人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2019年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


にほんブログ村

なが~いタイトルに惹かれて、手に取ったこの本は、WEB福音館で連載されたものを一冊にまとめたもの。

・・・

「本を読めって」

きみは、いった。ちゃぶだいのわきにすわった。

「なんだって?」

ぼくは、いって、黄いろい、おき時計を見た。あと二分。

「せんせいが、おまえは本を読めっていうんだ。ことばがなってないから」

この話は長くなるかも。ぼくは、おもった。

「ラーメンくいながら、きいてていい?」

「いいよ」


開けっ放しの玄関から、どんどん部屋に入ってくる少年と、カップ麺のお湯を入れたばかりの中年のおじさん。

果たしてこの2人の関係は?

中年のおじさんは本の虫であり、少年は近くに住む小学生であるらしいのだが、

少年のお母さんとこの中年のおじさんの関係が微妙。。。。

ひょっとして、元夫婦?

この子は、実は息子なの?

なんだか、最近読んだ


を思い出す。

しかし、更に読み進めると、この子のお父さんは亡くなっていて、この中年のおじさん(主人公)とお母さんと亡くなったお父さんは友達だったことが分かった。

亡くなった友に代わって、この少年を大人に導く役回りって所。

その導く手段は「詩」である。

10章に分かれているのだが、少年の問いかけに対し、毎回二つほどの詩を紹介しながら応えている。

ブックオフオンライン楽天ブックス

で、第一章の「ことばのじゆう」では、ゲームばかりしてないで、本を読めっ、と少年は先生に言われたと訴えに来たところから始まる。

「ゲームのほうが、ぜんぜん、おもしろいよ」って先生に言ったところ、

「ほら見ろ、ことばが、なってない。ぜんぜん、の、あとは、否定がくるんだ。ゲームばかりしていて、本を読まないから、そんなまちがったことばをつかうんだ」とか
言われたそうな。

それに対しておじさんが勧めたのは、

『あの』藤冨保男

あなたも笑ったし
僕も笑わなかった

のであった
のであったり
世界は何を待ってるか
と云う人がいて
何だかさっぱり分からない人もいて

そして

待っていたのである

のではなかったり
のであったりした

のであった

ところで
実際は
極端に
巨大に
その上なんでもなく
横か
縦を振り向いて
笑ってしまった

そして

そうであった
とか
ねじった
とか
なんだか

そうではないライオン
である

ということにしてしまった

 
う~ん、意味不明。

更にもう一つ藤富氏の『か』を紹介。

詩って、こんなでたらめでいいの?と問いかける少年に、

でたらめを書いてもいい。でもでたらめをやれといわれて、やれる人は、なかなかいないとおじさん。


簡単だという少年に、

じゃあ、でたらめをしゃべってみてとおじさん。

ちゃんと考えないと出来ない、でたらめは難しいと気付く少年。


『ゲームの方がぜんぜんおもしろい』は文法的にでたらめかもしれない。

けど、そこには、そうじゃないという少年の否定の気持ちが入っているから、正しい言葉だというおじさん。

それは辞書には載っているはずのない、すきまにしかないものなんだ。



なんだか哲学的!

でも、そんなことを先生に言ったら、余計に怒られちゃうけどね(^^;)

先生はこんな事言ってくれないもんね。

こういう事を話してくれる第三者って大切だな。


文法を学ぶとか、日本語を学ぶとかじゃなくて、本を読むってやっぱり大切!

そういう結論に達しちゃうのである。


哲学的な、この時期に読んであげたい絵本を一冊。



小学3年生以上向け(1,2年生では、世界観を理解出来ないと思う)

アルビン トゥレッセルトとロジャー・デュポワザンコンビの作品って素敵♪

井の中の蛙大海を知らずが大海を知っちゃうお話なんだが、

原作は「THE FLOG IN THE WELL」で、直訳すれば井の中の蛙である。

それを「せかいのはてってどこですか」とした三木卓さんの訳は素敵!

安穏とした世界で暮らすも良し!

だが、若者は世界を見に行って欲しい。

世界の果てとまでは言わずとも、広い世界に飛び出してほしいものである。


 





最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

by yomuyomuehon | 2019-05-22 19:51 | ほのぼの絵本 | Trackback | Comments(0)
押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


にほんブログ村

先週は、小学校の昼休みに読み聞かせの時間がありました。

市内で一番のマンモス校で、また一つ空き教室が減り・・・

昨年まで読み聞かせの部屋としていたお部屋が教室になったため、今年から図書室で読みきかせをすることに。

図書室には、本を読むためにやってくる子も居て、読み聞かせをする声の大きさをどうしたものやら(^^;)

皆が話を聞いているわけではないので、何となくざわざわしていて、結構大きな声を出さないと聞こえない感じです。


読み聞かせは火曜日~金曜日まであって、一月に5日間あります。

その初日に、私が入りました。

そして、

の二冊を読みました。

「すごいね!みんなの通学路」の方は、学校の図書室にも置いてあるのですが、借りられた形跡がありません。

そういう本は、こういう機会に紹介して、是非手にとって欲しいもの。

この日集まった子ども達は2年生が中心。

何しろ広い校舎なもので、それも二棟あるので、一年生にとってはまさに迷路!?

図書室がどこにあるか・・・分かるかな?

来月は来てくれるかしら?


二年生は写真で紹介される、世界の素晴らしい?いやいや困難な通学路を目にし、驚きの声を上げていました。

今朝のような大雨(それほどでもなかったけど・・・)なんて、取る足らず。

飲み水の入ったたらいを頭に、机や椅子を抱え、濁流を渡り、絶壁を上り、片や落ちかけた橋を渡り、命からがら?の登校です。

そこまでしても行きたいところ・・・それが学校なのです。

「私だったら、むり~↓」と言う女の子。

「う~ん、おばさんもむり~。皆すごいよね。学校はそれでも行きたいところなんだね~」と私。

「みんなはどうやって学校に来てるの?車?」

「ちがうよ~」

「じゃあ、馬に乗って?」

「そんなわけないじゃん」

「そう、じゃあ・・・飛行機?」

「まさか~!」

「歩いてくるの!」

「そうか~、毎日大変ね。途中の川とか山とかをどうやって超えてくるの?」

「あるわけないじゃん!」

などと、朝読みでは出来ない、くだらないやり取りが出来るも、昼読みの楽しみです。

「ところで、5月16日は旅の日なんだって。知ってる?」

「しらな~い」

「昔、松尾芭蕉って人がね、旅に出た日なんだけどね。その途中で作った俳句が『奥の細道』って本になったんですよ。」

とまあ、二年生には???か(^^;)

「アフリカって知ってる?行った事ある?」

「な~い!」

普通はないよね(^^;)

「日本にたくさん昔話があるように、アフリカの国にもそれぞれの昔話があります。今日はその中で『ダチョウのくびはなぜながい?』っていうお話を読みます。」

昔話って、何て皆食いつきが良いのかしら?

マットを敷いた上に座っている目の前の子達だけで無く、それぞれ椅子に座って手にした本を読んでいるようで、視線はこっちにもチラチラしている上級生たち。

ダチョウがワニに噛みつかれそうになった辺りから、どうなるのかと釘付けになり、お話の最後には、ふ~っとため息が聞こえてきたようで(^^)

この本のハラハラ感は半端ない。

その日、図書室で本を読んでいた末娘が、帰って来てから一言。

「ねえママ。ダチョウって前は本当に首が短かったの?」

え~っ(^^;)

幼稚園の時も、

「ほんとう?ほんとうのはなし?」って聞いたよね?

まだ信じるのかい?

すごいね、お話の力って(^^;)



ブックオフオンライン
楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

by yomuyomuehon | 2019-05-21 15:41 | 春の本 | Trackback | Comments(0)

あっちもこっちも

押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


にほんブログ村

大会・練習練習練習(合宿)・大会のGWが終わり、学校生活に戻った子ども達。

今月末に開催される、市内の6年生陸上大会の練習が放課後毎日続くので、特に次男は本当に面倒くさそうである。

夜のハードな水泳練習を考えると、やりたくないのは分かるのだけど・・・・

もうちょっと友達と楽しくやれないものだろうか(^^;)

気の合う友達と離れ、鬱々とした新学期。やっと少し前向きに・・・と思った矢先のGW。

10日も学校から離れると、またまた慣れるのに時間が掛る。

うちの子だけではないだろう。

この休みはリフレッシュするのに役だったか?

五月病と言われる適応障害が、益々顕著になりはしないだろうか?

親も先生も、大変な5月になるだろうと思うと、

う~ん・・・

みなさん、頑張りましょう!


さて、夜の読み語りで、GW中に読み終わったのは、「メアリ・ポピンズ」


私が小5か小6の時、大好きだったお話。

当時学級文庫は、クラスの子達の持ち寄り文庫だった。

メリーポピンズは、やがて美大に進んだ仲良しの紫内子ちゃんが持ってきた本だった。

私は朝読書の時間に真っ先に学級文庫に飛んで行って、この本に幾度となく飛びついた記憶があるのだが、

今回娘に読んでいて、あれ?こんな内容だったっけ?と、全く覚えていなかったのである。

子守としてバンクス家に、風に乗ってやって来たメアリは、結構性格に難があって(^^;)

子ども達に優しくなくて・・・でもなぜか子ども達はメアリじゃなきゃだめと言う。

優しくても一緒に走り回って遊べない年配の先生より、多少怖くても休み時間に一緒に走り回って遊んでくれる先生の方が人気!みたいな感じ?

メアリの側に居れば不思議な体験が盛りだくさん。

それを子どもの頃の私も楽しんでいたのかしら?


続いて読み始めたのが「あしながおじさん」なのだが、すぐ寝てしまう末娘には1日2~3ページ程度しか進まないので、これもまた読み終えるまでに時間が掛りそうである。

その末娘小3は、「ちはやふる」を読み始めた。


GW中、20%offとなったブックオフで大量買い(^^;)

百人一首も始め、ようやく3首ほど覚えたところである。

そして私は、令和の生みの親と噂される中西進先生の


を購入。夜読み聞かせてみたりしている。

中西先生が、小学校中学校で万葉集の授業を行った様子をまとめたものだから、子どもに語るようになっているのだ。

この本中で先生が仰っている。

「紙に書いていたら、ああそうか!と思うだけでしょう?でも口でリズムをとって言うから気持ちいいなあ、いい歌だなあって感じられたのです。
万葉集の多くは声に出して歌われたのです。それがぼくたちを気持ちよくさせるもとなんです。」

小学生の頃、結構百人一首をやったと思うのだが、なんとなく覚えてはいるものの、上の句の枕詞から下の句がパッと頭に浮かんで来ることがないのは情けない限りである(><)

少し前にこちらも購入。


小3の娘が歌う

「あしびきの~ 山鳥の尾のしだり尾の~ 長々し夜を 一人かも寝む~」

「ねえママ、どういういみ?」

「う~ん、山鳥の尾っぽみたいに夜が長く感じるなあ・・・ってこと」

な~んて直訳して答えるが、そこに男女に機微が隠されていようとは、小3には教えられない(^^;)

「ちはやふる」・・・を読み終えた頃、分かることもあるのだろうか?

そうそう、「しびれる短歌」では、口に出してはちょいと恥ずかしい程の男女の機微も歌われている。

短いからこそ伝わるし、強く響く。

「一秒でもいいから速く帰って来て ふえるわかめがすごいことなの」

○十年前の私のようで。

「ほんとうはあなたは無呼吸症候群おしえないまま隣でねむる」

うわっ、こわっ(^^;)

私はそんなことしないけど・・・と言うか気付かない。同じ部屋で寝てないし(^^;)

いやはや、しびれます。


それから、瀬尾まい子さんの↓も一気に読み終えた。


もと中学教師だから?登場人物の厳しい設定を、こんなに優しく描けるなんて。

ダヴィンチで紹介されていて、読みたくなってカーリル検索したら、まだ置いてなかったので買ってしまった。


でも、借りれば良かったかも・・・・

今は、↓を待っているところ。しかし今だ40人待ち(^^;)

買うならこっちだったかな?


そしてなかなか読み進まないのはこれら↓






買ったものだから良いか・・・とちょこっとずつ、あっちへこっちへと行ったり来たりしているので、なかなか頭に入ってこない。

そろそろ頑張らねば!と思うのだが、夜は無理(^^;)


GW前に読み終えたのが「バレエシューズ」

小説だとすらすら行けるのよね。


バレエを通しての女の子たちの自立物語。

原作は1936年と古いものだが、朽木祥さんの完訳で390ページ。

いつか末娘にも読ませたいので、購入。


さて、日本の子ども達は幸せだろうか?

すごいね!みんなの通学路

ローズマリー マカーニー/西村書店

undefined


世界中の、学校に通う子ども達の通学路はすごい!

これは写真じゃくては伝わらない。

世界には色んな子がいるんだよ、そう単純に、ほら見て見て~!って感じで読んであげたい。


日本の子ども達の通学路は整っている。

どんな険しい道だって、行きたい気持ちが勝れば、困難ではないのかもしれぬ。

貧困から抜け出すため、世界を知るため、幸せを掴むため、勉強するために学校に行く。

こうやって大変な思いをしても通っている子たちが居るのだよ、だからちゃんと行かなくちゃ!ではない。

彼らとって困難な道を進んでまで行く価値のあるものが学校だから、だ。

果たして日本の子ども達はどうか?

GWを開けて入ってきたニュースが痛々しい。

電車に飛び込んでしまった高校生。

部活の指導に対する苦悩で自ら命を絶ってしまった高校生。

高校生になってしまうと、それまでと違って一人一人が放置されることも少なくないだろう。

子どもには、どんなことがあったって生き抜いて欲しいと思う。

色んな圧に屈せず、跳ね返して欲しいと思う。

子ども達よ、柔軟であれ。鋼ではなくゴムであれ。


さて、この本にもヒントがあるだろうか?


今日からの一冊。

こちら↓も読んでる最中。


かなりめちゃくちゃ人だったようである。今回なぜか中島らものエッセイに初トライ。これがなかなか面白い。

そして中島らもはかなりの博学。


環境が素敵♪

動物好きにはたまらない大学かも?

大学周り?いやいや校舎内だったりする・・・動物をめぐるエピソードは、読みやすくて面白い。

かつてベランダのスリッパの中に丸くなっていたコウモリを保護しちゃった主人を思い出し、苦笑した私である。

小林先生のブログ↓



コウモリ保護事件の顛末↓


なかなか更新出来なくて、紹介しきれない本が山積み。

そろそろ書棚も崩壊しそう(^^;)

ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

by yomuyomuehon | 2019-05-08 15:06 | 大人向け | Trackback | Comments(0)