人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:いたずら ( 3 ) タグの人気記事

あくたれラルフ

ジャック ガントス
童話館出版
発売日:1995-01


読んであげるなら  3、4 歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

あくたれねこの ラルフは、セイラの ねこでした。

あくたれでも、セイラは、ラルフが すきでした。




 * * * * *


(以下、あらすじです)


セイラのバレエのお稽古をからかうし、

セイラが乗っている、ブランコが下がっている枝を切っちゃうし、

お父さんが大事のしているパイプで、シャボン玉をふくし、

まだお腹が空いていたとはいえ、お母さんが可愛がっている鳥を追い回したり・・・


でも、セイラはラルフが好き☆

だって、セイラの猫ですからね!


ある晩、家中でサーカスを観に行った時、

隣の席で吠え立てた犬に腹を立てたラルフは、

ゴム風船を犬の首輪に縛りつけました。

犬は、ライオンの檻の上へ飛んで行ってしまいました。


その後も、調子に乗ったラルフは、次々にいたずらをしたので、

お父さんは、チョー激怒!!!!

「きょうの ラルフのいたずらは、ひどすぎる!

あいつを ここへ おいていこう。

サーカスにすむのが、やつには ちょうど おにあいなんだ」




というわけで、この日から、ラルフの辛いサーカス暮らしが始まったのです。


* * * * *


「このラルフ、誰かに似てるね~」って、読み始めてすぐ、家族揃ってたいちをジロリ!

さすがにラルフまではいきませんが、たいちもかなりのあくたれです。

そのたいちが、セイラの乗るブランコの枝を切り落とすシーンでは、

「ほんとに わるいねこだね~!」って言います(^^)


最近「あくたれ」って言葉を聞かないので、何だか新鮮。

サーカスにいる うでっぷしの つよい あんちゃんが 放つ、

「おい わけぇの、ここじゃ、だれでもみんな はたらくんだ」

って言葉も新鮮(^^)


サーカスで辛い思いをたくさんして、逃げ出した後も待ち受けていた苦難の日々。

セイラに見つけられて家に戻れたラルフは、さすがに改心したのですが・・・

怒られた後、すぐまたいたずらを始めるたいちと一緒で(^^;)

ほんと、懲りない奴!


この絵本は、いたずら盛りの息子を持つ親なら、きっとラルフが息子に見えるでしょう(^^)


子どもにとってはこの悪戯の数々、相当笑えるようで、そうたもたいちも大のお気に入り☆


先日、年長さんへの読み語りでも読んだ一冊。

皆、悪たれぶりに聞き惚れて(?)・・・ふふふっ、いましたよ~(^^)


 * * * * *


夜中の寝言でも、

「ダメーっ!たいちがっ、たいちがっ・・・

ちがうーっ、たいちのっ、たいちのっ・・・」


等々、毎晩叫んでいたたいち。


それが一昨日の夜から、

「ケラケラケラ・・・・むにむにゃ」

と笑いに変わりました。


一昨日の晩は時間があったので、たいちにたくさんの絵本を読んであげました。

そのせいか?と思って、時間のあった昨日は読み語り尽し!

すると昨夜も、

「ケラケラケラ・・・・むにむにゃ」

たいちにだけ向き合った時間が持てたのが、良かったみたいです。





最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2010-11-26 07:25 | 愛のある絵本

ゆうたはともだち



読んであげるなら 2 歳~


(本文、こんな感じ・・・)


おれ いぬ。

おまえ にんげん。


おまえ わらう。

おれ しっぽ ふる。


おまえ てで かく。

おれ あしで かく。


(途中省略)


おれと おまえ

ぜんぜん ちがう。

だけど すき。

だから ともだち。


ゆうたはともだち_e0160269_1610345.jpg



* * * * *


「ゆうたくんちのいばりいぬシリーズ」は、たいちの、最近のお気に入り♪

主人公である「威張り犬のじんぺい」を自分に重ねているのでしょうか(^^)

じんぺい同様、かなりたいちも威張っています。

じんぺいは威張っていると言うより、親分肌なんですが・・・




たいちは図書館で、目に付いたシリーズ本、全てを借りて来るくらい嵌っています。

今返したのに、また?みたいな感じです。


そして、そうたもパパも面白い!面白い!と、気に入ってます。

勿論、私も!

大人は読みながら、思わず吹き出してしまう場面も多くて、

親子での読み語りの一時を、かなり楽しいものにしてくれますよ。


それにしても、ゆうたのお母さんは可愛い、可愛すぎますっ


* * * * *


おれが!おれが! (「お」を強調して読んでね)の、3歳児。

今日も、またまたやらかしてくれました。



月に一度のクラス会の今日。

 (園のクラス毎にお母さんたちが集まって、色々な話し合いや申し送りがあります。) 

車の鍵も、家の鍵も開けたい!閉めたい盛り。

「おれが!おれが!」と車の鍵を開けようと、私が差し込んだ鍵を奪い、

ドアを開けたまでは良かったのですが、

その鍵を持ったまま車に乗り込み、隠したたいち。

窓越しに、隠し場所を確認したのですが、私がランチの話をしてる隙に、

また何処かへやってしまったようで・・・



あったはずの場所に・・・

んっ、無い!鍵が無い!

そして・・・

たいちも居ない!

「たいちーっ」

と呼んで、辺りを見回すと、

公民館併設の公園の、滑り台の上に居るではありませんか!?

「鍵はどこ?」

問い詰めると、

「2かいから、エイッてしたの」

(たいちは、上の事を全て2階と言います)

2階?

滑り台の上?

「滑り台から投げたの?」

「うん!」

「えーっ!!」

周りは10cm程の草っぱら

おい、おい!!! 頼むよ~



まだ残っていたママたちが、一緒に探してくれました。

あちこち探せど、見つからず。

たいちに聞くと、また違う事言うし・・・

何も手に持って無かった気がする・・・というママ友の声に、

車の中を探して、探して、探して、探して・・・

あちこち開けて、バッグも逆さにして・・・

あっ、あったー!!!!

後部座席の後ろの、棚の上(頭の後ろの棚)に有りました。

言葉は大分しっかりしてる気がしてましたが、

そこはまだ3歳児(一昨日なったばかりの初心者マーク)

どこに置いたか、いろいろ言われている内に分からなくなっちゃった?


ああ、皆さん、本当にお騒がせいたしました。

かな~り焦った一時でした。



「じんぺい」だったら・・・ここ掘れわんわん!みたいに、すぐ教えてくれるんだろうけど、

たいちは、まだ「ゆうた」の方だね(^^;)




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2010-10-25 16:20 | おもしろ絵本


読んであげるなら 4 歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


これは、さるの じょーじです。

なかよしの きいろいぼうしの おじさんと いっしょに

くらしています。

じょーじは かわいい こざるでしたが、とても

しりたがりやでした。




 * * * * *


(以下、あらすじです)


今日は、ジョージがアフリカから連れて来られてから、丁度三年目という「特別の日」。

おじさんからジョージへ、自転車のプレゼントがありました。

そして、夜は一緒にサーカスへ行く事になっています。

でも、その前におじさんはお出掛けです。

ジョージに、自転車を壊さないように!遠くへ行かないように!と念を押して出掛けました。


でも、知りたがり屋のジョージがそんな言いつけを守る事なんて・・・・ある?

勿論、ありませんよね!



自転車に乗って外へ出て行き、

新聞配達を引き受けたまま、途中で忘れてしまったり、

その上、新聞紙でたくさんの船を作って川に流して遊んだり、等々・・・


またまた、色々やらかしてくれましたよ~(^^)




 * * * * *


この本の付録冊子のテーマは、「子どもといたずら」でした。


『子ども達は、いたずらを通して、自分を育て、新しいことに挑戦し、

人類の福祉に貢献するような積極的な性格を育てる。


ひとまねこざるのじょーじは、

どんな子どもの心にも潜んでいる、新しい時代を作り上げる生命力の芽』



By 秋山さと子(ユング派心理学者)



「おさるのじょーじ」シリーズを読むたびに、たいちがジョージに見えてきて・・・

まだやるの?

えっ、またそんな事!?

って、いたずらや危ない事を繰り返すたいちは、本当にジョージそのまんまです。


そして、共感持てるのか?

このシリーズが大好きなたいち。


秋山さんの言う通り、

『人類の福祉に貢献するような積極的な性格』が育っていれば良いのですが・・・


 * * * * *


さて、もう2週間も前になってしまったのですが、

東京体育館で、ボリショイサーカスを観て来ました。


サーカスを観るのは初めて!と言う主人。

私は子供の頃、何度も観に連れて行ってもらいました。

そうたは二度目。

たいちは赤ちゃんだったので、二度目とはいえ、初めてのようなものです。


サーカスを観るなら、正面席がオススメです。

一番前とはいえ、横の席だったので、空中ブランコを観るのは、防護ネット越しなんです。

それは残念だったのですが、

空中ブランコやクマの綱渡りなど、さすが体操大国!見事です。

そして、演目の合間に行われる美女軍団の踊りは艶かしく、パパは大喜び。

大きな音が嫌いなそうたは、生バンドの大音量に、最初はビクビク、パパにピタッ。

しかし演目が進むにつれ、見事なアクロバットに、口をあんぐり開けて釘付けでした。

たいちは最初からそんな感じで、ベビーちゃんもキョロキョロ、キョロキョロ。


 * * * * *


先日行った桜鍋の「みのや」。

食事の後、いつものように自宅に招かれ、時の経つのも忘れ、ぺちゃくちゃおしゃべり。


その話の中にも出てきた「ボリショイサーカス」

「みのや」の家族も観に行ったそうなんですが・・・


空中ブランコは失敗の連続、今日は乗らないっ!とすっぽかした女性団員・・・等々

朝一の回は、最悪だったとか。

前の晩、飲みすぎだった?

金かえせーっ!!!って事にならないのかしら?


私達が見たのは、日に3度ある公演の2回目、2時からの回です。

ラッキーだったのか?

友達がアンラッキーだったのか?

「ボリショイ」の標準は何処に?



そうたの心に一番残っているのは、ピエロのようです。

ピエロの真似ばかりしています。

まあ、他の演目の真似なんて、出来るわけないか!?





最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2010-08-03 23:44 | おもしろ絵本