人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

おばけドライヴ


スズキ コージ
Amazonランキング:208016位
Amazonおすすめ度:



スズキコージ・作

読んであげるなら  4、5歳~


ある朝 ヘイザくんは ばチンと 目をさまし
だんご坂下の たばこ屋で おばけたからくじを
一まい 買いまいした。

すると なんと 一等賞の スポーツカーが 大あたり。

さっそく ガールフレンドの カアコさんと
山おくの カッパ池まで ドライブに でかけました。


集団ヒッチハイクの小学生達を乗せ走っていると、皆色んなお化けに変わっていたのも、
ものともせず、

大雨が降ってきて、マフラーから黒入道が出てきて、車の屋根をぶっとばしたのも、
ものともせず、

車のボンネットから牛鬼が出てきて、臭い鼻息をふきかけるのも、
ものともせず、

途中の峠の茶屋で、カツどんを注文。

そこへ鬼の団体がやってきて、どしどし注文したのも、
ものともせず、

おばさんが、大きな丼を担いで現れたのも、
ものともぜず、

丼に飛び込んで食べるヘイザ君たち。

食べ終わって鬼の団体を誘って、カッパ池へ向かいます。

そこへ火の玉が沢山飛んできたのも、
ものともせず、

カッパ池では河童たちが大勢お出迎え。

みんなは池に飛び込み、盆踊り大会の輪に入って踊り続けました。


   *  *  *  *  *

スズキコージさんの、ぶっ飛びワールドを、またまたご紹介。

この本は息子が幼稚園で読んでもらってから、大のお気に入り。
息子の好きな、ドライブ・お化け・ギャハハお笑いワールドの3点盛りです。

私にとっては“わけわかりませ~ん”の世界です。

こんなお話書けちゃうスズキコージさんって、素敵!
1948年生まれの60歳ですからねぇ。
格好良いおじさまです。

尚、この本は講談社出版文化賞受賞作品  


   *  *  *  *  *


3日ぶりの更新です。

那須に行って来ました。
電車とレンタカーを使って、妹達・姪達と春休み旅行です。

西那須野の駅で降りなくてはいけなかったのに、那須塩原まで行ってしまい、一駅戻り、
お昼を食べようと向かった玄米菜食のお店は、都合によりお休み。

なんだか、すごろくゲームの負け試合みたいです。

車の中では「お腹空いたー!」の大合唱。
結局すぐ近くにあった、美味しいとは言えない蕎麦屋さんで昼食。
その麺の量の多いこと!

それからちょこっと寄り道して、サファリパークへ。

これがお高いんですよねぇ。
大人2600円、子供2100円(3歳以上)が入場料金
大人1000円、子供500円がバス乗車賃
動物の餌一袋1000円

行く前にHPから入場料10%割引券をプリントアウトしていく事をお勧めします。

さて窓に金網のついたトラ1号に乗って出発!

息子はおじさんの説明にビビリまくって、窓側に座らず通路側で緊張ぎみ。
下の子はサルのように、金網をガシャガシャゆすっておりました。

動物園と違って歩き回っているライオンやトラ。
その姿を見てか、いつの間にか窓際に移っていた息子。

それからキリンに餌やりです。
最初は、怖いからやらないと言っていた息子ですが、他のお客さんたちがあげているのを見て、
やりたいと言い出し、キリンの口にビスケットを入れました。

その後もバスが着くと、動物達が次々餌を貰いに寄ってきます。

そして金網に鼻を伸ばしてくる象にもタッチ!

間近で見る動物の目って、とっても可愛いですね。

でも餌代・・・馬鹿になりません。
1000円はあっと言う間になくなります。
キリンだけでおしまいです。

もっとあげたいという息子を制し、他の人の餌やりを見学させた母でした。

すご~く高いなあと思ったけど、子供達はとっても楽しかったようなので良かったかな。

翌日は牧場へ。

そうたは初めて乗馬をしました。

5歳以下は大人と一緒でないと乗れないので、お馬さんに申し訳ないなあと思いながら、
私も一緒に乗らせていただきました。

乗馬っていつ以来かしら?
お馬さんの上は高くて気持ち良く、独特の揺れが何とも言えませんね。

羊やヤギとのふれあい広場には、生まれたばかりの可愛い赤ちゃんがたくさんいました。

幼稚園にヤギやうさぎがいるせいか、以前だったら怖がった動物とのふれあいも出来るようになった息子です。

普段動物に接する事の無い姪達は逃げまくり、ビビリまくり。

ふれあい広場では、ヤギ達の糞を踏まないように、歩く場所を探して爪先立ちの姪に、大きな羊が近寄って来て・・・ギャーっと逃げて・・・糞を踏んでパニックです。

予定していた、鹿の湯やニキ美術館には寄れませんでした。

でも子供と一緒だと、こんなもんかなあ・・・
子供達が楽しんでいたようなので、良しとしましょう。


   *  *  *  *  *

以前紹介したスズキコージさんの本はこちら

「エンソくんきしゃにのる」
「ガラスめだまとぎんのつののやぎ」




以前紹介した講談社出版文化賞受賞作品はこちら

「こんとあき」




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


   *  *  *  *  *

本棚つくりました。
まだ開発中ですけど
覗いてみてね

ブクログ/絵本のおかあさん

   *  *  *  *  *

ランキングに参加しています
お手間取らせて申し訳ございませ~ん040.gif

このお話読んでみたいわ~と思って頂けましたら、
ちょこっと下のバナーを押してくださ~い
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ごめんなさ~い。ついでにもう一個、ポチッとね
 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2009-04-05 04:27 | おもしろ絵本