人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

どうぶつ会議

どうぶつ会議 (岩波の子どもの本)
どうぶつ会議_e0160269_23453725.gif

エーリヒ・ケストナー・作  ワルター・トリヤー・絵  光吉夏弥・訳
作品名をクリックして頂けますと、amazonの商品ページに行けます。
作者名をクリックして頂けますと、amazonの、作家の作品一覧に行けます。

 * * * *

大ニュース
ロンドン会議おわる
会議はしっぱい
やりなおしと決定
場所はまだきまらない


ある日、動物たちは、この大ニュースに、すっかり、馬鹿馬鹿しくなってしまいました。
「しょうがない人間どもだ!」
「いったい、人間は、何をしでかしたというんだ!」
「戦争さ!」
「かわいい子供たちが、いつも戦争や、革命にまきこまれなきゃならないなんて!それなのに、大人はまだ、子供たちのために、世の中が良くなるように、あらゆることをしているなんて---。ずうずうしい話だ!」

北アフリカのツアド湖のほとりで、ライオンのアロイス・ゾウのオスカー・キリンのレオポルトが話しています。

家に帰ったオスカーは、電話で世界各地の動物にこう伝えました。
「人間たちは、いつも会議ばかりやっているけれども、何の役にも立ちやしない。そこで今度は一つ、我々動物たちで、会議を開こうじゃないか。」

この知らせは忽ち世界中の動物たちに伝わりました。
「一ヵ月後のきょう、動物会館で、会議だ!」

さて一ヵ月後、動物会館には世界中の動物たちの代表が集まり、動物会議が開かれました。

まず白熊のパウルが開会の演説をしました。
「ここに、我々が集まったのは、人間の子供たちの為であります。なぜか?それは、人間が、一番大事な務めを、おろそかにしているからであります。我々は、戦争や、貧困や、革命が、二度と起こらない事を要求します。」

しかし人間代表ミューラー将軍は、その晩抗議文を持って動物会館にやってきました。
動物たちの要求は受け入れられなかったのです。

そこで動物たちは次々に、思いついた作戦を実行します。

まず、書類などがあるために正しくものがを考えられないんだ!とネズミの大群が会議の書類を全滅させました。
それでも要求を受け入れない人間たち。

次に人間たちが一つになり、正しくなることを妨げているのは、制服なんだ!と蛾の大群が制服を全滅させました。
それでもまだ要求を受け入れない人間たち。

そして最後の手段として動物たちが取った手は・・・。

 * * * *

この本は、園児が読むには話が長く内容も難しいものです。
しかし息子は毎日少しずつ、4晩かけて聞いていました。
もっとも息子が図書館で、自ら選んだものなので・・・

「どうぶつ会議」というタイトルから、動物がいっぱい出てくるんだろうなあって思ったのでしょう。
そのとおり、いっぱい出てきます。
「絵本」の絵をよ~く見ている息子にとっては、細かい挿絵が魅力的だったのかもしれませんね。


さて、新聞にはイスラエルの攻撃で負傷した子供たちの写真が、毎日のように掲載されています。その様子は思わず目を覆いたくなるものばかりです。

意識してこの本を借りた訳ではありませんでしたが、内容は正に時勢を反映していたので紹介させていただきます。

一日も早く世界に平和が訪れますように。
そして世界中の子供たちに、素晴らしい未来が切り開かれますように。


読んであげるなら 小学校中級~


最後まで読んでくださってありがとうございます。


2つのランキングに参加しています

一つは下のブログ村、もう一つは右メニュー欄上方の人気ブログランキングです。
両方クリックして頂けるとうれしいです!
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
by yomuyomuehon | 2009-01-11 00:34 | 愛のある絵本