人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ウェン王子とトラ

ウェン王子とトラ
ウェン王子とトラ_e0160269_9343335.jpg

チェン・ジャン・ホン・作  平岡敦・訳
作品名をクリックして頂けますと、amazonの商品ページに行けます。
作者名をクリックして頂けますと、amazonの、作家の作品一覧に行けます。

ウェン王子とトラ ←楽天ブックスはこちらをクリック

読んであげるなら 5歳~


昔、深い森のお国、トラのおかあさんが住んでいました。
トラは、悲しそうな鳴き声をあげていました。
子どもたちが、人間の猟師に殺されてしまったからです。


トラはその日から人間を憎み、村へ行っては家を壊し、人や家畜を食い殺しました。

困り果てた王さまは兵を集めます。
しかし占い師は予言します。

「兵をだしてはなりません。そんなことをしたら、トラはますます暴れます。
トラの怒りをしずめる手立てはただひとつ。ウェン王子をトラにさしだすしかありません。
でも、ご心配はいりません。王子さまが危ないめにあうことは、けっしてないでしょう」


こうして王さまは、幼い王子を森の奥へ置き去りにしました。

ウェンの匂いを嗅ぎつけ、トラはウェンに近づき・・・


  *  *  *  *  *

人間を憎みながらも、ウェンに出会ったことで、母性を取り戻した母さんトラ。
そしてトラのもとで、強く心優しい少年に成長したウェン。

水墨画の手法を使った迫力ある画。
ページをめくって現れた、迫力あるトラの表情に、息子が後ずさりしたほどです。
まあ、家の息子はかなりの怖がりやさんなんですけどね。

ウェンは城に戻り、立派な王になるのですが、再び森の奥のトラの元を訪ね、息子を託すのです。


良き指導者・ゆるぎない親の姿勢・深い愛情・子供の成長する場所、私が子供に必要とするものが、この本には全てあります。


  *  *  *  *  *

先日幼稚園で、延長保育説明会がありました。
息子の通う幼稚園では、年中児から通常の保育の後に延長保育があります。
働いているお母さんの為、というよりも子供が十分遊ぶ場所の提供が目的です。

その時のお話で、延長保育をするかしないか、子供に聞いてはいけません。
幼稚園選びもそうだったでしょう?
親がこの子をどう育てたいかに拠るのですとの事。


先日の幕内先生の講演会でも、
「生き抜くは、すべて幼稚園時代に教わった。」
と言う子がいたとおっしゃってました。

そうです。うちも息子にも生き抜く力をつけて欲しいと、この園を選んだのです。
息子も良き指導者(トラ?といっては怒られちゃうかしら)の元、生き抜く力を身に着けて卒園して欲しいもの。
その息子も泣き虫小僧ですが、一年前と比べたら、大分成長しました。




最後まで読んでくださってありがとうございます。

ランキングに参加しています
このお話読んでみたいわと思って頂けましたら、ちょこっと下のバナーを押してくださいね!
2つ押していただけると、なおうれしー070.gif
 ↓  ↓  ↓    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2009-01-31 10:31 | 愛のある絵本