人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2019年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


にほんブログ村


読んであげるなら 4,5歳~



(以下、あらすじです)

年をとって、人間からお払い箱となったロバは、ブレーメンを目指して出掛けました。

町の音楽隊に雇ってもらおうというのです。

途中で出会った犬・猫・鶏も皆、ロバと同じく、年を取った故の人間からの仕打ちに耐えきれず、逃げて来た者達でした。

意気揚々とブレーメンを目指すのですが、ブレーメンまでは遠く、一日で着くことは出来ません。

そこで四人は森で一晩泊まることにしました。

木の上で休むことにした雄鳥は、灯りの灯る家を見つけました。

4人はここより寝心地が良いだろうと、その家に向かいます。

中を覗いてみると・・・なんとそこは泥棒の家でした。

お腹の空いている4人は、テーブルの上のたくさんのご馳走を、どうにか自分達のものに出来ないかと、あることを企てたのでした。


*****


この絵本を、昨日5年生に読みました。


もう一冊は、


ゆき (ほるぷ創作絵本)

きくちちき/ほるぷ出版

undefined


意外とね、知っているようで知らない昔話がたくさんあります。

子ども達はとてもしっかり聞いていました。

お話の最後、大爆笑となったのです。

まさか、そんなに受けるとは思ってもいなかったので(^^;)なんだか嬉しい♪

瀬田貞二さんの言い回しは、今時の絵本にないものが多く、一文一文が長いのですが、こんなにも日本語って豊かなのね、と改めて感じる事が出来ます。

子ども達に読む前に何度も練習したのですが、噛むのなんの(><)

句読点でしっかり切って、漢数字の読み方を間違えないようにと、結構練習していきました。


特に最後の泥棒のセリフは、少し早口で焦った感が出るように!


子ども達が爆笑してくれたから、しっかり読めたと思います(^^)


そうそう、漢数字!

このお話は漢数字を習った一年生が音読するのにぴったりなのですよ。

一ぴき、四にん、一にち、四ほう、二三本、一つ、一つき、二ど、一ばん・・・と、

数字だけが漢字で書かれていて、その読み方も様々です。

表現が古いって言えばそうかもしれませんが、直接的表現の多い最近のお話にはない比喩や形容詞も多く、語呂のよい表現が随所に見られます。

こういう文章から小さい子は日本語を学ぶんだわと、つくづく思うのです。

「・・・あめが みっかもふりつづいたような、なさけない かおを・・・」

「・・・きみのなきごえは、ほねのずいまで ひびくなあ」

「どこにだって、しぬより ましなとこなら ころがってるさ。」 

「あんなに あわをくうのでは なかったわい」とか。

パウルクレーに支持したというフィッシャーの絵も、とっても素敵です。



ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

by yomuyomuehon | 2019-01-29 16:50 | 昔ばなし | Comments(0)
押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


にほんブログ村

この本↑の順番がまだ回ってこない。

図書館で予約して、あと何人?あと何人か?と楽しみに待っているところ。

この待っている時間も、また楽しいものである。

予約を掛けた直後、この雑誌↓を購入した。

すると、偶然にもその角幡さんと鳥類学者川上和人さんの対談が載っていた。

そして大きいなあ、お高いわあ。。。と思いつつも


↑を購入したのである。

最近、新聞の書評などで興味のある本や、中学校の国語の教科書から購入すべし!と思った本を次々に購入し、積読本が増えてしまい、本棚が大変な事になっているので、図書館にある本はなるべく借りて読んでから、これは!と思ったら購入しようと心に決めたところなのだが、

こちらは図書館になかった(><)

タイトルは、読者を引き付ける為の宣伝文句であり、川上さんは滅茶苦茶鳥が好きなのである。

実際は笑えない環境下での身体を張った観察も、かなり面白おかしく書いていて、雑誌に載っていた写真から、え~この人が?ってギャップを感じる。。。。

観察に連れて行ってくれる事になったら、今ならちょっと遠慮します。。。って後ずさりしちゃうけど、学生時代だったらすっごく魅力的♪

ぜひ、連れて行ってください!って頭を下げるだろうな。


過去に人が住んだことがなく、標高916mの山頂を含む調査も三度しか行われていない南硫黄島への上陸調査は、陳腐な言い方ではあるが、すごい!

島は断崖絶壁に囲まれている。

一部ここからなら!という場所でも、10mの垂壁。そしてそこをクリアしても、続くは45度の崖。

スキーのジャンプ台が40度以下だそうで・・・(^^;)

さらに、父島から300km以上離れているうえ、島には桟橋も穏やかな入り江もないため、島の100m手前から泳いで上陸しなくてはならない。


う~ん、かなりの難所である。


学生時代、小笠原に潜りに行って、漁船に揺られること3時間のマグロ穴までの航路は、結構グロッキーだったし、

台風で足止めされた直後、都心に戻る東海汽船の中では、海の大荒れでトイレから出られなくなった半日。

船に酔う前に酒に酔えなんて、無茶飲みしたのがいけないのだが、はてさて父島から300キロかあ・・・(^^;)


このミッションは、ミッションインポッシブルのトムクルーズばり。

やはり写真の川上さんからは想像できない。

実際は、ダイバーやアルピニストなど、その道のプロフェッショナルがサポートに付いてくれたらしいが、それにしても、ね(^^;)


で、川上さんの仕事は上陸後の鳥の調査にあるのだが、これがまた強烈!

大自然の中では、人間なんて弱いものである。

でも、そこでの調査を終えた川上さんたち調査隊は凄い!

後にこの南硫黄島の映像がテレビ放送されたそうなのだが、そこに映る南硫黄島はただ美しいだけのものだったらしく、川上さんは心底驚いたらしい。

美しいだけの自然なんてありえない。騙されちゃいけないと氏は言う。

こうやって裏話を出版してくれることによって、本当のところを知る事が出来るわけだ。

そしてそちらの方がはるかに興味深い。


さて、この本の中に、動物の、鳥の死んだふりについての記述がある。

鳥の大きさを測る時、背中を付けてそっと置くと、大人しくなる鳥もいるらしい。

鷹や狐に襲われた鳥は、あえて逆らわず、死んだふりをして相手に油断をさせておき、相手が手を緩めた瞬間に一目散に逃げるのだという。

そこでこの本を思い出した。

お話の内容はこちら↓から。


負けず嫌いなガチョウとアヒルが、どちらがすごいかと競争するのだが、最後の競争は”動かない”だった。

キツネにさらわれた2匹は、とことん動かず、意地を張っているのかと思っていた。

しかし、これは動物の”死んだふり”という行動からヒントを得たものだったのだ。

キツネの油断する隙を狙っていたのだ。

この絵本から何年も得て、妙に納得した昨夜であった。

ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

by yomuyomuehon | 2019-01-14 09:16 | 知る | Comments(2)
押してくれるとうれしいな。


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


にほんブログ村

一昨日の晩、練習から帰って来てから機嫌の悪かった次男。

昨夕から発熱し、今朝病院で検査したところ、インフルAでした。

11月に二度も発熱し、学校を休み練習を休み・・・

そして、なんと2回目は肺炎にて1週間の入院という重症(><)

一月ちょっとしか経っていないのに・・・今度はインフルです。

4年生までは皆勤賞だった息子も、最近免疫力がかなり低下しています。

練習中、ダッシュが続くと咳が止まらなくなる次男。

コーチからは咳をするな!と怒鳴られ、水の中に潜って咳していた半年前。

あまりに辛そうなので、救命医の義姉に相談し、呼吸器系の先生を紹介してもらい、

運動誘発生喘息と診断され、この半年キプレスとアドエアを服用しています。

薬だからやめるタイミングも考えながら・・・とは言われていますが。

お正月休み中の練習では、プール内の薬の強い日があったらしく、その日は内臓も飛び出してくるのではないかと思うくらいの咳き込みよう。

それを見ると、頑張れ!とは言い難い状況です。

週末は大会ですが、またもや棄権となりました(><)

あとは他の二人にうつらないことを願うばかり。


同じ兄妹でも、体調不良の出方は異なります。

兄は鼻、弟は咳、妹はヘルペス。

早め早めの対処を心掛けているのですが、いかんせん親の言う事など聞かぬため、とことん悪くなってから弱音を吐くのです。

小6までは、小児喘息で一年に何度も入院していた私も、こうやって育ててもらっていたのかと思うと、親に頭が下がる思いです。


自称、”スーパーエリート”の次男。

「スーパーエリートなのに、なぜこの成績?」と二学期の成績表を目にして聞くと、

「まだギアがローなだけ。本気を出してないんです。」と。

あまりに漢字が書けないので、冬休みは少しばかり特訓を。

二学期までのテストを見直させ、再度書かせてみるに、いやあ書けないのなんのって(><)

「そうさの”そう”ってどういう字だっけ?」

「あやつるです。そうじゅうするとかの”そう”」

「えー、わかんない」

「扌かいて、口を三つかいて、下に木です。」

「はっ?」

書いて見せると・・・

「な~んだ、曹操の操か。そう言ってくれれば書けるのに!」

「そっちの方が少ない。」

三国志は好きなんです。漫画ですが(^^;)何度読み返している事か。

三国志 巻之三 (21~30) (愛蔵版)

横山 光輝/潮出版社

undefined


三国志 巻之三 (21~30) (愛蔵版)

横山 光輝/潮出版社

undefined


てなわけで少しは勉強し、自主勉してきたのは自分だけだったと先生に褒められたのに、今日の学力検査を受けられず。

憑いてないのか、憑いているのか・・・う~ん疑問。


ハードな練習、睡眠不足・・・末娘は昨日、

「先生が9時までに寝なさいって言ってた。」と。

で、時計を見るに9時を回るところで。

夕飯を食べながら、椅子の上で横になり始め・・・

「ちょちょちょっと、歯磨きしてお風呂入って!」

昨日はまだ早い方で、8時40分に帰宅。

寝るのはいつも10時過ぎです。

布団の中で本を読み、更に私が睡眠導入の読み聞かせを。

2,3行読んだところで、ふと見ると寝ているので、全く進みません。

冬休みから読んだのは、


そして一昨昨日から1ページも進んでいないのが、

ワンピースの作者、尾田栄一郎さんがこのお話の終わり方が子ども時代に納得いかなかったと仰っていたらしく・・・・

私は読んだことがなかったので、その曰く付きの終わり方が楽しみなのですが、一向に進みそうにありません。

そして末娘は、最近宮川ひろさんの

を読んだあと、一気に宮川ひろさんの作品を借りて読んでいました。

はあ。。。インフルでした(><)_e0160269_13555676.jpg




































残念なことに、宮川ひろさんは昨年末の29日にお亡くなりになっていたんです。

末娘も何か感じるものがあったのでしょうか。


寒いです。

皆さま、ご自愛を。


ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

by yomuyomuehon | 2019-01-11 14:05 | 童話 低学年向け | Comments(0)
押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


にほんブログ村

半年ぶりの復帰、第一弾は、

小学2、3年生くらいから

はいけいムシムシしんぶんしゃさま

わたしは、カタツムリが大すきな小2の白山まいといいます。

さいきん、わたしがくらす町でカタツムリをさがしていますが、

ぜんぜんみつかりません。

父さんにきくと、むかしはたくさんいたんだけどなーといいました。

どうしてカタツムリはいなくなったのですか?

またどこに行くと、カタツムリを見つけることができますか?

カタツムリをつかまえてかってみようと思っています。

もっとカタツムリについて知りたいです。

よろしくお願いします。

かた山小学校 白山まい


こんな手紙がムシムシ新聞社に届きました。

ムシムシ新聞社とは、その名もずばり虫の新聞社です。

そしてこの手紙の答えを探し、色んな角度からカタツムリを取材して欲しいとデスク(カブトムシ)から依頼されたのは、

ムシムシ新聞社自然科学部記者、入社2年目の七星あまみち。

勘の良いあなたはおわかりですね!

七星あまみち・・・ナナホシテントウムシです。



確かに!

子ども達が小さい時、梅雨時期に散歩していても、カタツムリがいないなあ・・・と思っていました。


この本を読んで、面白い!と思った私は、夕べ練習から帰って来てくたびれた状態で夕飯を食べている息子達に、

「最近カタツムリを見かけないのはなぜだと思う?」と聞いたのです。

「あのさー、疲れてご飯食べてるときに、カタツムリの話はやめてっ!気持ち悪っ!」と次男。

「え、少ないの?少ないって事自体が分からない。小さい時から多かったわけじゃない」と長男。

そりゃそうだ(^^;)

「ママが子どもの頃はいっぱいいたわけよ。でも君たちが小さい頃散歩してる時もなかなか見かけなかったんだよ。それはどうしてだと思う?」

「さあ・・・」

なんて興味ない態度(><)

虫に興味ないから勉強出来んのか。。。。。

「カタツムリってさ、湿った状態が好きでしょ?でも、道路はアスファルトだし、乾いちゃうし、住みにくいからなんだよ。」

「じゃあ、大っきいママ(私の母)ん家なら、いっぱいいるんじゃないの?」

そうなのです。

実家は虫の宝庫。

年末は掃除に行きながら、子ども達は、庭で掃いても掃いても減らない落ち葉で焼き芋を、翌日はポップコーンに焼きマシュマロをして楽しんだのでした。

「掃除してもしきれないから、そのままにしておけばいいの。良い肥やしになるんだし!」と母の言うとおり、葉っぱのお布団に潜り込んでいたたくさんの虫を、無理矢理起こして、う~ん焼き芋のスパイスとしてしまったかもしれません(^^;)

本に戻りましょう。

田舎に取材に飛んだ七星くん。

カタツムリを探すイノシシに遭遇。

冬眠しないほ乳類にとって、落ち葉の下で冬眠するカタツムリは非常食なのだそうです。


ここで脱線!

今読んでいる内の一冊


この中のエッセイの一つ「ホタル」に、「こちらムシムシ新聞社」にも書かれているカタツムリとホタルの関係性が書かれていました。

この本は、初詣帰りに新宿小田急10階の有隣堂で出会ったもの。


車を運転しているとき、ふと時計を見ると、”4:17”と、誕生月日にピッタンコ♪

数年前当初はなんだか良いことあるかも~!な~んて思っていたのですが、何にも起こらず、そして頻繁に訪れるピッタンコ。

これは普通にあることなのかも。。。。

もう ”まあ偶然!?” なんて驚きもせず、一瞥で終わるピッタンコですが、こうして思いがけず出会う本の偶然には、なんだか運命を感じずにはいられません。

そしてよく起こるのです。

ネットでキーワード検索しているわけではないので、奇遇?それとも宿命!?

ほほう、読め!ってこと?神の思し召し?今後もこの巡り合わせを大事にしていきたいものです。


絵本に戻ります。

カタツムリはこんなにも食べられちゃって良いものなのか?って心配するくらい、色んな動物や虫の餌食になっているようです。

それらの命を支えているということは、やっぱり数が相当数いるわけですね。

この本には、多くの生きものに食べられても子孫を残せるぐらいたくさん産む、その数は、産卵が年に2~5回、一回に30~100個だそうです。

何年か前、子どもの自由研究に、「世の中の右巻き・左巻きはどちらが多い?」っていうのはどう?と提案しましたが、却下されました。

カタツムリの殻にも右巻き・左巻きがありますが、その件についても興味深い記述がありました。

科学系絵本が好きな方は、是非読んでみてくださいね。


その他のオススメ科学系絵本


↑が面白かったのでこちら↓も購入



絵とき ゾウの時間とネズミの時間 (たくさんのふしぎ傑作集)

本川 達雄/福音館書店

undefined



↑が面白かったのでこちら↓も購入


ちなみに、「春の数えかた」の作者 日高敏隆さんは日本を代表する動物学者で、京都大学名誉教授。

って事は、この本は難解かとお思いですね?

いえいえ、私のような凡人にも、興味深く読める内容です。

ちなみにこの本は、日本エッセイスト・クラブ賞受賞作品です。

タイトルに誘われて手に取ったのですが・・・う~ん最近とても寒い(><)

早く春が来ないかなあ。


ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

by yomuyomuehon | 2019-01-10 19:43 | 虫の本 | Comments(0)