくださいね。

それには在園児の様子を見るのが一番!

楽しそうに生活している子どもが多い園ならば、間違い無しよ~!!


ただし!

今、うちの幼稚園では、あちこちで泣いてる子供達を見て、気後れしてしまうかもしれません(^^;)


来週末に控えた、運動会の練習の真っ最中。

明日は予行です。

昨年、そうたはうんていで苦労しました。

血まみれの手で、泣きながらやったんですもの。

でも、それが彼の大きな糧になった事は言うまでも無く・・・

園児にそんな事まで~っ!?

と、思いますよね(^^)



親も子も、色んな意味で涙する、素敵な幼稚園です。






最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2010-09-28 17:57 | 愛のある絵本 | Trackback | Comments(0)

テーブルのした

マリサビーナ ルッソ
徳間書店
発売日:1998-09



読んであげるなら 4、5歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


かべのまえの ほそながい テーブルの した、

たいくつなときや ひとりになりたいときは いつも ここに やってくる。

うれしいときも かなしいときも、ここに いると なんだか おちつくの。




 * * * * *


(以下、あらすじです)


お昼寝をするのも、玩具で遊ぶのも、本を読むのも、このテーブルの下。

ここは私のお家。
e0160269_1710388.jpg


ある時、テーブルの裏にクレヨンで私の顔と名前を書いた。

毎日少しずづ描いてる内に、テーブルの下は絵でいっぱいになった。
e0160269_1795333.jpg


ある時、パパとママがお掃除するので、テーブルの下を片付けなさいって事になって、

テーブルを壁に立てかけたパパとママは・・・



壁に、洋服に、家具に・・・落書きしてはいけませんって事を思い出して、

先に謝って泣いてしまったハナ。

「パパもママも このえは だいすきだよ」とパパ。

「かべにかけて かざりたいくらい すてきね」とママ。

「かみに かいてあると もっと かざりやすいんだけど」

「これからは、しろいかみを テーブルのしたに もっていって えをかけば いいんじゃないかしら」



* * * * *


この絵本を途中まで読んで、「あら~っ、まずいの選んできちゃった!」とビクビクしながら読んでいたら、最後は巧く収まっていて、ホッとしました。

いけない事をしている時って、子供はどうしてこんなにも生き生きしているのでしょう!


こういう狭い秘密の場所的スペース・・・子供って好きですよね!

読んだ後、真似する子も居るんじゃないかしら?



親としては、いたずらをした子供に、こんな風に接する事が出来たら、素敵!

分かっていながらも、怒る事が先行してしまいます。

特に家具なんかに落書きされたらね~

怒るでしょ?

怒らない?

もう家はあちらもこちらも落書きだらけ、貼っても貼っても破かれる障子に襖。

そうたはもうそんな事をしませんが、魔の2歳児たいちは、やりたい放題。

でも、何れそうたのように、分別付く時期が来るのよね~と思うと・・・今の時期だけ?

三番目が生まれた後は、赤ちゃん返りするのかしら・・・たいちは色々とやらかしてくれそうです。


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚はこちら
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2010-03-17 17:11 | 愛のある絵本 | Trackback | Comments(2)

もりのてがみ



読んであげるなら 3、4歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

 
さむい さむい ふゆです。

かぜのひ ゆきのひ、そとで あそべないとき、

ひろこさんは ストーブのそばで、

ともだちに てがみを かきました。


はじめに りすに てがみを かきました。

e0160269_6352265.jpg


* * * * *


(以下、あらすじです)


りすへの手紙を持って、森へ出かけたひろこさん。

森の木はすっかり葉を落としました。

ただ樅の木だけは、変わらない緑の枝を広げていました。

ひろこさんは、その樅の木に手紙を下げておきました。


その後、とかげ、小鳥、野ウサギに、そして樅の木にも手紙を書いたひろこさん。

雪の積もった樅の木に下がった手紙は、まるでクリスマスツリーのようです。
e0160269_637265.gif



雪が解ける頃、急に暖かい風吹いて、誘われるよう樅の木の所へやって来たひろこさん。

すみれが咲いているかしら・・・

でも、まだ咲いていません。

そして手紙はすっかり無くなっていて・・・


暖かい日が続いたある朝、玄関を叩く小さな音。

「とんとん」

ドアを開けると、そこには木に実や花が置いてありました。

これは皆からの返事?

そうだ、すみれが さいたんだ!


 * * * * *


ひろこさんは絵を描くことが大好き!

ひろこさんのお部屋には、たくさんの自作の絵が飾ってあります。

動物達に出した手紙も、どれもカラフルで、楽しそうなものばかり!

こんな手紙を貰ったら、誰でも嬉しくなっちゃいますよね~。


字を書けるようになると、手紙を出したくなるようで・・・

姪達が小学校に入った頃からかしら・・・頻繁に、そうたやたいち宛の手紙が届きます。

特に女の子は、こういうことが好きなのかもしれませんね(^.^)


葉っぱがすっかり落ちた、11月後半頃から始まるお話。

ストーブの上のやかんの蒸気。

更に寒くなった頃、森へ出掛けたひろこさんの吐く息の白さと、真っ赤な顔。

そして、手紙でクリスマスツリーのように飾られた樅の木とホットココア。

森じゅうを真っ白に覆った雪景色。

昨日のように暖かな日を迎えると、もう遠い季節のような気がします。

またまた「雪が解けたら何になる?」の設問を思い出しました。

今の時期にピッタリの絵本。

う~ん、早く読まないと本当に暖かくなっちゃいますよ~(^0^)


それにしてもひろこさんのお家って、素敵な所にありますよねっ、羨ましいーっ!!
e0160269_6353928.jpg


 * * * * *


月曜日にあった「歌の会」、幼稚園のお母さんサークルの活動です。

今回歌ったのは、春の歌ばかり。

春の歌って、何だか楽しくって、鳥のさえずりのようです(私が歌うとさえずりにならないんですが・・・泣)



お別れ会に年長さんに送る、「歌の会のおかあさん」達からのプレゼント曲の練習もありました。

これがまた、泣ける歌なのよ~!

勿論、今年我が子を送る、年長さんのお母さん達は感極まって・・・

昨年卒園した子を持つお母さん達は、色んなことを思い出して・・・

今年初めて曲を聴いた、年少さんのお母さん達は感動して・・・

まだ冷静でいられるのは、2回目参加の年中さんのお母さん達?(って私もね!)

今年は、本番に不参加予定の私。

きっと来年は涙涙で、歌えないんだろうな・・・



春って、何だかウキウキして来て楽しいわ~

でも、春は・・・3月はそう、別れの季節でもあるのですね。


* * * * *


さてその月曜日の午後、妊婦検診があり、33週半ばのお腹の赤ちゃんは、2000gになりました。

妊娠3回目の今回が一番良い調子!なんですが・・・

やはり出産近くなると高齢な事もあり、色々不安もよぎるもので・・・

兎に角、五体満足で生まれて来てくれさえすえば、後は言う事無しです。


それにしても、お腹の中での動き方は三人三様。

そうたの時は、初めてだった事もあり、胎動を嬉しく思うだけだったかも・・・

たいちは、足がボコッと飛び出す位の蹴りの強さで、それが今の性格に現れているようで・・・

今回の女の子は、ぐ~っとお腹に沿うように足や手を動かします。女の子ってねちっこい?


昨日初めて、少しお腹が張りました。

睡眠時間を8時間以上取らないと、起きれなくなりました。


そして今週は月曜日から忙しくて・・・


今日は園で、年中さんの「独楽大会」

そして、初めての「図書貸し出し」の付き添いに出掛けます。

年長さんになると、一週間に一冊、園の図書室の絵本を借りる事が出来ます。

記念すべき一冊目、そうたは果たして何を借りてくるか・・・楽しみで~す♪



紹介したい本が山積みなんですが、なかなか更新出来ないかもしれません。

大目に見てね~




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚はこちら
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2010-02-24 06:44 | ほのぼの絵本 | Trackback | Comments(1)