人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:ドイツ ( 3 ) タグの人気記事

「飛び込み台の女王」

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

半年前、上のクラスに上がれると思っていた水泳選手コースの新クラス編成で、まさかの残留となったsohta。

そこで落ち込んで、もうやる気を失うかと思っていたのだが、

この半年、練習への取り組み方も気持ちも変わり、頑張っている。

中学校は全員が何らかしらのクラブに入る事になっているが、クラブチームに所属している場合、免除される事もある。

町内の中学に水泳部は無く、所属するSCの選手は、学校に名前だけの水泳部を作ってもらい、関東中学大会や全国中学大会に出場する。

中学以降SCに残れるのは、小学生に比べたら僅かで、結構な人数がSCを去っていく。

sohtaはどうしても中学でも水泳を続けたい!

その一心で、この半年頑張ってきた。

一昨日の中学説明会でも、部活に興味は無いと、一切見学をしなかった。

そして迎えた昨日の大会。

あらかじめコーチから言われていた、上のクラスに上がるタイムの条件。

もうsohtaのタイムなら上のクラスに入れるはずなのだが、

そこがsohtaがsohtaたる所で、要領が悪いと言うか、ポイントを外しちゃうというか(^^;)

大会前の練習後、コーチから、

「もう十分出せるタイムなんだけど、まあそこでこけちゃうのがsohtaだからなぁ・・・・」と言われたのだとか。。。。。

あはは(^^;)

そして昨日は朝から機嫌が悪かった。

今日が最後になるかもしれない・・・・そんな緊張感とプレッシャーからだろう。

先月のかなり泳ぎにくいプールでもベストを出していたので、今回は出るはず!そう思うも、やってみなくちゃ分からない。

何しろ30秒にも満たない世界。

何が起こるか分からない。


さあ、本番!

かなり暑がりのsohtaはこの時期学校へ行くにも、Tシャツに裏地も無いパーカで出掛けてしまうことも多い。

今まで召集所で上着を着ているのを見た事がない。

が、昨日はスタート台に立つ直前まで着ていた。

そしてスタート台の羽を冷静に調整していた。

行けるかも!

行けるはず!!


sohtaクラスになると、皆お高い高速水着を着ている。

この地域はかなりレベルが高いので、この辺りになるとリレーであれ、皆JO経験者ばかりなのである。

が、sohtaにはそんな高い水着は買わない。

水を弾く水着は伸縮性が低いので、何度か着ると伸びてしまう。

そしてかなりでっかくもなったので、う~ん残れるかどうか微妙なのに、この時期に水着を新調するの?と疑問だったが、小さいと言われては、伸びちゃったと言われては、買ってやらざるを得ない。

コーチには、その速い子達が着ている高い方を買ってもらえよ、と言われたらしいが、

JO出なくちゃ買ってもらえない、と言ったらしい。

その通り!

一枚2万円近くもするんだから(^^;)


スタート台に上がる。

よし!スタート!

行け、行けーっ

学校の持久走大会とは違い、静かに(^^;)DVDで見る私。

あらっ、反応悪っ(><)

スタートが遅れた。。。。。

でも、すぐにトップに立ち、そのレースでは他の子達に体一つの差を付けてゴール。

本来、泳ぐ順としてはもっと後ろの組でもいいはずなんだけど・・・


そしてタイムは・・・・

おお、ヤッターっ!!!!!

大幅更新。

そしてコーチの条件を見事大幅にクリア(^^)

今回は周囲の予想を裏切り、踏ん張った。

もう文句は言わせまい。

これで4月からもSCで練習をさせてもらえるはず!

ただ12歳のJO突破タイムにはまだまだ届かない。

トップグループの4皇ならぬ5皇はめちゃ速い。

sohtaはその次の第二グループだもんね(^^;)

続けさせてもらえれば、そして上のクラスでの練習になれば、夏は狙えるんじゃないか!そんな期待が出来る、最近のsohtaである。

ああ、ホッとした(^^;)


一方のtaichiくん、sohtaがそうであったように、まあうちの子達は早い内にはどうにもならないので・・・あはは(^^;)

生活全般を見ると、まだまだこれから。

様々なところで自覚というものが芽生えてこないと、どうにもならないのである。

君はまだまだこれからだ。



飛び込み台の女王 (STAMP BOOKS)

マルティナ・ヴィルトナー/岩波書店

undefined


小学6年生位から



カルラはナージャの友達で、お隣さんで、そして同じ飛込みの選手。

でも大きな差があった。

カルラは誰から見ても飛び込み台の女王であり、ナージャの憧れの選手だった。

だった・・・と言うのは、カルラがある日を境に飛び込めなくなってしまったからだ。

そして、ナージャの目の前からいなくなってしまったからだ。

これはドイツ児童文学賞受賞作。

飛び込みという競技を巡る、思春期の少女達の友情や葛藤を描いている。


個人競技だから、周りはみなライバル。

敵わない相手・・・そう思っていた子がいつの間にか姿を消す。


何だかsohtaの環境に似てる。

そして人に負けるな!とけしかける親。

子どもが主役なんだけど、そこには親の葛藤もものすごーくある。

よく分かる~(><)


これは岩波のstamp bookという、海外のYA作品を紹介するシリーズの一冊で、このシリーズ中1,2を争う秀作らしい。

確かに読み応えがある。

YAって、思春期の子を持つ親も読むと良いんじゃないかな。

色々話さなくなるこの時期、彼ら彼女らの心の中では様々な事がぐるぐる渦巻いている。

かつて自分も経験した、この多感な時期。

それを少しでも思い起こす事が出来たら、子どもへの接し方の参考になるかもしれない。

ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2017-02-12 07:21 | YA
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村



読んであげるなら 7歳くらい~、自分で読むなら小学中学年~

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

わたしがミュンヒハウゼン男爵だが・・・・・


なに、話が聞きたい?このわたしのか?

そりゃあ、どうしてもというなら、話してやらないこともない。

だが、話を聞く前には、ふさわしい態度というものがある。

世の中には、わたしのことを、

<ほらふき男爵>

などとよぶ、ぶれいなやつがいて、

そいつらは、

わたしがいくらほんとうのことを話しても、

ぜんぜんしんじないのだ。

そういう態度はよくない!

まあ、しかし、それは、わたしのかずかずの冒険があまりにふしぎで、あまりにおもしろいから、なかなかしんじられないということなのだろう。

考えてみれば、しんじない者がいるのもむりはない。

それどころか、<ほらふき男爵>というのは、悪口ではなく、かえってほめことばなのではと思えたりする。

世の中には、神様のことだってしんじないやつもいるのだ。わたしをしんじない人間がいても、しかたがない。

そうそう、神様といえば、どうだね?

わたしが神様と会ったことがある、

といったら・・・・?

ほら、もう、うたがっている!

まあ、たしかにあれが神様だったかどうか、いまとなってはたしかめようもないし、出会ったとき、すぐに神様だとわかったわけではない。



まず最初に、ロシアへの旅のとちゅうで、神様と出会った話をするが、

ロシアついでに、その旅のできごとと、ロシアの都、ペテルブルグでのことなど、いくつかつづけて話してやろう。

それでは話をはじめよう。

だが、その前に、わたしの長い名まえをぜんぶおぼえてくれたまえよ。

わたしは、

ヒエロニュムス・カール・フリードリッヒ・フォン・ミュンヒハウゼン男爵だ!


*****

この物語の主人公ミュンヒハウゼン男爵は、18世紀にドイツに実在した人物だそうです。

おしゃべり好きで、話上手な方だったとか・・・

しかし物語のエピソードは、それ以前からドイツの民衆の間で伝えられていたほら話。


『 ほら 』 と 『 うそ 』は違う!

ほら吹きのほらとは、法螺貝の事。

山伏が吹いているやつです。

予想外に大きな音がする事から、ほら吹きとは、大げさな事を言う人を指しますが、悪意は無さそうですね。

周りにも居ますよね?(^^;)

面白いですが、大体やり過ぎで、段々相手にするの、面倒になってきますけど・・・・


で、うそつきは、人を欺こうとする向きがあって、こちらは悪意を感じなくもない。


が、子どもの『うそ』は、困ったゆえの逃げ口上とでも言いましょうか。

子どもの嘘には、悪意は無い事が多いと思いますが、嘘をつかなければならなくなった裏事情を察してやらなければなりませんね(^^;)




で、この物語に戻りますが、

ほらふき男爵は、兎に角ビッグマウスで、

話も150ページに渡り、7話入っているのですが、

話上手なので、普通のほら吹きには嫌気が差す私でも、途中でイヤにならない非常に面白い『ほら』なんです。

そうたもたいちもゲラゲラ笑っていて、寝る前の布団の中だってのに、目が冴えちゃう(><)

まったく読み語りの親泣かせの滅茶苦茶楽しい物語です。


ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2014-11-29 18:50 | 童話 中学年向け

赤ずきん

グリム,Bernadette Watts
岩波書店
発売日:1976-12-08



読んであげるなら 4、5歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


むかし、ちいさな女の子がおりました。

ひとめみただけで、みんなこの子がすきになりました。

なかでも、おばあさんのかわいがりようといったら たいへんなもので、

なにをこの子にやったらよいか、わからないほどでした。

あるとき、おばあさんは、この子に赤いビロードのちいさなずきんをあげました。




 * * * * *


(以下、あらすじです)


頭巾はとても良く似合い、それしか被りたがらないこの子は、いつしか赤ずきんと呼ばれるように。


ある日、お母さんにお使いを頼まれた赤ずきん。

病気のおばあさんの所へ、おかしとワインを持って行きます。


森の中にある、おばあさんの家。

途中、オオカミに会いました。

オオカミを、恐ろしい獣とは知らない赤ずきん。

おばあさんの所へ行く事や、おばあさんの家の場所をしゃべってしまったのです。

まあ、この後の展開は皆さん知っての通り!


* * * * *


美しい花畑で、おばあさんへのお土産に、花を摘む赤ずきん。

その花畑は、暗い森とは対照的で、色鮮やかで美しく夢のような景色。

私はこの場面が大好き。

表紙の絵がそれ・・・ねっ、素敵でしょ?


『有名なグリムの赤ずきんのお話を,昔話のこわさ,面白さを損なわないよう原作に忠実に訳した』

というこの絵本。

赤ずきんの絵本を選ぶなら、絶対にこの赤ずきんがオススメよ。


* * * * *


「花を摘む」・・・ではなく、またまた「イチゴを摘む」

昨日29日、そうたはまたまたイチゴ摘みに出掛けました。

幼稚園で27日に行った、青木農園さんです。

今度はパパとたいちも一緒です。


・・・で、一番楽しんで来たようなのは、パパなんですが・・・(^^)



こちらは、夢中で摘む、子供達
 ↓ ↓ ↓
赤ずきん_e0160269_16301727.jpg
赤ずきん_e0160269_16302593.jpg



家で待っていた私に、 「夢中で摘んでたら、5300円になったよ!」って、メールが。

え~っ!!

そんなに摘んでどうすんのよーっ!!!!



・・・で、お持ち帰りしたイチゴがこれ
 ↓ ↓ ↓
赤ずきん_e0160269_16252676.jpg


とっても大きくて真っ赤で、立派なものばかり。

宝石のルビーのような輝き。

赤ずきん_e0160269_16253398.jpg



そうたがイチゴ摘みの注意事項を教えてくれて、その通り摘んだのだとか・・・


やはり、そのまま食べるのが一番!

って事で、昨日はた~くさん頂きました。

残りは、イチゴジャム、イチゴソース、イチゴヨーグルトアイスに変身。

さらに残りは冷凍・・・スムージーが美味しい気候になってきましたよね♪


朝一番に行った方が、良いのが取れるんじゃない?

って早めに出たのに、先を越されたっ!!

その一番手は、なんと・・・ゆうこりん一家でした。


皆さんも是非、美味しいイチゴを摘みに、お出掛けしませんか?

確か昨年は、GWでおしまいだったはず。

入れ物は持参です。


食べ放題は30分で、3歳以下無料、小4以下500円、小5以上1000円

お持ち帰りは、1000円/キロで、1キロからです。


浅めのダンボール箱がオススメですよ。(トマトとかイチゴが入ってるやつね)

そして、大きくて真っ赤なのをゲットするには、朝早めに行くことよ~!


この青木農園さんは、エコファーマー認定

埼玉県栗橋町新井233-1 

TEL 0480-52-2077




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚はこちら
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2010-04-30 16:25 | 昔ばなし