人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

早くも鏡開き?「14ひきのもちつき」

14ひきのもちつき
早くも鏡開き?「14ひきのもちつき」_e0160269_151291.jpg

いわむらかずお・作
作品名をクリックして頂けますと、amazonの商品ページに行けます。
作者名をクリックして頂けますと、amazonの、作家の作品一覧に行けます。


今朝掃除をしていたら、息子が幼稚園の餅つきで作ってきた鏡餅を落としてしまいました。
ああ~っ、やってしまった~!
カラカラに乾燥していた鏡餅、早くも鏡開きとなりました。

年神様がまだ召し上がらないうち、いえいえまだお越しにならないうちに頂いてしまいました。
今年もまだ残りありますが、ありがとうございました。
有難くいただきました。
この場をお借りして、年神様ありがとう!!
揚げ餅にしていただきました。


早くも鏡開き?「14ひきのもちつき」_e0160269_1940100.jpg

おとうさん おかあさん 
おじいさん おばあさん
そして きょうだい 10ぴき。
ぼくらは みんなで
14ひき かぞく。


この本のねずみの家族ほど多くありませんでしたが、私もかつては実家で祖父母・父母・3姉妹の7人家族で暮らしておりました。
祖父母が元気だった中学生の頃まではお餅つき、みんなでしてましたね。
餅つき機で、でしたが・・・。
つきたてのお餅、おいしかったなあ。
ちなみに私はからみもちが大好きです。

息子の幼稚園では、12月上旬にお母さんお父さんのお手伝いの下、杵と臼を使って行われました。
話を聞くと楽しそうで、美味しそうで・・・私も来年はお手伝いに参加したいなあ。
お手伝いのお母さんお父さん、ありがとうございました。


さて、この14ひきシリーズ。
どの本も季節感いっぱいで、あたたかい家族の生活が描かれてますよね。
読んでいると幸せな気分になります。
家族全員揃っていた子供の頃って、こんな感じだったなあ。

今の私達が忘れているかもしれない、「生活する」って事を教えてくれるシリーズです。
そうそう、息子の幼稚園では「生活する」って事、大切にしているんですよ。


かーん こーん、もりに ひびく おとうさんの まきわりの おと。
かまどに ひを いれた おじいさん。
おはよう、いっくんも おきてきた。
きょうは おもちつき


ゆうべから ふやかしておいた おこめ。
みずを きっている おばあさん。
せいろに いれてる さっちゃん。


それぞれの役割をちゃんとこなすねずみ家族。
お兄ちゃん・お姉ちゃん達のしっかりしていること。
弟・妹達も上に習って頑張ります。
みんなで協力して作ったお餅、きっと美味しいはずだよね。



余談ではございますが、麻布十番にある豆源本店では、“揚げたて”塩おかきを食べることが出来ます。美味です。
豆源本店では、毎日11:00~13:00、14:00~16:00
(日本橋高島屋は金・土のみ、ラゾーナ川崎は毎日)。
お近くにいらした際、豆源の“揚げたて”塩おかきはいかがですか? 



最後まで読んでくださってありがとうございます。

ランキングに参加しています。
少しでも興味をもって頂けましたら、クリックお願いします。
励みになります。
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
by yomuyomuehon | 2008-12-25 02:47 | 愛のある絵本