人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

かえるをのんだととさん

かえるをのんだととさん ← amazonへはこちらからどうぞ!
かえるをのんだととさん ← 楽天へはこちらからどうぞ!
かえるをのんだととさん_e0160269_226255.jpg

日野十成・作  斉藤隆夫・絵
作家名をクリックすると、その他の作品もご覧になれま~す。


むかし あるところに、なかのいい
ととさんと かかさんが すんでおったと。

あるひ ととさんの はらが いたくなったんだって。
そこで かかさんに いった。
「かかさん かかさん、はらが いたくて たまらん。どうしたら いいかのう」
「ととさん ととさん、おてらの おしょうさんに きいてみなさると いい」

かかさんに そう いわれてな、
ととさんは おてらに でかけていったと。


和尚さまに勧められた通り、蛙を飲んだととさん。
すると蛙が腹の中の虫を食ったので、腹痛は治った。

けれど今度は、お腹の中を歩く蛙が気持ち悪い。

「かかさんやぁ」
「おしょうさまに ききなされ」


そこで再び和尚さまに相談。
「へびを のむと いいぞ」と和尚さま。

それから和尚さまに勧められるまま、雉・猟師・鬼を次々飲み込んだととさん。

さて鬼を飲んだととさん。
腹に鬼の角が刺さって、痛くて切なくて・・・

その後和尚さまは、どうやって鬼を退治してくれたでしょうか?
それは読んでのお楽しみ!

  * * * *

絵本探しに、時々大宮のジュンク堂に出掛けます。
売り物なので、あまり立ち読みばかりはどうなのかしら?って思いながら・・すみません。

息子も私もすぐ嵌りました。
なんて面白い話の展開。
そしてゆったりとしたリズムが良い!
読むとわかると思うのですが、早くは読めないんです。
「・・・でな、」とか「・・・だと。」とか、昔ばなし特有の語り口調がそうさせるのだと思います。

のんびりしたととさん。
気の強そうなかかさん。
なんだかいい加減そうだけど、最後はああ流石って思わせる和尚さま。
それぞれの特徴を生かした読み方をすると、尚面白いですよ。

ちなみにこれ、節分のお話です。
あれっ!種明かししちゃった?



さて今日は、精進料理教室に行ってきました。
玄米の恵方巻き・レンコンと豆腐のつみれ汁等々。
美味しくて体に良いもの、頂いてきました。

そして作っている最中、参加している方々とのお話も、楽しくて参考になることばかりです。

下の息子を母に預けて行ったので、おんぶがなくて楽でした。
ゆっくりご飯も食べれたし・・・


色々感謝な一日でした。




読んであげるなら 4,5歳~


最後まで読んでくださって、ありがとうございます035.gif

2つのランキングに参加しています。
2箇所クリックお願いしま~す。

1つは右メニューバーの一番上、人気ブログランキングです。
このブログに投票するってところをクリックしてね。

もう1つは  絵本・児童書のロゴをクリックしてね。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
by yomuyomuehon | 2009-01-22 23:29 | 昔ばなし