人気ブログランキング |

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

おかあさん だいすき

おかあさんだいすき (岩波の子どもの本 (5))
おかあさん だいすき_e0160269_22131318.jpg

マージョリー・フラック・作  光吉夏弥・訳
作品名をクリックして頂けますと、amazonの商品ページに行けます。
作者名をクリックして頂けますと、amazonの、作家の作品一覧に行けます。

あるところに、だにーという おとこの子が いました。
きょうは、おかあさんの たんじょうびです。
そこで、だにーは かんがえました。
「おたんじょう日の おいわいに、なにを おかあさんに あげたら いいかなあ」


だにーはあげるものを見つけに行きました。
するとめんどりに会いました
「おかあさんの おたんじょう日に、なにか あげるもの ないかしら」
「こっ、こっ、こっ、それじゃ、わたしが うみたての たまごを ひとつ あげましょう」
「どうも ありがとう でも たまごなら もうあるの」
「それじゃ、いっしょに なにか さがしに いきましょう」


それから出会ったがちょう・やぎ・ひつじ・めうし。
それぞれ枕に使う羽・チーズにする乳・毛布にする毛・牛乳をくれると言いますが、どれも既にお母さんが持っている物。

すると雌牛は
「それじゃ、なにが いいか、むこうの おやまに すんでいる くまさんに おききなさい」
みんなで聞きに行こうと誘うだにーでしたが、みんなに「わたしは、ごめん」と断られ、一人で森に。

森で出会った大きなくまに聞くと
「あいにく、わたしにゃ なんにも あげるものが ないね。だけど、いいことを おしえてあげよう」

さて、くまから教わった素敵なおくりもの。
何かわかりますか?

こんなプレゼント貰ったら感激!

  *  *  *  *

次男は熱が下がったものの、機嫌が不安定。
食欲は少し出てきました。
まだ発疹は出てません。

今日は昨日に引き続き、珍しくパパの居た週末。
息子に
「Tちゃんが具合悪くて、ママは公園に行けないから、今日はパパと遊んできてね」と言うと、
「パパとはムリ~!」と言って大泣きです。
何度説明しても「パパとはムリ~!」

でもってショックを受けたパパ。
「じゃあ、もう遊んであげないっ!肩車もしてあげないっ!」
と大人気なく怒って、自室に行ってしまいました。

結局息子が妥協して?泣きながら、
「パパと(え~んえん)、こうえんに(うぉ~んうぉん)、いく~っ(うわ~、うわ~)」
そして機嫌を直したパパとお出掛けしました。
帰ってきたのは3時間近く後。
あんなにぐずった割りに十分遊んできたようです。

息子よりパパの方がうれしそ~に帰って来たのは、言うまでもありませんね。
その上子供の機嫌取り?、てれびくんって雑誌まで買い与えちゃって・・・
夕飯までずーっと付録作りのパパでした。


昨日も今日も私が下の子に付っきりなので、いつもならOK!な事も今日はNG!だったのかなあ?

それにしても父親ってかわいそうです。



読んであげるなら 4、5歳~


最後まで読んでくださってありがとうございます。


2つのランキングに参加しています

一つは下のブログ村、もう一つは右メニュー欄上方の人気ブログランキングです。
両方クリックして頂けるとうれしいです!
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
by yomuyomuehon | 2009-01-18 23:17 | 愛のある絵本