絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タンタンタンタン誕生日~♪

押してくれると、うれしいな(^^V)


絵本ランキング
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


13日のhaneちゃんの8歳の誕生日に続き、17日はわたくしの○9回目の誕生日でした。

段々と自分の年が分からなくなってきました(^^;)

まあ、そんな事どうでもいっか!な~んて、年を気にしない生き方をしていきたいと心に誓う誕生日。

その日、おお高級ワイン!グラン・ヴァン・デュ・シャトー・マルゴーを買ってきてくれたパパでしたが、前日3時前に目を覚ましてしまったものだから、眠くて眠くて(^^;)、誕生日の夜は子どもと一緒に10時過ぎにダウンでした。


さて、グループの水泳大会の予選会。

無事(?)三人とも決勝に進む事が出来ましたが、haneちゃんは自分で思っていたより順位が低かったので、更に鼻息荒く、必死に練習に打ち込んでいます。

その気持ちの強さが兄ちゃん達にあったらいいのに・・・・どうして兄妹でこんなに性格が違うのでしょうか(><)


新学期が始まって、早くも10日。

水泳中心の生活で、学校が二の次になってしまっているのをどうにかしないと!

5年生のtaichiのランドセルには英語の教科書が入りました。

ぱらぱら捲ってみると、あらまあ中1のsotaが一年生でやっていたような・・・・

早く始める事が良いことなのか?

その分何かが削られていくわけで・・・・

う~ん、複雑。

プログラミングにしても、子どもには面白いかもしれませんが、その前に倫理感を学ぶ必要があるのではないか?

技術的に成熟していても、心が育っていなければ、その技術は危険な武器になる恐れもある。

倫理観も何もあったものではない役人と議員がこの国の教育体系を作っているのだから、やっぱり自分で、家庭で、保護者がしっかりした考えの基、色々取捨選択していく必要があると、つくづく思うのです。


そんな5年生の初の読み聞かせで読んだのは、


読んであげるなら 小学高学年以上

ニューヨーク郊外の彫刻家イサム・ノグチさんのアトリエを 訪ねた折、デザートに鉢に山盛りのイチゴが出た。
尊敬するノグチさんの前で興奮気味だった僕は、大好きなイチゴに付いてなら本でも何でも描けますと、思わず言ってしまった。
それがきっかけで、初めての絵本『いちご』が生まれた。

という、自然エネルギーで動く彫刻をつくり続ける芸術家・新宮晋さんの絵本。

あんなに小さないちごに宇宙を見る、壮大で、芸術的なお話は、小さな子には???

芸術家であるが故、内容はかなり大人好み。


この子達が3年生の時、

を読み、他者の存在を意識し、自分とは果たしてどんな存在なのか?そう思うようになっただろう新5年生。

「わたし」を覚えていますか?の問いに、首をかしげる子ども達(^^;)

いやいや、きっと君たちの血肉に少しは溶け込んでいるはず!

そう願いながら、二年経って少し大人になった子ども達に読みました。


「わたし」は、たったひとり。

「あなた」と「わたし」は違う。

でも「あなた」も「わたし」であり、社会は「あなた」の集まり。

人は「わたし」ひとりでは「わたし」になれない。

「わたし」以外のたくさんの「あなた」によって「わたし」を発見し、つくっていくという、かなり哲学的な内容。


今年も、小学校での読み聞かせが始まりました。

今年は、5年生と2年生を担当します。

息子と娘の学年です。

この一年、うちの子だけで無く、他の子ども達もどのように変化していくのか、近くでそれを見届けられるのは嬉しい限りです。

ブックオフオンライン楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング

トラックバックURL : https://ehonkasan.exblog.jp/tb/27206868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yomuyomuehon | 2018-04-19 10:54 | 育児 | Trackback | Comments(0)