人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

1月、6年生への読み聞かせ

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

明日は読み聞かせがあるのかな?ないのかな?と、昨日から何度もお天気アプリを確認しちゃった私。

昨日はあんなに暖かだったのに・・・窓の外はもう真っ白です。

朝方は寒かったものの、曇天で、インフルが猛威を振るう教室の窓を半分開けての、冷たい空気の中で読んでまいりました。

先週は大失敗をしちゃったので、今回は念入りに準備を!

私が読んだのはこちら↓
 
読んであげるなら 6、7歳~

(以下、あらすじです)

学問の神様、菅原道真公を祀ってあるのが天満宮。

毎月二十五日が天満宮の縁日で、

新年初のお参りを、初天神と言うそうです。

この落語は、初天神をめぐるユーモアあふれる親子のやり取りを書いたもの。

ここかしこに笑いがちりばめられています。


この絵本、落語調に語れるように、うまく書かれておりまして・・・・

もちろんわたくしも、落語家になったつもりで、練習いたしまして、本番に臨んだのであります。

↓出囃子、拝借いたしました。

気分を盛り上げるために、まずは出囃子をおかけくださいな。





昨日この絵本の練習をしておりますと、気分的にたこを揚げたくなりまして、暖かいので外であそぼう!あそぼう!と言い出したhaneちゃんと、

スーパーのビニル袋で凧を作りまして、公園に向ったのでありました。


1月、6年生への読み聞かせ_e0160269_14573887.jpg
凧に蛸を描くhaneちゃん(^^;)



1月、6年生への読み聞かせ_e0160269_14590045.jpg
小山のてっぺんで凧揚げに興じるhaneちゃん。

小さすぎて分かりにくい?(^^;)

でも、あがりましたよ~。

やっぱり凧は大きいのにかぎりますよ。

糸巻きは料理用のでしたけど・・・・糸巻きも大きいのにかぎりますよ。

糸も長くなくっちゃねえ。

子どものをとって楽しむ父ちゃんの気持ち・・・よ~くよく分かります。


スーパーの袋で作る凧の作り方はこちら↓

スーパーのレジぶくろでつくるほねなしカイト (かがくのとも傑作集 わいわいあそび)

蒲倉 一郎,石森 愛彦/福音館書店

undefined


スーパーの袋!?と侮ることなかれ!これがなかなか揚がっちゃうんですからね。

さて、以前の紹介した落語絵本はこちらから↓


なかなか6年生になりますと、おかしなお話でも笑ってくれないもので・・・

しかし今朝はちがいましたよ~

子ども達も先生も、ところどころでくすくすどころか、声を上げての大笑い。

笑って楽しい一日の始まりを迎えますと、インフルエンザも吹き飛んでいくような気がいたします。

どうやらこのクラスにも何人か出ているようでして・・・ああ、こわいこわい。


それにしても、積もっちゃいましたよ~(><)

今朝、読み聞かせに入る前、

私:「いやあ、今朝はさむいねぇ。本当に降るね」

Mさん:「そうだねぇ」

私は、夜の子ども達の水泳への送迎がどうなるものかと不安なところへ、

Mさん:「でもさ、楽しみでしょ?わくわくしちゃうよね?」


う~ん、確かに・・・以前の私はそうでしたよ(^^;)

何しろうちの側にはこの小山がある!

そり滑りには格好の山が!

そして近くには天然温泉の露天風呂がある。

雪遊びの次は雪見風呂!となるのですが、

これが練習のない日曜日のことなら、子どもと一緒に遊びまくるんだけどなあ。。。。。

そして子ども達・・・学校から帰ってきたら、ウェアないけど、びしょびしょになって遊ぶんだろうな(^^;)


いやあ、こんなMさん、私は大好きです。



ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

by yomuyomuehon | 2018-01-22 15:25 | 冬の本