人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:卒園式 ( 2 ) タグの人気記事

怒涛の10日間

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

9日夜、水泳の練習から帰ってきたtaichiの顔が赤く、熱を測ると38.5度。。。。。

どうやらコーチから頂いちゃったらしいインフルAに始まり、
 

haneちゃんは頭シラミを頂いてきちゃった事に気付いた日曜日(><)

最後の幼稚園生活をくっ付き合って楽しく過ごして相棒と、これまた仲良く掛かってしまったのでした。

夜中も、寝ているhaneちゃんの髪からひたすら卵を探し、とっても疲れた数日間。

何でも自分でやるhaneちゃんを放置し過ぎたのか(^^;)

たまには親がよ~く洗ってあげないとね。

それに、私の視力がかなり落ちたって事もある(><)

この数日で、一気に白髪が増えたような。。。。。

そして私ったら、かなり疲れているのね。

喉の近くに二つも出来た口内炎(><)


昨日の卒園式の後のお別れ会(謝恩会)の出し物練習に、最後のこの本だいすきの会の通信作りと、大忙しの卒園前。

更に、二年間通ったいんやん倶楽部の初級コースの最終講習があり、夜は息子たちの水泳で遅くなり。。。。。

そして迎えた昨日のhaneちゃんの卒園式。

私が9年間通った幼稚園の卒園式でもありました。

自分でも手が掛からない子!と言うとおり、自分で努力できる子で、本当に負けず嫌いな子でもあるので、上の二人に比べたら、心配な事もなく・・・・

まあ、しらみのせいで卒園式直前に短く切ることになった髪が、本人は相当不満だったようですが(^^;)

6年前のsohtaの卒園式は、震災後休園になり、数日振りに行った幼稚園が卒園式でした。

6年前の卒園式↓


そして3年前のtaichiの卒園式。

・・・記事がない。。。。。

あの時は、担任のM先生が大切な人のところへ行くという事で退職されたのでした。

お別れ会係の長として、バタバタ忙しかった3年前。

今年はそういう仕事も無く、ただ卒園式・お別れ会を楽しむ事が出来、本当にお別れ会係さんには感謝です。

ありがとう!!!!!

幼稚園との交渉や、業者の手配や、前実準備・当日の運営など、本当に忙しい。

お疲れ様でした(^^)

前日準備の時、退職案内のお手紙を見て、なんて声を掛けたら良いか言葉が見つからず、黙って先生の傍で掃除をし、片付けを手伝い、卒園式のセッティングをした事が、昨日のようです。

そのM先生も昨年結婚され、幸せになられた事、とても嬉しく思います。

昨日も祝電にその名前があり、思わず涙。。。。。

「上の子達に付いて、まだ小さかったあなた達が、こんなに大きくなって・・・・・」みたい感じの祝電でした。

そうそう、haneちゃんは、sotaが年長の春に生まれたのです。

haneちゃんは生まれた時から通ったんですものね。

taichiの時は、sotaの水泳の大会と重なっていました。

先生方は、早々に下の弟妹の名前も皆覚えてくれます。

家とは別の家、そうそう実家みたいな感じかもしれません。

M先生は退職とあって、卒園証書授与式で子ども達の名前を読み上げる時、泣いてしまい、なかなか読み上げる事が出来ませんでした。

幼稚園に行けば会える!という事が出来なくなってしまうので、教室での最後のお別れは本当にお別れ。。。。。

幸せになる為に新しい土地へ行く先生を応援する気持ちと、居なくなってしまう寂しさと、何ともいえない切ない会でした。

最後に読んでくださったのが

おおきくなるっていうことは (ピーマン村の絵本たち)

中川 ひろたか/童心社

undefined


taichiは、先生の涙を見て、卒園式でもお別れの会でも泣いていましたね。


そして、昨日。

幼稚園が始めて取り組んだ、荒馬とソーラン節。

田楽座公演で観たソーラン節に音楽鑑賞会で聞いた三味線と、子ども達の気持ちは盛り上がり、ソーラン節をやる事になりました。

haneちゃんは幼稚園から帰ると、歌いながらいつも踊っていました。

幼稚園ではおそらく珍しい、どちらのクラスも男の先生。

卒園記念品として園に贈呈した大太鼓を打つG先生。

隣で歌うM先生。

自分達で編んだ縄跳びの縄を体に巻きつけ、鉢巻姿で演舞する子ども達。

荒馬は、親子合作の荒馬の衣装を着けて踊りました。

皆で育てた蚕の繭で作った鈴も付けました。

その他haneちゃんお得意の側転。

最近片手側転が出来るようになり、昨日もやろうかな?と言ってましたが、緊張してたのか、結局両手の側転を(^^;)

跳び箱に懸垂逆上がり。

子ども達が歌った♪「はじめのいっぽ」には涙。。。。。

一部が終了し、二部の授与式では、園長挨拶の時に初めて見た園長先生の涙。

今年の年長さんは?

ん?

うちのクラスは?

ん?

私か!?

いやあ、色々あったもんね~(^^;)

先生の言葉を聞きながら、走馬灯のように色んな事が頭を過ぎり・・・・・

でも、不思議、

最後に思い出すことは楽しかった事だけです。

昨日一番涙したのは、園長先生の言葉の時かもしれませぬ。

それから各教室に移動し、最後のお別れの会。

初めての担任という事もあって、涙涙のG先生。

そして泣きながら歌ってくださったのが、

♪「空より高く」

人は空より高い心をもっている
どんな空より高い心をもっている
だからもうだめだなんて
あきらめないで
涙をふいて歌ってごらん
君の心よ 高くなれ
空より高く 高くなれ

人は海より深い心をもっている
どんな海より深い心をもっている
だからもういやだなんて
背をむけないで
見つめてごらん 信じてごらん
君の心よ 深くなれ
海より深く 深くなれ

だからもうだめだなんて
あきらめないで
涙をふいて歌ってごらん
君の心よ 広くなれ
空より広く 広くなれ
君の心よ 強くなれ
海より強く 強くなれ


いやあ、終わってしまった。

長く生きている私の人生の中でも、9年というのは大きいです。

子育ての基本を、本当に大事な事を教えて頂いた幼稚園でした。

そして様々な出会いがありました。

愉快で刺激的なお母さん達との出会い。

それから、私の人生に大きな影響を与えてくださった、木村先生・小松崎先生・梅崎先生・雉本先生・・・(幼稚園の先生ではない先生方)との出会いも、この幼稚園に通ったからこそのもの。

感謝しきれないほどのものを頂きました。

でも!

でも!

でも!

卒園式は終わったのですが、明日明後日の2日間、まだスペシャルな延長保育があるのです。

すっきり終わった感じがしないのは、その為(^^;)

明後日がいよいよ最後。

ちゃんとお別れしてこなきゃ(^^)


で、今週は、いやいや今週も忙しい。

今日はtaichiの番。

スウィングループの4年生以下のスクール対抗戦。

漸く乗って来たかって思ったところで、インフルになってしまったが(><)

さて今日は発奮してくれるかなあ。。。。。


そして23日はsotaの卒業式です。

子ども達それぞれ主役の日が目白押し。


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2017-03-20 09:05 | 愛のある絵本

たいせつなこと

マーガレット・ワイズ ブラウン
フレーベル館
発売日:2001-09



読んであげるなら 6、7 歳~


東日本大震災に於いて、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

そして今尚、不自由な生活を余儀なくされていらっしゃる方に対し、

心よりお見舞い申し上げます。




この一週間は、とても長いものでした。

何故なら、今日はそうたの卒園式だったからです。


震災の後、月曜日からそうたは休園させました。


まだ、大きな余震の起こる確率が高かった事。

あの震災の日、連絡手段が途絶え、子どもの安否を確認できなかった事。

園に迎えに行くにも、渋滞や踏み切りの封鎖で相当な時間がかかった事。

色々な事を考えると、子どもと離れるのは怖かったからです。


翌日から自主登園になり、さらに休園になり・・・

幼稚園生活も残り一週間という所で、思いがけない事になりました。

毎日届く、「明日も休園します」の一斉メール。


卒園式だけはどうしても!という願いが届いたのでしょうか、

とても暖かな、何事も無かったかのような穏やかな日和。

涙・涙の卒園式で、子ども達の門出を祝う事が出来ました。


卒園式と言っても、卒園証書を貰うだけではなく、

子ども達がこの3年間に培ってきた事を披露する場でもあります。

リズム体操・まり・縄跳び・スーホの白い馬斉唱(1~9番)・跳び箱・懸垂逆上がり等々


この一週間、それらを全く出来ずにいた子ども達が殆どで、

ましてや度々起こる余震と、大人たちの不安を感じ、心穏やかではないはずの子供達。

総勢150名程が見守るホールで演技するのは、かなり緊張した事でしょう。

でも、出来なくても助けてはもらえない、自分で克服する事を身に付けてきた子供達は、

とても逞しく見えました。


その後、各教室に別れ、それぞれのお別れの会。

そこで先生が最後に読んでくれたのが、「たいせつなこと

中身は以前紹介させていただいておりますので、そちらを読んでください。


本当は、1部リズム・歌等々、2部 卒園証書授与式、

会食を挟んで、お別れ会(いわゆる謝恩会)だったのですが、

こういう状況なので、1部と2部のみになりました。


帰宅後、会食するはずだったお弁当を食べ、

そうたは、卒園文集をゲラゲラ笑いながら捲っていました。

夕方、静かだなあと思ったら・・・

文集の中の、クラスの子達の顔写真のページを、泣きながら見つめていました。

それに気が付いて、抱きしめてあげると、ワーワー泣き出し・・・

2時間以上泣き続けたそうたです。

そして、文集を枕元に置いて、

疲れたのでしょうか?

布団に入ると、あっと言う間に寝てしまいました。


クラス替えの無い3年間。

年中から延長保育も始め、毎日5時半まで友達と遊びまくり、

夏休みも幼稚園。

そしてお泊りっこ。

この時期に、こんなにも友達と密に付き合うことって、この園に入れなかったら、無かったでしょう。

6歳の子が、卒園文集をじっと見つめて泣くなんて・・・

なんて素敵な3年間を過ごしてきたのでしょうか。


式の最中、ずっと考えていました。

大人は、この子ども達が健やかに成長していける未来を作らなければいけないという事を。

この度の原発の事と、卒園の時期が重なり、子供達の未来を案じ、私に出来る事は何か?

その思いは増すばかり。

実際は節電、出来てもわずかばかりの義援金。


絵本を通じて、ブログを通じて出来る事はないか・・・考えています。


今、一つだけお願いしたいのは、

子供達に、過度な不安を与えないよう、TVニュースを流しっぱなしにしない事です。

子どもには必要のない情報です。

確かに大人にとってはずっと見ていたい情報ですが、流しっぱなしにする必要は無いと考えます。


地震直後、何があったのかとTVを着けると、津波で流される車や家。

それを見せてしまったたいちは、地震が起こるたび、水が来る!と言って、

少しパニックになります。

全くそんな心配のない所に住んでいるのですが・・・

前からかなりやんちゃではありましたが、あの後から、かなり乱暴になり、

精神的にかなり不安定です。

地震の翌日以降見せていないのですが、かなりショックだったのでしょう。


昨日は帰農志塾の野菜の配達日。

ガソリンの事もあり、届けてくれるのか心配でしたが、

こんな時こそ、何が何でも届けます!という言葉に、元気な野菜の栄養だけでなく、

パワーをもらいました。

cimaiのパンやさんも予定通り開店していて、

こういう時だからこそ、経済を回さなきゃ!と勇気付けられる言葉。


ネットの無責任な情報より、こういう信じられる人たちに、活力を貰います。


夜の停電は、たいちにとって、今かなり怖いものです。

節電、節灯油と思って着けない様にしているストーブ。

昨日一昨日はほんと寒かった。

でも、被災地の方々の苦労に比べれば、なんて事ないですよね!

子どもの不安を少しでも解消させるべく、できる限りスキンシップを心がけようと思います。


「たいせつなこと」、「信じられるもの」

こんな時こそ、冷静な目を持ちたいものです。


最後に、クラスで子ども達に向けて歌った歌を! 

 ♪「ビリーブ

1.たとえば君が 傷ついて

  くじけそうに なった時は

  かならずぼくが そばにいて

  ささえてあげるよ その肩を

  世界中の 希望のせて

  この地球は まわってる

  いま未来の 扉を開けるとき

  悲しみや 苦しみが

  いつの日か 喜びに変わるだろう

  アイ ビリーブ イン フューチャー

  信じてる


2.もしも誰かが 君のそばで

  泣き出しそうに なった時は

  だまって腕を とりながら

  いっしょに歩いて くれるよね

  世界中の やさしさで

  この地球を つつみたい

  いま素直な 気持ちになれるなら

  憧れや 愛しさが

  大空に はじけて耀(ひか)るだろう

  アイ ビリーブ イン フューチャー

  信じてる

  いま未来の 扉を開けるとき

  アイ ビリーブ イン フューチャー

  信じてる



原発の現場で、身の危険にさらされながら、懸命に活動されている方に敬意を表し、

一日も早く、平和な日々が訪れる事を願うばかりです。



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2011-03-19 23:45 | 愛のある絵本