人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ペレのあたらしいふく

ペレのあたらしいふく (世界傑作絵本シリーズ―スウェーデンの絵本)
ペレのあたらしいふく_e0160269_1331955.jpg

エルサ・ベスコフ・作 おのでらゆりこ・訳
作品名をクリックして頂けますと、amazonの商品ページに行けます。
作者名をクリックして頂けますと、amazonの、作家の作品一覧に行けます。


一冬ごとにサイズアップしている息子の服。
まだ今月4歳になったばかりだというのに、この冬はとうとう120cmです。

クローゼットの中は、幼稚園用のヨレヨレの薄汚い服ばかり。
お出掛けの多い年末年始、着ていく服がないなあ。

今日は公園に行くのはあまりにも寒すぎるし・・・
そうだ、買い物に行こう!

でも午後から下の子の予防接種だから、近場でね。

ってな訳でモラージュに行って来ました。
オープンしてから一ヶ月、さぞや混んでいるものと覚悟して出掛けたのに・・・。
が~らがらでした。
大丈夫なんでしょうかねえ?
 
そこで見つけたberry's berryの子供服。
・企画・製造にこだわった自社デザインのオリジナルアイテムが勢ぞろい。
・肌にやさしい素材だけを選んでいます。
・縫製は裏側まで丁寧仕上げです。
・毎月約50種類の新鮮なアイテムをお届けします。
・同じアイテムの再生産はありません
という5つのこだわり
なかなか可愛くて、リーズナブルだったので購入してきました。
なにより息子が気に入ったようで・・・
(気に入らないと絶対着ない子なんです)



さてお話は・・・

主人公の男の子ペレは、子羊を一匹飼っていました。
子羊が大きくなるにつれ、ペレは成長し、服は小さくなっていきました。

ある日ペレは羊の毛を刈り取って、おばあちゃんにその毛をすいてくれるよう頼みます。
毛をすいてもらう代わりにペレは草刈をします。

次にもう一人のおばあちゃんに、その毛で糸に紡いでもらうように頼みます。
糸に紡いでもらう代わりにペレは牛の番をします。

その後ペレは近所の人やお母さんの手を借りて、糸を染める染め粉を手に入れ、自分で染め、糸を布に織ってもらい、洋服に仕立ててもらい・・・。

最初は羊の毛だったものが、いろいろな人の手を借りて立派な服になりました。

お店に行ってお金を出せば簡単に手に入る服。
こうやっていろいろな人の手を借りて作られるんだよ。
息子は少しありがたく感じてくれたでしょうか?


読んであげるなら4歳~


お買い物を終え、エレベータに乗って車が置いてあるはずの駐車場へ。
・・・車がない。
エレベーターを上へ下へ行ったり来たり。
あれ~?屋根ないところだったから屋上だったよねえ?
「ママ~、帰れないねえ」と息子。
M1,M2,M3階があったのでした。
やっと見つかって、息子の予防接種にどうにか間に合いました(えへへっ)


最後まで読んでくださってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
少しでも興味をもって頂けましたら、クリックお願いします。
励みになります。
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
by yomuyomuehon | 2008-12-27 02:25 | 愛のある絵本