人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:ケーキ ( 2 ) タグの人気記事

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

公爵夫人のふわふわケーキ

ヴァージニア カール/平凡社

undefined


読んであげるなら 5、6歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

むかし、ある国に、お堀を ぐるりと めぐらした お城が ありました。

ここに すんでいるのは、13人のおひめさまたちと、おとうさまと おかあさま。

おとうさまは、「公爵さま」、おかあさまは、「公爵夫人」とよばれていました。

13人の おひめさまの なまえを いいますよ。

いっぱい いるので、よーく きいてね。

マデリンと グエンドリン、ジェインと クロチルダ、

キャロラインと ジェネビエーブ、モードと マチルダ、

オルバルドと ギネビア、ジョーンと ブルンヒルダ、

それから いちばんのおチビさんが、ガンヒルダです。


 * * * * *

(以下、あらすじです)

ある日、お暇だった公爵夫人は、公爵さまと姫さまたちのためにケーキを焼く事を思い立ちました。

料理番たちを厨房から追い出し、ご機嫌で歌いながら作りはじめました。

「ふんふんふん、ふわふわケーキを つくりましょ。

いろんな ものを まぜなくちゃ。

おさとう、こむぎ粉、それから バター、アーモンドやら、ほしぶどう、ウシのあぶらに、スパイスに、お酢。

お酢は すっぱい、こりゃ しっぱい。

しっぱいなんか 気にせずに、いっぱい いれましょ、ふくらし粉。

1,2、3、4、5、6ぱい。ふわふわケーキになーれ!

それから たまごを 36こ、こつこつ わって、ふう たいへん。

さいごのたまごが、あらあら まいご、

いちごのかごで みーつけた!

ももに、すももに、こけももに、

のこったプリンも いれちゃいましょう。

シナモン、ペパーミント、アンゼリカ、

ナツメグ、ローレル、おっと こぼれーる。

さいごに またまた ふくらし粉、

もっと もっとと どっさりこ。

なんでもかんでも みんな まぜ、

こねて まるめて、はい、できあがり!」

火にかけるとケーキは膨らみだし・・・

押さえても、押しても、つねっても、掴んでも、止まりません。

やめなさい!と怒ったってだめ。

公爵夫人、ケーキの上に乗っかって、潰そうとしたのですが・・・・

ケーキはふんわりふわふわ膨らみ続け、公爵夫人はお城の塔より高く高く登っていってしまいました。

偶然会った王様の命令も聞かず、弓矢隊の放つ矢も利かず。

「高いところとにいるとは言え、遠いところでないのが何より。

必要があれば、上と下で話が出来る」と暢気な公爵さま。

一方の公爵夫人は、上から皆に、何をしたら良いか、言って聞かせます。

姫さまたちには勉強を、公爵さまには仕事を、庭師には植え込みの刈り込みを、

更に、土曜日のお茶会に行けそうに無いことを伯爵夫人に伝えてと、伝言も忘れない。

このとき、一番おチビさんのガンヒルダがお腹が空いたと泣きだして・・・


お腹が空いた・・・お腹が空いた・・・お腹が空いた!?

な~るほどね!

公爵夫人が高い高いケーキの上から下りれる方法は、これしかない(^^)

*****

作者のヴァージニア・カールは、アメリカ絵本黄金期の作家。

アメリカの公共図書館に勤務していたカールは、戦時中、軍の図書館員として、ドイツ・オーストリアなどに駐在し、特にオーストリアの美しい町並みを愛したそうです。

「はじめてオーストリアを見た時、人びとはその無数の城や、絵本のような村々や、緑やピンクや黄色に塗られた家々や、はるかに守るように浮かんでいるアルプスを眺めて、おとぎ話の国を思わないではいられないだろう」

と、どこよりも好きなこの国を回想して述べています。

公爵夫人の絵本も中世が舞台ですが、この国でもった古い時代への懐かしみから生まれたものでしょう。

このお話は、お友達が同じように膨らし粉を多く入れてしまったケーキが、ヒントになったそうです。

公爵夫人の歌は楽しく、公爵の言い草も可笑しく、降りれない高いところにいるにも関わらず、夫人が暢気なところが魅力的です。

きっとカールの人柄の表れでしょうね。

ケーキ作り、私は非常に苦手な分野なので手を出しません(^^;)

が、入れちゃってああ失敗って事はよくあります。

いつも食べるご飯は、5分米に炒り玄米を合わせたものなんですが、

まだ炒ってない玄米を、浸水していた釜に入れてしまうことが、最近よくあります(><)

炒ってない玄米を5分米と炊く事は出来ないので、半べそかきながら、30分くらいかかって玄米を取り出す。。。。実に悲しい作業です。



ところで、この本の訳者灰島かりさんは、先月14日お亡くなりになりました。

灰島さんの訳書で好きなのは、

びくびくビリー (児童図書館・絵本の部屋)

アンソニー ブラウン/評論社

undefined


こちらはまた別に機会に紹介しますね。

それから、

しゃっくり1かい1びょうかん―こどものためのじかんのほん (福音館の科学シリーズ)

ヘイゼル ハッチンス/福音館書店

undefined


「あたらしい1にちは、からっぽのリュック。

いろんなものを つめこめるんだ。」


って件、素敵です(^^)

1秒、1分、1時間で何が出来るか。

遊びや暮らしを通じて、時間が段々身近なものになります。

ひと月、そして1年間となると、親にとっては段々と感慨深いものに。。。
  

1年の成長を振り返る、年度末あたりに読んであげたい絵本です。

それから、

猫語の教科書 (ちくま文庫)

ポール ギャリコ/筑摩書房

undefined


最近、読みたい、読みたいと思っている本です。


ご冥福をお祈りいたします。

ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2016-07-01 11:05 | ほのぼの絵本

たんじょうび



読んであげるなら 5、6 歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

このいえには、リゼッテおばあちゃんと、ねこたちと、ちいさないぬが すんでいます。

いえは、もりの そばの、のはらに あります。

のはらには、おばあちゃんの かっている、ほかの どうぶつも たくさん います。

おんどりが 一わに、めんどりが六わ、あひるが七わに、うさぎが八ひき、それに やぎが一ぴき・・・。

やぎのしっぽは みえませんが、それは いえのかげに なっているせいです。 

おばあちゃんが かわいがってくれるので、どうぶつたちは、しあわせに くらしています。

でも、いちばん うまくやっているのは、二ひきのねこの マウリと ルリと、いぬの ベロです。

この三びきは、いえのなかで、ねてもいいのです。




 * * * * *


(以下、あらすじです)


今日は、おばあちゃんの76歳の誕生日。

おばあちゃんは村へ買い物に出掛けます。

留守番を頼まれた、マウリとルリとベロ。


ベロは動物たちを集め、声を張り上げました。

「きょうはね、ぼくたちのだいすきな、リゼッテおばあちゃんの おたんじょうびなんだ。

おばあちゃんは、いま、むらに いっていて、ばんまで かえってこない。

だから、ぼくたちは、ばんまでに おたんじょうびのしたくを しておけば、

おばあちゃんを、びっくりさせてあげられるよ。」


76本のロウソクを買いに走ったウサギたち。

36個の玉子を産んだめんどりたち。

ヤギはテーブルを飾る花を摘みます。

ぼんやりしていると、食べてしまうので随分気をつけながら(^^)



すると・・・

「こげくさい!」

家から煙が出ています。

ねこたちがすっかり忘れていた、竈のケーキ。

まっ黒こげです。


さて、おばあちゃんが戻って来るまでに、うまく用意が出来るでしょうか?


* * * * *


あったかくて楽しい誕生日のお話。

タイトルはずばり! 「たんじょうび」

幾つになっても誕生日って嬉しいもの♪

こんな風に、みんなに心を込めて祝ってもらえたら、ほんと涙ものです。
たんじょうび_e0160269_634669.jpg


躍動感あるペン画が、動物たちの弾むように動く様子をよく表現しています。

色合いも素敵♪


* * * * *


さて、昨日はたいちの3歳の誕生日。

金曜日の夕方から主人の実家に行っていたので、昨日はそちらでお祝いしました。


久しぶりに好天に恵まれた昨日。

息子達が生まれた病院の隣の砧公園で、フリスビーやキャッチボールをして体を動かし、

きらきら光るシャボン玉を追いかけ喜ぶ子供達。


お腹がすいた所で、実家の近くのマダムチャン・ホームキッチンでランチです。

もう直、長い店の歴史に幕を閉じてしまう予定の、このお店。

思えば、主人の実家に初めて遊びに行った時、ここのケータリングがテーブルを飾っていました。

閉店とは、残念です(泣)



そして、あれも!これも!と頼み過ぎて、破裂しそうなお腹で向かった先は、

ケーキの名店、マルメゾン。

たんじょうび_e0160269_6124868.jpg


甘過ぎない、美しいケーキが並ぶショーケース。

中には、素敵なお庭を眺めながらケーキとお茶を頂ける席があります。


・・・ですが、今日はお腹いっぱい。

ふーっ!とロウソクの火を消したいたいちが選んだホールケーキは、

フルーツがいっぱい乗った、こちらのケーキ。

(大分時間が経ってしまい、プレートが熔けてしまいました)

たんじょうび_e0160269_6235258.jpg



夕方家に帰って来てから、家族でお祝いしました。


真ん中の子は、親も子も何でも始めて経験する長男と、可愛い盛りのベビーちゃんに挟まれ、

なかなか主役になれない毎日。

気を引くために、わざと怒られるような事ばかりします。

きっと心にたくさんのストレスを抱えている事でしょう(^^;)

それは、夜中、大声で叫ぶ寝言に現れています。


でも昨日は一日主役だったので、上機嫌♪

公園でも走り回り(これは、いつもか・・・)、ローソクの火をふーっと消して、

満足でご就寝のたいちでした。

昨夜は、叫ぶ事無く熟睡です。



3歳にしては、かなり丈夫で運動神経抜群のたいち。

あと半年で入園ですが、どんな園生活を送るのかしら?

それまでは、毎日公園でいっぱい遊ぼうね!



 たんじょうび、おめでとう

生まれて来てくれて、ありがとう 




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2010-10-24 06:34 | 愛のある絵本