絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

鍋、ひとつ!

押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

今月から久々、いんやんくらぶの料理教室に通うことになりました。

今年一年、中級クラスで陰陽重ね煮の極意を学びます。

師範まで道のりは、まだまだ長い(><)


梅崎先生が主宰するいんやんくらぶ。


陰陽調和料理とは「陰」と「陽」という自然のシステムを食卓に盛り込むことで、自然から大きなエネルギーをもらい心身を健康にする料理法。

それを、忙しい主婦の感覚でお鍋一つ行うのが、いんやんくらぶの料理方法です。

中級になると、先生の講義と調理だけではなく、グループ毎に課題を調理します。

それがなかなかうまくいかないのです。

味噌汁一つ取っても、う~ん味のバランスが・・・・

何をどの位(何グラム)入れるか、どの順番で重ねるか、今後も毎日が勉強です。


「陰」と「陽」は常に変化しながらバランスを保ち、自然界の全てを成り立たせています。

人間もまた自然の一部、からだのなかの陰陽のバランスが崩れたとき、何らかの不調となってあらわれます。

現在、生活習慣病になるになる人や、病気とまではいかないけれど不調を訴える人、アレルギーの人が増えているのは、自然の流れを無視した食生活や生活スタイルと無関係ではありません。   「図解 よくわかる陰陽調和料理 梅崎和子」より

図解 よくわかる陰陽調和料理―健康をつくる食べ方入門 (健康双書)

梅崎 和子/農山漁村文化協会

undefined


かつて私がばりばり働いていた頃は、コンビニ生活の日々でした。

やはり体調はすこぶる悪く、若かったのでどうにかなっていましたが、あのままの生活を続けていたら、早くに大病を患うか、死んでいたかもしれません。

子どもがなかなか出来なかったのも、この食生活が原因していたに違いないのです。


理論的には難しいというか、宗教的に聞こえたりするかもしれませんが(^^;)、その調理法は至って簡単!シンプル!

何でもお鍋一つで調理、そして時間短縮。

主婦の味方の調理方法なのです。


そんな中、こちらの絵本↓に出会いまして、読んだところ、おおこれはまさに重ね煮料理の応用ではあるまいか!?



読んであげるなら 6歳くらい~

ワタナベさんは、ずばりお鍋です。

鍋一つ(自分の体で(^^;))、何でも美味しく作ってしまう料理名人。

お鍋料理やさんです。

鍋と言ったら煮込み料理ですね。

しかし!

ある時ワタナベさんはナポリタンの注文を受けてしまったのです。

ナポリタン!?

それって、煮込み料理?

考え抜いたワタナベさんが編み出した、お鍋一つでナポリタンのお味は?


うっ、うま~い!!!

実際に作ってみましたが、感動のお味でした(^^)

大宮の高島屋のお好み食堂のナポリタンって、こんな感じだよね~

子ども達も、「うま~い!今日のナポリタンもちもちしてる~」と大喜びでした。

お試しあれ~♪



ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

トラックバックURL : https://ehonkasan.exblog.jp/tb/27298279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by キュートなうさぎ at 2018-05-28 10:16 x
重ね煮、だしいらずなのに美味しいですよね♪
気付くと味噌汁はこればかり。
目指せ師範!頑張ってくださいね♪

お鍋でナポリタン?出来るのでしょうか・・・。
感動の味だなんて、これは借りずにいられません。
Commented by yomuyomuehon at 2018-05-28 11:27
うさぎちゃん、こんにちは(^^)
ナポリタン、是非作ってみて~!日本人には受けるはず!
って、ナポリタンは日本だけだもんね。
ゆで汁捨てる必要なし!なんたって鍋一つ!楽ちんだよ~。
by yomuyomuehon | 2018-05-27 19:18 | たべものの絵本 | Trackback | Comments(2)