人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

とんとんとめてくださいな

とんとん とめてくださいな (幼児絵本シリーズ)
とんとんとめてくださいな_e0160269_2341124.jpg

こいでたん・作  こいでやすこ・絵
作品名をクリックして頂けますと、amazonの商品ページに行けます。
作者名をクリックして頂けますと、amazonの、作家の作品一覧に行けます。

読んであげるなら 3歳~

三びきの ねずみが、
ハイキングに でかけたかえりに、
みちに まよって しまいました。
 ひは、とっぷりと くれてきます。
きりも でてきました。
 とほうにくれた 三びきが、あたりを みまわすと、
とくに、いえが 一けん みえました。
「こんやは、あのいえに とめてもらおう」

「とんとん、とめてくださいな」


いくらドアを叩いても返事はありません。
そうっとドアを開け、中に入った三びきのねずみたち。

疲れていたので、ベットにもぐりこみました。
そのうち家の外で足音がして、

「とんとん、とめてくださいな」

やって来たのは、二ひきのうさぎ。

(自分のうちでもないのに・・・)
「どうぞ どうぞ。ぼくらたちも みちに まよって、
とめてもらっているんです」


一緒にベットに入った、三びきのねずみと 二ひきのうさぎ。

するとまた、家の外で足音がして、

「とんとん、とめてくださいな」

飛び込んできたのは、三びきのたぬき。

(またもや、自分のうちでもないのに・・・)
「どうぞ どうぞ。ぼくたちも、とめてもらっているんです」

一緒にベットに入った、三びきのねずみと 二ひきのうさぎと 三びきのたぬき。

それから暫くして、どしんどしんと大きな足音がしたかと思うと、
ぎいーっと、ドアが開けられて、黒い大きなものが・・・

   *  *  *  *  *

三びきのねずみたちは、外で足音がするたびにドキドキっ。
息子も何回読んあげてもドキドキしてます。

そして最後に入ってきた、黒い大きなもの・・・の所で息子の体は硬直!

こんなドキドキするお話・・・怖がりの息子は、毎回ドキドキしながら楽しんでいる様子。

「えーっ、一体誰がはいってくるの~?」
って、ドキドキしながらページを捲っては、ほっ、の繰り返しです。

   *  *  *  *  *

今日は忙しい一日でした。
午前中小松崎進先生の”この本読んでの会”があって、お昼を食べずに幼稚園でのお別れ会に出席。
息子の通う幼稚園には、歌の会というお母さんのサークルがあります。
お別れ会では、歌の会から卒園する子供たちに、歌のプレゼントをしました。

息子はまだ年少で、卒園するわけではないのに、送る歌の詩が感動的で、泣けてきます。
2年後はきっと涙・涙で、歌えないんだろうなあ・・・



さて”この本読んでの会”

(毎回先生がおっしゃる、読み聞かせのポイント!)

1、ゆっくり、はっきり読む
2、最低10回は音読する、覚えるくらい読み込む(子供たちに聞かせする場合ですね)
3、登場人物によって声色を変えない、大げさに読まない、自然に読む
4、タイトルの後に作者(文・絵それぞれ)の名前を言う
5、導入を使うーいきなり読まないで、これから読む本にまつわるような事を話して、子供を引き付ける
6、感想を聞かない


絵本には、一過性の本と、永く読み継がれている本がある。
子供には永く読み継がれている良い本を読んであげましょう!との事でした。

今日私が紹介したこの本は、1981年発行です。
この本は、先生も勧めていらっしゃいましたよ。


   *  *  *  *  *

MOE 本当に売れている絵本-そのわけを知っていますか
こんな雑誌も参考になりますよ。
とんとんとめてくださいな_e0160269_0243571.jpg

「ミリオンセラー」と呼ばれる100万部以上売れている絵本には、
たくさんの人に長い間読み継がれてきただけの、とてつもない魅力が備わっているはずです。
「本当に売れている絵本」がどのようにして生まれ、そして、なぜこんなにも
愛されてきたのか──。
その“わけ”を丁寧にひもとく、
MOE初のミリオンセラー絵本大特集です


この雑誌は図書館で借りる事も出来ますよ~。
迷ったら、まずは売れてる本を読んでみるのがいいのかなあ。


そして、本日先生が読んでくださった絵本は
「どうぞのいす」
以前紹介しましたので、参考にしてくださいね。




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


ランキングに参加しています
このお話読んでみたいわと思って頂けましたら、ちょこっと下のバナーを押してくださいね!
2つ押していただけると、なおうれしー070.gif
 ↓  ↓  ↓    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2009-03-09 23:04 | どうぶつ絵本