人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー

2010年 10月 03日 ( 1 )



読んであげるなら 2、3 歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

「おやつが ほーい どっさり ほい

プリンに クッキー ホットケーキ

おやつを もって ピクニック」

と みえちゃんが うたいながら あるいていくと、



うたを きいた はらぺこぎつねが

「いこうよ いこう ピクニック」

と ついてきました。





 * * * * *


(以下、あらすじです)


おやつが欲しくて付いて来た、はらぺこぎつね。

おやつをいっぱい食べたいから、

「お腹がぺこぺこになる所まで歩くのよ」と言うみえちゃんに、仕方なく付いていきます。

途中、おやつの入った籠を、危うく池に落としそうになったのを、ナイスキャッチ!

坂道では、みえちゃんを押して頑張るはらぺこぎつね。


「きつねさんーん、そろそろ おやつに しましょうかー」


「きつねさん、うーんと、がんばったから 

プリンも クッキーも いっぱい いっぱい あげちゃう」


「さあ、どうぞ。ぜーんぶ わたしが つくったの。」


「お、い、し、そー!いっただっきまーす!」



ところが・・・・


* * * * *


みえちゃんが作ったというこの「おやつ」

一体、何で出来ていたと思いますか?

途中、ヒントになる場面が幾つかあるのですが、

はらぺこぎつねは、それには全く気付かず。

目の前の「おやつ」で頭がいっぱいです。

美味しい!とは言い難いみえちゃんのおやつに、ガッカリしたはらぺこぎつねでしたが、

大丈夫!

最後には、とびきり素敵なおやつが待ってましたよ~♪


* * * * *


「おやつ」と言えばスイーツ

そうたを入園させる前まで、そう思ってました。


子どもにとって、おやつは食事の一つ。

『おやつも、いわゆる「お菓子」では無く、栄養を補う物でなければならない』

入園し、食育講座を聞いたりするうち、それまでの事を反省するばかり。


そうたは延長保育をしているので、おやつも幼稚園で出していただいています。

通常は、季節の果物や野菜、スルメ、自分で握ったおにぎり、

パン(天然酵母の、軟らかくない、ゴマパンやレーズンパン)など。

夏休み中のおやつはスペシャルで、流し素麺やフルーツポンチ等など、素敵なものもいっぱい!

いきなり団子など、あんこの入ったお団子等も作るようです。


お弁当を食べ終えていない子には、出ないおやつ。

そしておやつも、食べ残しは許されません。


梨やリンゴは、一個を二つに切って、はいっ!と渡されます。

リンゴの皮は、食べさせてる人も多いでしょ?

じゃあ、梨の皮は?

皮を残すのが面倒な園の子供達・・・きっと食べてます。

そして、残った芯や種は通称「うんち捨て場」へ捨てに行きます。

(うんち捨て場には、園で飼っている動物の糞を捨てたり、畑の草を捨てたりしています)

栗も茹でたら、そのままです。

自分の歯で、ぐ~~~っと皮をむきます。


家で全て皮も剥いて、ヘタもとって、キレイに処理した状態で出していると、暫くは苦労します(^^;)

「生き抜く力」を育てるという園の教育方針は、こんなところでも垣間見れます。


大人は、「おやつ」と言えば、甘い物ですね(^^)

うちはパパが家で仕事をしているので、3時半頃

「何か、あまいもの無い?」

と来ます。

子どもに隠れて・・・というわけには行かず。

こういう時、子どもはすぐ嗅ぎつけてやってきます。


うちの食生活は、この2年間に大分変わり、前ほど甘い物を欲しなくなったかもしれません。

市販のものは甘過ぎ、しょっぱ過ぎ・・・味が濃すぎます。

なので、作る事になります。

パパに、「今日のおやつはおにぎりです」と出したら、嫌な顔するでしょ?

だから補食になる、甘くない物です。


* * * * *


入園前は、毎日のように公園で、お菓子を交換したりしていました。

お腹が空くと愚図って面倒だと、いつも何かをバッグに忍ばせていました。

だから、お昼過ぎても帰らず遊んでしまうわけで・・・

結局、悪循環。

お腹を空かせて、帰れば良かったわけです。


先日幼稚園で、未就園児の為の公開保育の時に、袋菓子を食べている子が居ました。

給食を食べずに、袋菓子を食べ、それを手に持ち、食べ終えた子たち(?)に混じって遊び始めました。

居た堪れず、注意しました。

お母さんにはきっと、注意された・・・って事しか残らなかったと思います。

私が、入園前に気付かなかった事を気付かせてもらったように、

そういう方にこそ、入園して考えて欲しいなあって思うのですが・・・


息子の通う幼稚園の魅力は、「十分に子どもが遊び込む」事だけではありません。

一番の魅力は、親が成長させて貰える事です。

入園させてから、本当に色んな事を考えるようになりました。

人としては、穴だらけの私ですが(^^;)



そう言えば、

食育=育児と言っても過言ではないと、

先日、講演を伺った大森一慧さんは仰ってました。



でも、たまには・・・

プリン、クッキー、ホットケーキ

食べたいよね(^^)


うちで作るこれらは、

まさに補食の要素満載のもの。

ちょっと材料を変えるだけで、唯の甘~いおやつじゃなくなりますよ!
















中島 デコ
パルコエンタテインメント事業局
発売日:2005-07






最後まで読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2010-10-03 10:52 | ほのぼの絵本