人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ホットな絵本☆「りきしのほし」

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

読んであげるなら 5歳くらい~

スポーツそのものよりも、まるでエンタメのような扱いの相撲。

あらゆるメディアで、国技国技と言われていたような・・・相撲は国技と思い込んでいましたが、どうやら日本に国技はないようです。

国技館で行われているがゆえの勘違いのようです。




上下関係・力関係とスポーツ・・・ここにはやっぱり、力の暴力・ことばの暴力が存在するのかな。

サラリーマンの世界だってパワハラはあるし、

教育現場においても、絶対的な先生と子どもの関係や、部活動内での先輩後輩の上下関係だって存在する。

そこで上に楯突いて、声を上げることの難しさ・・・それはだれもが痛感する所。

声を上げたら、返って叩かれる事への恐怖も存在し、それらが表面化する事はなかなか無かったかもしれない。

そこにSNSが登場し、これまでは見えなかった事が見える化した。

しかし、その見える化は、新たな敵を作る事にも繋がっているようで、

なかなかどうして難しい世の中です。


相撲は最近人気が高いようですが、昔と違って選択の範囲が広い今の子どもたちは、自分がやるスポーツとして選択するかというと、どうなのでしょう?

残念ながら、私の周りでは知りません。


小学生の時、学校の歯磨きポスターを飾る千代の富士の姿を、当時使っていた歯磨き粉の味と共に思い出します。

千代の富士は格好良かった(^^)

やはりスポーツ選手は、格好良くなくちゃ。

その格好良さを、感じないなあ。

子どもたちにとって、スポーツ選手は憧れの的であって欲しいですね。


*****

前置きが長くなってしまいましたが、この絵本↓

は、加藤休みさんの絵が力強く、お相撲さんの雰囲気が良く出ている気がします。

しかし、

精一杯稽古をしているのに、ちっとも強くなれなくて、辞めようかな。。。。と悩む幕下力士かちかちやまが、

美しい夕日をながめながら、やっぱり おいら いっしょうけんめい けいこして つよくなるっす!と、気持ちを切り替えるのですが、

この辺りの切り替えが、他の場面に比べて、う~ん薄い。。。。

うちの子どもたちの水泳と比べても、そんなに簡単じゃないぜ!と思ってしまうのです(^^;)

つくづく、この絵本は加藤休みさんの、迫力あるイラストで成り立っているんだなあと思います。


この↑絵本からも、ご飯の美味しさが伝わってくるもんね~♪


ところで、相撲は古くからあるスポーツだけに、その用語はたくさんあります。

その中の一つが「恩返し」で、

稽古をつけてくれた力士や、お世話になった力士に本場所で勝つこと。または、番付で抜くこと。

なんですって。

いやいや、そんな素敵な言葉や関係があるなんて。

関取の皆さんはご存じなのかしら?


いい勝負をして、勝って勝って、スポーツとして私たちを楽しませて欲しいですね。



ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

by yomuyomuehon | 2017-11-29 11:28 | ほのぼの絵本