絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

無駄なことなど無い・・・はず!

押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


にほんブログ村

先週、中学の学生総合体育大会水泳地区予選がありました。

sotaは、3時間目まで授業に出て帰宅。

中学校には水泳部がないので、大会会場までは保護者の送迎です。

クラブチームで練習している身にとって、地区予選など通って当たり前なのですが。。。。

市内のプールで行われた予選会は、いつもの大会と違いゆったりした雰囲気。

エントリー人数も少なく、男女一緒に泳ぎます。

一年生から三年生まで、同じ土俵で戦うので、男子は体の大きくなる三年生が圧倒的に有利です。

特に短距離の自由形は。

sotaもこの一ヶ月で、急に背も横も大分大きくなったような気がします。


アップして、開会式を行い、レース用水着に着替え、大会が始まりました。

やがてsotaの出番になり・・・

ん?

どこに行った?

さっきプールサイドに居たよね?

一緒に泳ぐ子達がスタート台に着くも、sotaの姿は見えず。

一緒に見ていた同じクラブのお母さん達と、どうした?どうした?と言うことになり・・・

プールサイドの仲間のジェスチャーから、sotaの水着が破れた事が判明(><)

仲間達は爆笑中。

笑えない母です。

しばらくして別の水着に着替えて現れたsotaは、その水着もキツそう(><)

レース用水着は堅くて、着るのにテクニックや道具が必要なのですが、

履き慣れていると思っているsotaは、今回スイムジャックを持って行かなかったもよう。

そして慌てて着替えてきたこともあり、ちゃんとすっかり上がってない。

え~↓

気分も大分下がっている感じで、こりゃダメだ、と母もすっかり意気消沈。

準備体操も、水着が破れるのを気にしているのか、動きが小さい。

出るべきレースは終わってしまったので、一人で泳いだのですが、やる気の無い泳ぎ。

あ~あ。

どうしてこの子は、全く。。。。

それにしても、水着がキツそうだこと。

これはまた破れちゃったりする!?

他のも持ってきておいた方が良いかも!と、家まで水着を取りに帰った私。

そして先生に渡すも、本人には渡されず、バッグに押し込まれたのでした。

まあ本人は、気持ちを切り替えたようで、休憩タイムに泳ぎこみ、予選を突破し、来月の県大会に出場出来る事になりました。


一枚2万円もするレース用水着。

クラブの大会用は、クラブマーク入り。

中学の大会用は、ノーマーク。

でっかくなるのは良いことだけど。

全部で三枚を新調、約6万円也(><)


全くいつまでもハラハラさせられる長男sota。

トラブルも逆境も、全てを血肉に大きくなって欲しいものです。

小学中学年以上向け

ある晩、アイザックは夢を見ました。

夢の中で声がしました。

「都へゆき、宮殿の橋のしたで、たからものを さがしなさい」と。

何度もこの夢をみたアイザック。

はじめ気にもしなかったアイザックでしたが、もしかしたら・・・・

旅に出たのです。宮殿を目指して。

やっとたどり着いた宮殿の橋では、何人もの衛兵が警護にあたっていました。

アイザックは宝を探すでもなく、毎朝橋に行き、日暮れまで辺りを歩きまわりました。

ある日、衛兵の隊長に声を掛けられたアイザック。

それは不思議な言葉でした。

果たしてアイザックの夢は正夢だったのでしょうか?

*****

「ちかくに あるものを みつけるために、とおくまで たびを しなければならないこともある」

アイザックがこの出来事から得た教訓です。


今やっていること、出会うことは全て、無駄じゃない。

君たちが成長するのに必要な事柄だと、子ども達によく言います。

それなのに、

そんな無駄な時間を過ごすな!と叱ることもあり・・・それって矛盾?

一見無駄に見えるだらだらした時間も、全てが血肉になるのでしょう。

それは分かっているのですが(^^;)

中学生は急がしい。

ましてや、毎晩練習があって、でも推薦で高校行けるほどじゃなくて・・・どっちも頑張らなきゃならないのは本人も分かってるは・ず!?

ああ、間もなく中二の夏。

中三の夏から頑張ってどうにかなるほど、今時の受験は甘くないらしい(^^;)

夢で、やる気の出るお告げでも見てくれないものかしら。


中学生以上向け

映像になってしまうと、文章を読んでいても、セリフがその声で聞こえてきちゃっていけない。

想像力を邪魔するのです。

だから映画を見る前に読むと良いと思います。

ピアノ調律師に魅せられ、悩みながら、調律師として、一人の人間として成長していく青春小説。

文章も内容も、静かで美しい。

人生の指南書とも言える素敵なセリフが多いのが、中高校生向けだと思います。

映画ではなく、是非文字で、心に焼き付けて。


「調律にも、才能が必要なんじゃないでしょうか」

「そりゃあ、才能も必要に決まっているじゃないか」

(途中 略)

僕には才能がない。そう言ってしまうのは、いっそ楽だった。でも、調律師に必要なのは、才能じゃない。少なくとも、今の段階で必要なのは、才能じゃない。そう思うことで自分を励ましてきた。才能と言う言葉で紛らわせてはいけない。諦める口実に使うわけにはいかない。経験や、訓練や、努力や、知恵、機転、根気、そして情熱。才能が足りないなら、そういうもので置き換えよう。もしも、いつか、どうしても置き換えられないものがあると気付いたら、そのときにあきらめればいいではないか。怖いけれど。自分の才能のなさを認めるのはきっととても怖いけれど。

「才能っていうのはさ、ものすごく好きだって言う気持ちなんじゃないか。どんなことがあっても、そこから離れられない執念とか、闘志とか、そういうものと似てる何か。おれはそう思うことにしているよ。」

主人公の青年と、その先輩のやり取り。



水泳も、・・・というか何でもかな?最初の才能と、とことん行った後に必要になる異次元の才能があるように思います。

殆どがちょっとやって、やっぱり才能がないと、諦めてしまうのではないでしょうか?

本文にあるような、経験や、訓練や、努力や、知恵、機転、根気、そして情熱 本当はそこが足りないのではないでしょうか?

そしてこれらに勝る才能は、無いような気がします。



日本の童謡にも歌われる有名な「うさぎとかめ」は、谷川さんの手に掛かると、素質も磨かなければ努力に負ける事が多いと解き明かす教訓なんか吹き飛んで、実に自由です。


ようい どん!


うさぎはぴょんぴょん はねていく

みみをかぜに なびかせて

あとあししっかり じめんをけって


かめはのそのそ あるいてく

おひさまぽかぽか あたたかい

いいてんきだな たのしいな


うさぎはぴょんぴょん はねていく

じぶんのはやさが うれしくて

ゴールめざして いっちょくせんだ


かめはのそのそ あるいていく

かぜも そよそよ ふいてくる

いいきもちだな ねむたいな


うさぎはぴょんぴょん はねていく

ゴールはとっくに すぎたのに

まだとまらずに はねていく


かめはぐうぐう ひるねをしてる

ちょうちょがかめの せなかにとまる

うさぎはどこまで いったのか

いいてんきだな たのしいな


ああうちの子達は、こっちのうさぎだな、かめだな、そう思わずにいられず苦笑する、おおらかな詩です。

また「きたかぜとたいよう」は、かなりブラックです。

いそっぷ寓話は好きではないのですが、この谷川さんの詩はかなり楽しめました。


ところで、sotaの水着ですが、帰ってから修理に出そうと見たところ、なんと前の部分が上から下まですっかり開いておりました(><)

えーっ!!!

出ちゃわなかったの?

やばっ!と思って、慌ててプールバックで隠したというsota。

よくまあ、そこでブルーにならなかったね。

見られちゃってたら、すっかり凹んで泳ぐどころじゃないもんね。


ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

トラックバックURL : https://ehonkasan.exblog.jp/tb/27347243
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yomuyomuehon | 2018-06-18 14:20 | 愛のある絵本 | Trackback | Comments(0)