人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:ベストセラー ( 3 ) タグの人気記事

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

シャーロットのおくりもの

E.B. ホワイト/あすなろ書房

undefined


小学4年生位から


春休みに入って、寝る前にhaneちゃんに読み始めた220ページのこの本。

一日1~2小節を読んで、ようやく今夜読み終える予定です。

Charlotte’s Web=(直訳すれば)シャーロットのくもの巣を、「シャーロットのおくりもの」とはなんて素敵な訳し方!

この表紙からは、シャーロットが蜘蛛だと思わず、真ん中の女の子の名前かと思っていました。

農家の女の子とお父さんの会話から始まるお話。

この女の子の名前はファーン。

小さく生まれたブタを始末しようと、斧をもってブタ小屋へ向かうお父さん。

それに立ち向かうファーン。

「ファーン、わたしは、ブタの育て方についちゃ、おまえよりくわしいんだぞ。ひよわなのを生かしておいても、やっかいなだけだ。さあ、もう向こうへいってなさい。」

「でも、かわいそうよ。小さく生まれたのは、赤ちゃんブタのせいじゃないでしょ?もしわたしが小さく生まれたとき、とっても小さかったら、父さんはわたしをころしてた?」


それとこれとは違うというお父さん。

ファーンにつられて泣きそうになったお父さんは、そんなに言うなら哺乳瓶で育ててみなさい。ブタを育てるのがどんなに大変か分かるだろうと、子ブタをファーンに託しました。

ファーンは子ブタにウィルバーという名を付け、とても可愛がりました。

生まれて五週間が経ったとき、お父さんはすっかり大きくなったブタを、売りに出すと言いました。

一緒に生まれた兄弟達は既に売られ、何でも食べるようになったウィルバーを、これ以上養っておくつもりは無かったのです。

ファーンがいつでも会いに行けるザッカーマン農場に、ウィルバーは買ってもらえる事になりました。

ウィルバーは、牛や羊やガチョウの居る、古くて大きな納屋で暮らすことになりました。

ファーンはいつでもウィルバーに会いに行くことは出来ましたが、ウィルバーの囲いの中に入ったり、外に連れ出したりする事は許されませんでした。

今まで自由だったウィルバーは、囲いの中での暮らしに退屈しうんざりしていました。

十分な食べもの・・・・でも、ウィルバーが欲しいのは一緒に遊んでくれる友達でした。

そんな中、ウィルバーに素晴らしい友達が出来たのです。

それが蜘蛛のシャーロットでした。

シャーロットは、ウィルバーにしてみれば、生きる方法がむごたらしいものでした。

残酷だというウィルバーに、シャーロットは、

「あなたは、そういえるわよね。なにしろ、バケツで食べものをはこんできてもらえるんですものね。わたしには、だれもそんなことをしてくれないわ。自分でくらしをたてていかなくちゃならなの。自分で機転をきかせて、ゆだんしないで、かしこくやらなくちゃいけないの。そうじゃないと飢え死にしてしまうのよ。だから、ちゃんと考えて、つかまえられるものをつかまえて、ひっかかったものをえさにしないとね。そして、たまたまわたしの網にひっかかるのは、ハエや羽虫なのよ。それに、もしもわたしが虫をつかまえて食べないと、虫がどんどんふえて、この地球をこわし、すべてをほろぼして、しまうってこと、あなた知ってるかしら?」

「ほんとに?そんなことになったら、いやだなあ。だったら、きみの網は役にたっているのかもしれないね」

新しい友達ができたばかりの時は、誰でも不安になったり疑ったりしがちですが、ウィルバーも、そんな不安や疑いを感じていました。

一見した所、図太くて、残酷なシャーロットですが、本当はやさしい心を持っていたのです。そして最後まで友達を思い、誠をつくしたのです。


初夏の頃、ガチョウのおばさんが産んだ8つの卵から7羽のひなが生まれました。

孵らなかった一つの卵は、ねずみのテンプルトンに分けてやりました。

ウィルバーは健康で、どんどん太っていきました。

そんな時、羊のおばさんから聞いた、太らされた後の話。

クリスマスのご馳走のために殺されて、燻製のベーコンやハムになると。。。。。

死にたくないと泣き叫ぶウィルバーに、シャーロットは言いました。

死ぬような事にはならない。私が助けてあげる!と。


一方、こういう事を、毎日納屋を訪ねて見聞きしていたファーン。

それをお母さんに話すのですが、お母さんは娘が友達と遊ばずに納屋に通うこと、そして動物達がしゃべっている事を楽しげに報告する娘に悩み、お医者のドリアン先生に相談をしましたが、先生は、

「動物が話すのをまだ聞いた事がないけれど、話すのかもしれない。動物達が丁寧に話しかけていたとしても、こちらが注意をはらっていないために分からない子とだってある。大人より子どもの方がきちんと注意をはらっているのでしょう。ファーンのいうことを私は信じますよ。・・・・」

ヘンリー・ファッシーという男の子の友達が居ると聞くと、

「・・・・そのうちに、ヘンリーだって、ファーンの注意をひくようなしゃれたことをいうかもしれません。年を重ねるにつれて、子どもはびっくりするほどかわります。」

実際、この通りになるのです(^^)


シャーロットはどんな方法で、ウィルバーを救ってくれたと思いますか?

こんな事、考えつきません。

そして「シャーロットのおくりもの」・・・・このタイトルに隠されたものは、ウィルバーを救うだけではありませんでした。


「どうして、ぼくのためにいろいろしてkるえたの?ぼくにそんな価値ないのに。きみには、なにもしてあげてないのに。」

というウィルバーに応えるシャーロットの台詞が素敵!

命って、大きさがないものです。

大きいから尊いわけでも、優秀だから尊いわけでもなく、短命だから価値がないわけでもなく、生き物全てに価値や使命があるんだということを、子ども達には知ってもらいたいですね。

そして、大人にももちろん!

受けた恩や愛情は、誰かに返したくなる、そんなものですよね。

映画にもなっているようですが、是非原文で!

ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2017-03-31 09:59 | 童話 中学年向け
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村



小学高学年向け

(あらすじ)

6年3組は、体育館で映画会の準備をしていた。

その中の一人、悟は作業に飽きていた。

その時、シートに挟まった刺抜きを見つけたかおり。

悟はそれを保健室に届けて来ると言って、体育館を抜け出した。

入口で、先生に二分間で戻って来るよう釘を刺されて・・・


体育館から保健室へは運動場を横切った方が早かった。


木立を抜け運動場へ出ようとした時、悟は誰かに呼び止められた。

まさか!?

悟を呼んだのは黒猫だった。


棘を抜いてくれたら願いを叶えてやると言う。

棘?

棘なんて刺さっていないじゃないか!

見えない棘もあるのさ。

抜いたふりだけで良い。

抜いたふりした悟に、黒猫が叶えてくれた事。

悟は『ちょっと考える時間』が欲しいと言っただけだったのに・・・

黒猫はその『時間』をくれた。

それも不思議の世界を冒険する時間。

現実の世界では2分間だけど、

不思議の世界では、悟が年をとっておじいさんになってしまうほどの時間を。


暗さに目が慣れると、悟がいたのは深い森の中。

姿を消した黒猫に呼びかけると、

これはゲーム、かくれんぼだという。

黒猫の名は『ダレカ』で、この『ダレカ』を探して出して「つかまえた」と言ったらゲーム終了。

悟は元の世界に帰れるという。


『ダレカ』は3つのヒントを出した。

1、黒猫の姿をしていない。なにかの姿をしている。

2、悟からは見えない

3、この世界で一番たしかなものの姿をしている。



こうして悟の長い長い、でも二分間の冒険が始まった。


一人心細さでいっぱいの悟が、森の中で出遭ったのは、

火を取り囲んで座っていた悟の学校の6年生達だった。


でも彼らは悟を知らない。

その中の一人かおると、悟は竜の館へ行く事になった。


竜は、知恵と力の戦いの挑み、それに敗れれば、もう元の自分には戻れない。

長い旅を続け、不思議な老人に会い、

選ばれし者だと、竜を倒す剣をもらい、竜の館に着いた。

が、そこに待ち受けていたのは、とんでもない事実。

* * * * *

現実の世界での二分間。

しかしこの二分間で、悟は時計では測りきれないほどの時間を過ごし、そして驚くべきほどの成長をするのです。

人を愛する事や、困難に立ち向かう勇気など、たくさんの事を経験します。


悟が保健室に行って帰った来た時、全くの別人になっているわけですが、

ほんのちょこっとした事で、子どもから大人の入口に立つ多感なこの時期の感じ。

間もなく我が子もこの時期に差し掛かろうとしている事にハッとしたりして・・・(^^;)


児童書って、大人が読んでも面白い。

段々と口数の少なくなってくるお年頃の子の、気持ちや環境を知るのにも役立つますね(^^)


このお話、読んで!読んで!と毎晩30分以上読まされました。

そしてそうたは再び自分で読み返しています。

1年生のたいちは意味が分からない所もあったようで、どういう意味?どういう意味?と聞かれることも多かったのですが、

男の子って、ほんと冒険物語が大好きですね(^^)



ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2014-12-16 10:33 | 童話 高学年向け
先の日曜日、妹の結婚式がありました。


付き合い始めてから12年程経って、漸くの事なんですが・・・

この12年の間、良い事ばかりではなく、

二人にとっては恐らく筆舌に尽くし難い時期もあったはず。


難病を乗り越えての門出です。


既に妹は新妻ではありますが、若妻ではなく(^^;)

って、私もかつて言われた事があったけど・・・

まあ、どちらの家族にとっても、ホッとした日であったに違いありません。


向こうのご両親は、特にお母さんはこてこての(?)大阪のお母さん(^^)

大変乗りの良いご両親でして・・・

神社での婚礼の後の食事会でも、

会話がポンポン弾んだのでありました。

うちの家族も相当しゃべる方だけれど、

何しろ会話のスピードが早っ。


かつて証券会社で大阪に居たパパと、

地元のディープな話で会話が弾んじゃって(^^)

兎に角、楽しい一夜でした。



義弟は色んなメーカーの車の、クレイモデルを作っています。

その仕事の話をしていた義弟と義弟のお母さん。

「仕事、楽しいかぁ?」

「めっちゃ、楽しいわぁ」

「そうかぁ、良かったなあ。おかん、ほんま嬉しいわぁ」

(ちょっと、大阪弁がおかしいかもしれないけど、まあ、こんな感じの会話だった)


食事を終えて、

ホテルに帰って飲み直すと仰るご両親。

そして、お父さんが実は昨夜も泣きながら飲んでたと聞いて・・・

「ぱぱーっ、ほんま?泣いてたんかーっ!?」と義弟。

(いつもはパパなんて言わへん。「おとん」でんねん(^^))

「そうやねん、うれしゅうて、うれしゅうて」

「ぱぱーっ!」


(^^;)


と義弟と義弟のご両親の関係を見ていて、

帰宅後、主人と、

「良い親子関係だよね・・・ああいう親になりたいね」

と話しました。



親は、我が子に

まあ、経済的・社会的地位を求めがちです。

お金が無い、仕事が無いは困るけれども・・・・


他人より成功しているか否かじゃなく、

今を幸せに暮らしている、

楽しく日々を送っている、

そこを喜べる親でありたい、

そう思ったパパとママです。


義弟の大変だった日々があったからこそ、

今の親子関係があるのかもしれませんが、


子どもたちが大人になっても、

生まれてきてくれた事に感謝する気持ちを忘れないでいたい。



結婚・・・

昔・・・(大分昔かな?)と異なり(?)

今時は違うかなと思ったらリセット出来るもののようです。

うちも、お互い(?)何度か違うかな・・・と思った瞬間はあったかも・・・しれないが(^^;)


「結婚とは、忍耐と努力」と、私が結婚する時、ある先輩が仰いました。

「結婚とは、妥協とリスペクト」と、言うのは主人です。


単純な人間関係と違い、イヤだからX(バツ)とならないのが結婚・・・のはず。

結婚することによって、さらに子どもを得た事によって、

人として全く駄目だった私も、

少しはまともになった・・・かな?

う~ん、まだまだだだけど・・・

それでも、少しはマシになったはず!


あの頃、私が結婚するとは、周りのだ~れもが思わなかったに違いないっ!

私とて、このまま仕事人間で終わるだろうって思ってた。


結婚式の夜、寝付けなかった私は、YouTubeで一人カラオケをしておりました。

(正確にはカラオケでは無いけれど・・・)

♪「揺れる想い」ZARD

こだわ~ってた まわり~を~ 全て 捨て~て~

今 あなた~に 決め~た~の~

こんな~ 自分に~ 合う人はァ

もう いないと~ 半分 あきらめてた~


ここのフレーズにめっちゃ共感(><)


ああ良かった結婚できて

今は幸せです♪


さて、妹に捧げるお話は、

100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))

佐野 洋子/講談社

undefined



ブックオフオンライン   


読んであげるなら 小学高学年~


100万回も死んで、100万回も生きたねこがいました。

ある時は、王様のねこ、

ある時は船乗りのねこ、

ある時は手品使いのねこ、

ある時はどろぼうのねこ、

ある時はおばあさんのねこ、

ある時は女の子のねこ、

と、100万人の人がそのねこをかわいがり、

100万人の人がそのねこが死んだときに泣きました。

が、ある時ねこは誰のねこでもない、のらねこになりました。

メスねこたちにちやほやされて有頂天になるねこでしたが、

一匹の白く美しいねこに魅せられ・・・

*****

これは愛のお話。

大人に人気の絵本というのも頷けます。
 
愛する人を得て子どもを育て、年を取って死ぬ・・・

かつては当たり前で、普通だった事が、

今の時代、難しい事になっているかもしれません。

でも、このシンプルな生き方こそが一番幸せじゃないかと、

この本を読み返す度に思うのです。


妹よ!末永く幸せに!!!



この絵本は、最近200万部を突破したとか!

媚びない、強い、佐野洋子さんの素敵な魅力も随所に感じる事が出来ます。

私にとっては憧れの女性の一人。

佐野洋子〈追悼総特集〉100万回だってよみがえる (文藝別冊)

河出書房新社

undefined





最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *

ランキングに参加していま~す


お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!


  ↓  ↓  ↓ 

 
 にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2013-12-21 08:18 | 愛のある絵本