人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

はじめてのかり

はじめてのかり (絵本アフリカのどうぶつたち第1集・ライオンのかぞく)
はじめてのかり_e0160269_1164588.jpg

吉田遠志・作
作品名をクリックして頂けますと、amazonの商品ページに行けます。
作者名をクリックして頂けますと、amazonの、作家の作品一覧に行けます。

読んであげるなら 4、5歳~


   *  *  *  *  *

お日さまは、ななめにてっています。
すこし すずしくなってきました。

かりに でかけるじかんです。

ところが、おかあさんライオンたちは、きもちよさそうに ひるねです。
きのうとった、大きなしまうまがのごちそうで、おなかがいっぱいだからです。

さんびきの わかいライオンは、どこかにゆきたくて しかたありません。

そこで、さんびきだけで、はじめて かりにでかけることにしました。



近くの丘の上には、縄張りを見守るお父さんライオンが居ます。

まず草原で見つけた獲物には、若いライオンでは歯がたちません。
親子のサイと水牛の群れです。

森の近くに居たシマウマの群れには、すぐ見つかってしまい、逃げられました。

目の前を、二匹のチーターがインパラを追いかけていきました。

ハゲワシが死んだシマウマの肉を食べています。
ハイエナが横取りしようと狙っています。

やっと獲物を見つけたました。
ヌーの群れです。
近づいて挟み撃ちしようとしましたが、逃げられてしまいました。

キリマンジャロ火山の向こうに、夕日が沈んでいきます。

夜のジャングルでは、カモシカを捕らえたヒョウに、木の上から威嚇されました。
(この場面、あまりの迫力に息子は硬直!)

帰り道、ヤマアラシの棘が足の裏に刺さって血が出ました。
棘が折れて中に入ったら、歩けなくなります。
そうなれば、もう生きてはいけません。

テリトリーの近くまで来ると、お母さんライオンが心配そうに出てきました。
子供たちはうれしくて、飛びついたりじゃれあったり・・・

ライオンの親は子供たちに狩りの仕方を教えます。
危険な動物や、やってはいけないことも、覚えなければなりません。
だんだん自分たちで狩りが出来るようになることでしょう。

   *  *  *  *  *

吉田 遠志 (ヨシダ トオシ)  
    
1911年~1955年。
洋画家であり版画家でもあった吉田博の長男として東京に生まれる。
太平洋美術学校で学んだ後、素材を広く海外に求めるようになり、アフリカをはじめ世界各地への旅を重ね、動物と自然をテーマに木版画を制作。
「自然や動物を愛する心は、幼いときから養われねばならない」という信念から、1982年より制作をはじめた『アフリカの動物絵本シリーズ』は全17巻に及ぶ。

『はじめてのかり』でボローニャ国際児童図書展エルバ特別賞
『まいご』で絵本にっぽん賞、サンケイ児童出版文化賞、国際オーナーリスト賞を受賞
『アフリカの動物絵本シリーズ』は、フランスで翻訳出版賞・異文化理解貢献賞を受賞


   *  *  *  *  *

2009年3月5日付の朝日新聞「米国ゴルフツアー 素顔のプロたち」から


「ライオンの親が死にゆくとき、子に象1頭分の肉を残していけるかといえば、そんなわけはない。
親は子に象の捕り方を教えるだけです」

ノーザントラスト・オープンに推薦出場し、米ツアーに初めて足を踏み入れた石川遼(17)を眺めながら、そんな言葉を胸の中で反芻(はんすう)していた。

石川の米ツアーデビューとマスターズ招待出場が決まった直後、父・勝美氏が口にした言葉だ。

父・勝美氏が暗示した「象」は、きっと特定の象ではないだろう。

一見、非現実的と思えるほどの高い目標や大きな夢。そうしたすべてが「象」であり、非現実を絶対に現実化しようと挑む心意気が「象の捕り方」なのだ。

 常に巨象を見上げろ。そして、いつか必ず捕れ――
父が授けたいと願う心意気を息子が心と体で感じ取り、心と体を震わせたあの瞬間。
世界というフィールドで巨象に立ち向かう石川父子の挑戦記の幕が開いた。



お父さん、良いこというなあ~。
うちの息子たちにもいつかは象の捕り方、教えてあげられるかなあ?

グ~、zzz

ん?

パパっ!パパったらおきて~
そんなところで寝ないでくださ~い。風邪引きますよ~!

先程帰宅して、ソファでいびきをかいているパパさんです。
起こすべきか、寝かせておくべきか・・・

   *  *  *  *  * 

息子はNHKの「ダーウィンが来た!」が大好きです。

そしてこの絵本は番組が絵本になったよう。
東アフリカの草原がリアルに描かれています。
暫くこのシリーズ、嵌るんだろうなあ




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


ランキングに参加しています
このお話読んでみたいわと思って頂けましたら、ちょこっと下のバナーを押してくださいね!
2つ押していただけると、なおうれしー070.gif
 ↓  ↓  ↓    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2009-03-11 01:32 | どうぶつ絵本