人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

過ぎちゃったけど(^^;)言葉の日

押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


にほんブログ村

なが~いタイトルに惹かれて、手に取ったこの本は、WEB福音館で連載されたものを一冊にまとめたもの。

・・・

「本を読めって」

きみは、いった。ちゃぶだいのわきにすわった。

「なんだって?」

ぼくは、いって、黄いろい、おき時計を見た。あと二分。

「せんせいが、おまえは本を読めっていうんだ。ことばがなってないから」

この話は長くなるかも。ぼくは、おもった。

「ラーメンくいながら、きいてていい?」

「いいよ」


開けっ放しの玄関から、どんどん部屋に入ってくる少年と、カップ麺のお湯を入れたばかりの中年のおじさん。

果たしてこの2人の関係は?

中年のおじさんは本の虫であり、少年は近くに住む小学生であるらしいのだが、

少年のお母さんとこの中年のおじさんの関係が微妙。。。。

ひょっとして、元夫婦?

この子は、実は息子なの?

なんだか、最近読んだ


を思い出す。

しかし、更に読み進めると、この子のお父さんは亡くなっていて、この中年のおじさん(主人公)とお母さんと亡くなったお父さんは友達だったことが分かった。

亡くなった友に代わって、この少年を大人に導く役回りって所。

その導く手段は「詩」である。

10章に分かれているのだが、少年の問いかけに対し、毎回二つほどの詩を紹介しながら応えている。

ブックオフオンライン楽天ブックス

で、第一章の「ことばのじゆう」では、ゲームばかりしてないで、本を読めっ、と少年は先生に言われたと訴えに来たところから始まる。

「ゲームのほうが、ぜんぜん、おもしろいよ」って先生に言ったところ、

「ほら見ろ、ことばが、なってない。ぜんぜん、の、あとは、否定がくるんだ。ゲームばかりしていて、本を読まないから、そんなまちがったことばをつかうんだ」とか
言われたそうな。

それに対しておじさんが勧めたのは、

『あの』藤冨保男

あなたも笑ったし
僕も笑わなかった

のであった
のであったり
世界は何を待ってるか
と云う人がいて
何だかさっぱり分からない人もいて

そして

待っていたのである

のではなかったり
のであったりした

のであった

ところで
実際は
極端に
巨大に
その上なんでもなく
横か
縦を振り向いて
笑ってしまった

そして

そうであった
とか
ねじった
とか
なんだか

そうではないライオン
である

ということにしてしまった

 
う~ん、意味不明。

更にもう一つ藤富氏の『か』を紹介。

詩って、こんなでたらめでいいの?と問いかける少年に、

でたらめを書いてもいい。でもでたらめをやれといわれて、やれる人は、なかなかいないとおじさん。


簡単だという少年に、

じゃあ、でたらめをしゃべってみてとおじさん。

ちゃんと考えないと出来ない、でたらめは難しいと気付く少年。


『ゲームの方がぜんぜんおもしろい』は文法的にでたらめかもしれない。

けど、そこには、そうじゃないという少年の否定の気持ちが入っているから、正しい言葉だというおじさん。

それは辞書には載っているはずのない、すきまにしかないものなんだ。



なんだか哲学的!

でも、そんなことを先生に言ったら、余計に怒られちゃうけどね(^^;)

先生はこんな事言ってくれないもんね。

こういう事を話してくれる第三者って大切だな。


文法を学ぶとか、日本語を学ぶとかじゃなくて、本を読むってやっぱり大切!

そういう結論に達しちゃうのである。


哲学的な、この時期に読んであげたい絵本を一冊。



小学3年生以上向け(1,2年生では、世界観を理解出来ないと思う)

アルビン トゥレッセルトとロジャー・デュポワザンコンビの作品って素敵♪

井の中の蛙大海を知らずが大海を知っちゃうお話なんだが、

原作は「THE FLOG IN THE WELL」で、直訳すれば井の中の蛙である。

それを「せかいのはてってどこですか」とした三木卓さんの訳は素敵!

安穏とした世界で暮らすも良し!

だが、若者は世界を見に行って欲しい。

世界の果てとまでは言わずとも、広い世界に飛び出してほしいものである。


 





最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

by yomuyomuehon | 2019-05-22 19:51 | ほのぼの絵本