人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

sohtaの29日の決勝は、最悪の出来でした(><)

その一週間前、風邪かと思っていた発熱は、溶連菌によるものでした。

溶連菌自体は治っても、腎炎という合併症の恐れがあるため、10日間抗生物質を飲み続けなければなりません。

薬を飲んでいると、かなり倦怠感があるようで、それまでのような気合が見られなく(^^;)、ぼーっとしていて・・・

まあそれだけでなく、実力も足りないのかもしれませんが、泳ぎはメチャクチャ(><)、ベストタイム出すどころか、それまでのベストタイムからも程遠く。。。。。。

速くはないsohtaにとって、出場機会の少ない大会。

少ない機会をものにしないと次が無い(><)

色々疲れることだらけで、免疫力が低下していたわけですが、体調管理も大事。

その辺りがまだまだ子どもです。


そして昨日は校内の記録会。

今回は100m個人メドレー。

同期に上のクラスに行かれて、一人残留が決まった日、泣いて、そして奮起したtaichi。

前回まで100m個人メドレーは同期の中で一番速かったのですが、練習量の違う上のクラスに上がった子達にはもう負けるだろうと予想していた父と母。

「なんだとーっ!ぜったいに勝ってやるからなっ!」と豪語して出掛けて行ったのですが、父と母の予想を裏切り、今回も首位の座を死守。

そして帰りの車の中で、

「今日、ママ見てなかったら、気ぜつするほどがっかりしてたと思うよ。だから見に来てよかったでしょ!」

その後も有頂天のtaichiは饒舌で、

「もう なにもいえねえ」と、北島康介の真似をして気持良さをアピール。

ただの校内記録会なんだけど・・・・



地道に努力する姿勢、へこたれない気持ち、周囲の感謝、その他諸々、日常の練習で得るものは大事にして欲しい。

でも、スイミングでは試合そのものに勝たなくちゃならず、「勝てば官軍、負ければ賊軍」なのである(^^;)

「さっき、泳ぐ前に何を考えた?」

「泳ぐことにしゅう中してたから、何も考えてない」

「それを大会でやなくちゃ!練習の男って言われちゃうよ~」

「でも、オレってガラスのハートだからなあ」

「はあ!?そのガラスを強化しなさい。強化ガラスにするとか、飛散シート張って割れないようにするとか・・・割れない方法を考えろっ!」

しかし、taichiはかなり単純なヤツで、寝言で不気味なほどゲラゲラ笑っておりました(^^;)

勝つことが自信に繋がる。

勝つには人一倍練習するしかない。

努力し続けたものが最後には勝つ。

って、少し理解してくれるかな。。。。


今回勝った気持ちよさ、忘れないで欲しい。

良いイメージは人を更に強くする。


ミリーのすてきなぼうし

きたむら さとし/BL出版

undefined


読んであげるなら 5、6歳~
小学2年生の国語教科書に掲載

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

ミリーは がっこうのかえり、ぼうしやさんの まえを とおりました。

ウィンドーには たくさん ぼうしが ならんでいます。

ミリーは なかでも いろとりどりの はねのついた ぼうしが きにいりました。

「はねのついた ぼうしを みせてください」

ミリーは てんちょうさんに たのみました。

「はい、ただいま」てんちょうさんは さっそく そのぼうしを もってきてくれました。

ためしてみると ぴったりです。

「じゃあ これ ください」ミリーは いいました。

「かしこまりました」と てんちょうさん。

「おねだんは きゅうまん きゅうせん きゅうひゃく きゅうじゅう きゅうえんに なります」

ミリーは おさいふを とりだして なかを みてみました。

ちょっと たりないみたいです。

「あの、もうすこし やすいの ありますか?」

「どのくらいの おねだんのものが よろしいでしょう?」

てんちょうさんが たずねました。

「あの・・・・このくらい」ミリーは おさいふを ひらいて みせました。

なかは からっぽです。

「はあ―――、そのくらいですか・・・・」そう つぶやくと てんちょうさんは てんじょうを みあげてしまいました。


 * * * * *

(以下、あらすじです)

店長さんがお店の裏の方から持って来てくれたのは、特別な帽子。

それはミリーの頭にピッタリで、とってもいい感じ。

ミリーは気に入ってお財布の中身を全部手に取り、店長さんに渡したのでした(^^;)

それを被って店の外に出たミリー。

「なにか そうぞうしなくちゃ」

「じゃないと ぼうしの かたちが みえないもの。どんな ぼうしに しようかな・・・・」

そうです!

ミリーの素敵な帽子は想像する帽子なのです。

実は頭に上にはな~んにも載っていないのですけど・・・・

それはたくさん羽の付いたクジャクの帽子にも、ケーキの帽子にも、花でいっぱいの帽子にもなりました。

さて、家に帰ったミリー。

「ママ、わたしの あたらしい ぼうし、みて!きれいでしょ!」

びっくりしたママは・・・・

*****

ミリーも素敵だけれど、まわりの大人が素敵(^^)

だれだって もっているのです。じぶんだけの すてきな ぼうしを

ですって。

ミリーのように、想像の翼を広げ、幸せな子に育つには、こういう素敵な大人に囲まれていることが必要ですね。


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2016-05-01 11:58 | ほのぼの絵本
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

sohtaの29日の決勝は、最悪の出来でした(><)

その一週間前、風邪かと思っていた発熱は、溶連菌によるものでした。

溶連菌自体は治っても、腎炎という合併症の恐れがあるため、10日間抗生物質を飲み続けなければなりません。

薬を飲んでいると、かなり倦怠感があるようで、それまでのような気合が見られなく(^^;)、ぼーっとしていて・・・

まあそれだけでなく、実力も足りないのかもしれませんが、泳ぎはメチャクチャ(><)、ベストタイム出すどころか、それまでのベストタイムからも程遠く。。。。。。

速くはないsohtaにとって、出場機会の少ない大会。

少ない機会をものにしないと次が無い(><)

色々疲れることだらけで、免疫力が低下していたわけですが、体調管理も大事。

その辺りがまだまだ子どもです。


そして昨日は校内の記録会。

今回は100m個人メドレー。

同期に上のクラスに行かれて、一人残留が決まった日、泣いて、そして奮起したtaichi。

前回まで100m個人メドレーは同期の中で一番速かったのですが、練習量の違う上のクラスに上がった子達にはもう負けるだろうと予想していた父と母。

「なんだとーっ!ぜったいに勝ってやるからなっ!」と豪語して出掛けて行ったのですが、父と母の予想を裏切り、今回も首位の座を死守。

そして帰りの車の中で、

「今日、ママ見てなかったら、気ぜつするほどがっかりしてたと思うよ。だから見に来てよかったでしょ!」

その後も有頂天のtaichiは饒舌で、

「もう なにもいえねえ」と、北島康介の真似をして気持良さをアピール。

ただの校内記録会なんだけど・・・・



地道に努力する姿勢、へこたれない気持ち、周囲の感謝、その他諸々、日常の練習で得るものは大事にして欲しい。

でも、スイミングでは試合そのものに勝たなくちゃならず、「勝てば官軍、負ければ賊軍」なのである(^^;)

「さっき、泳ぐ前に何を考えた?」

「泳ぐことにしゅう中してたから、何も考えてない」

「それを大会でやなくちゃ!練習の男って言われちゃうよ~」

「でも、オレってガラスのハートだからなあ」

「はあ!?そのガラスを強化しなさい。強化ガラスにするとか、飛散シート張って割れないようにするとか・・・割れない方法を考えろっ!」

しかし、taichiはかなり単純なヤツで、寝言で不気味なほどゲラゲラ笑っておりました(^^;)

勝つことが自信に繋がる。

勝つには人一倍練習するしかない。

努力し続けたものが最後には勝つ。

って、少し理解してくれるかな。。。。


今回勝った気持ちよさ、忘れないで欲しい。

良いイメージは人を更に強くする。


ミリーのすてきなぼうし

きたむら さとし/BL出版

undefined


読んであげるなら 5、6歳~
小学2年生の国語教科書に掲載

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

ミリーは がっこうのかえり、ぼうしやさんの まえを とおりました。

ウィンドーには たくさん ぼうしが ならんでいます。

ミリーは なかでも いろとりどりの はねのついた ぼうしが きにいりました。

「はねのついた ぼうしを みせてください」

ミリーは てんちょうさんに たのみました。

「はい、ただいま」てんちょうさんは さっそく そのぼうしを もってきてくれました。

ためしてみると ぴったりです。

「じゃあ これ ください」ミリーは いいました。

「かしこまりました」と てんちょうさん。

「おねだんは きゅうまん きゅうせん きゅうひゃく きゅうじゅう きゅうえんに なります」

ミリーは おさいふを とりだして なかを みてみました。

ちょっと たりないみたいです。

「あの、もうすこし やすいの ありますか?」

「どのくらいの おねだんのものが よろしいでしょう?」

てんちょうさんが たずねました。

「あの・・・・このくらい」ミリーは おさいふを ひらいて みせました。

なかは からっぽです。

「はあ―――、そのくらいですか・・・・」そう つぶやくと てんちょうさんは てんじょうを みあげてしまいました。


 * * * * *

(以下、あらすじです)

店長さんがお店の裏の方から持って来てくれたのは、特別な帽子。

それはミリーの頭にピッタリで、とってもいい感じ。

ミリーは気に入ってお財布の中身を全部手に取り、店長さんに渡したのでした(^^;)

それを被って店の外に出たミリー。

「なにか そうぞうしなくちゃ」

「じゃないと ぼうしの かたちが みえないもの。どんな ぼうしに しようかな・・・・」

そうです!

ミリーの素敵な帽子は想像する帽子なのです。

実は頭に上にはな~んにも載っていないのですけど・・・・

それはたくさん羽の付いたクジャクの帽子にも、ケーキの帽子にも、花でいっぱいの帽子にもなりました。

さて、家に帰ったミリー。

「ママ、わたしの あたらしい ぼうし、みて!きれいでしょ!」

びっくりしたママは・・・・

*****

ミリーも素敵だけれど、まわりの大人が素敵(^^)

だれだって もっているのです。じぶんだけの すてきな ぼうしを

ですって。

ミリーのように、想像の翼を広げ、幸せな子に育つには、こういう素敵な大人に囲まれていることが必要ですね。


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2016-05-01 11:58 | ほのぼの絵本
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

クリスマスプレゼントはサンタさんからですか?

それともお父さん?お母さん?または、おじいちゃん?おばあちゃん?

お子さんは、まだサンタさんの存在を信じていますか?


土曜日の朝、sohtaが言うには、昨年のクリスマスに枕元に置いておいたサンタさんへの手紙とみかん(^^;)が無くなっていたとの事。

haneちゃんに、サンタさんに何かお返しを置いといた方が良いよ(^^)とアドバイス。

都合よく、サンタさんを信じているのか?

いやいや、本当にまだ信じているらしい。。。。


今日、11歳の誕生日を迎えるsohta。

私はまだ良いじゃん!って思っていたのですが・・・パパは心配しています。

親から伝えなくても、どこからか伝え聞くであろうに・・・


「5年生にもなって、サンタさんからもらった!なんて言っちゃうと恥ずかしいだろう?」とパパ。

「クリスマスプレゼントにもらったって言うんじゃない?」とママ。

「だから、それじゃあ気付かないじゃないか!」とパパ。

「じゃあ、パパはいつまで信じてたわけ?」

「小学校の高学年くらいじゃないか?」

「sohtaと一緒じゃん!私なんて6年生の時、妹からあれはお父さんだって聞いたんだけど・・・」

「だから、それはおかしいだろ?」

「おかしいかな?」

「おかしいよ」

「・・・・じゃあ、どう伝えるか任せるけど・・・sohtaだけにしてねぇ」


でも・・・こうして下の子達は早々に、サンタさんの居場所を心の中から無くしていくんだろうね(><)




プレゼントは誕生日と兼用です。

幼稚園児だった小さき頃は、絵本でした。

それがレゴに変わり、そして3年生ではDSになり、4年生ではまたレゴに戻り・・・

そして今年は?

ゲーム機を、周りの多くが持っていた時期も、この親に言ったところで買ってくれないだろうと、あまり欲しい欲しいとは言わなかったsohta。

ただ友達がやっているのを傍で覗いているだけなのも・・・ねえ。

そこで出した条件は、自分自身の気持ちをコントロール出来るようになったなとパパとママが認めたら、買ってあげるという事でした。

小さな頃から、ずっとやっていると、ここで止めようって自分を抑える事が出来るのでしょうか?

sohtaはそれが出来るようになってから渡した事もあり、また水泳で忙しい事もあり、ゲームをやるのは土曜日に1時間だけ。

本当はもっとやりたいのかもしれませんけどね(^^;)


そしてtaichiは、と言えば・・・

公園に遊びに行くと、鬼ごっこやドッヂボールなどもしながら、やがてゲーム機を取り出すお友達たち。

それを横から覗き込むtaichiという構図・・・らしいのですが、買って!と言ったところで買ってくれないだろうと分かっているようで、欲しい!欲しい!とはあまり言いません。


sohtaにゲームを買ってあげるか否かの3年生の時、

私は無くても良いじゃん!ゲームなんてやらせたくないって思っていましたが、パパに、持ってないと友達の中でただの変わり者になるぞ、ルールを決めてそれを守らせれば買っても良いんじゃないか、と言われました。

その当時、TVも映らなかった我が家(^^;)

子ども達の学校での話題は・・・TVの話やゲームの事。

うちはうち!だけれども、社会で生きていく上で交わる事も必要かな・・・と。

こうして家族で話し合った結果、ルールを守る事という事で(守れなかったら即取り上げです)、購入するに至りました。

お子さんと、ゲームや通信をするでのルールを決めていますか?

使わせておけば静かだからと、安易に与えてはいませんか?

クリスマス、お正月と、モノやお金との付き合い方を考えざるを得ない時期ですね。

安易に渡すのではなく、購入前に家族で話し合う事をおススメします。


さて、今日が誕生日ではありますが、今夜も水泳で食事の時間はバラバラ(^^;)

なので、昨夜がお誕生会。

sohtaのリクエストは手巻き寿司♪

4合の酢飯がなくなりました(><)

お寿司屋さんで食べるより、かな~り低コスト(^^)

自分で巻き巻きするのが楽しかったようで、すし屋よりイイ!と。

子ども達の手巻き寿司は、全てが太巻きのようになっておりましたが・・・

そして、誕生日に作ったのレゴ作品はこれ↓

「食虫植物に食べられるハチ」

???

なぜ、誕生日にそんな題材を?

           

クリスマスプレゼント☆とりあえず・・・辞書_e0160269_09002504.jpg

クリスマスプレゼント☆とりあえず・・・辞書_e0160269_09030731.jpg

昨日子ども達のために、そして私たちの為に購入した

例解学習類語辞典 似たことば・仲間のことば

深谷 圭助/小学館

undefined


そして

活用自在 反対語対照語辞典

反対語対照語辞典編纂委員会(編集)/柏書房

undefined


上は小中学生向けですが、下は子ども向けが無かったために大人用になってしましました。

先々を考えて、自主勉のテーマを天声人語にしたらどうか?とsohtaに提案。

お休みの日だけになりますが、一週間の内のこれと思うテーマの時を2つ程選び、それで天声人語ノートを作り始めました。

今は、音読して、言葉の意味、反対語・類義語を調べる事に留まっていますが、週末、これが家族の話題となり、言葉が広がり、社会的テーマについても家族で少し話すようになりました。

小学校も高学年となると、普通の新聞も、思っていたより読めるものです。

おかしな解答もまた、家族の笑いにつながります。

「米国」とは?に対し、

「こめのくに、こめのくに・・・・あっ!分かった!新潟っ!」とか(^^;)

「仏国」も、「奈良!」とか答えちゃうし(^^;)

これは連想ゲームか!?


さて、天声人語の書き写しを学習に取り入れている学校もあるようで・・・

これが続けば(^^;)かなり社会とも繋がる気がします。

ベスト・オブ・天声人語 (講談社バイリンガル・ブックス)

朝日新聞論説委員室/講談社インターナショナル

undefined


天声人語書き写しノート 学習用【3冊セット】

朝日新聞社教育事業センター

undefined




ブックオフオンライン

MoMA STORE
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2015-12-07 09:30 | 知る

おーい ぽぽんた



暫くのご無沙汰でした。

入学・入園が重なり、忙しかったのと、

パソコンの不具合とで、更新が出来ませんでした。

お陰で溜まっていた書物を読むことが出来たのですが・・・



4月11日(月)長男そうたが、桜満開の空の下、ぴっかぴっかの~♪一年生になりました。

ちょっと大きかった(?)130cmのスーツに身を包み、プーマ仕様のマリンブルーのランドセルを背負って、

足元は・・・革靴は勿体ないので、お気に入りのバネの力のスニーカー。

勿論、おnewです。

並ぶ事、上履きを履く事、礼をする事・・・等々

幼稚園では皆無だった事にドギマギしながらも、無事入学式を終えました。

○十年振りに歌った国歌・・・新鮮でした。


翌日は、次男たいちの入園式。

こちらは平服OKなので、私達もジーパン姿。

入学式と違い、ざわざわ・ばたばたした入園式。


この3年間って、大きいのもなのね!と実感した日。

一ヶ月前に卒園したそうたと入れ違いです。

3年前は、右も左も分からなかった私達ですが、

また実家に遊びに来たかのような感じで、先生方を皆、知っている事もあり、

ドキドキ感は全く無し。

でも、気持ちを新たに、また一から教えて頂くつもりで。


そして翌日13日は、ベビーちゃんの一歳のお誕生日。


ハイハイのスピードはかなり増しました。

目を離した隙に、2階まで階段を登っていたり、

椅子の上や、ソファーの上等々、高い所に登るのが大好き。

ご飯も一人で、手を使って上手に食べます。

もう要らないって時になると、ポイポイ何でも投げちゃうので、大変ですが・・・

言葉を真似して、えーっ!て驚くような事まで発します。

・・・が、まだ歩きません。

上の二人は10ヶ月で歩き出したのですが、それが性差なのでしょうか?


そして17日(日)は、私の○十○歳のお誕生日。

段々自分が幾つになったのか、分からなくなります。

いや、分からないようにしているのかもしれません・・・


そうたは初日こそ、誰ともしゃべらず、つまらなそうに帰って来ましたが、

翌日はお友達が出来、帰って来るなりランドセルを放り投げ、近くの公園でお友達と遊ぶ毎日です。

そこへたいちの乗るバスが着きます。

私にリュックを預け、お兄ちゃん達に混じって夕方までとことん遊ぶ、頼もしい弟。


そうたは恥ずかしがり屋でおしゃべり下手。

相手に伝わるように、速やかに的確に答えられるようにならないと・・・

というのが専らの課題。

今まで絵本をあんなに読んできたのに・・・

と思うのですが、聞くだけじゃなくしゃべらないと身につかないのでしょうね。

昔の人はよく言ったものです。

読み・書き・そろばん

読むこと=音読





最近気に入って手に入れたのが、この「おーい ぽぽんた」です。

小学生に暗唱してほしい詩と短歌と俳句166編

万葉集から現代詩まで


読んであげるなら 5、6 歳~


そこには、卒園文集で担任のN子先生が寄せてくれた

「わたしと小鳥とすずと---金子みすゞ」が載っていて、それを一番に覚えたそうたです。

そうたが大好きな、「おれはかまきり---工藤直子」も載っています。

今日も帰って来るなり、

「あーっ、思いっきり外であそびたーい!」

と、またもやランドセルを放り出し、公園へ。

最近はあまり絵本を読みたがりません。

それよりも体を動かしたい様子。

一方のたいちは、園で思いっきり遊んできているせいか、

寝る前は必ず絵本3冊を持ってきます。

子どもには、静と動のバランスってものが、とても大切なようです。


「たんぽぽ」  川崎 洋

たんぽぽが

たくさん飛んでいく

ひとつひとつ

みんな名前があるんだ

おーい たぽんぽ

おーい ぽぽんた

おーい ぽんたぽ

おーい ぽたぽん

川に落ちるな




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2011-04-20 16:56 | ことばあそびの本