絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

歩くことの大切さ

押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


小学校と幼稚園の一番の違いは何か?

それは、自分の足で、通学班の子達と登校することではないだろうか。

自分の足で歩くこと。

これは自立のための第一歩である。



小学校に入る前、さらには幼稚園に入る前、あなたは子どもとどのくらい歩いただろうか?


息子達の通学班が出発した後、通学班で行かなかった近所の子が親に怒られ、玄関先に追い出され泣いていた。

入学当初から通学班で行く事が少なかった彼。


その親には、二年前、腸が煮えくり返るほどの怒りを覚えることがあったのだが、

まあ子どもは仕方ないかと、その子に声を掛けた。


「どうした?また今朝もみんなと行けなかったね。おばちゃんが一緒に行ってあげるから、学校に行こう!」

「ランドセルに何も入ってないもん」

「学校に行けば隣の子が見せてくれるし、給食セットもあるよ。とりあえず行こう。はい、靴履いて。まだ間に合うよ。一緒に行く?」

「・・・うん」

意外とあっさり一緒に行くと言う。

子ども達を見送り、前日の子供会集まりで食べた袋菓子のゴミを公園で拾い集めていた私は、この時まだすっぴんで、エプロン姿(^^;)

でも、行こう!って言っちゃったものだから、このままの姿で駅前通りを歩いて学校へ向かったのである。

途中でさすがにエプロンは外したけれど。


「朝ご飯は食べたの?」

「うん」

「宿題はやってあるの?」

「うん」

「学校きらい?」

「きらいじゃない」

「朝、集合時間に間に合うように起きてる?」

「うん」

「行けない理由はないじゃん。なんで毎日みんなと行かないの?」

「・・・」

「いつも1時間目に間に合ってる?」

「うん」

「お母さんだってお仕事に行くんでしょ?いつまでも迷惑掛けてちゃダメじゃん!歩いて行きなよ。一年生だってちゃんと時間に来て歩いて行ってるよ。」


私はうちの子達と歩くスピードよりゆっくり歩いていたつもりだが、一緒に歩いていても少しずつ離れていく。

「歩くの、いや?」

「・・・うん」


学校まで800m位の道のりを、歩くことの大切さとか、通学班で行く事の大切さとか、上級生としてしっかりしなくちゃ!とか、色々話しかけながら歩いたのだけれども、

やっぱり翌日も来なかった(><)

私のした事は無駄だったか。。。。。


taichiとhaneちゃんに、「君たちが同じ事しても、近所のお母さんが一緒に行ってくれることはないねぇ」と話したら、

「ママが変わってる。それに、そんなこと言われても一緒に行かないし!」と言われた。


朝、通学班で登校せず、車で登校する子が多いことに驚く。

地域によっては、車やバスで登校するのが当たり前の場所もあろう。

しかし、子ども達の通う小学校は、PTAが作った通学班で、子ども達だけで通うことになっている。

幸運にもそれが出来る地域なのだから、子どもの心と体の成長を考えたら、低学年から高学年まで一つのチームで通わせた方が良いと思うのだが・・・

毎日歩くのと、毎日車で送って貰うのでは、子どもの運動量は相当差が出るだろう。

それは運動量だけでなく、心の成長にも大きな差を作るはず。


あの子と一緒はイヤだとか、この子と同じ班にしないでとか、新通学班を作る頃、役員さんの元に様々な意見が寄せられる。

確かにイヤなものはイヤだけれど、子どもがその対処方法を見出す事も大切だし、時に我慢も必要である。

社会に出たとき、イヤだからと辞めていたのでは、何事も長続きしない。


GWを明けると一気に気温が上昇するし、休み明けで学校に行くのが億劫になる子も出てくるだろう。

朝、通学班に間に合わなかった時、行くのを渋ったとき、車で送るのではなく、是非一緒に歩いて行くことをお勧めする。

そんな時間は無いと言われるかもしれないが、一時子どもに時間を割くことで、その後長引く事は無くなると思う。

親にしか出来ない事も、親だから間違って甘えさせてしまう事もある。

******

小学高学年以上向け

たかが800m歩く歩かないでぐずぐずしているキミ!

動物たちの移動距離を見てごらん。

オオカバマダラは、往復9000キロという信じられないほどの長い距離を移動するんだよ。

オオカバマダラって何?ですって?

旅をするために生まれてきたと言っても過言ではない蝶だよ。

メキシコと北アメリカを行き来するオオカバマダラ。

行きは約33日、帰りは6ヶ月も旅するんだよ。


この美しい図鑑絵本には、生き様が美しい生き物が14種紹介されている。

動物たちの生に対する貪欲さを知ると、人間ってちっぽけだなあって思っちゃうね。

この本は、今月6年生に読む予定の、

旅する蝶  Traveling Butterfly

新宮 晋/文化出版局

undefined


の後で紹介しようと考えている。


最近、haneちゃんが読んだ本

おまけのじかん (ポプラちいさなおはなし 1)

あまん きみこ/ポプラ社

undefined




ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

# by yomuyomuehon | 2018-05-01 14:48 | どうぶつ絵本 | Trackback | Comments(0)

新学期の新たな誓い

押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

息子の中学の偉大なる先輩、公務員の☆川内優輝君がボストンマラソンで優勝し、来年プロへの転向を表明した。

自分の信じる道をひたすらに進む川内君。

その大先輩の背中を、後輩達はどう受け止めるのだろう?


昨年、どこからどう見てもちんたら練習しているようにしか見えなかったsotaも、ようやくその自分の態度を改めなくてはならないと、少し気付き始めたらしい。

どうして今までそう思わなかったのか、不思議でしかたないのだが、これもまた彼の個性なのだろう。

のんびり屋でおっとりした性格は、やはり他の子に比べて何事も遅いスタートだった。

ただ、それを待ってはくれないのが、スクールの現状である。

体は大分大きくなったが、心はまだまだ弱い。


中学に入ってから手紙をなかなか手紙を出さない愚息にしびれを切らし、彼が不在の時にこっそりかばんを覗く。

先日「二年生になって」という作文を見つけ、(へえ、少しは考えてるんだ。。。。)と安心したところではあったが、週末まとめて出してきた中に、この作文が含まれていた。

自分なりに考えているんだから、うるさいことを言うな!という親への意思表示!?

言うは易し!行うは難し!

本人の行動を見守って行きたい。


新しいクラスで、早くも気の合う友だちを見つけたらしい。

部活動単位で動く中学生。

校外部活のsotaは、なかなか友だちと一緒に行動する事が出来ない。

それが今週末数人で映画を観に行くと言うので喜んでいたが、日曜日ではなく土曜日だと言い出したのが昨日。

「明日は夕練に間に合わないなあ・・・・」などと言い出した。

土曜日は2回練習なのだ。

と言っても、本来中学生が所属すべきクラスは土日共2回練習。

sotaは落とされ組なので、下位クラスにいる。

ただでさえ、練習量が少ないクラスにいるって言うのに、休むだと~っ!

「何言ってんのっ!」と怒る母(^^;)

わかっちゃいるのよ、友だちと遊びたいって気持ちは!

でもさ、これは部活を選ばずに、部外クラブを選んだ子の宿命。

「やっぱり本気度が低いわ。自分が置かれてる立場分かってる?」

「行かないとは言ってない!」


聞けば二時半に、家に集合だと言う。

行こうとしている映画館は、電車とバスを乗り継いで30分。

どうしたら5時半の練習に間に合うわけ?


で、結局全員集合したのは3時前。

集まった友だちに、「オレやっぱり練習休めないからさ、五時までに帰らなきゃならない。ごめん」と話していたsota。

そして、もう少し近くショッピングモールに自転車で出掛けて行った。


それを側で聞いていたtaichiは、果たして中学で水泳を続けるのだろうか?


更に2週連続で、今朝も土曜日の朝練に行くのを愚図ったhaneちゃん。

まずは起きない。

起こして、下に降りてきても、動かず丸くなったまま、ご飯を食べない。

いくら行っても動かない。

そういうしている内にリミットの7時10分。

パジャマのママのhaneちゃんを車に乗せると、泣きながらも着替え始めた。

良かった、良かったと思いながらプールに到着。

しかし、降りない。

水着が違うと言い出した。

そう言うと思って、持っている三枚全てを持って行ったのだが。

すると帽子が違うと言い、

それも全てある。

靴下がない、やれ○○練習がいやだ、○×■△%*#●・・・・

「そろそろ○○コーチが来る頃だけど、抱えてってもらう?」

「やだっ!」

「あっ、来たっ」

慌てて振り返るhaneちゃん。

「仕方ないね、抱えてってもらおう!」

「やだっ!自分でいくからいいっ!」と渋々降りて、たらたら着替えて10分遅刻で練習に参加。


練習はキツそうだけれど、嫌いじゃない。

ただ、土曜日の朝だけはどうも(^^;)


本当は、水泳以外のことも、友だちととことん遊ぶとか、家族で出掛けるとかやりたいし、やらせてあげたいのだけれども・・・・

水泳を選ぶということは、大分他のことを我慢する事になる。

水泳が一番!目標があれば!なんて言われるけれど、まだ子どもだからねぇ、色々やりたいことあって当たり前。

「今日の夕連に間に会わないかも」って聞いたとき、怒らなくても良かったなあ。

本人に任せれば良かったかなあ・・・と思わなくもない。

あ~あ、複雑(><)


例えば、まだ子どもが小さかったら、こんな暮らし方をしたかったなあ。

って、そんな庭もないのだけれど。



読んであげるなら 7、8歳~

14分くらい


(以下、あらすじです)

春、大きな庭がある家に引っ越しをしたパパ・ママ・ぼく・妹の4人家族。

草ぼうぼうのジャングルのような庭を、ステキな庭にすることにした。

掃除して、草を抜いて、土を掘り返して、肥料を撒いて・・・・

一月後、撒いた種から青々とした芝生がじゅうたんのように広がった。

古いリンゴの木は、木のお医者さんに診て貰って回復。

リンゴの木がたくさんのハナを咲かせた時、庭に友だちを招待した。

妹の庭には野菜の種を、ぼくの庭には花の種ともみの木を。

色とりどりの美味しい草花に果物。

小鳥もやってくる。


読んでいると、心が豊かになっていく気分。

長いお話なので、読み聞かせでは高学年向けだけど、出来れば我が子と一緒に愉しんで欲しい本。


ああ広い庭・・・良いなあ。欲しいなあ。



ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

# by yomuyomuehon | 2018-04-21 16:35 | ほのぼの絵本 | Trackback | Comments(2)
押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


13日のhaneちゃんの8歳の誕生日に続き、17日はわたくしの○9回目の誕生日でした。

段々と自分の年が分からなくなってきました(^^;)

まあ、そんな事どうでもいっか!な~んて、年を気にしない生き方をしていきたいと心に誓う誕生日。

その日、おお高級ワイン!グラン・ヴァン・デュ・シャトー・マルゴーを買ってきてくれたパパでしたが、前日3時前に目を覚ましてしまったものだから、眠くて眠くて(^^;)、誕生日の夜は子どもと一緒に10時過ぎにダウンでした。


さて、グループの水泳大会の予選会。

無事(?)三人とも決勝に進む事が出来ましたが、haneちゃんは自分で思っていたより順位が低かったので、更に鼻息荒く、必死に練習に打ち込んでいます。

その気持ちの強さが兄ちゃん達にあったらいいのに・・・・どうして兄妹でこんなに性格が違うのでしょうか(><)


新学期が始まって、早くも10日。

水泳中心の生活で、学校が二の次になってしまっているのをどうにかしないと!

5年生のtaichiのランドセルには英語の教科書が入りました。

ぱらぱら捲ってみると、あらまあ中1のsotaが一年生でやっていたような・・・・

早く始める事が良いことなのか?

その分何かが削られていくわけで・・・・

う~ん、複雑。

プログラミングにしても、子どもには面白いかもしれませんが、その前に倫理感を学ぶ必要があるのではないか?

技術的に成熟していても、心が育っていなければ、その技術は危険な武器になる恐れもある。

倫理観も何もあったものではない役人と議員がこの国の教育体系を作っているのだから、やっぱり自分で、家庭で、保護者がしっかりした考えの基、色々取捨選択していく必要があると、つくづく思うのです。


そんな5年生の初の読み聞かせで読んだのは、


読んであげるなら 小学高学年以上

ニューヨーク郊外の彫刻家イサム・ノグチさんのアトリエを 訪ねた折、デザートに鉢に山盛りのイチゴが出た。
尊敬するノグチさんの前で興奮気味だった僕は、大好きなイチゴに付いてなら本でも何でも描けますと、思わず言ってしまった。
それがきっかけで、初めての絵本『いちご』が生まれた。

という、自然エネルギーで動く彫刻をつくり続ける芸術家・新宮晋さんの絵本。

あんなに小さないちごに宇宙を見る、壮大で、芸術的なお話は、小さな子には???

芸術家であるが故、内容はかなり大人好み。


この子達が3年生の時、

を読み、他者の存在を意識し、自分とは果たしてどんな存在なのか?そう思うようになっただろう新5年生。

「わたし」を覚えていますか?の問いに、首をかしげる子ども達(^^;)

いやいや、きっと君たちの血肉に少しは溶け込んでいるはず!

そう願いながら、二年経って少し大人になった子ども達に読みました。


「わたし」は、たったひとり。

「あなた」と「わたし」は違う。

でも「あなた」も「わたし」であり、社会は「あなた」の集まり。

人は「わたし」ひとりでは「わたし」になれない。

「わたし」以外のたくさんの「あなた」によって「わたし」を発見し、つくっていくという、かなり哲学的な内容。


今年も、小学校での読み聞かせが始まりました。

今年は、5年生と2年生を担当します。

息子と娘の学年です。

この一年、うちの子だけで無く、他の子ども達もどのように変化していくのか、近くでそれを見届けられるのは嬉しい限りです。

ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

# by yomuyomuehon | 2018-04-19 10:54 | 育児 | Trackback | Comments(0)

いよいよ新年度始動!

昨日から始まった新年度。

朝から子ども達の居なくなった我が家は、急に靜かになった。

と言っても、私も忙しい新学期。

朝から学校に行く日が多くなる。


つい先日始まったような気がする春休みは、いやいやかなりどうして長かった気もする。

taichiのジュニアオリンピックに始まり、最後も人共出場したグループの大会予選で終了。

水泳に始まり、水泳に終わった春休み。


さて、ジュニアオリンピックは個人での出場をまたしても逃し、メドレーリレーのみの出場となったtaichi10歳。

足下にぴったりくっつくというか、時折抜かされる事も出てきた一つ下の9歳で個人出場を果たしたS君。

大会直前にコーチから、予選はtaichiでいくが、決勝はS君のタイムとtaichiのタイムを見て、速かった方にする!

なんて宣言されてしまい、親はヤキモキ。

本人は、ガチガチになるのか?やる気満々で望むのか?

それなのに!甘いパパとママは、予選のみになるかもしれぬ息子の戦いに、大渋滞に嵌まり(予測が甘すぎ(><))危うく間に合わないかもしれない状態になった。

車中、メドレー直前に行われるライバルS君のブレストの予選をiPadで見る。

うわっ!頑張ってるじゃん。これは危険(><)

ようやく近くの駐車場に到着し、haneちゃんと三人辰巳国際水泳場に猛ダッシュ!

さすがに毎晩泳いで鍛えているhaneちゃんは速くなった。

が、パパーっ、早くーっ!!!!

全く~、鍛えてないと、こういう時に困るのよ。

ハアハア息を切らし、iPadを見ながら会場に到着。



「全国大会ってさ、どこでやるの?」

「辰巳」

「どこ?」

「う~んとね、銀座の先、お台場の隣」

「なんだ、全国大会ってそんな近くでやるの~。もっと遠くに行くのかと思った。」

「ここからは近いけどさ、北海道の子も沖縄の子も、辰巳に行かなきゃならないじゃん」



そんな話をママ友とした事を思い出す。

距離的には近いんだけど、切符はなかなか手にできない。

しかしながら、うちの子達が所属するスイミングクラブはかなりの強豪校で、JO出るのは当たり前。

それも、個人で出られなきゃ選手として落第。

何しろ、60人くらいの選手数の中で、今回の日本選手権に5人もエントリーしちゃっていたのだから(^^;)



会場に着くも、席はどここだ?

やっとのこと席を見つけプールサイドを見ると、メドレーリレーが丁度始まる所。

良かった~、間に合った~(^^;)

最終組で登場したtaichiたち。

今回新調した高速水着は、一枚約2万円也。

プールサイド腕をブンブン回し、体中叩きまくっている息子。

相当気合いが入っている様子。

古い方の高速水着で登場したが、果たしておニューを着られる事になるか!?

エントリ-ランキングでは4位の息子達。

埼玉での戦いでは、次々に新記録を打ち出してきたのだが、全国のレベルは高いのだ。

となりのコースを泳ぐイトマンに大差を付けられ、力の差を見せつけられてしまった(><)

予選は4位で、無事決勝出場。

taichiは、かなりタイムを縮め、無事決勝出場となった。

予選で帰されたら、きっともう辞める!って大騒ぎだろうなあ。。。。。と思っていたので、とりあえず一安心(^^;)

ランチはhaneちゃんお気に入りの、松屋にある蕎麦処田中屋へ(^^;)

全く二年生のくせに渋すぎるわ。

食事しながら、一人0.5縮めればメダルはどれか取れるね!な~んて、取らぬ狸の皮算用。

そんな事無理、って思う?

でも、あの雰囲気に飲まれなければ、出ちゃったりするんだよね、これが!

要はハートが強いかどうか。

決勝は4人がおそろいのおニュー水着で登場。

予選より更に一層体をよく動かし、気合い十分だったtaichiは、決勝で更にタイムを縮めたが、

でも、やっぱりそんな簡単な訳にはいかなかった。

というより、逆に差を付けられちゃって、その上最後のタッチでは、いつも顔を合わせ最近負けたことがないライバルに、4位を譲ってしまった(><)

結局、5位入賞で終えたJO。

悔しさをバネに、夏はメダルを!そして、個人での出場まではあと0.4秒(リレーの感じでは切っていてもおかしくないのだが)、そこを突破して、個人での出場を一日も早く決めてほしいものである。



近いようで遠く、遠いようで近い辰巳を後にし、haneちゃんとsotaの夜練習のため、帰宅。

この熱い戦いを見ていたhaneちゃん。

最近優勝したりもして、少しやる気が出て来ていたようだったが、オーロラビジョンに映し出される大会新記録を出した子のアップや、会場の雰囲気に、更にヤル気アップ(^^;)

その夜、

「hane、しょうらいのゆめがきまった!せかい大会にでる!」

「何の?」

「水えいにきまってるじゃん!」

「へえ~!がんばってねぇ。じゃあ次の予選会は一位突破しないとね」

毎晩、日本選手権でのお兄さん・お姉さんたちの戦いに釘付けである。

そして望んだ春休み最後の大会。

100m個人メドレー・50mバタフライ共、タッチ差でどちらも惜しくも2位だったhaneちゃん。

他5箇所で同時開催だった予餞会の、上位8名が決勝進出となるが、今その結果待ちである。

二位だったのが相当悔しかったらしく、練習での気合いの入り方が違う新二年生haneちゃん。

こうして3番目は勝手にどんどん進んでいってくれるのだが、長男は・・・(><)

あまりにチンタラチンタラ練習していたのでぶち切れた母は、今後もそんな態度だったらやめさせる!と引退勧告したところである。

いつになったら、自分を客観的に見ることが出来るのか?

自分を追い込んで踏ん張ることが出来るのか?

筋トレを重ね、いつの間にか何回りか大きくなった息子の、ハートに筋肉が付くのはいつのことやら(><)



全く速くない我が家ですら、水泳三昧の日々。

学校はすっかり二の次で、新学期準備も何もせず、ああ新年度始まっちゃった・・・・のである。

明日は早くも学力テスト(^^;)


私がこの休みに読んだのは、

安倍三代

青木理/朝日新聞出版

undefined


百年泥 第158回芥川賞受賞

石井 遊佳/新潮社

undefined


百年泥は、展開と設定がやや難解(^^;)

石井さんの頭の中どうなっているのか?ただ者じゃないね。

流し読みタイプの私は、二度読みを余儀なくされたのである。

二回目読むと、なんだそうかって感じだったが、この本はさらっと流して読んだら分からない。

は、読みやすかったもんね(^^;)

これが直木賞と芥川賞の違いかもしれませぬ。


そしてhaneちゃんが春休み中に読んだ本は、

あひるの手紙 (おはなしみーつけた! シリーズ)

朽木 祥/佼成出版社

undefined


王さまのスプーンになったおたまじゃくし (PHPとっておきのどうわ)

さくら 文葉/PHP研究所

undefined


ようふくなおしのモモーヌ

片山 令子/のら書店

undefined


くつかくしたの、だあれ? (単行本図書)

山本 悦子/童心社

undefined


なきむしこうさぎ (ぴかぴか童話)

佐藤 さとる/ポプラ社

undefined


じゃんけんねこ (あかね書房・復刊創作幼年童話)

佐藤 さとる/あかね書房

undefined


木いちごの王さま

岸田 衿子,サカリアス・トペリウス/集英社

undefined


ラベンダーのくつ―アリスン・アトリーおはなし集 (世界傑作童話シリーズ)

アリスン アトリー/福音館書店

undefined


わーい、ぼくが先生だ! (きつねのフォックス)

エドワード マーシャル/偕成社

undefined





絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村



ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

# by yomuyomuehon | 2018-04-11 16:53 | 童話 低学年向け | Trackback | Comments(0)
押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

こうえん

ジェイムズ・スティーブンソン/岩波書店

undefined


どれがいちばんすき?

ジェイムズ・スティーブンソン/岩波書店

undefined


小学高学年以上向け


おしゃれで、大人センスの詩集である。

小学生でこの雰囲気を満喫出来たら、将来は物書きかしらね?

詩集というと、詩を書く人と絵を描く人が異なるものが殆どかもしれない。

この詩集が他のと違うところは、詩だけでは成立しないところ。

スティーブンソンの詩とイラスト、この二つが相まって成立するところだ。

ペンと水彩でさらさらっと描いた肩肘張らない軽い感じが、詩というよりもつぶやきっぽい文体にぴったりで、休日の午後、軽いワインなんかと一緒に味わいたい感じ。

どの詩も、その雰囲気にあった文字の並びやフォントや大きさで、一見読みにくい印象なんだけど、

改めて、字体によって、雰囲気をこんなにも表現できるんだねえ。。。。って感心してしまう。


以下、「どれがいちばんすき?」から、かさせんたくもののなつやすみおにあい
e0160269_13074417.jpg

e0160269_13003504.jpg
e0160269_13045923.jpg

そうそう!って納得しながら、こんなつぶやき出来そうで出来ないのが凡人なのよねぇ。。。。

「こうえん」から、じてんしゃにきをつけろカエルのかいわ

e0160269_13144590.jpg

e0160269_13175044.jpg

ちなみにスティーブンソンの作品はこちら↓

あたまにつまった石ころが

キャロル・オーティス ハースト/光村教育図書

undefined



ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

# by yomuyomuehon | 2018-03-12 13:26 | 詩集 | Trackback | Comments(0)