絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2017年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

12月の読み聞かせ

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

12月の読み聞かせは、クリスマスとか年の瀬絡みのものが多くなります。

一斉に同じ絵本を読むので、1学年4クラスもあると、特に季節ものの絵本の準備は困難です。

いつ予約を入れるか?それがいつ手に入るのか?

もう間に合わないとなると、購入するしかなくなります。

ただ、学校から多少の予算を頂いているので、季節ものは2冊ほど購入し、読み聞かせ用にストックしてもいるのですが・・・


12月上旬に一年生に読んだのは、


てぶくろ (世界傑作絵本シリーズ)

エウゲーニー・M・ラチョフ(イラスト),うちだ りさこ(翻訳)/福音館書店

undefined



クリスマスの ふしぎな はこ (幼児絵本シリーズ)

長谷川 摂子/福音館書店

undefined


は、

昭和チックな、一昔前の(?)日本の家庭の風景と、北欧の方からプレゼントを届けにやってくるサンタの様子が交互に描かれています。

プレゼントを心待ちにしている小さな男の子。

日本に、男の子の住む町に、サンタクロースが徐々に近づいてくる感じが、子どもの気持ちを高揚させます。

私はこの本が読まれるのを、子どもたちの後ろから見ていたのですが、皆じーっと絵を見つめ、とっても静かで、本当にサンタクロースを信じて待っているんだなって感じました。

一方、今週の月曜日、6年生に読んだのが、

ナショナルジオグラフィックのカメラマンであるお父さん。

文章はお母さん。

この表紙のトナカイに向かい合っている女の子は、その二人の娘。

親子合作の、素敵な写真絵本です。

もうサンタクロースを信じていない子、正体を知ってしまった子、まだまだ夢の中に住んでいる子、とそれぞれでしょう6年生。

しかし、さもありなんと写真で見せてくれる北の森の雪野原での動物たちと女の子の交流、さらにいかにもサンタ!の登場に、わくわくしたクリスマスの昂揚感が、どの子の目にも見えた気がしました。


読み聞かせには、とにかく楽しいと思える絵本と、何かを訴えるものと、大きくは2つに分けられるように思います。

中学生になると、絵本の読み聞かせをしてもらう機会は、そう無いでしょう。

何かに悩んだりして自ら出会う本に、生き方を導かれることはあっても、ただただ面白い・楽しいと思える絵本には、読み聞かせをしてもらっている間にしか、出会うことが出来ません。

読み聞かせの選本をしているとつい、何かを訴えたいとか何かつかんでもらいたいとか考えがちです。

しかしながら一番子どもの心の残るのは、「ああ、面白かった~!」ではないかと。

最近は、こんなことを感じてもらいたいよりも、そんな「ああ、面白かった~!」が届けられるといいなあと思うのです。


は、耳で聞くにはいいけど、形にするには難しい昔話を、よくまあ表現出来たものだなあと、今回読み聞かせをするのに改めて絵を見て、つくづく感心させられました。

語りでは、次々に動物たちが手袋に入っていく様子は詳細に語られないでしょう。

登場する動物たちが段々と大きくなっていくのは分かるにしても、小さなおじいさんのてぶくろに入るなんてあり得ない状況です。

耳で聞いているからすんなり受け入れることが出来るのですが、それを絵で表現出来ちゃっているのですから、なんて素晴らしいのでしょうか。

そしてその絵には違和感がない。

・・・と私は思ってしまう(^^;)

大人は、あり得ないのにね・・・と思うようですが、私はお子様脳なのか、すんなり受け入れられる(^^)

窓が付いたりして、徐々に家らしく形作られて行く様子に、わくわくします。


クリスマス時期というのは、一年の内で一番ファンタジーが似合う時期。

小学生の内は子ども達にまだ夢の中にいて欲しいと思います。

クリスマスの本ばかりがクリスマス向きではないでしょう。

夢のようなお話が、なんだか本当になってしまうような、そんな魔法がこの時期にはあるような気がしてなりません。


それから6年生にはもう1冊、

きらきら

谷川 俊太郎,吉田 六郎/アリス館

undefined


を読みました。


なんだかんだと忙しく、なかなかブログに向かえません。

でも、考えてみたら、紹介する絵本に出会えていないのかもしれません。


絵本の読みきかせを、うちの子ども達にする機会がなくなりました。

代わりに、寝る前布団の中に入って、座った状態で、haneちゃんとそれぞれ別の本を読むのが日課です。

私が昨日読み終えたのが

オオカミを森へ (Sunnyside Books)

キャサリン ランデル,ジェルレヴ オンビーコ/小峰書店

undefined


対象:小学校高学年以上

冒頭からあまりに面白くて、引き込まれました。

えっ、本当の話?

「オオカミ預かり人」の母と子は、ロシアの貴族達がペットとして飼っていたオオカミを、野生に戻すのを生業としています。

この野生に戻されたオオカミが悪さをし、それをこの親子のせいにした将軍が、母を捕まえ、家に火を着けるシーンから始まるのです。

母を助けるため、サンクトぺテルブルグを目指す少女。

途中、この将軍に虐げられてきた人たちを味方にし、皆で革命を起こすのです。

オオカミを飼い慣らすのは至難の業だそうです。

これは架空の職業で、ジンバブエで育った作者が、ジンバブエのライオンを野生に戻す職業などからヒントを得て作り上げたそうです。

しかしこれはロシアで実際にあった、刑務所襲撃を元に描かれてもいるので、フィクションとノンフィクションが混ざっています。

原田勝さんの訳の本はどれも面白くて、これも「あっ、原田さんだ」と思って手に取ったものですが、やはり当たりでした。

haneちゃんは

かあさんのしっぽっぽ (おはなしいちばん星)

村中 李衣/BL出版

undefined


を読んでいます。




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

by yomuyomuehon | 2017-12-20 19:26 | クリスマスの本 | Trackback | Comments(0)

sota13歳の誕生日

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

期末試験も終わり、12月8日に無事13歳の誕生日を迎えたsota。

自信があると豪語していた社会・数学・理科は、思っていたよりも点数が低く・・・・

いつもながらこの人の、”大丈夫と、頑張ったと、自信がある”・・・には、本当に閉口するのだ(><)

そして、いつもいつもブレーキ掛けちゃって、安全運転しかしないsotaも、誕生日くらいは水泳の練習ですご~く飛ばすのだろうと思いきや、

え~・・・・・↓(^^;)

「もっと踏ん張れないかなあ?誕生日くらい頑張ろう!って思わないかなあ?」の問いに、

「なんで誕生日だからってがんばるんだよ。関係ないじゃん!」

と言うわけで、帰宅したパパにも、その性格的問題点を突かれ、haneちゃんがすっかりピアノで伴奏出来るようになった♪バースデーソングにも盛り上がらず・・・

怒られっぱなしで、すっかりふてくされた13歳は、その晩寝室からマットレスを自分の部屋に移動し、自分のベッドで寝ることになったのである。

おお、やっと少しは自立したか!?


で、その晩息子に、ショックな?嬉しい?頼もしい?ことを言われた母。

どうしてそういう会話になったか、事の顛末は忘れてしまったが、

「どーせ おれが面倒見ることになるんだからっ!」

「はっ?だれの?」

「ママに決まってんじゃん!」

「えーっ!、人の心配するより自分の心配してください。ママは自分でどうにかしますっ!あんな英語の点数の人に将来看てもらえるわけがないじゃんっ!」


いやあ、"いつかは自分が親の面倒を看る”・・・そんな事考えるような年になっていたのか。。。。

私が、そう考えられちゃうような年にもなっていたのか(^^;)

私すら、そんなに親の面倒看ているわけじゃないのに・・・


それにしても、自分の老後を考えなくちゃ!

どうやって生計を立てていこうか?

子どもに迷惑は掛けたくないなあ。

残りの人生、どんな風に生き生きと生活していこうか?

う~ん、今更ながら、息子の一言に、自分の行く末を考えてしまった母である。

この辺で、母卒しますか?

子どもの事より、自分の事を考えていこうかしら?

なんて事を主人に話したら、まだ子どものことでやる事あるじゃないか!と。


13年前に生まれたsotaにはとっくに越され、すっかり見下ろされている私。

肩幅があるので、いまやユニクロのメンズのMサイズを普通に着る。

さすがに最近寒いと言いだし、

校内部活に属していないからウィンブレも無いので、カシミヤのセーター(ユニクロだけど)とZOZOタウンで高級Pコートを半額でゲット。

それを着た姿は、すっかりしっかり成長した若者に見えるのだけど。

中身はまだまだだ。

だが、自分が中学生の時を考えると、こんなものだったかしら?

いやいや、どうだろう。

もっと幼かったかもしれぬ。

老化し、アルコールも染み渡った私の脳より、なんでこんなところミスったの?と嘆きながらも、はるかに頭の回転が速い。

とことんやり抜ける、ストイックな青年になれるのは、あと少し先かなあ?


それにしても一年経つのは早い。

年に5回もある定期テストは、終わったかと思いきやすぐに巡ってくる。

すぐに2年生・・・あっという間に受験生(><)

中学生は忙しいなあ。

本を読む時間もないよね、と思いつつも、全く読まない息子を嘆く。


今はこれ↓にはまる。

特典付!!東大ナゾトレ 2冊セット(第1巻・第2巻)

東京大学謎解き制作集団AnotherVision/扶桑社

undefined


東大ナゾトレ AnotherVisionからの挑戦状 第3巻

東京大学謎解き制作集団AnotherVision/扶桑社

undefined


三国志 コミック 全25巻完結セット (希望コミックス カジュアルワイド)

横山 光輝/潮出版社

undefined


なんでもいいと言うわけではないが、手に届く範囲だけでなく、自分の枠を越えて、世界を広げて欲しいものだ。

そのために、そのきっかけとして、何か彼の心をつかむ本が一冊見つかるといい。

今すぐ読みたい! 10代のためのYAブックガイド150! 2

金原 瑞人/ポプラ社

undefined


さて、sotaの試験が終わったとホッとしたところで、taichiが風邪でダウン。

4年生の今まで来た皆勤も、残念なことにストップした。

インフルではなかったので1日で復活。

さらに、haneちゃん大泣きの、水泳やめる!と大騒ぎの二日間(><)

日曜日の他のクラブとの合同練習のあと、珍しく3時間も熟睡してしまったので、相当疲れてるなあと思っていたら、翌月曜日に”もうやめるっ!”と大騒ぎ。

月曜日にコーチとした”今日は良いから、明日は来るように!”という指切りげんまんも、

昨日の火曜日も大泣きで、やっとのこと車から降ろしたが、会うコーチ会うコーチに声を掛けられ励まされても、かたくなに首を横に振るばかり。

ただ、コーチ達と話をしながらも、足はバッタのキックをしていたhaneちゃん(^^;)

本当は泳ぎたいけど、苦しいし・・・・

確かに、唯一の1年生。キツいよね(^^;)

しかし、それを越えないと速くはなれないという現実。

またまたコーチとお話して、再び指切りげんまん。

今日行かなかったら、3分間のこちょこちょ攻撃が待っている(^^;)


3人いると、こちらが軌道に乗ってきたかと安心した途端、他の子が脱線したりして・・・

一週間の内、ほっとするのは何日あるだろうか?

それもこれもあと数年かな。


子どもの揺れの合間に、私の更年期による?ホルモンバランスの揺れもやってくるので、忙しいったらありゃしない(><)


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

by yomuyomuehon | 2017-12-13 15:50 | 育児 | Trackback | Comments(2)
押してくれると、うれしいな(^^V)

偶然か?必然か?

ふと、車の時計を見ると、自分の誕生日だったり、ぞろ目だったり・・・

これはこれは偶然過ぎるぞ!と、自分の運命は何かに操られている?

いやいや、それどころか、すっごく良い方向に導かれている?

な~んて勘違いしちゃったりもする事が起きる。

前向き過ぎるか(^^;)


それが、本を選ぶときに起きる事がある。

あれ?この本も!この本も!えーっ、同じ人が書いてたのーっ!!!!!

それが今回は”林木林さん”だった。

言葉遊びを展開する詩人だけあって、なんなのこの回文のような名前は?

”林木林”さん=”はやし きりん”さんとお呼びする。

絵本ではあるが、大人向けの、哲学的であれこれ考えさせられるお話。

表紙の、見事な金のたてがみを持つライオンは、

「私こそ、天に選ばれし者」と自負する。

お金持ちのライオンは、盛大なパーティーを開き、金色の服に身を包む。

年老いたこの国の王様がその座を誰かに譲る、次の王を国民で決めるようにとお触れを出したとき、ライオンは思った。

「私こそ、王になる資格を持っている」と。


しかし、街では別のライオンが候補に上がっていた。

それは、街外れに住む、心優しい銀のたてがみを持つライオンだった。

噂が気になって仕方が無い金のライオンは、街外れまで確かめに出掛けて行った。

そこで見たのは、土にまみれ、ほこりを被って作業するライオン。

他人のために尽くすライオンの姿だった。


銀のライオンが次の王様に選ばれてしまうのではないかと危惧した金のライオンは、街で銀のライオンの悪口を言いふらしはじめた。

金のライオンが何を言っても、最初はだれも信じようとはしなかった。

しかし静かな噂は、やがてじわじわ広まっていき・・・・

*****

タイトルにある「二番目の悪者」とは誰のこと?

もちろん一番の悪者は金のライオンに違いない。


見返しに「これが全て作り話と言い切れるだろうか――」とある。


怖いわあ。。。。。

たぶん、世の中の多くがこんな仕組みだろう。


二番目の悪者とは、あなた自身であり、私自身である・・・可能性がある。


「誰かにとって都合のよい嘘が 世界を変えてしまうことさえある。


だからこそ、なんどでもたしかめよう。


あの高くそびえる山は、本当に山なのか

この川は、まちがった方向へ流れていないか。

皆が歩いて行く道の果てには、何が待っているのか」


6年生になら読んでも良いかな?って気がするのだが、最後のページの一行は、終わり方として朝読みには向かない。

でも、噂やSNS、報道番組とは到底思えないバラエティ化した内容に、踊らされてしまいがちな子ども達には、是非立ち止まって考えて欲しい内容である。



さて、この本に出会う数日前に読んだのが、

読んであげるなら 7歳くらい~

この絵本訳者が、林木林さんだったのだ。

ってことに今気付いたのだか(^^;)

確かに、二冊には通じることがあるような。。。。


伝言ゲームをした事ある人ならば分かるはず。

まず最後までちゃんと伝わる事はない。

大爆笑でおわるこのゲームは、何もなくても出来るもんね。


文のない扉の次のページには、電線とカラフルな鳥が並ぶ。

電話線の左端にとまっているお母さん鳥の言葉を、右の端の方にいる息子のピーターへ、途中の鳥たちが順番に伝言を送っていくお話なのだが、伝言はやっぱりちゃんと伝わらない。

あまりに小さい子には、その伝わらない間違った内容の面白さが分かりにくいと思うので、やはり小学生以上への読み聞かせ向き。

さらに、賢いフクロウのオチを考えると一年生でも難しいかも(^^;)


ちなみに林木林さんで有名な絵本は、

この絵本は一時話題になり、おすすめ本として取り上げられる事が多かった。

大人が読むとぐっとくるかもしれない。

が、この世界が分かるには心の成長は欠かせない。

こういったタイプの本は、自分で選ぶようになってから読む本なのかなと思う。




ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

by yomuyomuehon | 2017-12-01 12:36 | 大人向け | Trackback | Comments(0)