人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

「鬼のうで」

押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


にほんブログ村

Drヘリで救急搬送されたという事から、

首の骨を折ったらしい、意識が無いらしい、瀕死の重傷らしい・・・等々、色んな噂が飛び交っているようで、

又聞きの又聞きとなると、人の話には尾びれ背びれと元の形をとどめない、この世に存在しない形の魚に変形してしまうものらしい。

最近偶然あったり、また訪ねて行ったり、来てくれたりしたお友達は皆、

私が立っていること、歩いていることが信じられないようで、一様に涙を流して喜んでくれる。

そんなに皆に心配を掛けたのかと思うと心苦しく、そして皆が心に掛けてくれていたことをとても嬉しく感じる。

前回は、今回の怪我について泣いたことを書き、気持ちはあがったり下がったり不安定ではあるが、元の姿に戻れるよう一歩ずつ頑張っていきたいと思う。

*****

さて、長男は今朝早く、関西地方へ修学旅行に出掛けた。

つい先日小学校の修学旅行行ったばかりと思うが、3年間は早いものである。

私の中学の時の修学旅行・・・京都・奈良だったとは思うが、露も思い出せないが、

観光バスにて一斉観光だったはず。

それが、画期的というか贅沢というか、息子達の修学旅行一日目は、観光タクシーにてグループ行動である。

修学旅行の話が出た当初、オススメスポットはどこかと問う息子に、

若かりし頃、年に2回京都・奈良一人旅をしていた私は、

記憶を辿り、今の時期に行くべき場所をアドバイス。

しかしながら、その後どうなったか、入院してしまったので分からない(^^;)

昨日、「明日のグループ行動はどこに行くの?」と聞くと、

「伏見稲荷」という息子。

「他は?」

「う~ん、覚えてない」

えっ(^^;)

「どこへ行くかより、昼飯をどこで食うかが問題だ」と言う。

「観光地ってどこ行っても高いじゃん。京都は特に高いじゃん」

「京都だって地元の人が居るわけだから、地元の人が行くような所をタクシーの運転手さんに聞けば良いんじゃない?」

「マック行けば~」と次男。

京都行って、マックねえ(^^;)

確かに地元の人が行くところかもしれないけれど。


20代後半に、友達5人で廻った京都旅も楽しかったし、美味しかったなあ。

お金もあったから、昼も夜もここ行こう!あそこ行こう!って高いお店ばかり廻っちゃったし。

良いなあ、京都!

今の時期は暑いけど、緑にむせる京の町並みを、南禅寺の山門から「絶景かな、絶景かな」と眺めてみたい。

でも、あの一段一段がやたらと高い階段を上るのは、今の私の身体では難しい。

そうだ!治ったらしたいこと、行きたいところのリストアップしておこう!

*****

鬼のうで (赤羽末吉の絵本)

赤羽 末吉/偕成社

undefined


今昔物語の中の一編、斬られた腕を取り返しに来る鬼の話である。

丹波半島の付け根に位置する大江山には、酒呑童子の伝説が残る。

これは、源頼光とその家来が、大江山の酒呑童子を退治する話に始まる。

その鬼の中に、隙を見て逃げだした一匹がいた。

その三ヶ月後、都の外れの羅生門に、女をさらう鬼がいるという噂が広まった。

そこで頼光の家来の渡辺綱が鬼退治に出掛けた。

羅生門についた渡辺綱は何も出ないので気を許し、

自分が怖いのかと、腹を揺すって笑った途端、

鬼が出てきて、綱はぐしゃりと潰されてしまう。

・・・痛そう(><)

しかし綱は力の限り刀を振り、鬼の腕を切り取った。

その腕を担いで都へ帰ったのだが、三ヶ月後訳の分からぬ病に取り憑かれてしまった綱。

占い師は、鬼のたたりだと言う。

そしてまた、都の外れのただすの森で鬼が悪さをしているという噂が流れる。

綱は今度は逃すものかと出掛けて行ったのだが、素直に鬼は現れない。

鬼の方も必死なのだ。

さて、どうやって腕を取り返してやろうかと。

*****

大江山、羅生門、糺の森と、京の地名・名所が登場する。

大江山と言えば、小倉百人一首の一つ

「大江山 いくのの道の遠ければ まだ踏みもみず 天橋立」by小式部内侍

しかし、この大江山は、どうやら丹波の大江山ではなく、京都西京区の大枝山のことらしく、酒呑童子の伝説も丹波の大江山に伝わるとされるが、どちらの「おおえ山」のことか定かではないもよう。

そして羅生門・・・怖い場所である。

しかし、これも今や「羅生門跡」という石碑が、住宅地の中に立つのみ。

糺の森と言えば、下鴨神社の境内にある原生林。

「風そよぐ 楢の小川の夕暮れは 御祓ぞ夏のしるしなりける」by藤原家隆 こちらも小倉百人一首から

夏越の祓えを詠んだ句なんて、今の時期にぴったり!

京はかなり高温らしいが、糺すの森には凜とした涼しさがあるだろう。

若かりし頃は、こんな歌なんて考えもせず訪れていたけれど、今度行くなら、色々文芸的なものも身に付けて訪れてみたい。


話の内容を大分明かしてしまったが、声に出して読まないと、面白さは分からない。

「そうれ それそれ そのむかし。」と始まるこのお話は、

その日本が的絵からも語り口調からも、動画のように迫ってくる迫力があるのだ。

6年生あたりに読み聞かせたいのだが、う~んいつになったら読み聞かせに復帰出来るやら(^^;)

それまでに、たくさんの本に触れて、センスを磨いておきたい。


ブックオフオンライン
楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

# by yomuyomuehon | 2019-06-18 13:01 | 昔ばなし | Comments(0)

「三千円の使いかた」

押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


にほんブログ村

入院して、初めて泣いたのは、

眼鏡をせず、人の顔もぼや~と見える位で、色んな看護師さんの声が知りあいの誰かの声に似ていて、

ああ、○○と○○がしゃべってる。。。なんでここに居るの?

そんなぼお~とした、夢か現実化分からない状態が続いた状態から、

ようやく、そうだ木から落ちて・・・ヘリで運ばれたんだっけ・・・手術して・・・あっ痛っ(><)

これが現実だと分かって、トイレまでは歩いて行けるようになってからだった。

家に残してきた子ども達を思って、申し訳なくて申し訳なくて、泣いたのだった。


そして、昨夜。

こんな身体になっちゃった。。。。

何にも出来ない。。。。

本当に元に戻るかなぁ。。。。

なんで、こんな事になっちゃったかぁ。。。。

痛みは大分治まって、

昼寝もしなかった昨日なのに、

何だかとっても情けなくなってきて、涙が止まらなくなった。


声を殺して泣いていたものの、やっぱり主人には気付かれて、

起きてしまったことは仕方ない。

少しずつでも佳くなっているんだから、焦らずゆっくり直せばいいんだよ。

と、慰められたのだ。


昼間、明後日から修学旅行に行く長男の買い物がてら食事に行き、

家族が歩くスピードについて行けず、徐々に間が開き、

お店の椅子に座れば痛くて・・・

家では色んな事が出来ずに、主人の手を煩わすばかりで・・・


事故の前に戻って、登ろうとする自分に「止めておきなさい!」って言えたらどんなに良いか。

でも、考えると、あの痛みと苦しみを思い出しちゃって、呼吸が苦しくなる気がする。

忘れよう、とりあえずは忘れよう。

自分に考えるな!と言い聞かすのだけれども・・・


まだまだ、事故したばかりなのだ。。。。


*****


先日、二キロ弱離れている図書館まで行ってみるから、帰りは迎えに来てくれる?と、主人に頼んだ時、

途中、信号のない、割と交通量が多い県道を渡れないからやめた方がいい。

と止められ、連れて行ってもらった時に借りてきた本。


そうなのだ。

信号のある歩道でさえ、変わる前に渡り切るか不安なのに、信号機のない道を渡るのは、車が左右に全く見えなくても難しい位にダッシュできない。

病院ではバイクをこいで、自転車に乗れる!と思っていたものの、実際の自転車は、こぐだけじゃない。

リハビリ室で乗るのと、実際の道路を走るのでは、条件が違いすぎるのだ。

よって、図書館にも一人で行けないなあ。。。


と、それはさておき

今回、他の大学病院では働く妹と、救命医の義妹から、200万位掛るんじゃないかと聞いたので、

退院の日が近付くにつれ、喜びと共に不安な気持ちもあった。

入っている保険はがん保険。

流産したときにも下りたのだから、他の病気や怪我にも多少おりるはずよねぇ。。。。

普段気休め程度にしか考えていなかった保険だけれど、

大丈夫かなぁと不安になる。

何しろ、勉強しない受験生もいて、子ども三人水泳もやっていて、毎月の出費は相当なものだ。

それが、請求は9万円。更に前に払っていたコルセット代5万円(数ヶ月後7割が戻ってくるらしい)

えっ?これだけですか?

と看護師さんに聞いてしまった。

しかしながら、

布団では起き上がれないため、ベッドを購入、トイレも直してもらって、と他にも万札が飛んでいったのは事実。

植木屋さんに頼んでいたほうが割安だったに違いない。


この本は、「人は三千円の使い方で人生が決まるのよ」と言ったおばあちゃんとその息子の奥さんと孫娘達、さらには恋人や友人を巡る、

老後・定年・離婚・結婚・出産と女のお金の使い方、価値観について書かれた物語である。

短編集のような作りではあるが、それぞれが絡み合って、お金とつきあい方、人生観について考えさせられる内容。

息子の奥さん、智子さんは20代前半、バブル時代を謳歌した女性なので、私より少し上だが、

子宮がんを患い、入院し、退院したところでご主人との関係に疑問を持つのである。

このご主人は、勉強さえしていれば家のことはしなくて良いのよ、的に育てられた世代らしく、一切の家事をやらないのだ。

仕事で帰りも遅かったりするのだが、退院してきた日に冷蔵庫にあるもので夕食を作って待っていた奥さんに、ねぎらいの言葉もない。

テーブルに着くなり、いきなりTVを着けちゃって、会話もしないタイプである。

下の娘の結婚相手に対してもこんな具合で、

それをお母さん(物語の中のおばあちゃん)からたしなめられ、最後にはお父さんならこうあって欲しいってところを見せてくれるのではあるが。


うちの主人がこんなだったら、今回大変だっただろうな。

頑固過ぎるきらいはあるけれど、まめな主人で良かったと思えたのであった。




ブックオフオンライン
楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

# by yomuyomuehon | 2019-06-16 17:06 | 大人向け | Comments(0)

感謝してもしきれない

押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


にほんブログ村

日曜日に退院して、間もなく一週間。

食事を作る以外は、「動くな!動くな!」と言うパパに甘え、一切の家事をお任せ状態である。

リハビリがてらの朝の散歩は、火曜日には、たった1.5キロに一時間も掛った。

少しずつ速く歩けるようにはなったが、信号が変わりそうな時、ダッシュ出来るわけもなく・・・

コルセットをして歩く姿は、すれ違う人から注目の的(><)

食事を作って、歩くだけの日々なのに、非常に疲れる。

夜は、事故の後から毎晩見る変なイヤな夢と、腰の痛みのせいで熟睡出来ないことも、その一因かもしれぬ。

思うように行かぬ体に、泣きたくなることもあるのだが、

それよりも、こういう事になって、周囲のお友達の有り難さ、人間関係の大切さをひしと感じることの方が多い。


入院中に目にしたのは、世間との関わりの少ない人びとの悲惨なニュースばかりだった。

個人主義、世間と関わることを避ける時代だからこそ起きてしまった事件も少なくないのではないか。


入院をして、たくさんの方に心配をしていただき、また家族に手を貸してくれた友人には、感謝してもしきれない。


昨日もまた、近所のママ友が、絶品のパンを買ってきたから!とわざわざ届けてくれた。

私が玄関に出てくるとは思わなかったという彼女は、涙目になって、麻痺もなく目の前に私が立っていることを喜んでくれた。


普段はそれほど気にしてもいなかった人間関係が、こうして温かい輪になっていた事を考えると、人は絶対に一人では生きていくことは出来ないと考える。

世間との関わりを絶つことにより、虐待・自殺や他殺など悲惨な事件に繋がってしまうことも少なくないのではないか。


皆に助けてもらう、無理して大丈夫と言わず、

「ごめん、お願い」

そう頼める人間関係を構築することは、生きていく上でとても大事な事だと実感した私は、怪我した事は本当に不幸だったけれど、幸運にも気付かされた事は多く、大きい。

そして学生時代からの友人と、学生の頃のように長電話出来たことも嬉しかった。


最近、今まで我慢してきたのが一気に噴き出したかのように、とことんわがままな末娘である(^^;)

*****

さて、昨日訪ねてきてくれたママ友が、

「その位で済んで、こんなに早く退院出来たのは、日頃徳を積んでいるからだよ」

なんて、ほんとに~?と恥ずかしくなるような事を言ってくれた。

徳か~(^^;)

そんな良い行いしてるかなぁ。。。。

そんな風に言われちゃうと、これからはちゃんと生きていかなくちゃ!と身が引きしまる思い。

まさに入院中に紹介した↓のおばあちゃん、それこそが徳のある人物である。


ああ早く、イヤな夢にうなされず、痛みのない熟睡出来る夜よ、来い。


ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

# by yomuyomuehon | 2019-06-14 13:56 | 大人向け | Comments(0)
退院を明日に控え、今日はな~んにもすることがなくて、ひたすらリハビリと読書に励む1日。

普段、血圧を測ることなんてないので、今回毎日測る血圧に、今更ながらすご~く低いんだなぁ、低すぎて心配なほど😰

下は40~45、上は85~90が普通で、30分運動した後で、やっと50~100になるという具合。

前からなので、今回の事故とは関係はない。

その上痛みにかなり弱いこともあり、一般病棟に移ってから処方された下剤で、大変な一夜を過ごした。

背骨と腰骨を折ったので、医療用麻薬による痛み止を5日も投与されていたので、入院してからずっと便秘だった。

食欲もなく、多分1日800カロリーも接種していなかったので、お腹に溜まる感覚もなかったのだが、さすがに10日も便秘はまずいと処方されたのが、私にとっては劇薬で、

夜中に行ったトイレで、冷や汗ダラダラ、血圧低下、ふらふらになって、ボタンをやっと押し、看護師さん二人に担ぎ出されるということが二回。

いくらなんでも効きすぎじゃないでしょうか?

下剤の痛さには耐えられん💦

背中を30センチも切っているので、気張ると痛い‼️そして、筋肉を切っているから力も入りにくい。

暫くはソフトな下剤にお世話にならなくてはならない。

が、この三日は1日4キロを歩き、筋トレにも精を出しているので、シャワー室の鏡に映るお腹には筋肉が付き、くびれも出来た感じだ。

廊下をひたすら歩く私に、おじいちゃんたちは「頑張るねぇ」と声を掛けてくる。

ほとんどが寝ているような一般病棟の廊下で、リハビリを通り越し、トレーニングしているのは私と、あと一人だけである。

動けない体格のおばちゃんや、魂が抜けてしまった感じのお年寄りを見て、そんな老後を過ごしたくない‼️今後は病院に世話になりたくない‼️と心から思うのである。

妹が差し入れてくれた本の中に、またまた面白いものを見つけた。

病室から★「ひかりの魔女」_e0160269_14421872.jpg


こんなばあちゃんになりたい‼️

そう思える素敵なおばあちゃん。

見たからにパワフルって感じじゃないのに、生き方、影響力全てが周りをファンにしてしまう、スーパーおばあちゃん。

帰ったら、生活の全てを大事にしていこう🎵

そう思える素敵なお話。



# by yomuyomuehon | 2019-06-08 14:11 | Comments(0)
事故が起きたのは、丁度二週間前。

もう、そんなに家を開けているのか…

どうなっているのかな?心配で仕方ない。

しかし、仕事に加えて子ども達の事も、主人が良くやってくれているようで、夕べはコロッケを作ってくれたらしい。

コロッケなんて、私だって最近作ってないのに…というと、

だから、作ってんの❗だそうで。

写メも送られてきた。

だし巻き玉子ってさ、出汁以外に何か入ってんの?子ども達が味が無いっていうんだけど。

塩も醤油も入れなかったらしく😅純粋なだし巻き玉子をを作ってしまったらしい。

それにしても、卵焼きなんて、やったことも無いのに、かなり頑張ってくれている。

申し訳ない気持ちでいっぱい😫

今朝は昨日頑張り過ぎたようで、腰が痛くて寝付けなかったせいか、二度寝してしまい、いつも4:30に目覚めるのが、気づけば6:30。

起きると身体が強張っていて、何となく重いのである。

妹が差し入れてくれた本の中に、ようやく面白いものを見つけた。
病室から★「なんとか生きてますッ」_e0160269_11193625.jpg

タイトルはさておき😅

第一章は「記憶がない」。第二章も「記憶がない 第二段」で、酒によって記憶を無くした大宮エリーの、反省録である。

さて、今回の事故のこと、頭を打たなかったお陰で、とても良く覚えている。

脚立で届かないなぁと、いつものように木に登り、片足で何度か踏んで確かめたつもりだったけど、バキッ❗

やばっ、頭を打ったらまずいと思って、首を丸めたのである。

腰から落ちたあと、左の頭を地面に打ち付けた。

その地面と言うのが、道路でアスファルト。

ちょうど敷地との境界で、運悪く固い地面に叩きつけられてしまったわけである。

私の悲鳴を聞いて、近くにいた母が近寄り頭を起こそうとするから、「ダメっ、救急車‼️」と叫んだ私。

母は救急車を呼びに自宅へ走った。

パニックになっている高齢の母が果たして救急車を呼べるだろうか?

私は力を振り絞って、誰か気づいて❗と叫び続けた。

こういう時、人間は冷静に判断できるものなんだなぁとつくづく思う。

ここは道路、そして田舎道。

注意しないお年寄りに車で引かれたらどうしよう?

そんな不安を抱えながら、痛みにもがき叫んでいるところへ、車の音が‼️

まずい、まずいよ~と、必死に右手を降る。

そうしたら、気づいてくれて、そこに母も戻ってきて…

間もなく救急車の音が聞こえて…

少し安堵の私。

救急車に乗るため動かされるのだが、何しろ背骨の破壊骨折に、腰骨骨折。

痛いなんてもんじゃない。

消防署からドクターヘリで、大学病院に運ばれた。

痛み止を打たれて、CT取って、とりあえず1日様子を見て、痛みが引かなければ、翌日手術ということになった。

パニックになっている母からの電話に加えて、ICUから「今後のことについて、主治医からお話があるので、すぐに来て下さい」と言われたという主人は、目の前真っ暗になったらしく。

残りの人生、一生ベッドだと思ったらしい。

本当に1つ間違っていれば、そうなっていたわけで、こうやって動けるようになったことは、信じられないくらいに嬉しいこと。

翌日、小学校のPTA総会を迎えることになっていた、副会長の私。

とりあえず、連絡しなくちゃ‼️と、持ってきてもらった携帯から、必要最小限の連絡をした。

本当にたくさんの方にご心配、ご迷惑をおかけしてしまい、自分の行動の軽さに反省しきり。

そこからまた一週間近くは地獄だった。

健康でいられることは何よりだ。

身体が動かなくてはどうにもならね。

一般病棟にはお年寄りばかりなのだが、HCUには事故をした若い人が多かった。

私がこうして入院している間、高齢者による事故がまた起きた。

病気と違って、昨日までは元気だった人が片足なくしたりしているのだ。

HCUに居たときには、被害者だった若い女性は、夜中にずっと加害者への恨みを叫び続けていた。

そういう次々運ばれて来る人達に比べ、私なんて軽い方らしい。

授乳中の赤ちゃんを抱えた、事故にあった若いお母さんもいて、痛みに堪えながら搾乳していたのには、涙が出た。

皆さん、交通事故にはくれぐれもご注意を。


# by yomuyomuehon | 2019-06-07 11:06 | Comments(0)