人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

2015年 06月 16日 ( 1 )

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

先週の小学校は、個人面談週間。

面談の日の朝、「がっこうに行きたくないっ!おなかがいたい!」とシクシク泣いて寝転んでいたtaichi


実は10日位前から腹痛があって・・・

でも、食欲旺盛、快便、毎晩スイミングにも行ってるし、

友達と約束した日には遊びに出掛けるし、

約束してなくても、1キロ近く離れた公園に、友達が来ているか確認に行く程元気。

痛くなるのは、学校から帰って来た時、寝る前くらいで、一瞬痛そうなんだけど、すぐ治る。

それって、くり返し病?

病院に行きたいというので、連れて行った所、どこも悪い所は無いし、話の内容からすると、ストレス性のものじゃないかな?という事で、やっぱりくり返し病みたい(><)

taichiは、ああ見えて、あの行動スタイルからは考えられないくらい神経質。

学校の様子を聞いても、スイミングでの様子を見ても、ストレスは相当なものなんだろうが・・・


朝は兄ちゃん達に先に行ってもらい、私と歩いて登校し、まだ何人か校門を入る子達に紛れて、何も無かったかのように校舎に入っていきました。


ああ、面談で何言われるのやら・・・・(^^;)


しかし、

????????


私の頭の中は大混乱!

はあ?先生何を仰っているのでしょうか?

先生から聞く学校でのtaichiの様子は、家でのtaichiと真逆!?

それって本当でしょうか?

先生の話によると、成績は問題なく、授業態度は真面目で、運動神経抜群で、責任感は一番で、何でも任せられるし、クラスをまとめてくれるリーダー候補なんです、と。


え-っ?


今朝、学校へ行きたくないって泣いてて、私が学校まで連れて来たんですけど・・・

10日ほど前からストレス性の腹痛で、毎日お腹が痛いって言ってるんですけど・・・

毎日宿題終わらせるのに大変で、ぎゃーぎゃー大騒ぎなんですけど・・・・

何でもすぐ人のせいにするんですけど・・・


「本当ですか?今初めて知ったんですけど・・・すごくびっくりしています」と先生。

友達との関係が上手くいってないとか、勉強に付いて行くのが大変とか・・・そういう問題があるんだと、思っていたんですけど・・・

「いいえ、休み時間にはお友達誘って、すぐ外に遊びに行ってます。リーダー的だから、皆を引っ張って外に出てますよ」

えっ?

あいつ、人間関係つくり・・・ヘタだよなあ

確かに、昼休みは男の子達7、8人と鬼ごっこやサッカーやってるとは言ってたけど・・・


先生が毎日つけている評価表みたいなのに、良い所ばかりが書いてあって、ほんとに驚き!


「頑張りすぎてて、ストレスがたまっちゃったなんて事、ないでしょうか?家での様子とあまりにかけ離れてて・・・私が混乱してるんですけど・・・」

昨日はプール開きもあったのですが、お腹が痛いといってプールサイドで本を読んでいたとの事。

毎晩スイミングの選手コースに通っている事も本人は伝えてなかったようで、

「えーっ、毎晩なんですか?」と驚く先生。


「他の子をかなり怒ったりしているので、それを見て、自分が怒られているような気持ちになったり、そうならないように!って思わせているのかしれません。それは私の至らないところです。今まで見えてなかった事があったのかもしれません。これから気をつけて見てみます。また家で気になる事があったら連絡して来て下さい」


担任の先生は意外と?良い先生だった(^^;)

ほぼ毎日、お帰りの時になどに子ども達に読み聞かせをしてくれているんだそうで・・・

その感想を書いても良いよって伝えていると。

だからかあ!

一日3冊とか読書記録付けてるから、おかしいなあって思っていたのよ(^^;)


それにしても信じられん!

果たして先生が仰っている事は本当なのだろうか?


それでも、面談から帰って来て、先生が褒めていた事を伝えると、その日の夜からは腹痛が収まり・・・既に今日で5日目。



小学5年生位から

意地悪トリオの策略により、小学校の「特技発表会」で落語を披露する事になった雄馬。

意地悪トリオに絡まれていたところを、雄馬のおじさんだと名乗る、ヘンな落語家の笑八に助けられたのだ。

それで落語を!?

雄馬は頭を抱えて大弱り。

後には引けない雄馬は、笑八に弟子入り。

しかし笑八師匠は、全く頼りにならない・・・気がする。

本番直前に行った老人ホームで、笑八の前座を務めてみたけれど・・・失敗。

自称雄馬のマネージャー早川が、雄馬を励まそうと誘ってくれた青い目の落語家納豆さんの出演する寄席。

納豆さんを気に入らない笑八は、それが気に入らず、もう雄馬の師匠を降りると言い出した。

本番まではあと10日。

さあどうする?雄馬。

*****

登場する落語は「じゅげむ」「化け物使い」「まんじゅうこわい」など

小学生でも分かる落語です。

この本は最近sohtaとtaichiが寝る前に読んであげていたもの。

sohtaは一人で読めるものなんですが・・・(^^;)

寝る前に読んでと持ってくるものは絵本じゃなくなっているので、時間が掛かります。

読み始めるのも遅いので、寝るのも遅くなります。

でも、このひと時はあと何年も味わい得ないもの。

昼間色々とストレスのあったtaichiも、ぐっすり眠れるようで・・・

そう言えば、昼間のストレスが夜中のぎゃーぎゃー叫ぶ寝言で出ていたtaichiですが、最近なくなりました。

何か一つ乗り越えるたび、子どもは強く逞しくなっていく。

この雄馬君もそう!

結局人のせいにしていたり、負んぶに抱っこの状態では、出来たとしても自分の真の力ではない。

自分の頭で考えて、自分の力で動き出す事が出来るようになった時、それこそが自分の力。

taichiはまだまだ・・・まだまだまだ。


ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2015-06-16 17:04 | 童話 高学年向け