人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ばけくらべ

ばけくらべ (こどものとも傑作集)
ばけくらべ_e0160269_21565742.jpg

松谷みよ子・作 瀬川康男・絵
作品名をクリックして頂けますと、amazonの商品ページに行けます。
作者名をクリックして頂けますと、amazonの、作家の作品一覧に行けます。

むかし、きつねと たぬきは、どちらも ばけるのが とくいだったので、かおをあわせれば、「きつねのほうが うまい」 「たぬきのほうが うまい」と、いいあらそっていた。
あるひ、へらこいぎつねが、ごんべえだぬきの ところへ やってきた。
「ごんべえどん、ごんべえどん、ばけくらべをしよう。いいか、おみやのところで しょうぶだ。おら さきへ いっとるで、すぐこいよ」


ごんべえだぬきが仲間を集めて、何に化けるか相談したところ、「花嫁行列」に決まった。

たぬきの化けた花嫁行列は、うまい具合に化けてお宮のところまで来た。

ところが、鳥居に下にうまそうな饅頭が落ちていたから大変。
たぬきたちは化けているのも忘れ、我先に飛びついた。
とたんに化けの皮が剥がれ、みんなたぬきに元通り。

饅頭に化けていたきつねが、転げまわって笑ったので、たぬきは悔しくて、恥ずかしくて・・・

たぬきたちはきつねに仕返ししたくて相談を。
いい考えが浮かび、きつねの元へ使いを出した。

次の日、お侍に化けたきつねが約束の場所で待ち構えていると・・・

 *  *  *  *

松谷みよ子・瀬川康男コンビの本は息子にとって久しぶり。
今年は昔ばなしをたくさん読んであげたいと思いながらも、拒否されることが多くて・・・
そんな息子ですが、この本はとても気に入ったようです。

それにしても瀬川さんの絵って、素晴らしい。
たぬきたちそれぞれの表情、動き、どれをとっても今にも動き出しそうな感じ。
息子が気に入ったのは、瀬川さんの絵に魅了されたからだと思います。



さて饅頭・・・といえば、
主人が京王デパートで開催中の有名駅弁と全国うまいもの大会にて、またまた”善光寺のおやき”なるものを買って来てくれました。

前回は野沢菜ときのこでしたが、今回はかぼちゃときのことか・・・
もちもちした皮が、息子の大のお気に入り。
明日の朝いっただきまーす。

明日は朝から野鳥観測会。それを途中で抜けて幼稚園の親子登園へ。
忙しい朝には大助かりです。

でも下の息子が夕べから発熱。
いつものすっごい食欲は無いものの、ハーモニカを吹きながらバタバタ足踏みして、笑わせてくれました。

さて明日朝元気だと良いけれど・・・




読んであげるなら 3歳~


最後まで読んでくださってありがとうございます。


2つのランキングに参加しています

一つは下のブログ村、もう一つは右メニュー欄上方の人気ブログランキングです。
両方クリックして頂けるとうれしいです!
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
by yomuyomuehon | 2009-01-16 23:12 | 昔ばなし