人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ねっこぼっこ

ねっこぼっこ
ねっこぼっこ_e0160269_21341539.jpg

ジビュレ・フォン オルファース・作  生野幸吉・訳  秦 理絵子・訳
作品名をクリックして頂けますと、amazonの商品ページに行けます。
作者名をクリックして頂けますと、amazonの、作家の作品一覧に行けます。

読んであげるなら 4、5歳~

   *  *  *  *  *

「お起き、お起き、こどもたち、
 さあ、もうすぐ 春がきますよ!」

そのこえをきくと、こどものむれは
めをさまし、せのびし、
きちんとなおす、
冬のあいだに、みだれたかみを。


ねっこぼっこは 春のよういだ、
春のきものを じぶんでぬうんだ。
はりや、はさみや、ゆびぬきつかって、
おさいほうは どんどんはかどるよ。

お裁縫するのは、ねっこぼっこの女の子。
ねっこぼっこの男の子は、かみきり、こがね、色んな虫の色を塗ってあげるんだ。

春がくる、くにじゅうに 春がくる。
いろとりどりの れつをつくって、
こうちゅうや、はなや、おさないくさが、
地上のせかいに、のぼってゆく。


すずらん すみれ かたつむり
わすれなぐさ ひつじぐさ

可愛い花が踊ってる
色んな虫たちも大喜びの夏・・・

あらし、かぜ、
秋がくるのは、さむいよ、
ねっこぼっこは、いそいでもどる、
かあさんのもとへ。


   *  *  *  *  *

原題を直訳すると・・・「根のこども」----そこに、”ぼっこ”という東北地方の方言をあてたそうです。

息子はこの本を読んであげた後、
「かわいい ほんだね」
と言ってました。

その通り、本当に可愛い本です。
そしてジビュレの優しさと心の豊かさがにじみ出ている、素敵な絵本。

絵の中の草木や昆虫は、子供でもわかるようです。



春・・・こんな本を読んで、大地の匂いを感じてみるのもいかがでしょう?

でもこの本、残念ながら絶版です。
図書館で探してみてくださいね。
なお、訳が秦 理絵子の方は、購入可能です。ただそちらを読んでないので、なんとも言えないのですが・・・ごめんなさい。

   *  *  *  *  *
    
春の匂いを嗅ごうとくんくんすると、思わずくしゃみが・・・・ハッ、ハア~ッ、クッション!
うう~、これが無ければ良い季節なのになあ・・・

今年も楽そう~、なーんて油断してたら、急に来ました。
空気清浄器廻しっぱなしの日が続いてます。

幼稚園から帰ると公園へ・・・の息子に付き合って、今日も4時半から散歩です。
マスクが手放せませ~ん。

公園一周するだけよ!の約束で、往復2.5キロの散歩。

でも公園に着いたら、そうたのお友達がいて、”高オニ”が始まりました。
おんぶしていた下の子を下ろして、私も参戦!

帰ってきたら6時でした。
ああ、つかれた~っ

息子はぱくぱく夕食食べて、布団に入ったら2分もしないで夢の中です。


息子は春の気配を感じているのかしら?

最近、暑い暑いと家の中ではすっかり半そで・半ズボンです。
気温が高くなってきているのは、体感しているもよう。

勿体無いから暖房切ろうかとも思うけど、こちらは寒くて・・・


   *  *  *  *  *

以前紹介した生野幸吉さんの本はこちら

「クリスマスものがたり」




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


ランキングに参加しています
このお話読んでみたいわと思って頂けましたら、ちょこっと下のバナーを押してくださいね!
2つ押していただけると、なおうれしー070.gif
 ↓  ↓  ↓    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 人気ブログランキングへ
タグ:
by yomuyomuehon | 2009-03-12 22:45 | 春の本