絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2014年 05月 15日 ( 1 )

押してくれると、うれしいです


にほんブログ村

やるとなったら一生懸命やるのが好き!


子どもとのドッヂボールも、サッカーも、キャッチボールも・・・

ゴールデンウィーク辺りから、週末は子どもと、一生懸命やっちゃった。

と言うか、子ども相手にムキになってしまった!?


ドッヂボールでは、思いっきり投げて、当てて、

逃げるそうたを叱りつけ(^^;)

「ボールを取りに行けっ!」

「逃げてばかりのドッヂボールの何が面白い!?逃げずに取れっ!」

そんな感じで、一所懸命子ども達と遊び、鍛えていたのですが、

最近首筋が痛くて・・・・(^^;)

やっぱり、若い頃のようにはいかないねぇ(↓)


私が小学生の時、ドッヂボール大大大好きだったもので(^^)

つい、自分が楽しんでしまうのです。

その上、小中学校とソフトボールやってたもので、

キャッチボールも、楽しくて、

そしてGWには、初めてパターゴルフも子ども達と楽しみました。

子どもが色んなことを出来るようになると、いやあ楽しみが増えますね(^^)

最初はへったくそだったそうたとたいちでしたが、

子どものほうがスタイル滅茶苦茶でも、

飲み込みが早っ

負けた(↓)



子どもって、楽しければ一所懸命やるんです。

次の事考えてないから、へとへとになるまで走り回る。

何でも、懸命にやる姿って、いいね、気持ち良い!


子どもの姿は自分の鏡。

K先生が仰ってました。

子どもが窮地に立った時に取る行動は、

過去に自分が上手くいった経験、そして親の行動なんだそうです。


お煎餅を道に落とした2歳くらいの子。

K先生が見ていたら、

次の瞬間、

足でぐしゃっ!

潰した!?

三秒ルールは無かった。



先日の次男の授業参観で、

バケツの周りの水びしょびしょに、

自分の持ってる雑巾じゃなくて、ポケットから取り出したキャラティッシュを、

ボトンボトン。

えっ、ティッシュで拭くの!?


どちらも、親がやってる行動を真似てるんですよね?

親の行動って、良い事も良くない事も、遺伝しちゃうみたいです。

気をつけなきゃね(^^;)


そこでまどさんからのメッセージ。




読んであげるなら 6歳位~

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

・・・・わたしも ちからいっぱい

がんばるつもりですが

わたしは もう

84さいの としよりです。

どんなに がんばっても 

たいしたことは できません。

でも みなさんは ちがいます。

みなさんが いま 

ぜんりょくを あげれば

それは もう

できないことは ありません。

どうか みなさん、

まいにち まいちにを

むだに しないで

げんきいっぱいに

やってください。



あそぶのでも べんきょうでも

おてつだいでも どんなことでも

げんきいっぱいに やってください。

まいにちが たのしくなって

いよいよ どんなことでも ほんきで

やることが できるようになります。


むろん くるしいことや

つらいことも あるでしょうが、

そんなことは あたりまえで、

その くるしいこと つらいことを

ひとつずつ かたづけて

のりこえていくとき、

こんな うれしい たのしいことは

ないのです。

それを くりかえしているうちに

みなさんは

じぶんの なりたいような おとな、

だいすきな おとなに なるのです。



まどさんが、1994年日本人初の国際アンデルセン賞作家賞を受賞した時、

母校の山口県徳山小学校の子どもたちから届いたお祝いの手紙。

それに対して書いた返事が、この絵本になりました。

まどさん84歳の時のこと。


そして今年2月、逝去されました。

104歳!


実にたくさんの、子どもから大人まで多くの人に愛される詩を残してくれたまどさん。

子ども達に分かりやすい言葉で書かれた手紙。

大事な事を言うのに、難しい表現はいらないんだなって思いました。


懸命に生きてきた人が伝える、

「くるしいこと つらいことを ひとつずつ かたづけて のりこえていくとき、

こんな うれしい たのしいことは ない」


説得力がありますね。


「一所懸命」とか「努力」とか・・・死語になりつつある昨今、

賢人のこういう言葉は、とっても嬉しい(^^)


最後にまどさんはこう締めくくっています。

「小学生は うまれてはじめての がっこうで、

たった 一かいきりの すばらしい『とき』です。

すっごい『とき』です。

ぜんりょく あげて がんばって

ぜんりょく あげて たのしんでください。」



そうそう!何事も頑張って!!! 楽しんで♪



ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2014-05-15 07:53 | 愛のある絵本 | Trackback | Comments(4)