人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年 08月 21日 ( 1 )

キャンプ最終日、15日の朝です。

テントを照らす陽差しに目が覚めると、

既に隣のテントの辺りは賑やか。

見ると、大家族のおじいちゃんが、

飯盒で飯を炊き、味噌汁も作り、

食べろ食べろと、孫、そして次々に起きてきた娘達に振舞っています。

じいちゃん、格好良い!!!

しかしながら、その様子を見ていると、

一人はカップラーメンにお湯を注ぎ・・・(^^;)

ああ、あれは嫁じゃなくて娘だな。


そうか!

味噌汁にご飯。

そうそう、キャンプと言っても食べたいのはいつも口にしているもの。

次回の朝飯は、

味噌汁にご飯で決まり!

飯盒で上手く炊く練習をしておかなくては!!!


さて、テントの中を片付け、管理人さんに挨拶をして、

一の瀬キャンプ場を後にして、駐車場まで20分歩きます。

私たちも自然の中の一部☆「星空キャンプ」_e0160269_9163542.jpg


今朝も気持ちの良い天気です。

三日間、好天に恵まれて良かった(^^)


白骨温泉に寄って帰りたかったのですが、

帰りの電車を考えると厳しく、残念ですが諦めて、

お土産を買いに、ふるさと村エコー乗鞍に立ち寄りました。

そこでたいちは今更ながら、「熊避けの鈴」を購入。

おばちゃん的に気~遣いの姪は、大きな箱のお菓子を幾つも購入。

再び松本駅でもお土産を買い足して、お土産だけで両手に大きな袋二つとなっていました。


乗鞍には、乗鞍三滝と言って三本の名瀑があります。

その一つ、乗鞍で最大規模の、番所(ばんどころ)大滝に寄りました。

松本に帰る県道沿いに駐車場があり、

そこから結構急な階段を下りること5分(う~ん、もっと掛かったかな?)

私たちも自然の中の一部☆「星空キャンプ」_e0160269_9114129.jpg

私たちも自然の中の一部☆「星空キャンプ」_e0160269_9122324.jpg


見晴台に到着。

私たちも自然の中の一部☆「星空キャンプ」_e0160269_913174.jpg


水しぶきが掛かります。

滝って、大好き、気持ち良い☆☆☆

吸い込まれそうです。

マイナスイオンをいっぱい吸い込んで、

また急な階段を上ります。

降りる時は滑りそうで危ないけれど、

登りはキツい(><)


さて、こんな感じで乗鞍とはさようなら。

一路、松本へ。

新幹線に乗りたい!という子ども達の希望で、

松本から特急しなので長野へ。

私たちも自然の中の一部☆「星空キャンプ」_e0160269_9143846.jpg


長野から長野新幹線で大宮へ。

帰宅は4時過ぎ。

それにしても暑い!暑すぎる!!!

なんと、洗濯機を回すこと三回(><)

この暑い中、大量の洗濯物との格闘が残っていたのでした。

乗鞍の、涼しかった肌の感覚、あっという間に忘れてしまいました。

*****



読んであげるなら 4歳くらい~

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

バキッ、バキッ。

テントのそばで、枝のおれる音がしました。

「お父さん、ク、クマがきた!」

ミナは、小声で、お父さんとお母さんをゆりおこしました。

「うーん、どうした?」

「しーっ、クマがきた」

「たぶん、シカだと思うよ。夕方、親子づれをみかけたしね。

クマはもっとしずかにあるくんだってさ」

「なら、いいけど」

と、お母さんもしんぱい顔。

「まあ、ここはぼくたちだけじゃない、ってことだよね」

湖のほとりにキャンプして、1週間がたちます。

3人は目がさめて、思い思いにしゃべりはじめました。

「でも、ほんとにすてきなところね」

・・・・・・

「あっというまの1週間だ。・・・・うれしいね、ミナ。あのね、シカやクマや、

鳥や魚、いろんないきものが、おなじ空気をすって、いまいっしょだってこと」

「じゃあ、キイチゴも、イトトンボも、ともだちも、わたしも」

「そうね、みんなみんないっしょ、この星の上でね」


*****

このお話のように、キャンプらしいキャンプではありませんでしたが、

テントの周りで、私達を追い回していたアブも、

小川に居た魚も、

森のどこかに居たらしいクマも、

草も、木も、

みな同じ空気を吸って暮らしている仲間。

まあ、どちらかと言ったら、私達がよそ者であるわけで・・・

国立公園内の山中と言いながらも、あちこちにある自販機。

結構お世話になりましたが・・・(^^;)

かなりのゴミが出るわけで・・・

こういう美しい自然を残していく事、

住み難い地球にしない為に、

あえて不便な環境を作るべきなんだろうなと思います。

でも、自販機がないって・・・・そんなに不便なのでしょうかね?

うちは駅前にあり、最近またコインパーキングが出来て、

ますます明るくなりました。

星は殆ど見えません。

自販機は、駅前にずら~と並んでいますけど。

ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2013-08-21 09:24 | 外遊びの絵本