人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

小学校での昼読み☆翌日編

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

昨日(2/16)木曜日の読み聞かせ

とっても良い天気だった昨日は外遊び日和。

taichiはきっと我先に外へ飛び出すであろう。

わざわざ出掛けているけれど、こんな日は子ども達は来なくても良いと思ってしまう。 

ずーっと座って授業を受けているんだものね。


が、今日は教頭先生が昼読みがあると放送を入れて下さって、直後にドッと入ってきた20人程の一年生。

昨日、また明日ね!と約束した何人かの子たちもいる。

やさいのおなか (幼児絵本シリーズ)

きうち かつ/福音館書店

undefined


読んであげるなら 4歳くらい~



野菜をスパッと切った断面図が、まずは白黒で

「これ なあに」


「やさいのおなか 」の画像検索結果


殆どこのページで答えが出ましたが、さつまいもとにんじんトマトきゅうりはちょっと時間が掛かったかな?

「これ なあに」の白黒断面図の周りを、その野菜の色を使った枠が取り囲みます。

上の図はきゅうりなのですが、周りの枠は上の色ではなくて柳緑色(?)って感じ。

それもヒントなので、なかなか答えが出ない時には、この色!この色!って指してあげると良いですね。

それにしても、こうして見ると野菜って芸術的!

トマトはミニトマトしか食べた事が無い子には難しいのかも。

野菜をどうやって食べているか?子どもが台所でお手伝いをしているか?問われますね。

なかなか出ない答えを毎回答えていた子は、この本を知っているからと言うことでした。

本からでなく、実際の野菜を触って見て感じて欲しいですね。


次に読んだのは、

ロバのロバちゃん (デュボアザンの絵本)

ロジャー=デュボアザン/偕成社

undefined


読んであげるなら 5歳くらい~


子ども達は、実際に動物を見たり触れたりした事があるのかしら?

最近子ども達に読んでいて思うのは、実体験の少なさです。

うちの子達にしても、水泳漬けの生活より、もっとこの時期に出来たこともあったはず。。。。と思うことも少なくありませんが。

本が何かを知るきっかけになり、実体験に繋がっていくと良い。

読み終えて、

「皆の顔もさぁ、同じ人間なのにこ~んなに違うもんね。でも、それで良いんだよ。さて、最後は、個性的なダックスフントのお話です。ところでみんなは何かペット飼っているの?」

「かえなーい!」

「ママもパパもきらいだからムリー!」

「だれも犬飼ってないの?」

20人も居たのに、なんと一人も居ない。

へえ、そんなものなのかな?

「じゃあ、ダックスフントって知ってるかな?こんな犬です。」

と言って表紙を見せて読み始めました。

どうながのプレッツェル (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

マーグレット・レイ/福音館書店

undefined


読んであげるなら 5歳くらい~

自分の個性を認めるまでに時間が掛かったロバちゃん。

他人と(?)同じが良いと思っていたロバちゃんは、皆と同じが良いと思う子どもの心を表しているようです。

やがて成長すると、人と違うものを持ちたいと個性を大事に思うものですが、私も小学生の時は同じが良かったな。

でも母親は、今思うと良いものを与えてくれたので、明らかに皆と違っていました。

その当時は、良いものも安いものも、子どもには分からないのです。

「こんなのイヤだ!持っていかない!」

sohtaが言いそうな台詞を、きっと私も口にしていたに違いない。

一方のtaichiはわが道を行くタイプですから、人と同じじゃなくて良い。

どちらかと言えば、人とは違うものが良いって人。

どちらかと言ったらプレッテェルタイプです。


さて、お話を聞いていた子ども達、どっちに共感したでしょう。

「はい、今日はこれでおしまーい」

「えーっ、まだ時間あるよ~」

「え~、無いよ~。もうお掃除の時間だよ。急げ急げ!」

お話を聞くのがとっても好きな子が数人います。

その子達は毎回来てくれます。

楽しみにしてくれている子が居ると、やり甲斐がありますね。


ただ、昨日は放送を入れて下さった事もあって、ドッと入ってきた子達の中には、お話を聞きに来たわけでは無い子も何人か居て、教室の後ろの方で騒ぎ始め、うるさかった(^^;)

そこに先生が入ってきて怒鳴るものだから(^^;)

こっちは読んでいるんだからさ、注意して下さるのはあり難いけれど、もうちょっと気を遣った注意の仕方があるのでは?と感じた次第です。

皆驚いて振り向いちゃって(^^;)お話が途切れてしまった。。。。。

ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2017-02-17 08:57 | ほのぼの絵本