人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「ぼくたちに翼があったころ」

押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


にほんブログ村


小学6年生以上向け

ヤヌシュ・コルチャックをご存じですか?

小児科医で児童文学者で教育者だった彼は、ユダヤ系のポーランド人。

ユダヤ人孤児の為の孤児院を、ポーランドのワルシャワで約30年間に渡って経営されていました。

そして、第二次世界大戦勃発の翌年、孤児院の子ども達と共にゲットーに強制移動させられ、二年後非業の最期を遂げました。

実は非業の最期を遂げる強制収容所に向かう貨車に、「あなただけは乗らなくていい」とドイツ警察を介した釈放許可証がコルチャック先生に届けられたのですが、先生はこれを拒み、子ども達と共に強制収容所へと旅立ったそうです。

この本は作者の創作だそうですが、当時孤児院に関わった方々への取材や、コルチャック先生自身による著作、教え子達による証言集などを元に描かれた物で、事実から遠くない物語です。

この中では、後半徐々に迫りつつあるユダヤ人迫害への恐怖におびえつつも、そこまでの話には至らず、コルチャック先生が子ども達と過ごした孤児院での素敵な物語が紡がれています。

主人公は、父も母も亡くし、姉に育てられる、貧しく、盗みを繰り返す少年ヤネクです。

職を失った姉は結婚し、ヤネクはその家を追い出され、孤児院に入れられます。

しかし、そこは刑務所のようなところで、盗みを働いたヤネクは所長の前で、気絶するほど上級生達に脚を何度も蹴られ、走るどころか歩くのさえ不自由な身体になってしまいました。

やっとの事で家に逃げ戻ったヤネクを待ち受けていたのは、またもや姉さんの「すばらしい孤児院があるって聞いたの」という言葉。

自分の脚がこうなってしまったのは姉さんのせいだと感じていたヤネクは、またもや自分を邪魔者扱いする姉さんに恨みしか感じません。

しかし結局は姉さんが素晴らしいという孤児院に入所することにしたのです。

それは、コルチャック先生が運営する孤児院でした。

人間に対し、不信感しか持っていなかったヤネクは、コルチャック先生の、子ども一人一人を大人同様一人の人間として認めて信じてくれる環境の中で、立派に成長していきます。

友情や愛、自己肯定感、将来への夢、自分の責任というものを身につけていくヤネク。

人がどう生まれたかではなく、どう育ったかが如何に重要か、考えさせられます。


この孤児院では、子ども達の自治をはじめ、それまでの施設では考えられないような実践がいくつも行われていました。

子ども法廷なる場が設けられていたのもその一つです。

訴えを申し出た者や周りの者たちがゆるすこと、また、訴えられた者は謝罪して二度と過ちを犯さないことに重点が置かれていました。

この中ではコルチャック先生も子ども達に訴えられています。

しかし、コルチャック先生は孤児達を「私の息子・娘」と呼び、孤児達もコルチャック先生を「父」と思って慕っていた仲です。

弁護役、判事役と、子ども達は様々な立場で物事を捉え、考えていきます。

もしも、この孤児院で育った子ども達が非業の死を遂げることなく、生きていたならば、どんな大人になっていたか・・・残念です。

貧困は、この考えることをも奪ってしまうものです。


ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

by yomuyomuehon | 2019-03-09 10:01 | YA