人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ」

押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


にほんブログ村

この本↑の順番がまだ回ってこない。

図書館で予約して、あと何人?あと何人か?と楽しみに待っているところ。

この待っている時間も、また楽しいものである。

予約を掛けた直後、この雑誌↓を購入した。

すると、偶然にもその角幡さんと鳥類学者川上和人さんの対談が載っていた。

そして大きいなあ、お高いわあ。。。と思いつつも


↑を購入したのである。

最近、新聞の書評などで興味のある本や、中学校の国語の教科書から購入すべし!と思った本を次々に購入し、積読本が増えてしまい、本棚が大変な事になっているので、図書館にある本はなるべく借りて読んでから、これは!と思ったら購入しようと心に決めたところなのだが、

こちらは図書館になかった(><)

タイトルは、読者を引き付ける為の宣伝文句であり、川上さんは滅茶苦茶鳥が好きなのである。

実際は笑えない環境下での身体を張った観察も、かなり面白おかしく書いていて、雑誌に載っていた写真から、え~この人が?ってギャップを感じる。。。。

観察に連れて行ってくれる事になったら、今ならちょっと遠慮します。。。って後ずさりしちゃうけど、学生時代だったらすっごく魅力的♪

ぜひ、連れて行ってください!って頭を下げるだろうな。


過去に人が住んだことがなく、標高916mの山頂を含む調査も三度しか行われていない南硫黄島への上陸調査は、陳腐な言い方ではあるが、すごい!

島は断崖絶壁に囲まれている。

一部ここからなら!という場所でも、10mの垂壁。そしてそこをクリアしても、続くは45度の崖。

スキーのジャンプ台が40度以下だそうで・・・(^^;)

さらに、父島から300km以上離れているうえ、島には桟橋も穏やかな入り江もないため、島の100m手前から泳いで上陸しなくてはならない。


う~ん、かなりの難所である。


学生時代、小笠原に潜りに行って、漁船に揺られること3時間のマグロ穴までの航路は、結構グロッキーだったし、

台風で足止めされた直後、都心に戻る東海汽船の中では、海の大荒れでトイレから出られなくなった半日。

船に酔う前に酒に酔えなんて、無茶飲みしたのがいけないのだが、はてさて父島から300キロかあ・・・(^^;)


このミッションは、ミッションインポッシブルのトムクルーズばり。

やはり写真の川上さんからは想像できない。

実際は、ダイバーやアルピニストなど、その道のプロフェッショナルがサポートに付いてくれたらしいが、それにしても、ね(^^;)


で、川上さんの仕事は上陸後の鳥の調査にあるのだが、これがまた強烈!

大自然の中では、人間なんて弱いものである。

でも、そこでの調査を終えた川上さんたち調査隊は凄い!

後にこの南硫黄島の映像がテレビ放送されたそうなのだが、そこに映る南硫黄島はただ美しいだけのものだったらしく、川上さんは心底驚いたらしい。

美しいだけの自然なんてありえない。騙されちゃいけないと氏は言う。

こうやって裏話を出版してくれることによって、本当のところを知る事が出来るわけだ。

そしてそちらの方がはるかに興味深い。


さて、この本の中に、動物の、鳥の死んだふりについての記述がある。

鳥の大きさを測る時、背中を付けてそっと置くと、大人しくなる鳥もいるらしい。

鷹や狐に襲われた鳥は、あえて逆らわず、死んだふりをして相手に油断をさせておき、相手が手を緩めた瞬間に一目散に逃げるのだという。

そこでこの本を思い出した。

お話の内容はこちら↓から。


負けず嫌いなガチョウとアヒルが、どちらがすごいかと競争するのだが、最後の競争は”動かない”だった。

キツネにさらわれた2匹は、とことん動かず、意地を張っているのかと思っていた。

しかし、これは動物の”死んだふり”という行動からヒントを得たものだったのだ。

キツネの油断する隙を狙っていたのだ。

この絵本から何年も得て、妙に納得した昨夜であった。

ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

by yomuyomuehon | 2019-01-14 09:16 | 知る