人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

まだ、わらじ・・・?  「ふゆじたくのおみせ」

ふゆじたくのおみせ―おおきなクマさんとちいさなヤマネくん (日本傑作絵本シリーズ)
まだ、わらじ・・・?  「ふゆじたくのおみせ」_e0160269_21234034.jpg

ふくざわゆみこ

今日、園でわらじの共同購入の申し込みをしました。
えー!今頃わらじ~?て感じですよね。
息子は雨の日以外、今のところ毎日わらじで出掛けています。
朝バスを待っている間、近所の方はびっくりします。
買い物に出掛けてもみんな息子の足元を見てびっくり!
でも今日図書館で会った同じ園の年長さんも、ビーチサンダルでした。

そうです。息子の通う幼稚園では見慣れた光景なのです。
息子はいつになったら冬支度するのかなあ?


森が赤や黄色に色づく頃、クマさんとヤマネくんのところに冬支度のお店から手紙が届きました。
二人が一緒にお店に行くと、森中の動物が来ていました。

芋の詰め合わせの値段はどんぐり100個。
本はどんぐり50個。クッションはどんぐり70個。
お代はどんぐりです。みんなはどんぐりを拾いに森へ駆け出しました。

やがて秋も深まり、どんぐりは見つからなくなりました。
クマさんとヤマネくんだけ、残りの一個が見つかりません。
諦めかけていた時、二人は一つだけ木にぶら下がったどんぐりを見つけました。
じゃんけんで勝ったヤマネくんはどんぐりを手にしますが、がっかりするクマくんを可愛そうに思い、さりげなくその一個を譲ります。
やがてヤマネくんもやっと最後の一個を見つけ、二人はお店に走ります。
しかしお店は閉まってしまい・・・。

実はクマくんもヤマネくんも、お互いに内緒でプレゼントをしようとしていたんです。
それを知っていた森のみんなは粋な計らいをしてくれていました。

心をあたたか~くしてくれる、素敵な絵本に出会いました。
是非読んでくださいね。


ところで、ヤマネって知ってます?
ねずみの仲間で、しっぽがリスみたいな感じです。




ランキングに参加しています。
少しでも興味をもって頂けましたら、クリックお願いします。
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
by yomuyomuehon | 2008-11-29 21:39 | どうぶつ絵本