人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

「あかちゃんがほしーっ!

なんでうちにはあかちゃんがいないの~っ?

おねえちゃんになりたいのにっ!」

と言うhaneちゃん。


そもそも、haneちゃんすらチョー高齢出産だったわ・た・し(^^:)


「そうかあ、haneちゃんは赤ちゃん欲しいんだあ・・・

う~ん、でもねえ、haneちゃんのママはさあ、もう赤ちゃん産めないのよ。

年とってるからさあ、だからさ、haneちゃんが大きくなったら、自分で産んでよ」


最近お姉ちゃんになりたがっているhaneちゃん。

幼稚園での家族ごっこでは、専らお姉ちゃん役なんだそうです(^^;)


先日、

家で弟に対しては暴君のそうたに向かって、

「ああ、おねえちゃんがほしかったーっ!」と言うたいち。

「おれだって、お兄ちゃんが欲しかったっ!」とそうた。

無いものねだりだ(^^;)


傍でそのやり取りを聞いていたhaneちゃんが一言。

「たいち、もうすこしでhaneちゃんがおねえちゃんになるから、もうちょっとまっててね♪」

「うへえ、やーだよ、べーっ」とたいち。


ほんと、どっちが上だか分からん(^^;)


長女の私も、幼き頃はお姉ちゃんが欲しかった。

年頃になると、お兄ちゃんが欲しかったな。

飲み会で終電が無くなったあとの足として、兄ちゃんは役に立つ!って思ったもの(^^)


*****




読んであげるなら 7歳くらい~、自分で読むなら小学中学年~

ホームセンターの近くの細道に一人紛れ込んでしまった健太、四年生。

引き返そうかを思った時、小さな店らしきものが見えた。

店の入口の上の電光掲示板には『ロボットかします』とあった。

自動ドアが開いて、女の定員さんが出てきた。

「ロボットがほしいんでしょ?レンタルしますよ。どんなロボットにしますか?」

「えーと、弟ロボットも、ありますか?」

「持っているお小遣い全部と引き換えです」

「すぐに取ってきます。だからほかの人にはかさないでください」

「それはできません。弟ロボットをほしい人があなたより先に見えたら、かさないわけにはいかないわ。」


健太は家に急いだ。

今なら、弟ロボットが借りられるかもしれない。


健太は以前、弟がほしいとお母さんに話した事がある。

しかし、10年待ってやっと生まれた健太。

だから、健太が生まれてきてくれただけで、十分幸せだお母さんはと言った。

目に涙をいっぱい溜めて、健太をぎゅっと抱きしめてくれた。

それからは、弟が欲しいなんて言ってはいけない気がした。


「よかったですね。弟ロボット、まだありますよ。」


レンタルは無期限。

好きなだけ持っていて良い。

いらなくなったら、返せばいい。

ロボットだと人に言ってはいけない。

ばれてしまったら返す事。


こうして、小学一年生の弟、ツトムが誕生した。

どこからどう見てもロボットに見えない弟ツトム。

ツトムから発せられる特別な電波により、ツトムに会った人はみな、記憶が書き換えられ、最初から健太には弟ツトムが居た事というになる。


弟を手に入れたんだ、弟!弟!ぼくの弟!

こうして健太は、夢にまで見た弟を持つ事ができたのだが・・・・


*****

とっても複雑な気持ちになる話。

兄妹のいる子が、一人っ子が、そしてそれぞれの親が、

それぞれいろんな感情を持つでしょう。


ラストは、健太に本当に兄妹が出来るのですが、

前に流産をしていたお母さんは、心音がはっきりするまで健太には内緒、

でもツトムとは話していたのです。

自分だけに内緒にしている事があると憤慨した健太は、

嫌がるツトムをお店に返しに行きました。


弟ロボットであるツトムは、お兄ちゃんロボットにはなれなくて

結局返される運命にあったらしいのですが・・・



愛息・愛娘に恵まれ、慌しく過ぎていく日々に、忘れてしまっていた存在。

私のお腹の中で、消えてしまった本当に小さき命。

その子が無くなったのは(亡くなったとまでも育たなかった)、たいちが宿る前、今月の初めでした。

その子が育っていたら、たいちは生まれませんでした。

ふと、その時の、どうしようもなく切なかった記憶が込み上げてきました。



ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2014-11-20 14:59 | 童話 中学年向け
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村


我が家には、

チョー!!!「わがままいもうと」がいる!



4月生まれのhaneちゃんは、口が達者で、活発、健康優良児、お手伝いも進んでするし、

(お手伝いという意識は無く、やりたいっ! やらせてっ!! やってあげるっ!!!のお手伝い押し売り三段活用ではあるけれど・・・)

放っておいても問題なし!

と、世間では思われているようです。


確かにそうかもしれないけれど・・・

家ではチョー!!!「わがまま王女様」

そう言ったのは、「暴君★たいち」

そうそう、我が家には、和室の塗り壁をぶち抜くほどの、「暴君」もいるのです(><)


そのhaneちゃんは、自分の事を知ってか知らずか、

最近この本がお気に入り☆



読んであげるなら 4歳くらい~


風邪で寝ている妹が、

「バニラアイスがたべたい・・・」と言うと

妹可愛さに、駄菓子やさんへ買いに行き、

「やっぱりいちごアイスがいい・・・」と言われれば、

再び駄菓子屋さんに買いに行き、

「もなかは口にくっつくからいや」と言われれば、

再び、いちご・ア・イ・スを買いに行き、

でも、さっき

「あら、また来たの?」とお店のおばちゃんに言われたので、

そこを通り越して駅前のお菓子さんまで買いに行き、

でも、

「やっぱりプリンがいい」と言われて・・・




お兄ちゃんは妹を何回目でどつくのか!?

いえいえ、それは我が家だけ?

可愛い妹の為に、どこまでもどこまでもわがままに付き合うのでした。


こんなお兄ちゃんを求めて、haneちゃんはこの本を好むのかしら?(^^;)


『暴君★たいち』に、

「haneちゃんのまわりのらんぼうなこは、あたまがわるいんだよね!

だからたいちもバカッ!

と言い放つhaneちゃん。

言い得て妙なんですが(^^;)

口が達者なだけに一言多いので、

やっぱり暴君にボカッ!と一発やられるのでした。



haneちゃんはこの本もお気に入り



『家族愛』を感じます。

食は家族を繋ぐもの・・・そんなメッセージも込められているのかな(^^)

読み終えると、無性にコロッケ食べたくなっちゃう


お肉無しでも美味しいコロッケ作れます
 ↓ ↓ ↓


ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2014-10-17 11:14 | 愛のある絵本

うみべのいちにち


今年の夏は海へ行くか?山へ行くか?

まだ決められずにいます。

もう夏休みに入るというのに・・・

海が大好きだった私は、夏と言うと、海遊びの絵本ばかり選んでしまいます。


久しぶりに小笠原に行きたいっ!

という唐突な私の願いは叶いそうにありません。

行ったって、潜らないよ!と言うパパ。

そりゃあ、私だって海から足を洗って、もう10年以上経ちますもの。

リハビリ期間が無いと、いきなり小笠原なんてムリです。

世界遺産に登録された小笠原。

今後益々行き難くなる事でしょうね。

私が大学のサークルの仲間と潜りに行ったのは、20年も前の事。

東洋のガラパゴスと言われる所以を体感した一週間でした。

小笠原の魚は全てがビッグサイズ。

行ったら、潜りたくなるだろうなあ・・・・

これは、いつかの夢に取っておこう。


ならば、式根島とかは?

え~っ、なんで?

だって、白い砂浜で、リアス式海岸で、子どもが遊ぶのには最適じゃない♪

子ども向き!?ナンパ島でしょ?

・・・今もそうなんでしょうか?


では、佐渡とか?

遠過ぎる!


結局、近場に落ち着くのかしら(^^;)

何かワクワクしないなあ・・・


子供の頃、夏休みに入るや否や、大洗の祖母の別荘(・・・と言ってもちっちゃなものでしたが)に、叔母たち、従姉弟たちと行くのが慣わしでした。

別荘地の裏の松林を抜けると広がる大海原。

そこで殆ど一日中を過ごしていた夏休み。

泳ぎに自身のあった私は、沖に沖に泳いで行って、いつの間にかどんどん流されて戻れなくなり、必死に海岸目指して泳いだ事がありました。

アクアラングを着けて潜るようになってからも、島で流されて、泳いでも泳いでも陸は近くならず、一時間以上泳いでやっと辿り着いたという苦い経験もしました。

海は楽しいだけではありません。怖いものでもあります。

皆さんもバカンスの際は、くれぐれもお気をつけて!


ナタリー・テュアル,イリヤ・グリーン
講談社
発売日:2010-07-16



さて、そんな子供の頃の夏休みを思い起こさせてくれたこの絵本。

この絵本の魅力は、何と言ってもその素敵な絵にあります。

南仏プロバンス生まれ、骨董店経営の父を持つイリヤ・グリーン。

デザイン性の高いイラストは、こういった恵まれた環境故に培われたものなのでしょう。

表紙に一目惚れです。


読んであげるなら 3、4歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

なつです。

すなはまには、おひさまが いっぱい。

ロラとレオが、すなあそびを して います。

ロラが、ゆびの あいだから すなを こぼして います。

なんて やわらか!さらさらの すなが、かぜに とびちります。

「いたい!もう、めに はいったよ。

ねえ、ロラの シャベルを かして」

レオが いいます。



 * * * * *


(以下、あらすじです)


ジョウロで砂を、ぐるぐる混ぜて、バケツに詰めて、とんとん固めて、ぽんっ!

幾つも幾つも作ります。

「みずが たりない。ロラ、くんで きて くれる?」

ロラがバケツを持って、波打ち際に向かいます。


♪いちで おやゆび うみの なか

にで こんどは かかとまで

さんで ばけつを よこに して

よんで おみずを くみあげて

ごで おしろに もどるのよ



出来上がったのは、立派なお城。


今度は、お城を飾ります。

貝殻、小石、羽根、もひとつ貝殻・・・

わあ、きれい。

なんて、きれい。


波がすぐそこまで来ています。

「・・・あっ、だめ!なみがきた。もどれ、なみ!うみに かえるのよ。あっちに いけ!」

二人は砂の上に座って、お城が水に隠れていくのを見ています。

「ねえ、レオ。おしろは うみに しずんだら どこに いくの?」

そんなロラのやるせない思いに、お兄ちゃんの答えは優しく素敵なものでした。


この絵本を手に取ると、やっぱり子ども達を海に連れて行きたい!と思ってしまいます。

でも磯臭い海ではなく、私が行った事有る中では、パラオの無人島や慶良間の古座間味など白い砂浜の海岸を思い起こさせるものなんですが・・・


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2011-07-16 06:20 | 夏の本

こぶとりたろう

たかどの ほうこ
童心社
発売日:2009-11



読んであげるなら 6,7 歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

ちょん子は、あしたの時間わりをそろえながら、おにいちゃんのたろうのほうを、ちらっと見た。

たろうは、えんぴつをシャカシャカいわせながら、いっしんにべんきょうしていた。



 * * * * *


(以下、あらすじです)


たろうはテストの点数が悪くて、お母さんにこんこんと説教された。

「やわらかくなあれ、やわらかくなあれ、ちちんぷいぷいのぐりっ」

と、かあさんはたろうの頭をぐりっとなでた。

さすがにまずいと思ったたろうは、晩御飯の後、ずっと机に向かっていたのだ。

こぶとりたろう_e0160269_16345861.jpg

国語・算数・理科・社会・・・何をやっても頭に入った。

ちょん子が目を凝らしてたろうの頭を見ると、頭の右が、そして左がぴくぴくっと動いた。


「おにいちゃん・・・あたまに、こぶが・・・」


国語のこぶに理科のこぶ。

社会のこぶと算数のこぶ。

たろうの頭には、こぶが四つも出来てしまった。

勉強が出来るようになったのは良いけど、これじゃあまりに格好悪い。


覚えた事を忘れてみたら、元に戻る?

でも、忘れようとする事を思い出すだけで、復習になってしまい、かえってまずかった。


その時、ちょん子がぽんと手を打った。

「『こぶとりじいさん』だよ!・・・・オニのところにいって、とってもらおうよ!」


「今時、どこにオニがいるってのさ。聞いたこともない」

でも、本棚から「こぶとりじいさん」を取り出し、オニの居場所を確かめた。

そしてこぶを取ってもらう秘訣は?・・・・踊りを上手く踊る事!



草木も眠るうしみつ時、二人はそっと家を抜け出して、山奥深くどんどん行った。

どのくらい、いけばいいだろう・・・・

昔話だと『いくが、いくが、いくと』って言うから、あとちょっと。


二人は大きな木に大きな洞穴を見つけ、潜り込んで眠った。



すると・・・



* * * * *


非現実的で、思わず笑ってしまうような事なのに、真面目にやり取りするたろうと妹の会話。

オニとのやりとりや、オニと踊る時の歌。

どれをとっても面白く、お見事!

でも一番は、端々の見られる表現の巧みさとリズム感。

さすが!たかどのほうこ様。



「こぶじいさま」のお話、ご存知ですか?



あのお話が、こんな風に発展するなんてね~(^^)

踊りが下手で、こぶを取ってもらうつもりが一つ余計に付けられてしまった隣のじいさま。

そんな心配事が頭をよぎったたろう。

さてさて、上手に踊って、オニに気に入られたでしょうか?

それは、読んでのお楽しみ。

その後の展開も、実に面白いのよ~(^^)


* * * * *


踊り・・・と言えば、

年に一度の園のお祭り。

背中に『祭』の揃いの半被に身を包み、園児達が踊る荒馬踊り。


らっせ~ら~、らっせ~ら~

らっせ~、らっせ~、らっせ~ら~



勿論、親も全員参加です。

熱気むんむん、蒸し風呂状態のホール。

大汗掻き掻き、私も産後のリフレッシュ。

そして、お父さん達が担ぐ神輿に揺られ、満面の笑みの子供達。

年長さんになると、園児達の竹筒を叩く音も加わり、本当のお祭りのような盛り上がり♪

ああ、これで最後ね~!な~んて感慨深く・・・いやいや、うちはまだあと6年続くのでした。


その、お祭りの前に各クラスで行う家族紹介。

3年間持ち上がりで今更?・・・ではありますが、

今回は、各家庭1芸披露(ん、疲労?な~んて)なのです。

数日前、そうたがやると言っていたのは、側転。

しかし、前日に歌に変更になりました。

♪「おさるのレストラン」

前日、パパはおもちゃのピアノを人差し指で弾きながら、必死に練習したのでした(^^)


自分の順番が近づくにつれ、心変わりする子供達。

そうたも「逆上がり!」なんて言わなきゃ良いが・・・

何十年もやってないよーっ!!


途中、逆上がりに変更を余儀なくされたお母さん達。

その必死な姿に感服です。


もし、そうたが「逆上がり!」なんて言い出したら、

「産後間もないので・・・・」な~んて逃げようかと思いつつ、

それじゃいかん!と、い神崎(いかんざき)が(古い?)が頭をもたげ、葛藤の中迎えたうちの番。



「はい、そうたんちは何やるのかな~?」

「・・・うたをうたいますっ」

ああ、よかった~(^^)



しかし、あと二人の、2回ある年長時の家族紹介。

今から逆上がりの練習しとかなきゃっ!と心に誓う母でした。

ちなみに側転はそれなりに出来るのよ!

逆上がりも出来そう・・・なんだけど、腹の肉に、鉄棒がグイッと食い込みそうで・・・






最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚はこちら
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ


Oisix(おいしっくす)


ブックオフオンライン
by yomuyomuehon | 2010-06-22 16:41 | おもしろ絵本






読んであげるなら  3、4歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


きょうは、おじいちゃんと おばあちゃんの うちの クリスマスパーティーに でかける ひです。

「もっくん、はやく ズボンを はきなさい。ズボンが、パーティーに いきたがって いるわよ」

と、おかあさんが、いいました。

もっくんは、ちらっと ズボンを みましたが、あとは しらんかおして あそんでいました。




 * * * * *


(以下、あらすじです)



もっくんを一人残して、皆は出掛けてしまいました。

すると、ズボンがもっくんの背中を突きました。

しかしもっくん、まだ遊んでいます。

待ちきれないズボンは、外に飛び出しました。

慌てて追いかけるもっくん。


さあ、ズボンはどこへ?

もっくんは、皆と一緒にクリスマスパーティー出来るかな?


 * * * * *


この絵本は、昨年のクリスマス時期に紹介した、林明子さんの『クリスマスの三つのおくりもの』の中の一冊です。


「ふたつのいちご」




「サンタクロースとれいちゃん」




「ズボンのクリスマス」



三人のきょうだい(かすみちゃん・れいちゃん・もっくん)の、クリスマスを廻る、それぞれのエピソードからなる三冊セット。

こんなにも日本のクリスマスにピッタリのお話って、無いですよ~。

昨年夢中になって、でもいつの間にかクリスマス時期を過ぎてしまい、手元に置く機会がありませんでした。

今年は早くも手に入れました。

それも380円で!amazonの新品中古です。

定価は1287円(税別)ですから、なんてラッキー!

クリスマスほど心待ちにする行事って、ありませんよね。

それは子供の時も、大人になってからも同じ。

独り身の時は、はっきり言ってイヤ!でしたけど・・・

子供や主人と一緒の今が、一番かなあ?

子供と一緒にクリスマスの飾り付けをする時、なんと幸せを感じる事か。

そして、その時間を長く保ちたいですよね。

ハロウィーンを終えた11月の頭にはクリスマスの曲が流れ始め、町はクリスマスの飾りつけで煌きます。

それももう来週です。



是非この『クリスマスの三つのおくりもの』を手に、これから2ヶ月、ぬくぬくして下さいね。

子供の頃のクリスマスを思い出させる、温かなお話ばかりです。

クリスマスの意味も何れ分かって欲しいけど・・・

今は家族で過ごすクリスマスの温かさ、美味しいクリスマスのご馳走、居ると思って欲しいサンタさん、それだけで良いかな。


この絵本、こ~んなミニサイズなんです。
クリスマスの三つのおくりもの_e0160269_137219.jpg

クリスマスを終えて、しまいこんだら、見つからなくなってしまうかも!
用心!用心!



ところで、図書館でクリスマスの絵本を借りようと思ったらお早めに!

時期が来ると、ずーっと予約が入っていて、読めずに時期を過ぎてしまいます。



そして、クリスマスプレゼントには是非、良い絵本をね!

良い!と思える絵本を紹介してきたつもりですが、ずーっと手元に置いて置きたい絵本は、全てと言うわけではありません。

いづれ、プレゼントに最適な絵本一覧をアップしますので、参考にしていただけたら幸いです。


 * * * * *


リンクも貼ってある、頼りになる図書館司書のkangarooさん。

こんな本ありませんか?と言うリクエストに答えてくれるそうです。

是非、覗いてみてね。

私も少し前にお願いして、見つけてもらった絵本があります。

息子はかなり気に入って、何度も読んでます。

既に廃刊になってしまった絵本のようで、図書館で借りる事しか出来ませんが。

そんなディープな絵本も見つけてくれますよ。








最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚つくりました。

覗いてみてね~!
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す


勢いよく押しちゃって~!
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ごめんなさ~い。ついでにもう一個、ポチッとね
 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2009-10-26 01:50 | クリスマスの本