人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「アイスクリームが溶けてしまう前に」

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村


読んであげるなら 7歳位~

ハロウィーン・・・日本ではクリスマスよりもその地位を確立したらしい、このイベント。

しかし、どうも私は好きになれない。。。。。

なぜか?

クリスマス以上に、商業ベースに乗せられている感じがあって、そもそもハロウィーンってさあ!な~んて思ってしまう石頭だからだろうか?


ハロウィーンは、日本で言うところのお盆。

時期を同じくしてやってくる有害な悪霊や魔女から身を守るために、仮装や魔除けの火を焚いてたことが始まりだとか。


この「アイスクリームが・・・」は、


「Trick or treat」(お菓子をくれないと、いたずらするぞ!)と言って、お菓子をもらうことになったわけから始まる。


昔、子どもたちは、ハロウィーンになると、本当にいたずらをしたらしい。

家の前の郵便受けをバットで殴ってボコボコにしちゃったり、

家の玄関に生卵を投げつけたり、

牧草地の門を開けて、牛を皆逃がしちゃったり・・・

被害者からすればひどい話だけど、まあ「牛を・・・」のいたずらには笑っちゃう(^^)


それが、世界恐慌時代にはエスカレートし、笑えないいたずらになったそうだ。


電柱をノコギリで切り倒す!?

列車の運転士が急ブレーキを掛けるように、人そっくりの人形を作って線路に置く!?

干し草を摘んだ荷車に火を着けて、丘の上から転がす!?

などなど。


大人たちは怒って、

子どもたちを銃で撃ったり(><)

警察はバリケード越しに子どもたちと戦ったり・・・

そんなおそろしい時代があったのだそうだ。


お祭だったはずのハロウィーンが、大人対子どもの戦争のようになってしまって、大人たちはハロウィーンを変えることにした。

それが、

「子どもがいたずらをしないように、大人がお菓子をあげる」お祭になった。


ハロウィーンなんて、はあ?の私がこの本に惚れたのは、この後のお話。

図書館で借りて読んで、即注文(^^)



子どもが「trick or torieat」とやって来たら、その子が何の仮装をしているか当てなくてはいけないそうだ。

これはあいさつのようなもので、当てないのは失礼にあたるのだと。


スーパーマンのシャツを着て、全身緑色の絵の具にまみれた子。

さて、この子は何?

正解は、

ウーパーマン!

???

って、私は分からないのだけれど(^^;)

スーパーマンは、クリプナイトという緑色の石の光を浴びると、弱くなってしまうんだそうで、

頼りにならない、空も飛べない、力も弱くてまっすぐ歩けないスーパーマン。

それが、ウーパーマン。

この子は、そのよわよわスーパーマンを演じる。

それが大受け。

弱いけど、ヒーローの気分(^^)


こんなものは巷に売っていやしない。

手作りなのだ。

そしてこの手作り衣装こそが、ハロウィーンの醍醐味なのだ。

せっせと手作りする両親。

しかし、一度はお店で売っているものを着たがる時期がある。

が、それだと、友だちと被ってしまったり、当てっこゲームで盛り上がらなかったりして、

結局は手作りに戻る。

毎年毎年溜まっていくハロウィーンの写真を見て、みんなで笑う。

ハロウィーンとは、そういうお祭なんだそうだ。


やがて友だち同士で親が嫌がるような衣装を作ったりして、大人になっていく。

ハロウィーンでお菓子をもらうのが当たり前だった子ども時代も、やがて終わりが来る。

親と見ていた写真を、友だちと見ながら、その時と同じ衣装を作ってみたり、一緒に泣いたりして、

そうして、子ども時代に終わりが来る。


へえ、そんな風にハロウィーンを考えた事無かったなあ。

日本でのハロウィーンはそういう感じじゃないもんね。

衣装を手作り・・・楽しんでいる大人はやりそうだけれど、子どもには売ってるものを着せてるだけかも。

この本にあるようなハロウィーンならいいよねぇ♪

e0160269_653230.jpg


さて、上の写真。

数年前、主人が夜なべして作ったダースベーダー卿に扮した私。

幼稚園のバザーで、お化け屋敷に出現。

誰も、「お化けじゃないじゃん!」って言ってくれなかったけど、すっごくいっぱい写真を撮られた、最高の出来映え♪

e0160269_66158.jpg


主人が着ると、おおダースベーダーっぽい。

手前のストローハットはsota、一年生かな?

って事は6年前。

いやあ、家族でばかな事をやっていた時代。

今のような悩みはなく、う~ん、あったかもしれないけど、今考えると大したこと無かった(^^;)

っていうか、主人が細いんですけど・・・・






第二弾はこれ↓

e0160269_17272460.jpg



ブルックに扮した私。こちらも幼稚園のお化け屋敷で(^^)



「お菓子をもらっていた頃の仮装の写真は、みんなの宝物。

大人になった子どもたちは、考える。

針金ハンガーをママやパパと曲げながら作っていたのは、何だったのだろう?

思い出とか、愛という気持ち。

一緒にいる時間。

一緒に歩く時間。

それとも?


いつかタイムマシーンが発明されるとしたら、その答えを知るために発明されるのだ。」


私が紡いでいるこのブログも、絵本や児童書の紹介でありながら、思い出であり、愛である。

sotaもtaichiもhaneちゃんも、その思い出や愛を糧に、大人になってほしいものである。


最近、更年期(・・・だと自分では信じ切っている)による感情のコントロールが難しく、イライラしっぱなしで、笑みがない自分。

そんな自分が一番、過去の思い出に癒やされるのかもしれない。


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

by yomuyomuehon | 2017-10-20 23:30 | 愛のある絵本