人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「ねぼすけスーザのおかいもの」

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

ねぼすけスーザのおかいもの (こどものとも傑作集)

広野 多珂子/福音館書店

undefined


読んであげるなら 5歳くらい~


図書館で目にして借りたこの本は、新刊のところにあったので新しい本かと思いきや、1991年初版でした。

そしてシリーズ化もされていて、なんと7作も出ていました。

ねぼすけスーザのはるまつり

広野 多珂子/福音館書店

undefined


表紙の、スーザが抱きついている相手は、お母さんではありません。

マリアおばさんと、紹介されています。

ひび割れた壁からはそれ程豊かではない暮らしぶりが伺えます。

舞台はスペイン。

二人はオリーブ畑に囲まれた小さな村にある家に、犬・ロバ・にわとり・ねこと住んでいます。

いつもはマリアおばさんがフライパンを10回叩いてやっと目が覚めるスーザも、この日はとっても早起き。

マリアおばさんには内緒で、町へお買いものに出掛けるからです。

スーザの黒い袋には、働いて貯めた50枚ものお金が入っています。

市場には、スーザが欲しいものがいっぱい。

でも、我慢、我慢。

今日スーザが欲しいもの、それは・・・・

*****

作者の広野さんはご夫婦でスペインに渡り、絵の勉強をしていたそうです。

そのスペインの暮らしの中で、日本の消費生活とは真逆の、モノを大切にする暮しぶり、古いものを大事に大事に使って、家具も痛んだものを直して、あるいはペンキを塗って使っている、そういう一つのものを本当に大事にしていることに、とっても感動したそうです。

このお話はスペインが元にはなっているけれど、特定の場所ではなく、スーザについても特定のモデルがいるわけではなくて、ラ・マンチャでお友だちになった小さな女の子でもあり、自分の娘でもあり、広野さん自身でもあるのだそう。

ご夫婦で絵描きを目指し、貧しかったけれど、どちらも夢を諦めずやって来たそうです。

相手の夢とか希望とかをつぶしたくないと、貧しくとも頑張ったんですって。

素敵ですね(^^)

スーザは最後に一番欲しいもの(絵本を読んで確めてね)・・・を見つけましたが、スーザが持っているお金では買えませんでした。

その時の落胆の気持ちは、8年間お話をあたためながら貧しい生活をしていた、その時の広野さんの気持ちなんですって。

でも、スペインでの心豊かな暮らしがあったからこそ、そういう生活にも、悲観的にならず、どこか貧しさを楽しむ気持ちがあったのではないかと言うのです。

豊かな暮しと言うのは、決して金銭的な、物資的なものだけでは満たされない。

心の豊かさこそ、お金では買えないものです。

もちろん、経済的貧困により心が荒んでいくという事もあるかもしれませんが・・・・

昔話にも似た温かさが、このお話にはあります。

シリーズを読み進めたら、スーザがどうしておばさんと二人暮らしなのか、おばさんというのはどういう関係なのか、わかるのかしら?

ハードカバーになっているものは少ないので、図書館で借りれないものも多いかも(><)


さて、子どもにとって朝起きるということは辛いこと?

もうちょっと、もうちょっとぬくぬくした布団に入って居たい気持ち・・・自分が子どもの頃を考えると、そうだったかもしれず、分からなくもない(^^;)

特に高校生・大学生の頃はね。

春眠暁を覚えず・・・だもんね。

でも、ここぞって時や、何だかスイッチ入っちゃっていた頃は、早く起きることが出来たっけ。

スーザはこの日だけは早起きしましたが、やっぱり翌日からはねぼすけが治らなかったそう(^^;)

sohtaは、どんなに前夜の練習がきつくて疲れていても、朝早く起きて勉強しています。

そこには関心します。

・・・と言っても宿題なんですけれど(^^;)



そして、朝勉強する子は頭がよい!と言われますが、例外もあるんだなという事を実証してくれています(><)

はあ。。。。。。

今日はそんなsohtaの、小学校最後の授業参観日。

私の一文字(漢字)を一人ずつ発表するのだそうです。

「分かった!『泳』でしょ?」

「ちがう、学校の事で!って先生が言うから」

「じゃあ『走』だ!」

「ちがう、先生が楽しい雰囲気のものって言うんだもん」

「『走』は楽しくないのか?」

「じゃあ『食』だ!」

「まあ、明日のお楽しみ!」

という事で、さてsohtaの一文字は何でしょう(^^


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2017-02-23 12:02 | 愛のある絵本